Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

【原宿カワイイ大使】きゃりーぱみゅぱみゅが大使に任命される

  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • きゃりーぱみゅぱみゅ


 2012年8月30日に、原宿ラフォーレミュージアムで、渋谷区と原宿神宮前商店会は、原宿カルチャーが世界的に注目されていることを背景に、原宿の「アイコン」として活躍中のきゃりーぱみゅぱみゅさんを【原宿カワイイ大使】としての認定式を行った。日本のファッションを世界に広める目的で、原宿発のファッションや原宿の文化を、外国人に認知してもらえるよう、世界各国に発信する役割を担う、きゃりーぱみゅぱみゅさんを中心にし、原宿のシンボルとして、原宿神宮前地区をより活性化させ、若者文化を発信していくという。

 認定式は、【原宿カワイイ大使】に任命された、きゃりーぱみゅぱみゅさんを迎え、渋谷区長の桑原氏より認定証の授与及び、原宿神宮前商店会会長の八木原氏より【原宿カワイイ大使】誕生の経緯説明などが行われた。認定式前には、写真スライドを使って、「60年代から現在までの原宿の歴史」を振り返った。実際にモデルが当時のスタイルを再現して登場した。また、きゃりーぱみゅぱみゅさんもステージで歌2曲を披露して、硬くなりがちな認定式を和ませた。

 「友達と原宿を歩いていたらスナップされたんです。それをきっかけに、もっとおしゃれになんなきゃ!と思って、毎週のように原宿にお買い物に来るようになりました。」と原宿デビューについて語った。また、「海外アーティストさんのグレン・ステファニーさんが、「原宿ガールズ」っていう歌を歌っていて、こんな有名な人も原宿が大好きなんだと驚きました。」と海外アーチストなどに影響されていた一面も見せた。最後に「原宿のカワイイ・カルチャーを広めていって、全世界を麻痺させていきたいです」と締めくくった。

 タイの放送局で番組を持っている話や、アーチストとしてデビューして一年で自分のファッションが女の子に影響を与えている話などよどみなく語る姿に、非凡な才能を感じた。原宿もきゃりーぱみゅぱみゅさんも、共通している点がある。それは、オリジナリティだ。原宿が竹下通り、表参道、キャットストリート、裏原宿、明治通りとチープでジャンキーなものからハイエンドな高級品まで玉石混淆に存在するモザイクのような街であること。きゃりーぱみゅぱみゅさんも、様々なモチーフを付けてモザイクのようにちりばめた衣装を着ている。

【関連資料】
「原宿カワイイ大使」
きゃりーぱみゅぱみゅ
原宿神宮前商店会
Love Angel Music Baby グウェン・ステファニー Harajuku Girls


【girl's blogger style】女子ブロガーによるブロガーが楽しめるブロガーイベント

  • ガールズブロガースタイル【GIRL'S BLOGGER STYLE】イベント
  • ガールズブロガースタイル【GIRL'S BLOGGER STYLE】イベント
  • ガールズブロガースタイル【GIRL'S BLOGGER STYLE】イベント
  • ガールズブロガースタイル【GIRL'S BLOGGER STYLE】イベント
  • ガールズブロガースタイル【GIRL'S BLOGGER STYLE】イベント
  • ガールズブロガースタイル【GIRL'S BLOGGER STYLE】イベント
  • ガールズブロガースタイル【GIRL'S BLOGGER STYLE】イベント
  • ガールズブロガースタイル【GIRL'S BLOGGER STYLE】イベント
  • ガールズブロガースタイル【GIRL'S BLOGGER STYLE】イベント
  • ガールズブロガースタイル【GIRL'S BLOGGER STYLE】イベント
  • ガールズブロガースタイル【GIRL'S BLOGGER STYLE】イベント
  • ガールズブロガースタイル【GIRL'S BLOGGER STYLE】イベント


 【GIRL'S BLOGGER STYLE】というブロガーによるブロガーが楽しめるブロガーイベントが、2012年8月29日にSHIBUYA-AXで開催された。しかも、運営サイト『ガールズモニター』会員の中から抽選で2000名を無料招待して開催している。会場は、おしゃれなブログ・ガールズで埋め尽くされていた。Ank Rouge、BACKS、DATURA、GARULA、GLAD NEWS、GYDA、HEAVEN&EARTH、LADYMADE、moohoop、Neon soda、SPIRAL GIRL、3rd by VANQUISH などのレディースとメンズのブランドのファッションショーを中心に行われた。途中、ガールズ・レコメンド・タイムの「ガルコレ」でブロガーがトレンド商品を薦めるコーナーがあり、マメ知識を披露した。

 オープニング・アクトをあいにゃん、福田桃代、Silent Sirenが飾り、MCにお笑いのNON STYLEの石田明、井上裕介と 鈴木奈々を迎えスタートした。アーチストは、ALICE、E-Girls、K.J. 、 Milky Bunnyという豪華なメンバーだ。シークレット・ゲストに今話題のネガティブモデル、栗原類が登場し、喝采を浴びた。『今までファッションショーと言えばプロのモデルだったのが、読者モデルになりファッションイベントがぐっと身近になりました。さらに、このGBSに出演するのは全て「ブロガー」。彼女たちに憧れる女の子も、また、次のショーに出演できるかもしれないという可能性を秘めています。』と主催者がコメントしているように、彼らはヤル気と元気があり、どん欲にステージを観ていたのが印象的だった。

 今回のテーマ"REVOLUTIONARY NEW WORLD"で、ファッションショーそのものを革命を起こし、新たな世界を創り上げるという強い意志を感じた。また、モデルと一般との境がないボーダーレスな世界を実現しているのも特徴だ。ボーイッシュなスタイルから、ギャル系、エレガント系、ガーリー系、フェミニン系など様々なスタイルが登場したファッションショーは、モデルが普通のウォーキングで新鮮だった。決めポーズもなく、はしゃいでいる姿が、リアルに映った。ファッショナブルだが、背伸びしないおしゃれが存在することを証明した。

【関連資料】
ガールズブロガースタイル【GIRL'S BLOGGER STYLE】イベント
運営サイト『ガールズモニター』
第4回ガールズブロガースタイル2012A/W 2012年 8月29日(水)SHIBUYA-AXにて開催!!


