Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

【weareurope】14カ国の40ファッション・ブランドが来日

  • ウェアヨーロッパ【weareurope】合同展示会
  • ウェアヨーロッパ【weareurope】合同展示会
  • ウェアヨーロッパ【weareurope】合同展示会
  • ウェアヨーロッパ【weareurope】合同展示会


 2012年3月28日から29日までグランドハイアット東京で【weareurope】の合同展示会が開催された。EU加盟国中の14カ国の40ファッション・ブランドが来日し、展示会を行った。出展ブランドによるファッションショーが開催され、ランウェイで実際にコーディネートされたアイテムを観ることが出来るのも特徴のひとつ。

 クオリティやクリエイティビティが優れた、レディス、メンズ、アクセサリーなどの高級カジュアルからハイエンド向けブランドまで最新の秋冬物が展示され、デザイナーやモデルと直接会話が出来る。ベトナム生まれのハンガリーのデザイナーは、レザーを細かく縫い合われて作ったジャケットを展示していた。マニッシュ、ポップ、フェミニン、アヴァンギャルド、コンテンポラリーと一通り揃った40ブランド。リーズナブルな価格帯が多く、円高メリットを直感できた商談会だったようだ。

【関連資料】
ウェアヨーロッパ【weareurope】合同展示会 2012年3月28日-29日
EU Gateway Programme


【OMOHARA 東急プラザ 表参道原宿】おもはらの森で、鳥の巣箱の贈呈セレモニー

  • 【OMOHARA】東急プラザ 表参道原宿
  • 【OMOHARA】東急プラザ 表参道原宿
  • 【OMOHARA】東急プラザ 表参道原宿
  • 【OMOHARA】東急プラザ 表参道原宿


 自然を大切にすることも、ファッションの一部。ファッションテーマパークをコンセプトに4月18日にオープンする「東急プラザ 表参道原宿」が、屋上テラス「おもはらの森」を3月28日にメディアに公開した。「ケヤキやカツラなどの高木を多数配置し、野鳥をはじめ、生き物に適した生育環境を推進した設計です」と設計に携わったNAP建築設計事務所代表の中村拓志氏(Mr.Hiroshi Nakamura)は語った。渋谷区立神宮前小学校の児童から手作りの巣箱が贈呈された。



 自然とビルとの共存共栄を考えた「東急プラザ 表参道原宿」の設計は、風を木々を取り入れることで、緑豊かな環境を作り上げている。椅子としても、歩道としても自由に使える段差のある階段は、人間にとって心地よい。新オアシス・スポットとして、多くの来場者のココロとカラダを癒すであろう「おもはらの森」は、商業施設のあり方を考えさせてくれそうだ。



【関連資料】

【OMOHARA】東急プラザ 表参道原宿

NAP建築設計事務所



【GALAXY WORLD TOUR JAPAN】新製品発表会 ユージ、神戸蘭子ゲストで登場

  • GALAXY WORLD TOUR JAPAN
  • GALAXY WORLD TOUR JAPAN
  • GALAXY WORLD TOUR JAPAN
  • GALAXY WORLD TOUR JAPAN


 SamsungのGALAXY Note Studioのキックオフイベントが2012年3月28日に渋谷109前イベントスペースで行われた。サポーターとして、タレントでファッションモデルのユージさん(Mr.Yuji)と女性ファッション誌「JJ」のSサイズモデルとして活躍している神戸蘭子さん(Ms.Ranko kanbe)が登壇した。ユージさんがGALAXY Note Studioで描いたというイラストが披露され、渋谷109前に集まった観衆から驚きの声が上がった。

 実際に似顔絵画家が、素人の人の似顔絵を描く、デモンストレーションも行われ、新製品の体験をして楽しんでいた。メッシュの入ったペプラムラインのトップスとミニタイトスカートのピンクのスーツで登場した神戸蘭子さんは、エレガントなお嬢様スタイルで可憐さをアピールした。水玉柄のストッキングとフューシャピンクのハイヒールで、プリンセスのような輝きを見せていた。

【関連資料】
GALAXY WORLD TOUR JAPAN
ユージオフィシャルブログ「ユージの本番に弱いですが何か...?」by Ameba
神戸蘭子オフィシャルブログ「神戸蘭子のdiary」by Ameba


【fur fur】チダ氏、暗闇、夜がテーマのコレクションを語る

  • ファーファー【fur fur】日本
  • ファーファー【fur fur】日本
  • ファーファー【fur fur】日本
  • ファーファー【fur fur】日本


 【Japan Fashion Week in Tokyo】のコレクション発表を終えたばかりの【fur fur】がバイヤーとプレス向けに展示会を行なった。クラシックな1920年代のスタイリングを再現したという今回のコレクションの作品やオリジナルが展示されていた。株式会社フレーバー代表取締役であり、ファーファーのプロデューサーでもあるチダ・コウイチ氏(Mr.Kouichi Chida)にお会いした。コレクションの演出について熱く語った。

 「暗闇、夜がテーマなんです。今回は、座席でなく回廊のように観客が、モデルに近づきながら回る演出にしました。写真も自由に撮ってもらう、オープンだけど密室の空間を作ったんです」と少年のように楽しく語った。モデルについては、「有名なモデルさんは使わず、むしろおどおどしているくらいの新人みたいな子を使って、フレッシュさを出します」と言う。計算された演出だからこそ、観る側を驚かすマジックのような雰囲気があると確信した。

 商品は、アウターをメインにクラシックな1920年代の大きな衿のコートやベルベットを使ったワンピース。ネル地のカジュアルな素材を使ったエレガントなジャケット。ヒールの高い大人っぽいメンズライクな靴。ドルマンスリーブのペプラムラインのドレス。ハンドメイドペイントの錨ボタンを使ったWコート。コートの上に着ることができるラビットのファーベストなど、ガーリーでエレガントな大人志向のアイテムが展示されていた。

【関連資料】
ファーファー【fur fur】日本
日本ファッション・ウィーク【Japan Fashion Week in Tokyo 2012-13 A/W】 2012.03.18-23


【Japan Fashion Week in Tokyo 2012-13 A/W】異素材とも組み合わせを活かしたシロマ

  • シロマ【SHIROMA】日本
  • シロマ【SHIROMA】日本
  • シロマ【SHIROMA】日本
  • シロマ【SHIROMA】日本


 デザイナーである城間 志保さん(Ms.Shiho Shiroma)自身が全てのパターンを製作することで本人のクリエーションを確実に構築していくという【SHIROMA】が、03月21日 東京ミッドタウン・ホール HallAでコレクションを披露した。マーブル模様のような濃淡のあるプリントをベースにシャーリング、ドレープ、ギャザーなど異素材とも組み合わせを活かしたドレスやアウターを発表した。