【KEITA MARUYAMA】丸山敬太が360°どこから見ても可愛い新メイド服を発表

  • @ほぉ~むカフェ【@home cafe】
  • @ほぉ~むカフェ【@home cafe】
  • @ほぉ~むカフェ【@home cafe】
  • @ほぉ~むカフェ【@home cafe】
  • @ほぉ~むカフェ【@home cafe】
  • @ほぉ~むカフェ【@home cafe】


 メイドカフェ業界のパイオニアの「@ほぉ〜むカフェ」のファッションデザイナーの丸山敬太氏がデザインした新衣装(メイド服)のプレス発表会見が8月28日、東京・秋葉原の@ほぉ〜むカフェで開催された。AKIHABARAとFASHIONの融合を合言葉に、今までの雰囲気を残しつつ、さらに美しいシルエットとなり洗練された新しいメイド服は、実際に試着したメイドたちに大変好評だった。会見には、丸山敬太氏と社長の小田吉男氏、3名のメイドたちも加わり、盛り上がった。

 トークショーでは、「メイド服」というワードをきっかけに、服装の話だけでなく日本独特のカルチャーとしてのメイドカフェやその世界的な広がり、ファンタジー感を意識したデザインの話や絶対領域など衣装へのこだわりポイントまで様々に話題が広がった。「@ほぉ〜むカフェ」は、2004年にオープンして以来、メイドカフェをブームにさせ、2005年には、同店のメイドから広がった「萌え」という言葉が、ユーキャン流行語大賞を受賞した。2011年には来店者累計200万人を突破するほど、メイドカフェは、男性だけでなく、女性にも認知されてきた。日本だけでなく、日本の代表的サブカルチャースポットとして、世界各国から来客があるという。世界的な有名人もお忍びで来店したという。

 メイドさんは、新メイド服の特徴を聞かれ、バック・スタイルについて語った。特に、天使の羽根といわれるフリルのストラップやエプロンの大きなリボンや、スカートの後ろの部分をふくらませたバッスル・シルエットが気に入ったようだった。照れ笑いしながらも、丸山敬太氏は、「立体的に、プロにしか出せないカッティングだったり、見た目だけでなく、彼女達が仕事がしやすいことにもこだわってデザインしました」と語った。360°どこから見ても可愛い新メイド服の誕生に会場から拍手が起こった。

【関連資料】
@ほぉ~むカフェ【@home cafe】
ケイタ・マルヤマ 丸山敬太【KEITA MARUYAMA】日本


【TIME & EFFORT】日本のレザー職人の「ものづくりへの姿勢・精神」を表現したショールーム

  • タイム・アンド・エフォート【TIME & EFFORT】ショールーム
  • タイム・アンド・エフォート【TIME & EFFORT】ショールーム
  • タイム・アンド・エフォート【TIME & EFFORT】ショールーム
  • タイム・アンド・エフォート【TIME & EFFORT】ショールーム
  • タイム・アンド・エフォート【TIME & EFFORT】ショールーム
  • タイム・アンド・エフォート【TIME & EFFORT】ショールーム
  • タイム・アンド・エフォート【TIME & EFFORT】ショールーム
  • タイム・アンド・エフォート【TIME & EFFORT】ショールーム


 社団法人日本皮革産業連合会(JLIA)が、2012年8月28日、銀座に革のショールーム【TIME & EFFORT】をオープンした。クリエイティブ・ディレクターに熊谷隆志氏を起用し、ジャパンブランドの良さを体験できる選りすぐりのレザー及びレザー製品をセレクトした本格的なショールームである。【TIME & EFFORT】には、日本の職人の「ものづくりへの姿勢・精神」を表現し、「手間ひまかける、。丹精に作り上げる」という意味があるという。

 銀座8丁目の並木通りというロケーションに、高級感のあるバッグや靴、洋服が展示され、一部を除き販売もするという。クロコダイルのメンズ・ブリーフ・バッグ(63万円)などもある。熊谷隆志氏が店内外装も含め、インテリアまで監修した統一感があるショールームになっていた。8月28日7に行われたプレス内覧会では、熊谷隆志氏も来店し挨拶をした。1階の入り口付近は、熊谷氏が自らデザイン開発に携わったオリジナル製品が展示されている。

 また、2階の半分のスペースで開催される店内イベントは、お客様とのふれあいを目的に、レザーに対する愛着や長持ちさせるテクニックを学ぶなど、毎回何度もテーマを変え、お客様が何度も来店できる企画も行う予定だ。ショールームでありながら、展示販売を行うという仕組みは、これからトレンドになるのかもしれない。見て、触って、買うという自然な流れを感じた。

【関連資料】
タイム・アンド・エフォート【TIME & EFFORT】ショールーム
 東京都中央区銀座8丁目5番4号 銀座マジソンビル1・2F  営業時間 :月~金 12:00-20:00  土・日・祝 11:00-19:00  TEL :03-6274-6950
タ熊谷隆志【Takashi Kumagai】ショールーム
社団法人日本皮革産業連合会(JLIA)


PAL FES LIVE with MTV 夏フェスに中谷美紀、スザンヌ、土屋アンナ、藤本美貴、鮫島彩など豪華ゲストが登場

  • PAL FES LIVE with MTV
  • PAL FES LIVE with MTV
  • PAL FES LIVE with MTV
  • PAL FES LIVE with MTV
  • PAL FES LIVE with MTV
  • PAL FES LIVE with MTV
  • PAL FES LIVE with MTV
  • PAL FES LIVE with MTV
  • PAL FES LIVE with MTV
  • PAL FES LIVE with MTV
  • PAL FES LIVE with MTV
  • PAL FES LIVE with MTV


 2012年8月25日、渋谷ヒカリエにて、PAL グループの人気ブランドが一堂に集結し秋冬の最新コレクションを紹介するファッションイベント「PAL FES LIVE with MTV」を開催された。スペシャルゲストとして中谷美紀さん、スザンヌさんらが登場。更には、シークレットゲストとして土屋アンナさん、藤本美貴さん、なでしこジャパンの鮫島彩さんがステージに登場し、会場を盛り上げた。また、藤本美貴さんには出産後初となるファッションショーで華麗なウォーキングを披露した。

 1st ステージでは、ラウンジドレス(Loungedress)、ラシット(russet)、ビアズリー(BEARDSLEY)、ガリャルダガランテ(GALLARDAGALANTE)、パピヨネ(PAPILLONNER)、スリーコインズ(3COINS)の6ブランドのモデルが登場した。ラウンジドレス(Loungedress)では、クリスタルケイ(Crystal Kay)とダンサーによるライブが行われた。feather and downがガリャルダガランテ(GALLARDAGALANTE)で、土屋アンナがパピヨネ(PAPILLONNER)で曲を披露した。

 2nd ステージでお客さんの入れ替えがあり、新たに1500名が入場した。チャオパニックティビー(CIAOPANIC TYPY)、カスタネ(Kastane)、チコ(WHO'S WHO Chico)、ディスコート(Discoat)、ミスティック(mystic)、チャオパニック(Ciaopanic)の6ブランドが登場した。boomiがカスタネで、Michiがミスティックで、フィナーレの前にSalyuが曲を披露した。1st ステージ、2nd ステージとも別の場所でブース販売が行われていた。

 赤いネオンの角型のヘッドドレスが主催者から配布された、それを被った観客が、一体となってリズムをとる姿は、夏フェスの醍醐味だった。ミュージック・ライブ会場にいるような勢いで、床が揺れるくらい盛り上がったファッション・ショーは、土屋アンナさんの登場でボルテージが上がった。応募などで入場券を獲得した女性たちは、首都圏だけでなく、関西などから来ていた。立ち見の観客席から次もやって欲しいという声が聞こえた。




【関連資料】

PAL FES LIVE with MTV

PAL グループ

MTV

3000人がファッションと音楽の融合に大熱狂! 「PAL FES LIVE with MTV」 豪華ゲストがステージ上で夢の競演

パル フェス ライブ MTV 2ndステージに、鮫島彩やミキティらシークレットゲストが登場! fashion press

フィナーレ



【talkshow】高橋幸宏+山本耀司トークショー

  • 代官山アートストリート
  • 代官山アートストリート title=


 歴史的な対談が行われた。2012年8月24日、東京・代官山のヒルサイドフォーラムで「代官山アートストリート」のプログラムのひとつとして、ミュージシャンの高橋幸宏氏とファッションデザイナーの山本耀司氏によるトークショーが行われた。テーマは、「常識を問う、ということ」。リリー・フランキー氏がMCとして、旧知の仲である両氏が、青春時代の思い出から物作りの姿勢に至るまでを、軽妙に語りあった。時代の常識を問い、自らの姿勢を貫くことが、次の時代を創り上げるという仮説の中、お二人とも独自の人生観と理論を披露した。

 それぞれの時代に、お二人は何を見つめ、何を疑い、何に背を向け、何を生み出し続けたのかについて語った。幾分固めのテーマではあったが、冒頭、山本氏が、上野でホームレスの男性に、同じホームレスと勘違いされて話しかけられたというエピソードを披露したことが、緊張しきって聴いていた会場の空気は一気にほぐれ、それをきっかけに、話は次から次へと展開した。パリの下積み時代の話や自宅で空手道場を開いていた話など、我々が描いている山本耀司とは別の山本耀司の姿を、高橋幸宏氏のアシストで語った。

 日本でオートクチュールを習った後、本場パリに行ったが、その頃のパリはプレタポルテの波が押し寄せていた。上から下までソニア・リキエル、ケンゾーなどのデザイナーの服を着ていたことに衝撃を覚えたという。また、「モノを創る人は、反抗することで社会に貢献するのがアーチストの役目だと、いまでもやっているんですよ」とさらっと語る山本氏の姿が、カッコイイ。

 既存の売れているモノや事象に影響されやすいが、そんなことより独自の道を信じて突き進んだ結果が、ブランド「Yohji Yamamoto」を完成させたと思った。一方で、人間「山本耀司」がいる。まだ、本人に言わせると未完成のようだ。探究心と好奇心と反抗心のある魅力にあふれた人物。若者に向けて、「もし目指すモノやアーチストが決まったら、徹底的にコピーし目をつぶっていても描けるくらいに鍛錬を積み、模倣から創造への道を進め」とサジェスチョンしていたのが印象的だった。創造するためには、苦しみや耐え忍ぶ力が必要のようだ。今の若者や我々に欠けているのは、この一点なのかもしれない。




【関連資料】

代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】 2012年8月20日~26日

高橋 幸宏(たかはし ゆきひろ)

山本 耀司(やまもと ようじ)

リリー・フランキー(Lily Franky)




【Happy Socks】日本初の直営店、渋谷パルコにオープン

  • ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン
  • ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン
  • ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン
  • ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン


 新しいクリエーション、新しい才能、新しい発見をテーマに、若手有力メーカーのインキュベート機能を狙って、parcoが自主編集ショップ「once A month」の運営を始めた。取引メーカーの直営店舗化第一号としてスウェーデン発靴下ブランドの「Happy socks」の日本で発の直営店を2012年8月23日に渋谷パルコパート1地下1階にオープンした。

 Happy Socksは、2008年にスウェーデンで設立されたソックスとレッグウェアのブランドである。「毎日のように使うソックスを、ワードローブの主役に」という想いから生まれたハッピーソックスは、その名の通り、履いた人を幸せにできるカラフルさとポップさ併せ持った商品が多い。まるで、おもちゃ箱の中にいるような楽しい店である。デザイナーのヴィクトール・テル氏も来日して笑顔を振りまいていた。




【関連資料】
ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン




【Titicaca】チチカカ ETHIC 表参道店 2012年8月24日オープン

  • チチカカ【Titicaca】
  • チチカカ【Titicaca】
  • チチカカ【Titicaca】
  • チチカカ【Titicaca】
  • チチカカ【Titicaca】
  • チチカカ【Titicaca】
  • チチカカ【Titicaca】
  • チチカカ【Titicaca】


 チチカカのフラッグショップ「チチカカ ETHIC 表参道」が2012年8月24日にオープンする。エシカル・ファッション【ETHICAL FASHION】という新たなコンセプトのもと、フェアートレード商品のラインアップをより進化させた「HAPPY TRADE HAPPY ETHNIC」を提供する。チチカカというイメージは、中南米の民芸品店というイメージを持つ。しかし、チチカカ ETHIC 表参道は、従来のオリジナル商品であるアパレル、アクセサリーから生活雑貨まで、ライフスタイルをトータルで提案するショップとして生まれ変わった。

 「チチカカ ETHIC 表参道」の限定商品の中に、メキシコ中央高原の山間部に住むウイチョール族によってビーズアクセサリーがある。貴重なビーズを使用し、ひとつひとつ柄も色遣いも違う、世界でひとつだけの商品だ。もちろん、バイヤーが直接メキシコで買い付けるという。そして、2階には、NPOなどの活動紹介、他ブランドの扱うエシカル商品の期間限定出店などを通し、インキュベーターとして、エシカルファッションの普及のために、無償提供するハピトレプラザのコーナーが設置されている。

 すでに90店舗となるチチカカの国内にとどまらず、香港、台湾、中国本土と海外出店を展開していくと代表取締役の木南仁志(Hitoshi Kinami)氏は語った。自然の中には、心を癒すだけでなく、肉体を治癒する力があるという。中南米の人たちの伝統と文化を重んじ、新しい技術を教えることで、新しい文化を創りだす。ますます、エスニックな文化が広がって、新しいファッションが誕生しそうだ。土臭さにおしゃれのスパイスを加えた新しいチチカカに期待は大きい。

【関連資料】
チチカカ【Titicaca】
チチカカ ETHIC 表参道店 東京都渋谷区神宮前4丁目25番12号 MICO神宮前2-a棟 営業時間:11:00~20:00 TEL/FAX:03-3479-0341 ★【youtube】チチカカ ETHIC 表参道
【youtube】チチカカ ETHIC 表参道


【Giacometti】インドネシアのバティックをモチーフでレディース・デビュー

  • ジャコメッティ【Giacometti】日本
  • ジャコメッティ【Giacometti】日本
  • ジャコメッティ【Giacometti】日本
  • ジャコメッティ【Giacometti】日本
  • ジャコメッティ【Giacometti】日本
  • ジャコメッティ【Giacometti】日本


 【Giacometti】のプレ・スプリングの展示会が自社のショールームで行われた。【Giacometti】は、2004年にデザイナーの永澤成樹氏がメンズラインのブランドとして設立した。8年にわたって、個性豊かなデザインを有名セレクトショップなどで展開している。2010年春夏コレクションからツヨシエトワール氏がデザイナーとして加入した。「永澤成樹の持つ革新的アイデアセンスとツヨシエトワールのクチュール感覚をシンクロナイズさせたプレイボーイの為の紳士服」だという。

 2013年春夏からレディースウェアを展開するという。「今回のテーマは、インドネシアのバティックをモチーフに展開しています」とツヨシエトワールは語った。クリーンできれい目な色が展開されていた。特に、シープレザーをアイレットで目打ちしたレース柄の素材を使ったミニスカートやジャケットは、売れそうだ。また、モール糸のような凹凸感のあるタフティング加工のスカートやベストも新感触のデザインで、女性を虜にしそうだ。