 大手企業で海外ライセンスブランドのデザインをした経験のある城間さん。ポスト・トレンドを探求する鋭い視点に驚かれる。「PROGRESSIVE」というテーマには、「アートを発表するわけでもない。リアルクローズを見せるわけでもない。色んな要素を含んだ次の時代の洋服をつくるような存在でいたい」という思いが込められていた。デザインが楽しくていられない気持ちが、観客にダイレクトに伝わったようだ。

【関連資料】
シロマ【SHIROMA】日本
日本ファッション・ウィーク 【Japan Fashion Week in Tokyo 2012-13 A/W】 2012年03月21日 東京ミッドタウン・ホール HallA


【Japan Fashion Week in Tokyo 2012-13 A/W】伝統を生かした素材としなやかなシルエットのアライサラ

  • アライサラ【araisara】日本
  • アライサラ【araisara】日本
  • アライサラ【araisara】日本
  • アライサラ【araisara】日本
  • アライサラ【araisara】日本
  • アライサラ【araisara】日本
  • アライサラ【araisara】日本
  • アライサラ【araisara】日本


 来シーズンよりパリで発表することが決定した【araisara】のコレクションは、彼女の集大成ともいえる「阿那曲(adakyoku)」という楊貴妃が詠んだ詩をテーマに発表された。「全て一枚の服から生まれ出逢った一人のお客様からはじまる」とパンプレットの巻末に書かれていた一文は、デザイナーだけでなく、バイヤー、ショップスタッフなど全ての関係者が常に心がけるべき心得でもある。

 広巾の布、手捺染、剪紙、濡れ描きなど中国や東洋の伝統を生かした素材作りは、世界に通じると感じた。また、ローマ、ギリシャ彫刻のようなドレープやしなやかなシルエットの西洋文化との自然な融合が、ダイナミックで雄大なイメージを作り上げている。とどまることを知らない創作意欲を直感したコレクションであった。

【関連資料】
アライサラ【araisara】日本
日本ファッション・ウィーク 【Japan Fashion Week in Tokyo 2012-13 A/W】 2012.03.18-23


CHANEL and JAPAN パーティにVERBALさん、水原希子さん、ヴァネッサ・パラディさんら来場

  • CHANEL and JAPAN パーティ
  • CHANEL and JAPAN パーティ
  • CHANEL and JAPAN パーティ
  • CHANEL and JAPAN パーティ
  • CHANEL and JAPAN パーティ
  • CHANEL and JAPAN パーティ
  • CHANEL and JAPAN パーティ
  • CHANEL and JAPAN パーティ


 3月21日、22日、23日の3日間、ハイエンドブランドのCHANELが、日本とのつながりをより深めるため「CHANEL and JAPAN」と題したイベントを行った。最終日の23日、都内で記念パーティーが行われ、モデルで国際女優の水原希子さん、歌手で女優のヴァネッサ・パラディさん、m-floのVERBALさん、ICONIQさん、アリス・デラル、JUNOさん、写真家の蜷川実花さん、俳優のギャスパー・ウリエルさん、JUNOさん、松島花さん、クレマンス・ポエジーさん、モデルでミュージシャンのアリス・デラルさんなどが来場した。

 VERBALさんは、テレビ局のインタビューに答え、シャネルのヴィンテージ・サングラスのコレクションをしていることを明かした。特に、水原希子さんは、フィット&フレアのキャミソールのブラックドレスと女優帽をかぶって来場した。シャネルのバッグを持ったスタリッシュな姿が印象的だった。3月24日(土)から4月15日(日)まで写真展「The Little Black Jacket:CHANEL'S classic revisited by Karl Lagerfeld and Carine Roitfeld」が東京・南青山のGビル南青山で開催される。

【関連資料】
CHANEL and JAPAN
シャネル 【chanel】フランス
CHANEL & Japan, The Pop Up Store - The Party, March 2012  Youtube
シャネル「リトル ブラック ジャケット」写真展、青山で4月15日まで


【Japan Fashion Week in Tokyo 2012-13 A/W】キモノの未来を示唆するコレクションJOTARO SAITO

  • ジョウタロウ・サイトウ【JOTARO SAITO】日本
  • ジョウタロウ・サイトウ【JOTARO SAITO】日本
  • ジョウタロウ・サイトウ【JOTARO SAITO】日本
  • ジョウタロウ・サイトウ【JOTARO SAITO】日本


 クラシックとコンテンポラリーを共有するリアルクローズとしてのキモノスタイルを提唱している着物業界の革命児、JOTARO SAITO。彼のコレクション会場であるベルサール六本木は、着物を着たファンや女子客で埋め尽くされていた。今シーズンのテーマは、Futurism(フューチャリズム)。「キモノの未来を示唆するコレクションであり、未来のキモノはどう生き残るのか。それは、伝統や文化の破壊なのか進化なのか・・未来を示唆することに挑戦します!!」とデザイナーの意気込みがリリースに書かれていた。

 メンズもあわせて43スタイルが登場した。モデルとして活躍したシンガーのYookijaの生歌とともに、モデルが登場する珍しいコレクションが開催された。大格子やグラデーション、ボーダー&ドット、バイヤスチェック、ツイード調、ジャガードデニムなど素材が豊富で、22スタイルが新しい紬糸使いの生地を使用したという。日本の伝統は、このように守られると確信したショーだった。




【関連資料】

ジョウタロウ・サイトウ【JOTARO SAITO】日本

日本ファッション・ウィーク 【Japan Fashion Week in Tokyo 2012-13 A/W】 2012.03.18-23



【Japan Fashion Week in Tokyo 2012-13 A/W】ブキミかわいいcuneのインスタレーション

  • キューン【cune】日本
  • キューン【cune】日本
  • キューン【cune】日本
  • キューン【cune】日本


 03月21日にCANOVIANO CAFE で行われた「cune」のインスタレーションは、ブキミかわい、、不思議な世界でした。過去で評判が悪かった腸と白目がテーマ。白目をむいている、腸が出ている、シニカルな笑いがある服がありました。意外に、女の子や女性が、怖さ見たさに、ついつい買ってしまうのかも。(写真&テキスト:井上真理)




【関連資料】

キューン【cune】日本

日本ファッション・ウィーク 【Japan Fashion Week in Tokyo 2012-13 A/W】 2012.03.18-23



【TOKYO RUNWAY 2011S/S】押切もえ、蛯原友里、ヨンアが登場

  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY | 2012 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY | 2012 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY | 2012 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY | 2012 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY | 2012 SPRING/SUMMER】