【関連資料】
ジャコメッティ【Giacometti】日本


【Daikanyama Art Street】津村 耕佑氏が子供のような感性でAIR CELLのラッピング

  • 津村耕佑【kosuke tsumura】日本
  • 津村耕佑【kosuke tsumura】日本
  • 津村耕佑【kosuke tsumura】日本
  • 津村耕佑【kosuke tsumura】日本


 代官山アートストリートの展示場で、津村 耕佑さんは、子供のような感性で、無数のプチプチがあるAIR CELLというパズルのようなモノを使って、トヨタの新型「オーリス」や樹木をラッピングしていました。まるで、白い液体が地球を覆い、シェルターのようになっていく姿が想像できました。津村 耕佑さんは、「空気の細胞が覆う世界だ」という。ちょうど、モデルさんにプチプチを着せている最中だったが、快く撮影させていただきました。大人の対応に感謝です。

津村 耕佑さんは、Facebookで、『私の師匠は「一枚の布」という発想をもって閉鎖的なファッションをデザインやアートの分野と繋げてきました。原点に創造の可能性を見出す事ができます。ミクロの世界を想像すると原子や分子、細胞のパズルで世界は構成されています。その自由な組合せの中で現れる一瞬の出来事が外観を伴い樹木や人になり世界を構成してゆきます。これは空気緩衝材プチプチで作ったパズルで「AIR CELL」と名付けました。物を衝撃から守る機能と同時に大切の物に施す装飾も兼ねています』と書いている。

 クリエイターやデザイナー、アーチストは、人と違う感性を持っている。誰も気付かないことを平然とやってしまう。結果や結論よりも、やろうとする過程や行程を楽しんでいるように見える。私たちは、そんな姿に魅了され、引き込まれていく。津村 耕佑さんを見ていると、商業主義やメディア志向のデザイナーしか生き残れない世の中で、最後のファッション・デザイナーのように思う。思想のあるデザイナーが出現する余地がない社会にしたのも問題だが

【関連資料】
津村耕佑【kosuke tsumura】日本
facebook 津村 耕佑
代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】 2012年8月20日~26日


【Daikanyama Art Street】常識に尻を向けろをテーマにアートが身近に感じるイベント開催

  • 代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】
  • 代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】
  • 代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】
  • 代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】
  • 代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】
  • 代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】


 旧山手通り周辺施設のヒルサイドテラス、代官山 蔦屋書店、デンマーク大使館、みどり荘、M・Aloha Table、その他代官山地区の施設が協力して行っているイベント【Daikanyama Art Street】が開催されている。「NOT AUTHORITY, BUT ART.-常識に尻を向けろ-」をテーマに、現代アート、パフォーマンス、ミニライブ、映画上映、高橋幸宏+山本耀司のトークショーなど盛りだくさんのメニューで開催される。数十組のアーチストが集ったイベントだ。

 8月20日にオープニング・セレモニーが行われた。テープカットの後、僕らの7日間映画祭「I'M FALASH」の監督、豊田利晃氏と俳優の藤原竜也氏のトークセッションが行われた。同時に、トヨタの新型「オーリス」を使ったパフォーマンスショーが、明和電機とバイバイワールドの二人で新車をたたくという大胆な試みで行われた。リズミカルに手の形をした十数個の器械が叩く姿に観客から驚きの声が漏れていた。

 美術館やギャラリーという狭い空間でアートを観るという行為は、映画館で映画を観るのと似ている。多少の緊張感と非日常的な空間にいる快感がミックスして興奮する。一方、家で寝転びながら映画を観るのも楽しい。街の中にアートがあるのも楽しい。ヨーロッパの公園には、中世のブロンズ像や芸術品が置いてある。ただで、誰もが平等に観ることができる。【Daikanyama Art Street】は、庶民がアートに触れられるイベントだと思う。

【関連資料】
代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】 2012年8月20日~26日
代官山アートストリート 僕らの7日間映画祭「I'M FALASH」
代官山アートストリート 明和電機とバイバイワールド


【TOYOTA】新型「オーリス」とアーチストのコラボレーション始まる。

  • 代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】
  • 代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】
  • 代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】
  • 代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】
  • 代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】
  • 代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】


 トヨタのスポーツハッチバック新型「オーリス」の発売にあたり、2012年8月20日から開催された代官山を舞台としたアートイベント「Daikanyama Art Street」に特別協賛し、その中で、新進気鋭のアーチストと新型「オーリス」のコラボレーション展示等が行われている。8月20日に都内で、新型「AURIS」発表会がプレス関係者を集めて行われた。会場には、真っ赤な「オーリス」が3台展示されていた。

 「カッコよく意のままに操れるスポーツハッチバック」という明快なコンセプトを忠実に具現化した新型オーリス。このクルマが持つ魅力がより多くのユーザーに伝わり、新型オーリスが日本とこの国を走るドライバーたちを少しでも元気にする原動力となることを考えたクルマであると関係者はいう。原点回帰として、賛否両論があってこそよし、とする考え方に戻ったようだ。クルマ本来の魅力である「走行性能」や「感性に訴えるスタイル」を追求したクルマであることから、キャンペーンコンセプトを「NOT AUTHORITY,BUT AURIS~常識に尻をむけろ~」としたという。

 トヨタが、日欧戦略車オーリスをフルモデルチェンジした背景には、無難で誰にでも愛されるデザインが、いまや存在しないことに気付いたことだ。デザインの重要性、アートのような遊び心を失っている日本人に対するアンチテーゼのように思えた。革新性や独創性がなければ、国際競争に負ける。権威や権力よりも大事なことがある。新しいモノを作るには、常識を破壊し、新たな常識を創ることのようだ。熱意と力強さを感じが発表会であった。

【関連資料】
オーリス【AURIS】
代官山アートストリート【Daikanyama Art Street】 2012年8月20日~26日
東京都 代官山 ヒルサイドテラス、代官山蔦屋書店、デンマーク大使館、 みどり荘、M、Aloha Table、その他代官山エリアの協力施設など

【Teen's fashion】ティーンズの聖地が原宿に

  • ティーンエージャー
  • ティーンエージャー


 ティーンズの聖地だと言われた渋谷や「渋谷109」が、ヤンママの殿堂となってしまったようだ。原宿が復活した。「しまむら」はないが、「スピンズ」「ウィーゴ」など古着を扱うチェーン店があり、「フォーエバー21」「H&M」などのファストファッションの大手チェーンが軒を連ねている。また、竹下通りには、ジャンル別に、ロリータからロックまで専門店がひしめきあっている。ティーンエージャーは、いつの時代でもファッションに興味がある。

 不況が続く日本では、ファッションに使う金額が激減している。古着をアレンジしたり、買った商品をカスタマイズする姿を見かける。20年くらい前のヨーロッパの若者のようだ。お金を使うより頭を使っている。それによって、個性やキャラクターがはっきり出る。他人を気にする大人より、彼らは内面を大切にしている。将来を考えて活動している10代も多い。ある女の子は、「映画の照明をやりたい」という。具体的すぎて驚く。

 バブルの頃は、ティーンエージャーが、ヴィトンやシャネルなどを持っていた。天地がひっくり返る、狂気のさたが起こっていた。高校生が商品として扱われるくらい、メディアも企業も飛びついた。今は、経済が低迷し、そんな元気もない。大人が後押しするのは、AKB48を代表とする音楽業界くらいなものだ。だから、ファッションデザイナーが育たない。育てるには、小学生から教育することが必要だ。

【関連資料】
ティーンズ スタイル
ファッションビル 商業施設 ショッピングモール 全国SC一覧


【harajuku】ヤング・カルチャーの発生地の原宿

  • 原宿・表参道
  • 原宿・表参道
  • 原宿・表参道


 原宿・神宮前交差点は、渋谷交差点同様におしゃれな人たちが集う交差点だ。最近、「東急プラザ 表参道原宿」が誕生してからは、人が増えたような気がする。昭和30年代後半には、セントラルアパートという名前の建物があって、カメラマン、コピーライター、イラストレーターなどの横文字のクリエーターが多数入居していた。広告制作会社などもあって、この建物にいれば、雑誌広告が完成したほどだった。糸井重里さんなどが、普通に歩いていた時代だ。

 1階の喫茶店 『レオン』は、マスコミ関係者が多く集まり、地下のブティック街 『原宿プラザ』は、アングラ的なマーケットで人気があった。若者文化を代表するサブ・カルチャーやカウンター・カルチャー(対抗文化)が育った。ある意味、「裏原」がその伝統を継承した時もあった。今も、ストリート・ファッションの取材や撮影がこの界隈で行われていることを思うと、ヤング・カルチャーの発生地であることは確かだ。

【関連資料】
原宿・表参道
原宿セントラルアパート


【Eggs'n Things】湘南江の島のおしゃれな新デートスポット

  • Eggs'n Things 湘南江の島店
  • Eggs'n Things 湘南江の島店
  • Eggs'n Things 湘南江の島店
  • Eggs'n Things 湘南江の島店


 1974年にハワイで誕生して以来、地元の人々をはじめ、ハワイを訪れる世界中の旅行客にとって人気のカジュアルレストランとなりまったEggs 'n Things。"All Day Breakfast"をコンセプトに、朝に限らず、昼でも夜でも美味しくてボリューム感のあるブレックファーストメニューが特徴だ。早朝の湘南江の島店へ、オムレツを食べに行った。

 原宿店、横浜店同様に、店頭はカップルや家族連れで混んでいた。待つこと1時間、潮風が吹くテラス席に着いた。まるで、ハワイにいるようなロケーションで朝食をいただいた。アロハ柄の洋服を着たショップ・スタッフが笑顔で対応してくれる。日傘をさして待つ女性も多く、リゾート地でくつろぐ貴婦人のようだ。この店のために、湘南まで足を運ぶカップルが多い。デートコースとしては、最高の店である。

【関連資料】
Eggs'n Things 湘南江の島店
Eggs'n Things 湘南江の島店 住所 : 〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-17-22 the BEACH HOUSE1F 店舗規模: 49.48 坪、85 席(ダイニング57席、テラス28席) 営業時間 : 9:00~22:00(21:30 L.O.) ★Eggs 'n Thingsが横浜にオープン!




【THOROUGH BRACE】コンテンポラリーな表情をもったバッグ

  • サラ・ブレイス【THOROUGH BRACE】日本
  • サラ・ブレイス【THOROUGH BRACE】日本


 時代に左右されない存在感・普遍的な魅力を意識しながらも、コンテンポラリーな表情をもったバッグを職人の手作業により仕上げるファクトリーブランド【THOROUGH BRACE】が、【JFW-IFF】のトラベル・ゾーンに出展した。イタリアン・レザーや宝石のようなエキゾチック・レザーを用いて作られるバッグは、ラグジュアリー感とカジュアル感がほどよく調和された逸品だ。

 【THOROUGH BRACE】は、技術革新やデザイン・アイテムなどへの挑戦を含め万能型製造メーカーとして躍進中だという。動物のキャラクターグッズも展示し、ビジネスだけに集中しているバイヤーの心を和ませていた。すべてに、サービス精神が旺盛なブランドである。ファクトリー・ブランドの強みは、イメージだけでなく、機能美や革新的なデザインワークにあると感じた。

【関連資料】
サラ・ブレイス【THOROUGH BRACE】日本
JFW INTERNATIONAL FASHION FAIR 【JFW-IFF】アパレル・ファッション業界の展示会 2012年7月18~7月20日


【adidas NEO Label】さわやかな現役高校生によるファッションショー

  • アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】
  • アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】
  • アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】
  • アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】
  • アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】
  • アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】
  • アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】
  • アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】
  • アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】


 マルチスポーツブランドのアディダス ジャパン株式会社が、8月9日から8月23日の期間限定で、スポーツカジュアルスタイルを提案する『adidas NEO Label』のショップ「adidas NEO Label STYLING SHOP」を、原宿にオープンした。2012年8月9日にオープンを記念して、現役高校生によるファッションショーが行われた。男子高校生モデルと女子高校生モデルの計8名が登場した。ノルディックジャガード柄ウインドブレーカー。アディダスライン入りのさわやかシューズにショートジップアップのスポーツ系コーディネート。男子高校生モデルが登場した。

 タータンチェックのミニスカートと長袖のショート丈のカットソーに、かかとにピンクのリボンが付いたスニーカーをはいた女子高校生モデル。袖にアニマル柄プリントのTシャツにステテコ型パンツ。黒と赤を基調にしたチェック柄とアニマル柄のプリントのアウター。二名の男子高校生モデルが続く。キュートなチェックのアウターと裾が同じチェックのハーフパンツで、パープルのハイカットシューズをはいた女子高校生モデル。チェックのウインドブレーカーに裾チェックのクロップドパンツのチェックコーデは、男子高校生モデル。ラストは、ノルディックジャガード柄と無地の切り替えジャケットと同じく切り替えのミニスカートをはいた女子高校生モデルが登場した。

 イケメン店長は、ステージのあいさつで「意気込みは、楽しいイメージつくりを心がけ、笑顔でお客さんが入れるようなお店にしたいです」とさわやかに語った。高校生がクラブ活動のように集まって、販売、接客、ディスプレイ、イベントなどを企画、運営する姿は、頼もしい。大人にはできないコミュニティ力や発想力がある。素直で従順にみえて、しっかり批判する力もある。その可能性を広げることができるのは、我々大人だと痛感させられた一日であった。

【関連資料】



★adidas NEO Label STYLING SHOP

 オープン期間:2012年8月9日~8月23日 11:00~19:00
 店舗住所  :渋谷区神宮前1-9-12 The sad cafe studio 1F 2F
 フロア展開 :1F adidas NEO SHOP / PHOTO STUDIO
        2F adidas NEO CAFE
        (来店した高校生が自由に利用できるスペースを用意)

http://adidas.jp/neo-koshien/top.php



【twitter】adidasNEO_jp

アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】

現役高校生たち自らプロデュース『adidas NEO Label STYLING SHOP』原宿オープン記念イベント開催

【youtube】『adidas NEO Label STYLING SHOP』ファッションショー




【adidas NEO Label STYLING SHOP】現役高校生プロデュースの原宿店オープン記念イベント開催

  • アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】
  • アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】
  • アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】
  • アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】
  • アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】
  • アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】