 2012年3月20日に国立代々木競技場 第一体育館で行われた【TOKYO RUNWAY 2011S/S】は、「神戸コレクション東京公演」が、改名して「東京ランウェイ」として開催した第一回目の記念すべきファッション・イベントだった。世界を舞台に活躍する冨永愛や30代の女性に圧倒的な人気を誇る押切もえ、蛯原友里、ヨンアをはじめ、ゲストで神田うの、中国モデルなど総勢100名が出演した。

 ファッションを中心にVICKYなどの神戸ブランドとドメスティック・ブランド、ARMANI EXCHANGEやJILLSTUARTなどのインポートブランド、スペシャルゲストブランドでロベルト カヴァリ(roberto cavalli)が参加した。アーチストでは、AI、福原香織とRAB、Rake、遊助、きゃりーぱみゅぱみゅ など厳選された音楽をテンポよく登場させていた。全体的に神戸のラグジュアリー感と洗練された構成が、大人のビターなコレクションとして成立したようだ。満足感が残ったのは、確かだ。

【関連資料】

東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY | 2012 SPRING/SUMMER】 2012.03.20

【TOKYO RUNWAY 2011S/S】蛯原友里、冨永愛、加藤夏希、アユキ、ルナがゲストモデルに 2012.03.20

第1回「東京ランウェイ」開催決定!! 3月20日



【Japan Fashion Week in Tokyo 2012-13 A/W】Etw.Vonneguet(エトヴァス・ボネゲ)

  • エトヴァス・ボネゲ【Etw.vonneguet】日本
  • エトヴァス・ボネゲ【Etw.vonneguet】日本
  • エトヴァス・ボネゲ【Etw.vonneguet】日本
  • エトヴァス・ボネゲ【Etw.vonneguet】日本


 デザイナーOlga率いるファッションメゾン、Etw.Vonneguet(エトヴァス・ボネゲ)は、デジタルツールを使った新しい服づくりへの挑戦と、ファッションの新たな視点を提案するブランドのコレクションが、3月20日に新宿高島屋で行われた。服を媒体とした人と社会への意味的デザイン活動を理念としている。ツィターやフェイスブックなどのSNSで、モデルを一般公募で集めるなど、画期的で、人間性あふれるコレクションを開催している。

 コレクションでは、グラデーションカラー、ニット、中綿ダウン、メランジニット、ミントとラベンダー、イエローとグレー、グレーとベージュ、ハイウェストタックパンツ、ペグトップパンツなど、アート感覚を残しながら、カジュアル感を加えて、より着やすく、身近なブランドになったという印象を受けた。(写真・テキスト:井上眞理)




【関連資料】

エトヴァス・ボネゲ【Etw.vonneguet】日本

日本ファッション・ウィーク 【Japan Fashion Week in Tokyo 2012-13 A/W】 2012.03.18-23

エトヴァス・ボネゲ【Etw.vonneguet】YOU TUBE



【Japan Fashion Week in Tokyo 2012-13 A/W】美しさにうっとりしたソマルタのショー

  • ソマルタ 【SOMARTA】日本
  • ソマルタ 【SOMARTA】日本
  • ソマルタ 【SOMARTA】日本
  • ソマルタ 【SOMARTA】日本


 3月19日東京ミッドタウン・ホール HallA で、SOMARTAのコレクションが行われた。入口で招待状のないメディアとのトラブルが発生するくらい、超人気ブランドである。今期のテーマは、ジョード【Geodo】で結晶の洞窟。フェルメールのような17世紀の絵画を見ているような美しさにうっとりしたコレクションであった。

 スキンシリーズは、セクシーな女性の肉体をおおうベールのように美しく、第二の皮膚と呼んでふさわしいデザインだ。黒を基調にしたダークカラーのドレスから紅色に染まったドレスに場面が変化した、まるで、人類の誕生のような神秘的でダイナミックなシーンである。ミュージカルを観ていると錯覚するくらいに大胆で、創造性に富んだコレクションであった。

【関連資料】
ソマルタ 【SOMARTA】日本
日本ファッション・ウィーク 【Japan Fashion Week in Tokyo 2012-13 A/W】 2012.03.18-23


【TGC 2012 S/S】華やかなバレリーナをイメージしたトレンドラインのラブドゥローズアンドコー

  • ラブドゥローズアンドコー【Lovedrose&Co.】日本
  • ラブドゥローズアンドコー【Lovedrose&Co.】日本
  • ラブドゥローズアンドコー【Lovedrose&Co.】日本
  • ラブドゥローズアンドコー【Lovedrose&Co.】日本
  • ラブドゥローズアンドコー【Lovedrose&Co.】日本
  • ラブドゥローズアンドコー【Lovedrose&Co.】日本


華やかな女性をイメージしたトレンドラインとオリジナルティを追及したべーシックラインの2軸をメインとした愛され女性の願いを叶える商品を展開する【Lovedrose&Co.】。今回は、バレリーナをイメージした華麗なチュチュやオーガンジーを使ったフェミニンなアイテムが展開させた。今人気のバレリーナーシューズも数多く登場して、観客をわかせた。モデルさんもバレエを踊って登場するなど盛り上がった。




【関連資料】

ラブドゥローズアンドコー【Lovedrose&Co.】日本

第14回 東京ガールズコレクション'12 S/S【TOKYO GIRLS COLLECTION'12 S/S】 【TGC 2012 S/S】 2012.03.03 横浜アリーナ



Japan Fashion Week in Tokyo 大胆な構図のプリント柄で観客を魅了したカミシマチナミ

  • カミシマチナミ【 KAMISHIMA CHINAMI 】日本
  • カミシマチナミ【 KAMISHIMA CHINAMI 】日本
  • カミシマチナミ【 KAMISHIMA CHINAMI 】日本
  • カミシマチナミ【 KAMISHIMA CHINAMI 】日本


 素材の面白さ、日本独自の織物の技術力によって、新しい素材の息吹を感じる。それが、カミシマチナミの底力だ。どこも真似のできない、素材、カラー、プリントを毎シーズン展開しているのが魅力的だ。大胆な構図のプリント柄のドレスをまとったモデルは、まるで女性に生命を与えるかのように生き生きとして、ランウェイを歩いていた。