  マルチスポーツブランドのアディダス ジャパン株式会社が、8月9日から8月23日の期間限定で、スポーツカジュアルスタイルを提案する『adidas NEO Label』のショップ「adidas NEO Label STYLING SHOP」を、原宿にオープンした。ショップスタッフには、読者モデルとして活躍する現役高校生、過去のスタイリング甲子園の優勝者や上位入賞者といった OB・OG メンバーが顔を揃えているという。オープンを記念して、現役高校生によるファッションショーが行われた。アメリカ人と日本人のハーフで人気女子高校生シンガーとして注目を集めてい Kyleeが1日宣伝部長としてゲスト出演した。

 「adidas NEO Label STYLING SHOP」では、高校生の夏休み期間を利用して、現役高校生自らが販売、接客、ディスプレイなどをプロデュースし、高校生による高校生に向けた『adidas NEO Label』の最新アイテムを展開している。今回が第3弾となるファッションに対する熱い思いを持った現役高校生ファッショニスタを応援する企画「スタイリング甲子園Ⅲ」の開催も並行して行われている。ショップの横に、「スタイリング甲子園Ⅲ」にエントリーできるフォトスタジオを併設している。高校生なら誰でも無料で利用できるスペースでは、『adidas NEO Label』のアイテムを自分らしく自由にコーディネートし、その場でプロのカメラマンに撮影してもらうことができる。

 「スタイリング甲子園Ⅲ」は、GUYS/GIRLS賞の優勝者が、『adidas NEO Label』の専属モデル契約の権利を与えられ、カタログや店頭ツールのモデルを務める。GUYS/GIRLS賞ならびにFRIENDS賞のの優勝者は、JR原宿駅の広告看板に出演できるという。「スタイリング甲子園Ⅲ」は、オシャレな高校生にとって、ファッション業界へのゲートウェイ的な存在だ。コーディネート力のある高校生なら誰でも参加できるのがいい。ページの「いいね」ボタンを押すだけで、投票できるのもストレスがない。すでに多数のスタイリングが掲載されているのでチェックしてみては?。

【関連資料】

★adidas NEO Label STYLING SHOP

 オープン期間:2012年8月9日~8月23日 11:00~19:00
 店舗住所  :渋谷区神宮前1-9-12 The sad cafe studio 1F 2F
 フロア展開 :1F adidas NEO SHOP / PHOTO STUDIO
        2F adidas NEO CAFE
        (来店した高校生が自由に利用できるスペースを用意)

http://adidas.jp/neo-koshien/top.php


【twitter】adidasNEO_jp


カイリー【Kylee】アメリカ・アリゾナ州出身の歌手

アディダス ネオ レーベル【adidas NEO Label】

現役高校生たち自らプロデュース『adidas NEO Label STYLING SHOP』原宿オープン記念イベント開催



【FIGHT FASHION FUND by PARCO】マイクロファンド(少額出資)を通じて応援・キックオフ

  • ファイト・ファッション・ファンド by PARCO【FIGHT FASHION FUND by PARCO】
  • ファイト・ファッション・ファンド by PARCO【FIGHT FASHION FUND by PARCO】
  • ファイト・ファッション・ファンド by PARCO【FIGHT FASHION FUND by PARCO】
  • ファイト・ファッション・ファンド by PARCO【FIGHT FASHION FUND by PARCO】


 株式会社パルコがおこなっている、1口3万円でデザイナーの事業成長を応援する生活者参加型のマイクロ(少額)ファンド「FIGHT FASHION FUND by PARCO」のキックオフ・イベントが、2012年8月8日に渋谷パルコパート1で開催された。募集した出資金が当初想定以上に早く満額となり、募集を終了したという。出資先デザイナーは、「my panda」中村裕子さんと「JUN OKAMOTO」岡本順さんの2名に決定した。今回のイベントは、出資先デザイナーと出資先の人たちが、カジュアルに話し合う場を作り、全力でサポートすることを誓い合う場でもあった。

 『次世代のジャパン・ファッションを担う才能と情熱を持ちながら、次のステージに行くための「資金」「ファンや協業先」「販売機会やPR機会」が十分ではないファッションデザイナーの事業成長を1口3万円のマイクロファンド(少額出資)を通じて応援する』というパルコ常務執行役 阿部正明氏の話は、ファッションデザイナーにとって力強い支援となっていきそうだ。また、多くの出資者が気軽に応援、支援できる仕組みが素晴らしい。

 2013年春夏シーズンと、2013年秋冬シーズンに向けた新たな商品提案のためにファンドを活用するという「JUN OKAMOTO」の岡本順さんは、「初めて何かをやるというものに対するパワーみたいなものの中にいたいなと思って応募して受かることができて、やっている内にパルコの皆さんや出資者の皆さんが本気でファンドなり、私なりを応援してくれてるのがわかりました」と挨拶した。

 マイクロ・ファンドの船出にふさわしいフレッシュなデザイナー2名は、店舗への出店やJFWのコレクション参加など華々しいスタートを切る。出資者だけでなく、みんなの応援が大事だ。育てることや支援するには、二倍の努力が必要だという。一倍は、ファンになること。二倍は、商品を購入すること。意外に簡単かも。

【関連資料】
ファイト・ファッション・ファンド by PARCO【FIGHT FASHION FUND by PARCO】
1.ファンドによる資金サポート 2.ビジネスサポーターやファンなどのコミュニティづくり 3.チャネル提供などの事業成長 ★JUN OKAMOTO
my panda

新しいファッションを応援するパルコのファンド、募集満了につきファンド運用スタート!

ファイト・ファッション・ファンド by Parco キックオフイベント 6




【CALORY WALK+】普段の暮らしからエクササイズできるシューズに栗山千明さん絶賛

  • カロリーウォーク プラス【CALORY WALK+ 】
  • カロリーウォーク プラス【CALORY WALK+ 】
  • カロリーウォーク プラス【CALORY WALK+ 】
  • カロリーウォーク プラス【CALORY WALK+ 】
  • カロリーウォーク プラス【CALORY WALK+ 】
  • カロリーウォーク プラス【CALORY WALK+ 】
  • カロリーウォーク プラス【CALORY WALK+ 】


  怠家(なまけ)モノが、ムーンスターのブランド「CALORY WALK+(カロリーウォークプラス)」のイメージキャラクターに就任したという記者会見が、8月8日、東京・品川で行われた。怠家(なまけ)モノは、日本人とナマケモノのハーフ。ナマケモノな性格でモデルになる夢を諦めていたときに、CALORY WALK+に出会い人生が一変。普段の暮らしをエクササイズして、見事シェイプアップに成功。CALORY WALK+のイメージモデルに就任したという物語仕立ての設定だ。

 ゲストには、女優の栗山千明さんが登場し、CALORY WALK+のエクササイズ効果や美脚の秘けつなどについてトークショーを行った。ムーンスターのシェイプアップシューズ「CALORY WALK+」は、 ファッションとスリムアップ効果を両立させたパンプスやバレエタイプのシューズで、通勤や日常生活がそのままシェイプアップできるすぐれもの。秋からはブーツも発売するという。

 「無理なくストレスを感じずに、食べたりします」、運動について聞かれた栗山さんは、「私、運動がおっくうで、怠け者です。お酒も好きですし、がんばって運動をしていません」と素直に普段の生活中で、シェイプアップする大切さを語った。特に、おしゃれなCALORY WALK+の靴を履くことを薦めていたのが印象的だった。

【関連資料】 ★カロリーウォーク プラス【CALORY WALK+ 】
栗山千明
【CALORY WALK+】イメージキャラクター就任記者発表会


【BETONES】スマートフォンのケースのようなボクサーパンツ

  • ビトーンズ【BETONES】日本
  • ビトーンズ【BETONES】日本
  • ビトーンズ【BETONES】日本
  • ビトーンズ【BETONES】日本


 メンズボクサーパンツ専門のブランドがある。【BETONES】のパッケージを見ているとスマートフォンのケースかと思うほど、カラフルで美しい。【JFW-IFF】の展示会場で、ひときわ目立ったブースだった。いただいたパンフレットには、ボーダー、水玉、動物柄、幾何学柄、マクロ柄、バルーン柄、ピース柄など数えきれないくらいのボクサーパンツが掲載されていた。日本だけでなく、海外市場も視野に入れた作りのパンフレットだ。

 ウェブでは、色彩がきれいで、見栄えのする商品が売れるという。しかも、キャンディカラーやマカロンカラーなど色調が明るい色が好まれる。【BETONES】の通販サイトをみてみると案の定、画面にインパクトがあり、色も鮮明に載っている。売るための設計図がしっかりしている。アイテムを絞り込むことでコストが抑えられる。売り場も、パッケージデザインが統一されているため展開しやすい。どんな売り場でも展開できるのが特徴だ。坪効率ナンバー1になる要素があると感じた。

【関連資料】
ビトーンズ【BETONES】日本
JFW INTERNATIONAL FASHION FAIR 【JFW-IFF】アパレル・ファッション業界の展示会 2012年7月18~7月20日


【VOUS ETES】シルエットや素材、パターンのこだわりが美しさの原点

  • ヴゼット【VOUS ETES】日本
  • ヴゼット【VOUS ETES】日本
  • ヴゼット【VOUS ETES】日本


 モードとリアルクローズの間を自由に浮遊するブランドといわれる【VOUS ETES】の2013年プレスプリングの展示会がアトリエで行われた。『ヨウジヤマモトでパタンナーをしていた鈴木忠之氏が 1996年に立ち上げ、田辺瑞紀氏とのデュオでデザイン。熟練したパターンテクニックと上質なテキスタイルへのこだわりを揺るぎない基礎として【VOUS ETES】は作り上げられている』と通販サイトからの評価だ。

 シルエットや素材、パターンのこだわりは、着る女性たちを虜にする。南青山のブティックには、ファンとも言える顧客が集うという。一度、袖を通した瞬間、着心地の良さとシルエットの美しさに感嘆する。品格のある洋服作りの職人でもある。オートクチュールに似たデザインのアーカイブも1996年から豊富にある。ノーカラージャケットは、単品として高い評価を受けているアイテムの一つである。鈴木忠之氏とお会いすると、時の流れを忘れるほど穏やかで、優雅な男だと痛感する。どこまでも続く道を踏みしめているようだ。




【関連資料】

ヴゼット【VOUS ETES】日本




【DoCLASSE】上質カジュアルで、きれいめカジュアルのリラックス感を提案。

  • ドゥクラッセ【DoCLASSE】日本
  • ドゥクラッセ【DoCLASSE】日本
  • ドゥクラッセ【DoCLASSE】日本
  • ドゥクラッセ【DoCLASSE】日本
  • ドゥクラッセ【DoCLASSE】日本
  • ドゥクラッセ【DoCLASSE】日本


 40代 50代 年齢を重ねて、さらに輝く大人の女性 男性のためのファッションカタログ通販ブランド【DoCLASSE】の2012年秋冬展示会が東京・原宿で行われた。クラシック・ムードが継続している中、「リラックス感」をテーマに、カジュアルになり過ぎない、大人世代のリラックス感をアイテムやシルエット、素材の着心地の良さで表現していた。しなやかさや光沢のある贅沢な素材をラメ糸やスパーク糸を使い上品、上質に仕上げていた。

 また、メンズブランドのコンセプトは、「大人を退屈させない、知性服」。コットンやウールを中心にソフトで肌触りの良い上質な天然素材や、撥水加工、高性能中綿などハイテク機能素材も使用して、上質カジュアルを展開していた。イタリアのデザインチーム「CASTTELO11」とコラボレーションしたコレクションも発表した。すでに、靴だけのショップも展開している「fitfit」は、新しいソール「Three in 1」を発表した。カーフ、シープ、ゴードなどの上質な革にこだわったパンプスやラグジュアリーなシュリンク革、ソフトな肉厚のスムース、起毛革を使用したブーツなど大人のオシャレを楽しめる靴を提案していた。

 日比谷シャンテの出店の成功で、今後3年で35店舗の出店を予定しているという【DoCLASSE】。アラフォー女性70万人から、絶大な支持を受けている。消費者に迎合せず、ひたすら消費者のためになる商品の企画・開発を怠らない姿勢が人気の秘密のようだ。消費者の願望を叶えてくれるブランドである。女性の目線、女性の生活の中から誕生した商品であり、女性が描く男性像がメンズウェアである。きれいめカジュアルこそが、アラフォー女性の目指すスタイルのように感じた。進化する大人向けブランドの底力を痛感した。




【関連資料】

ドゥクラッセ【DoCLASSE】日本




【Legend Tokyo】コレオグラファー(振付師)No.1は誰の手に

  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
  • 日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】


 コレオグラファー(振付師)として、クリエイターとして、ディレクターとしての総合的な能力を競う、アジア最高峰初のダンス・エンターテインメント作品のコンテスト【Legend Tokyo 第2章】が、2012年8月2日と3日に東京・渋谷公会堂で開催された。【Legend Tokyo】は、これまでのダンス・コンテストが、ダンサーの技術やテクニックを評価するものが主で、振付や音楽、照明、衣装なども含めた世界観を創り出すコレオグラファーを評価するコンテストがほとんどないことから発足された。また、2012年度から小中学校の必須科目となったダンス。次世代の子供たちのダンスへの可能性を広げるのも目的だ。

 日本を代表するコレオグラファー24名が一堂に介した会場では、各チームが5分間のダンスを披露した。それぞれが、芸術性のある創作バレエや、子供たちに降りかかる悲劇のようなミュージカルや、コミカルで笑ってしまうお笑いスタジオにいるような雰囲気だった。広いステージを20名くらいのダンサーがダイナミックに踊る姿は、雄大で、アクロバティックで、生き生きと感じた。よさこいのようなグループもあったが、総じてドラマチックで美しさに富んでいた。

 衣装も様々だが、フィフティーズ・スタイルや未来派のシャープなスタイルなど、斬新なデザインが多く見けられた。優勝は、男だけでチームを組んだ「梅棒」だったが、タイムリーな「いじめ」をテーマにした爽快活劇であった。「優勝したから、満足するのではなく、優勝者としてこれからストリート・ダンスをより向上させるために活動したい」とリーダーは言っていた。練習に練習を重ねて、完璧なダンスに仕上げた努力が観客を魅了したようだ。2日に行われた一般観客が選ぶ、オーディエンス賞も受賞したことで証明された。大会委員長のSAM氏も冒頭の挨拶で、技術だけでなく、観客を感動させるようなダンスを期待すると述べていた。