以下デザイナーのポエムを紹介する



冬の森

静かな白い冬に咲き誇る鮮やかな花びら
力強い青々とした緑
移り変わる季節に寄り添うように
乱反射する。



【関連資料】

カミシマチナミ【 KAMISHIMA CHINAMI 】日本

Japan Fashion Week in Tokyo



【Japan Fashion Week in Tokyo】ネオ・クラシックを表現したアツシ ナカジマ

  • ●●
  • ●●
  • ●●
  • ●●


Japan Fashion Week in Tokyoの Atsushi Nakashimaのコレクションが、東京ミッドタウン・ホール HallAで3月19日に行われた。 「Neo classic(ネオクラシック)」をテーマに、 未来的な直線美、自然界で生まれる曲線美、歴史や文化を感じる伝統美。これらの要素を融合させて、古典的なすばらしさや美しさを復活させていた。




【関連資料】

中島 篤 【Atsushi Nakashima】

Japan Fashion Week in Tokyo



【lessthan*】「ゆがみ」「ひずみ」「ねじれ」をテーマにしたレスザン

  • レスザン【lessthan*】日本
  • レスザン【lessthan*】日本
  • レスザン【lessthan*】日本
  • レスザン【lessthan*】日本


 【lessthan*】の2012年ー13年秋冬展示会が、アトリエで行われている。「no truth no distortion」というテーマで、「ゆがみ」「ひずみ」「ねじれ」をディテールや生地、染めや加工に落とし込んだコレクションを展開している。ゆがんだシャツ、ねじれたカットソー、斜めジップアップブルゾン、ムラに染まったウールのコートなどが展示されていた。

 メンズラインは、シンプルさとちょっとクセのあるディテールが必要だ。特に、ミュージシャンと親しいデザイナーの安藤大春氏(Ohal Ando)は、個性的なデザインを創造できるプロだ。まるで東日本大震災の地面のような状態をイメージしているようだ。彼のデザインは、破壊から創造へ向かうエネルギーのような強さを感じた。荒れ野原を開拓するフロンティアのような男の魅力があった。





【関連資料】

レスザン【lessthan*】日本

レスザン 展示会



【BARNYARDSTORM】二子玉川店でVERY専属モデル滝沢眞規子とVERY編集長のトークイベント開催

  • バンヤードストーム【BARNYARDSTORM】日本
  • バンヤードストーム【BARNYARDSTORM】日本
  • バンヤードストーム【BARNYARDSTORM】日本
  • バンヤードストーム【BARNYARDSTORM】日本
  • バンヤードストーム【BARNYARDSTORM】日本
  • バンヤードストーム【BARNYARDSTORM】日本
  • バンヤードストーム【BARNYARDSTORM】日本


 雑誌"VERY"とのコラボレーション・ブランドである【BARNYARDSTORM】が、3月17日玉川髙島屋本館1階グランパティオでVERY専属モデル滝沢眞規子さん(Makiko Takizawa)とVERY編集長、今尾朝子さん(Asako Imao)を招いてのトークイベントを開催した。会場は、立錐の余地もないほどハンサム・マザーを中心にファミリーも含めて、大勢の人が二人のトークに聞き入っていた。

 滝沢さんは美の秘訣についての質問で、「ジムに行ったり、時間があるときにはウォーキングをしたりしています。三番目が生まれて、一年後くらいから運動を始めたんです」と答えた。また、BARNYARDSTORMのデニムを履いて壇上に立ち上がった滝沢さんは、「このデニムがはいて時に、股上が深いんですけど、深さを感じさせないデザインが素敵だなと思ったんですね。これはデニムの中でも一二を争う履きやすさだと思いました」と熱く語った。




 トークイベント終了後、場所を店頭に移動し、滝沢さんがお客様にスタイリング提案をしたり、気さくに写真撮影に応じたり、子供をあやす姿などがあった。和んだ雰囲気でのお客様やファンへのサービスは、画期的で有意義だった。美を追求するモノ同士の雑誌VERYと滝沢眞規子さん。彼らの人気の高さを実感した。リアルにハンサム・マザーの集まる二子玉川の女性達の美のポテンシャルの高さに驚かされた一日だった。



【関連資料】

バンヤードストーム【BARNYARDSTORM】日本

MAKIKO'S DIARY Makiko Takizawa Official Blog [滝沢眞規子 公式ブログ]

VERY[ヴェリィ]オフィシャルサイト | 光文社



【Mellow Yellow Paris】パリジェンヌが旅する気分で楽しむ毎日をテーマしたメローイエローパリ

  • メローイエローパリ【Mellow Yellow Paris】フランス・靴
  • メローイエローパリ【Mellow Yellow Paris】フランス・靴
  • メローイエローパリ【Mellow Yellow Paris】フランス・靴
  • メローイエローパリ【Mellow Yellow Paris】フランス・靴
  • メローイエローパリ【Mellow Yellow Paris】フランス・靴
  • メローイエローパリ【Mellow Yellow Paris】フランス・靴


 先日、パリのシューズブランド【Mellow Yellow Paris】の2012年秋冬の展示会が原宿本店で行われた。2003年に設立されたパリジェンヌの愛されているキュートなブランドだ。レディースラインとキッズラインのミニマイ【minimy】を展開。今期のシーズン・コンセプトは、働くパリジェンヌが、気ままな長いバカンスへ行くというもの。ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そしてスウェーデンからフィンランドへの旅。

 バカンスを楽しむことに関して、ヨーロッパの人達の生き様(ライフスタイル)が参考になる。それぞれの国に、伝統があり文化がある。その要素を靴とバッグで表現していた。単に靴を売るだけでなく、文化や思想までも我々日本人に教えてくれているような気がした。フランス貴族出身のブルーノ・ヴァン・カヴェール氏 (Bruno Van Gaver)がプロデュースする「パリジェンヌが旅する気分で楽しむ毎日」のテーマが粋だ。パリのエスプリを感じた展示会だった。

【関連資料】
メローイエローパリ【Mellow Yellow Paris】フランス・靴



【SHIBUYA FASHION FESTIVAL vol.1】渋谷区とアパレル企業が協働したファッションの祭典

  • シブフェス【SHIBUYA FASHION FESTIVAL vol.1】
  • シブフェス【SHIBUYA FASHION FESTIVAL vol.1】
  • シブフェス【SHIBUYA FASHION FESTIVAL vol.1】
  • シブフェス【SHIBUYA FASHION FESTIVAL vol.1】


 渋谷区とアパレル企業が協働したファッションの祭典「SHIBUYA FASHION FESTIVAL vol.1」(シブフェス)を、2012年3月17日~23日にかけて開催される。街全体がステージとなる、ファッションの祭典『SHIBUYA FASHION FESTIVAL』は、渋谷・原宿エリアの百貨店、ファッションビル、セレクトショップ等、200以上の店舗が参加し、渋谷区の後援の元、様々な店舗が垣根を越えて渋谷の街全体を盛り上げるイベント。その記者発表会が15日に行われた。

 ゲストにオシャレ芸人のノンスタイルの二人、COOL JAPANの活動にも参加したAneCan専属モデルの葛岡碧さん(Midori Kuzuoka)、ファッションチェックが趣味の広海・深海(Hiromi Fukami)の二人、東京コレクション ランウエイで活躍中のファッションモデル達を招いて記者発表会が行われた。俳優の大東駿介氏(Syunsuke Daitou)と実行委員長の松井智則氏(Tomonori Matsui)がトークショーを行い、シブフェスの決意を語った。

【関連資料】
シブフェス【SHIBUYA FASHION FESTIVAL vol.1】
葛岡碧オフィシャルブログ『Midori』 Powered by アメブロ
広海・深海 オフィシャルブログPowered by Ameba
シブヤファッションフェスティバル 記者会見 youtube


【TGC 2012 S/S】大人になる為の女性にドレススタイルを提案した【DURAS】

  • デュラス【DURAS】日本
  • デュラス【DURAS】日本
  • デュラス【DURAS】日本
  • デュラス【DURAS】日本
  • デュラス【DURAS】日本
  • デュラス【DURAS】日本
  • デュラス【DURAS】日本
  • デュラス【DURAS】日本
  • デュラス【DURAS】日本


 すべてを超越したかのような圧倒的な存在感、あらゆる人を魅了してやまないそんなグラマラスな大人になる為の女性に提案する【DURAS】。真っ赤なハイヒールにパネルプリントのフリンジ付きのドレスで登場したモデル。カットワークのミニワンピース。白鳥のようなドレス。ブラウジングされたミニワンピース。

 大きく胸の開いた太ベルトのロングドレス。ウエストを強調したマキシドレス。ベアトップのマキシドレス。ラップスカートのマキシドレス。ウエディングのようなドレス。すべてドレスで大人の魅力を表現した【DURAS】の大胆さに観客は、マジックを見ているようにうっとりとしていた。




【関連資料】

デュラス【DURAS】日本

第14回 東京ガールズコレクション'12 S/S【TOKYO GIRLS COLLECTION'12 S/S】 【TGC 2012 S/S】 2012.03.03 横浜アリーナ



【TGC 2012 S/S】女性らしいシルエットや素材感のあるエッジの効いたブランド【TWNROOM】

  • ツインルーム【TWNROOM】日本
  • ツインルーム【TWNROOM】日本
  • ツインルーム【TWNROOM】日本
  • ツインルーム【TWNROOM】日本
  • ツインルーム【TWNROOM】日本
  • ツインルーム【TWNROOM】日本


 INTELLECTUAL(知性・知的)でベーシックで有りながら、エッジの効いたトレンド感を取り入れたデザインとSENSUAL(女性らしい)シルエットや素材感のあるアイテムを中心に、MIX感の有るスタイリングを提案した【TWNROOM】は、今春デビューしたばかりのブランドだ。アイテムのみならず、幅広いコーディネートの提案をするのが【TWNROOM】の特徴。

 ダンサー31名がステージいっぱいに踊りだして始まったショーは、リズム感あふれるモデルウォークにつながっていった。フィットフレアのフューシャピンクのミニドレス。カットオフのデニムショートパンツ。オレンジのコンビネゾン。ハイカットスニーカーとミントブルーのギャザーミニスカートとボーダーのノースリーブ。キラキラ光った七分袖のTシャツ。カラフルな花柄プリントのコンビネゾンは、バロック感覚でクラシックな感じだった。




【関連資料】

ツインルーム【TWNROOM】日本

第14回 東京ガールズコレクション'12 S/S【TOKYO GIRLS COLLECTION'12 S/S】 【TGC 2012 S/S】 2012.03.03 横浜アリーナ



【TGC 2012 S/S】肌と洋服の露出加減の美しさをブルーデニムで表現したヴァンス エクスチェンジ

  • ヴァンス エクスチェンジ【VENCE EXCHANGE】日本
  • ヴァンス エクスチェンジ【VENCE EXCHANGE】日本
  • ヴァンス エクスチェンジ【VENCE EXCHANGE】日本
  • ヴァンス エクスチェンジ【VENCE EXCHANGE】日本
  • ヴァンス エクスチェンジ【VENCE EXCHANGE】日本
  • ヴァンス エクスチェンジ【VENCE EXCHANGE】日本
  • ヴァンス エクスチェンジ【VENCE EXCHANGE】日本


 【VENCE EXCHANGE】の2012年春夏シーズンテーマは、肌と洋服の露出加減の美しさを表現した「Naked and Clothing」。春のテーマは「Blue on Blue」、青く、蒼く、碧く。様々なブルーを表現したという。ブルーデニムを中心にデニムシャツなどブルーの濃淡と肌の露出加減がスタイリングのキーワードとなっている。

 星条旗柄ブラトップとスエードブーツ、スカート代わりにリンジの布を巻いたビキニパンツとのコーディネートがワイルドだ。黒のレザーブーツに、ショートパンツとデニムシャツのボーイフレンドスタイル。トレンチコートと水玉ストールのコーディネート。ナバホ柄マキシドレス。ロングブーツに、ショートパンツとボータイブラウスとワークキャップのミスマッチ感覚が女性らしく映った。グラマラス・クール・セクシーとともに、デニムの面白さが伝わる演出だ。

【関連資料】
ヴァンス エクスチェンジ【VENCE EXCHANGE】日本
第14回 東京ガールズコレクション'12 S/S【TOKYO GIRLS COLLECTION'12 S/S】 【TGC 2012 S/S】 2012.03.03 横浜アリーナ


【TGC 2012 S/S】レトロガーリッシュな世界を披露したリズリサ

  • リズリサ【LIZ LISA】日本
  • リズリサ【LIZ LISA】日本
  • リズリサ【LIZ LISA】日本
  • リズリサ【LIZ LISA】日本
  • リズリサ【LIZ LISA】日本
  • リズリサ【LIZ LISA】日本
  • リズリサ【LIZ LISA】日本


                                 トレンドとレトロを融合し、なおかつ女の子らしさが残るオシャレを提案する【LIZ LISA】は、Retro Girlish(レトロガーリッシュ)をテーマに、独特のガーリーな世界を披露した。花をあしらったサンダルに、純白のフィット&フレアのキャミソールワンピースを着たモデルが日傘をさして登場した。メルヘンチックで可愛らしさにみちみちていた。

 大きなリボンのヘッドドレスで登場したモデルは、前後差のある淡い花柄スカートに、レースを重ねたフレンチスリーブのトップスを着て登場した。プリントのパレオ風ラップ・マキシスカートに、ブラトップのリゾートスタイルは、南国に行きたくなってしまうほどエンジョイできた。大きなリボンのヘッドドレスに、セーラーカラーのワンピースは、ピンクで統一されていた。清潔感と初々しさの残る乙女チックなスタイリングは、レトロガーリシュだった。 【関連資料】
リズリサ【LIZ LISA】日本
第14回 東京ガールズコレクション'12 S/S【TOKYO GIRLS COLLECTION'12 S/S】 【TGC 2012 S/S】 2012.03.03 横浜アリーナ


【JINS】リニューアルオープンした旗艦店のJINS 原宿店の中身とは?

  • アイウエアブランド「ジンズ【JINS】」
  • アイウエアブランド「ジンズ【JINS】」
  • アイウエアブランド「ジンズ【JINS】」
  • アイウエアブランド「ジンズ【JINS】」


 3月10日にリニューアルオープンした旗艦店のJINS 原宿店が、2012 年春夏新作のAir Frameのお披露目やパソコン用メガネのJINS PC等 の機能性アイウエア"の試着などを行った。JINS原宿店オープン当日には、誘った友達の数に応じて割引率UP!「"みんなで行けば"スゴイ割 キャンペーン」を実施した。先着100組・最大1000人に割引クーポンをプレゼント。同伴者が多ければ多いほど割引率が高くなり、最大10人で99%offとなるというイベントだ。

 最近のアイウエア業界は、価格競争に巻き込まれていたが、機能性の高いメガネやドライアイ用パソコン用メガネの開発や、ゴルフ専用サングラスなど用途にあったメガネが発売されている。実際、ブルーライトからPC用メガネは、ディスプレイの文字が見やすく設計されていた。伊達メガネを含め、機能性のあるメガネも便利だと痛感した。まだまだ開発の余地のあるアイウエアに注目すべきかも。

【関連資料】
アイウエアブランド「ジンズ【JINS】」
株式会社ジェイアイエヌ


【LOURPHYLI】ヌーベルバーグ映画のパリジェンヌのようなで可憐なスタイルを提案

  • ロアフィリー【LOURPHYLI】日本
  • ロアフィリー【LOURPHYLI】日本
  • ロアフィリー【LOURPHYLI】日本
  • ロアフィリー【LOURPHYLI】日本
  • ロアフィリー【LOURPHYLI】日本
  • ロアフィリー【LOURPHYLI】日本


 3月10日にオープンする銀座本店が1号店となる「ロアフィリー」。2012年春夏のシーズンテーマは、「プライベート・ガーデン」。ワイルドフラワーの咲きほこる庭で、家族や仲間と楽しむガーデンパーティ。ドレスコードは、ブルジョアジーのダウンスタイル。ヌーベルバーグ映画のパリジェンヌのようなナチュラルで可憐なスタイルを提案している。

 夏には、「シークレット・ロマンス」をテーマに、イスラムの風を受けた、バラ園のある別荘で過ごす夏のヴァカンスをイメージした商品が展開されるという。シャーベットカラーで優しく彩るアラベスク柄やビーズ装飾、ドライタッチのリネンに、シルキーでしなやかなヴェールを重ねたような、プリミティブでモダンなレイヤードを提案する。

 ありそうでなかった20代後半の都会派女性のスタイリング提案のセレクトショップ。リッチ感のある商品でありながら、手の届く価格帯が心にくい。淡いピンクで統一されたショップバッグもインテリア感覚で親しみがある。銀座のど真ん中に、心豊かに、優雅にさせてくれるお店が出現した。お勤め帰り、寄ってみたいお店だ。

【関連資料】
ロアフィリー【LOURPHYLI】日本


【PEAK&PINE】2012年レディース水着3ブランドのフロアーショー

  • ピーク&パイン【PEAK&PINE】日本・水着
  • ピーク&パイン【PEAK&PINE】日本・水着
  • ピーク&パイン【PEAK&PINE】日本・水着
  • ピーク&パイン【PEAK&PINE】日本・水着
  • ピーク&パイン【PEAK&PINE】日本・水着
  • ピーク&パイン【PEAK&PINE】日本・水着
  • ピーク&パイン【PEAK&PINE】日本・水着
  • ピーク&パイン【PEAK&PINE】日本・水着


 3月8日に、東京・表参道で株式会社ミューラーン(miulan)の2012年レディース水着ブランドのフォロアショーが行われた。メインブランドの【PEAK&PINE】は、ハンサム、フェミニン、エキゾチック、ファッショニスタの4つのテーマに基づいてレイヤードビキニ、レイヤードモノキニ、レイヤードパンドゥ、ブラジールなどのアイテムを披露した。リゾートウエアもレースを主流に展開して、観客を魅了した。

 魅惑的で官能的な大人の女性向けブランド「Defilious(デフィリアス)」は、ヌーディスト・ニュアンスとスパイシー・サファリの2つのテーマで、レース・シースルーのレイヤードアイテムやモノキニ・バリエーションを披露した。また、今期デビューした「Riberce(リベーチェ)」は、自分のスタイルを持っている大人の女性のためのリゾートブランド。mellow airとwell noned airの2つのテーマを披露した。黒以外にウィスキーオレンジ、ニュアンスグレー、リオカラー、コーラルピンクなどカラーの遊びを加えていた。

 年間を通して水着を展開している株式会社ミューラーン(miulan)のブランドは、常に新しいデザインが投入されている。特に、自由に組み合わせが出来るレイヤード系のアイテムが充実している。ランジェリー感覚で着るビジュー付きのTバックは、見せパンに近く、セクシーだがキュートでガーリーだ。一年中、おしゃれな水着が買える時代になったと痛感した。

【関連資料】
ピーク&パイン【PEAK&PINE】日本・水着
2012年レディース水着3ブランドのフロアーショー


【TGC 2012 S/S】柔らかいカラーやマテリアルを使ったフェミニンなワンウェイ

  • ワンウェイ【one*way】日本
  • ワンウェイ【one*way】日本
  • ワンウェイ【one*way】日本
  • ワンウェイ【one*way】日本
  • ワンウェイ【one*way】日本
  • ワンウェイ【one*way】日本
  • ワンウェイ【one*way】日本
  • ワンウェイ【one*way】日本
  • ワンウェイ【one*way】日本


 Petit Fleur(プチフルール)かわいい女の子。柔らかいカラーやマテリアルを使ったフェミニンなアイテムをone wayらしくカジュアルにエッジの効いたスタイリングを提案したワンウェイ。プラットフォームシューズにコートジャケット。巾着型バッグにトレンチコート。ブーティに、パステルカラーの花柄プリントのコンビネゾンとベージュのジャケット。

 プラットフォームシューズにデニムのショートパンツ。胸刺繍のウエストシャーリングのチュニックブラウスはモロッコ風だ。チュチュのようなオーガンジーのスカートに英字プリントのTシャツとスタジアムジャンパー。スカラップ刺繍使いのワンピースはランジェリー風。中東風プリントのショートパンツとフリルシャツに、フーデッドコート。リボンタイ付きのオーバーブラウスのワンピース。オーガンジーのスカートに、サックスのボーダーTシャツがさわやかだった。

【関連資料】
ワンウェイ【one*way】日本
第14回 東京ガールズコレクション'12 S/S【TOKYO GIRLS COLLECTION'12 S/S】 【TGC 2012 S/S】 2012.03.03 横浜アリーナ


【Etw.vonneguet】デザイナーOlgaさんの世界に共感

  • エトヴァス・ボネゲ【Etw.vonneguet】日本
  • エトヴァス・ボネゲ【Etw.vonneguet】日本
  • エトヴァス・ボネゲ【Etw.vonneguet】日本
  • エトヴァス・ボネゲ【Etw.vonneguet】日本


 新宿髙島屋ファム・メゾン8階特設会場で東京デザイナーズリミテッドショップ(Tokyo Designers Limited Shop)がオープンした。各デザイナーが販売するショップで、直接デザイナー本人と会う貴重な体験ができる。「Etw.Vonneguet」が6日まで期間限定で出店していた。デザイナーOlgaさんの新進気鋭のデザイナーズブランドだ。常連客や友達も多く訪ねたという。結果的に売上は上々だったそうだ。

 最近のデザイナーは、考えて、作って、売ってのオールマイティな活動を強いられている。しかも、顧客とのコミュニケーションも大事だ。NHKのテレビ小説「カーネーション」を観ていると、ビジネスの原点のようにも思う。デザイナーOlgaさんは、売れ筋を作るヒントを持ち始めているように思う。ファッションは、売れてなんぼの世界である。顧客が喜ぶのは、買いたくなる商品がいっぱいあることだ。デザイナーが、ふっきった時、新しい時代が誕生する。

【関連資料】
エトヴァス・ボネゲ【Etw.vonneguet】日本
Etw.Vonneguet(エトヴァス・ボネゲ) リミテッドショップ@新宿高島屋
新宿髙島屋ファム・メゾン8階に「東京デザイナーズリミテッドショップ」オープン


【TGC 2011 A/W】チェアガールのような雰囲気のフィービリー

  • フィービリー【phebely】日本
  • フィービリー【phebely】日本
  • フィービリー【phebely】日本
  • フィービリー【phebely】日本
  • フィービリー【phebely】日本


 バロックジャパンリミテッドから2012年4月にデビューするガール、エロポップ、ストリートカジュアルがキーワードのブランド【phebely】。「with my boyfriend」が今シーズンのテーマで、BOYSっぽい要素も取り入れたスタイルや、スタジャンやオーバーサイズのシャツ、そしてラインソックスやメンズ靴などをチョイスしているイメージだ。

 彼のワードロープを借りてそれを自分らしくMIXして着るスタイルと、彼とデートするときに着たいガーリーなスタイルの2つの意味を込めて、ボーイフレンドとともに過ごす日常を 提案している。チェアガールのポンポンを持ったモデルは、学生時代に戻ったかのように、溌剌としていた。厚底スニーカーに、オーバーにソックスとカットオフのショートパンツに、ノースリーブのシャツに超ネクタイなどキュートなコーディネートに魅了された。




【関連資料】

フィービリー【phebely】日本

第14回 東京ガールズコレクション'12 S/S【TOKYO GIRLS COLLECTION'11 A/W】 【TGC 2011 A/W】 20121.03.03 横浜アリーナ



【TGC 2012 S/S】 シャーベットガーデンのようにたおやかな色調を提案

  • 【TOKYO GIRLS COLLECTION'12 S/S】
  • 【TOKYO GIRLS COLLECTION'12 S/S】
  • 【TOKYO GIRLS COLLECTION'12 S/S】
  • 【TOKYO GIRLS COLLECTION'12 S/S】
  • 【TOKYO GIRLS COLLECTION'12 S/S】
  • 【TOKYO GIRLS COLLECTION'12 S/S】


 第14回東京ガールズコレクションが3月3日に横浜アリーナで行われた。今回のテーマは、シャーベットガーデン【sherbet garden】。2012年春夏の最新トレンドキーワードより「シャーベットカラー」をフィーチャーし、女の子のそれぞれのしなやな柔らかさと、華やいだ色とりどりの個性の集合体を、"庭(ガーデン)"で表現した。史上最大級ファッションイベントとともに、3月3日はひなまつりということで、7歳の本田望結ちゃんと64歳のあき竹城さん、がモデルとして出演した。

 今回は原点に戻って、ファッションショーを中心に実施してこともあって、ミーハー的な大歓声よりもじっくり洋服を観ることに専念したショーであった。梅田瑞希、絵美里、エリーローズ 、えれな、大石参月、加賀美レイナ、香里奈、葛岡碧、紗羅マリー、笑京、土屋アンナ、デヴィン、中条あやみ、西内まりや、西山茉希、能世あんな、藤井リナ、マギー、道端アンジェリカ、美優 など雑誌等で人気のあるモデルが登場した。紗栄子,安田美沙子,優木まおみ,溝端淳平,ユージなど豪華なゲストモデルも登場した。

 アーチストでは、IU,北乃きい,きゃりーぱみゅぱみゅ,Crystal Kay,西野カナ,益若つばさのMilky Bunny.が出演。映画「僕らがいた」のタイアップで生田斗真、吉高由里子が登場すると割れんばかりの拍手と歓声が起こった。KARAも出演したが体調が悪く、着席のままバラード調の静かな曲を歌った。ちょっと気になるのは、「ガールズ」っぽい感覚がなくなり始めている。大人たちの祭典になっているような感じもした。元気ではちきれそうなブランドを集めることも大事だと思う。

【関連資料】
第14回 東京ガールズコレクション'12 S/S【TOKYO GIRLS COLLECTION'12 S/S】 【TGC 2012 S/S】 20121.03.03 横浜アリーナ
史上最大級のひなまつり!!『第14 回 東京ガールズコレクション 2012 SPRING/SUMMER』 3月3日(土) 横浜アリーナ


【MOET ROSE】モエロゼでラブを刻もう イベント開催

  • モエロゼ【MOET ROSE】
  • モエロゼ【MOET ROSE】
  • モエロゼ【MOET ROSE】
  • モエロゼ【MOET ROSE】


 3月2日、東京・青山のLe Baron de Parisで、モエ・エ・シャンドン主催のピンクのロゼと共にグラフィティの世界を表現した「GRAFFITI PARTY」が開催された。モエロゼに魔法をかけたのは、パリのグラフィックアーチストのアンドレ。また、招待客はマーカーが手渡され、それぞれのLOVEを特設の壁に描いていた。「モエロゼでラブを刻もう」という素敵な試みだった。「祝福の気持ちを込めたピンクのシャンパンをグラスに満たせば、忘れられない時間が記憶に刻まれます」という。




 ラウンジの中は、DJが曲をかけ、アーチストがキャンバスに絵を描いていた。解放区のような自由さとモエロゼの心地よい酔いに任せて、会話が弾むようだ。スタッフが、QRコードでアクセスしてアプリをゲットする方法をiPad でプロモーションをしていた。ドレスコードがサムシングピンクということもあって、ピンクの洋服だけでなく、バッグや靴、アクセサリーなどをピンクにして参加した人も多かった。ピンクの世界は、春の兆しを感じさせてくれた。



【関連資料】

モエロゼ【MOET ROSE】



MOTOROLA RAZA 道端アンジェリカがスタイリッシュにセクシーに変身

  • アダム・サークス【Adam Saaks】アメリカ
  • アダム・サークス【Adam Saaks】アメリカ
  • アダム・サークス【Adam Saaks】アメリカ
  • アダム・サークス【Adam Saaks】アメリカ


 スマートフォンのMOTOROLA RAZAの発売記念イベントが3月2日、六本木ヒルズ「マドラウンジ」で行われた。ファッションアイコンとして絶大な人気を誇る道端アンジェリカさんと、モデルで俳優の敦士(Atsusi)さんがアダム・サークス氏【Mr.Adam Saaks】とともに登場した。着ているTシャツが切り刻まれ、あっという間に、スタイリッシュにセクシーに変身した。

 ハサミ一本でTシャツをドレスに変えるファッションデザイナーとして世界中で話題を呼んでいるAdam Saaks氏のライブパフォーマンスにより、二人がアーチスティックでセクシーな スタイルに変身した。スリムなのにハード。スリムなのにパワフル。スリムなのにクレバー。この3つは、MOTOROLA RAZAの特長と世界観を表現しているという。まさに、二人のようだ。




【関連資料】

アダム・サークス【Adam Saaks】アメリカ

MOTOROLA RAZR (モトローラ レーザー)





MOTOROLA 道端アンジェリカ、敦士が今注目のファッションデザイナーと登場



【moussy】3月2日 マウジーSHIBUYA109店がリニューアルオープン

  • マウジー【moussy】日本
  • マウジー【moussy】日本
  • マウジー【moussy】日本
  • マウジー【moussy】日本
  • マウジー【moussy】日本
  • マウジー【moussy】日本
  • マウジー【moussy】日本
  • マウジー【moussy】日本
  • マウジー【moussy】日本


 3月2日に【moussy】SHIBUYA109店がリニューアルオープンする。前日の3月1日にイベントがSHIBUYA109店スクエアで行われた。2000年のブランド・デビューから12年を迎える、クールなジーンズカジュアル・ブランドとして人気のある【moussy】は、昨年10月にニューヨーク・マンハッタンにPOP-UP STOREをオープンした。グローバルブランドとして成長を続けている。

 若者文化発信地である渋谷から誕生した【moussy】SHIBUYA109店リニューアルを記念して、「ねこダンス」で有名になった人気のK-POPの女性7人グループ「T-ARA」とコラボレーションイベントを実施した。愛らしいキュートなダンスとともに新曲「Roly-Poly」を披露したが、ファンが殺到して、この1曲で中止となった。【moussy】のスタッフがステージに上がって撮影タイムとなった。

 T-ARAは、若年層の女性ファンが多く、ダンボールで手作りしたハングル文字のプラカードを持参するほどの熱狂ぶりだ。ダメージデニムのジージャンを着て、思い思いの衣装の7人は、スレンダーなボディに、プリントやビビッドのショートパンツや赤いレギパンなどを履いて美脚を披露した。とにかく、ものすごい人が109の入口を囲んでゲリラライブは中止となった。

【関連資料】
マウジー【moussy】日本
Roly-Poly(Japanese ver.)『ティアラ【T-ARA】』
T-ARA【MVフル】Roly-Poly


【SILVETA】ボディラインを強調したデザインが魅力のシルエタ

  • シルエタ【SILVETA】スペイン
  • シルエタ【SILVETA】スペイン
  • シルエタ【SILVETA】スペイン
  • シルエタ【SILVETA】スペイン
  • シルエタ【SILVETA】スペイン
  • シルエタ【SILVETA】スペイン


 グラマラスなデザインと、美しいシルエットが話題のスペインの新ラグジュアリー・ブランド『Silveta シルエタ』の展示会が行われた。プレミアムジーンズだけでなく、クチュールのドレス、ストレッチ性のあるボディラインを強調したミニドレスやスペインを象徴するカルメンスリープのトップス、マーメイドシルエットのドレスなどが展示された。

 ベネチア国際映画祭で女優が「Silveta」を着て話題になった。女優やスーパーモデルに人気だというビスチェとフロントがショートでロングテールのドレスは、セクシーでゴージャスでグラマラスなデザインだ。売れ筋要素が三点盛りのデザインが多い。広報の椿サチさんは、「日本ではナチュラルテイストのデザインが主流ですが、いづれグラマラスな路線に流行が変わると信じています」と語った。

 日本は、カワイイがベースにあって、妖艶で活動的な女性を好まない傾向にある。それは、男性が求めている偶像に、できるだけ近づけてあげたいと思う女心なのかもしれない。そのほうが、波風立たずにうまくいくからである。就職でも結婚でも有利だからである。しかしながら、女性が自立できる時代になった今、女性は女性らしさを創作し始めてきた。これから、煌びやかな時代になる予感がした展示会だった。




【関連資料】

シルエタ【SILVETA】スペイン

http://youtu.be/cDfKhISfRRw



アーカイブ