 ストリート・ダンスというと背中で回転するブレイクダンスやヒップホップ、ロックダンス、ハウスダンスのようなイメージがした。実は、ありとあらゆるダンスの影響を受けていた。ジャズダンス、バレエ、ソシアルダンス、よさこい、サルサ、レゲエ・ダンスなどの要素も加わり、衣装や音楽も欧米だけでなく、アフリカ、中国、日本など多彩な国々からインスピレーションされたものが多かった。世界はひとつ、子供は世界の宝、ダンスは心の開放というようなキーワードが浮かんだ。ここに来て本当に良かったと実感した。

【関連資料】
日本最大のダンス・エンターテインメント作品コンテスト【Legend Tokyo】
エンターテイメントチーム梅棒


【LADY GAGA FAME】リッチでフローラルとフルーティな香りが店中に拡がるフレグランスの店オープン

  • レディー・ガガ・フェイム【LADY GAGA FAME】
  • レディー・ガガ・フェイム【LADY GAGA FAME】
  • レディー・ガガ・フェイム【LADY GAGA FAME】
  • レディー・ガガ・フェイム【LADY GAGA FAME】
  • レディー・ガガ・フェイム【LADY GAGA FAME】
  • レディー・ガガ・フェイム【LADY GAGA FAME】
  • レディー・ガガ・フェイム【LADY GAGA FAME】
  • レディー・ガガ・フェイム【LADY GAGA FAME】


  2012年8月1日に東急プラザ 表参道原宿 のポップアップスペース「OMOHARA STATION」の【LADY GAGA HAUS LABORATORIES】で、世界初登場したレディー・ガガの初プロデュース・フレグランス【LADY GAGA FAME】が販売された。2012年9月の世界発売に先駆けた先行販売とあって、前日の夜から並んだお客さんもいたという。LADY GAGAのファン300名以上がオープン前に並ぶ盛況ぶりを見せた。香りは3つの香調の、「ダーク」、「センシュアル」、「ライト」で構成されている。サフランとアプリコットの花蜜で贅沢なセンシュアルな香調やフローラルとフルーティの要素のフレグランスなどとなっている。



 写真家の【Steven Klein】が撮った、LADY GAGAの横たわった裸体にフィギュアを要所要所に並べたポスターは衝撃的だ。オープン前のイベントでは、裸のメンズモデル二人が、フレグランスを身体全体に塗って登場した。また、LADY GAGAオリジナルTシャツ(定価5250円)も限定販売されている。ゴージャスで、エレガントなポップアップストアには、空気に触るとクリー(透明)に変化する、かつて存在しえなかった漆黒(ブラック)のフレグランスが陳列されている。18世紀、取りつかれた美しい女性たちが使っていたといわれる、死に至らしめる毒性のナス科植物・ベラドンナにインスパイヤーされた香りの要素が加わっているという。



 LADY GAGA の生き方をそのままフレグランスにしたような気がする。リッチでフローラルでフルーティな香りが店中に拡がった。お昼過ぎに原宿・竹下通りを歩いていたら、【LADY GAGA FAME】の袋を持った女の子がいた。「どうだった」と聞くと、素敵だったと応えた。「全部で九千円近く買っちゃた」と笑顔で去っていった。どうやら、ファンのリトル・モンスターズではないらしい。一般のお客さんが、純粋にフレグランスとして価値を認めていることに驚いた。若い女の子の心をつかむのが上手なガガである。



【関連資料】

レディー・ガガ ハウス ラボラトリーズ【LADY GAGA HAUS LABORATORIES】

出店時期: 2012年8月1日(水)~8月31日(金)
営業時間 : 11:00~21:00
場所: 東急プラザ表参道原宿3F OMOHARA STATION 内
レディー・ガガ・フェイム【LADY GAGA FAME】

レディー・ガガの初プロデュース・フレグランス【LADY GAGA FAME】を世界に先駆け販売する期間限定ショップ

レディガガ・ハウス・ラボラトリーズ

スティーブン・クライン【Steven Klein】写真家

レディ・ガガの新ソーシャルネットワーク「リトル・モンスターズ【Little Monsters】」が世界を変えるか!? from ソシエタ

レディ・ガガ・ミュージック・ストア

ベラドンナ(学名:Atropa bella-donna)



【HAPPY 8pants2 DAY】パンイチスタイル・ファッションショーにICONIQと魔裟斗が登場

  • ハッピー 8パンツ2 デイ【HAPPY 8pants2 DAY】
  • ハッピー 8パンツ2 デイ【HAPPY 8pants2 DAY】
  • ハッピー 8パンツ2 デイ【HAPPY 8pants2 DAY】
  • ハッピー 8パンツ2 デイ【HAPPY 8pants2 DAY】
  • ハッピー 8パンツ2 デイ【HAPPY 8pants2 DAY】
  • ハッピー 8パンツ2 デイ【HAPPY 8pants2 DAY】
  • ハッピー 8パンツ2 デイ【HAPPY 8pants2 DAY】
  • ハッピー 8パンツ2 デイ【HAPPY 8pants2 DAY】


 ワコール・グループのブランドが大集合した。下着の興味喚起を行うために制定されている8月2日の「パン(8)ツ(2)の日」に向けて、2012年8月1日に男女総勢約20名のモデルによる"パンイチスタイル・ファッションショー"を、表参道・スパイラルホールで開催された。「パンイチスタイル・ファッションショー」では、大人セクシーなパンツ姿でランウェイを歩き、女性モデルは「HAPPY 8pants2 DAY」いうロゴがプリントされたTシャツにパンツ姿、男性モデルはパンツ一枚で、セクシーでスタイリッシュなショーが開催された。

 ゲストモデルに、多方面から支持を集める歌手のICONIQさんと、現役時代と変わらぬ美しいボディを保ち続ける魔裟斗(まさと)さんが登場した。ICONIQさんは、この日のためだけに作られたラインストーンを散りばめたパンイチ姿で登場し、引き締まった美ヒップを披露。華麗なウォーキングで場内を盛り上げた。今話題のアーチスト草間彌生さんとのコラボの最新作や人気コミックのクローズ×WORST×ピーチジョンのコラボパンツなどが登場した。特に、左右の丈が違うトランクスには、驚きの声があがった。

 ワコール50年史によると、「見せる下着」は、1980年代後半頃から注目されたという。ボディコンブームとともに、OLを中心にTバッグが大流行。以降ショーツが多様化し、Oバックやボーイレングスが登場した。また、2000年代に「勝負パンツ」が出現し、世間を騒がせた。パンツの歴史には、人間が歩んできた重要な部分が多い。隠す時代から見せる時代になったようだ。隠ぺい工作ができなくなった現代とリンクしているから不思議だ。

【関連資料】
ハッピー 8パンツ2 デイ【HAPPY 8pants2 DAY】
アイコニック【ICONIQ】歌手
魔裟斗【MASATO】
パンイチスタイル・ファッションショーにICONIQと魔裟斗が登場.MOV


【DOT-DROPS】自分だけの一品に仕上がる個性派的なスーツケース

  • ドットドロップス【DOT-DROPS】フランス
  • ドットドロップス【DOT-DROPS】フランス


 ドットを使って自分だけのオリジナルデザインが出来るスーツケースのメーカー・ブランド【DOT-DROPS】が【JFW-IFF】のトラベルゾーンに展示されていた。「スーツケースのボディに備わった横11個と縦15個のドットに、7色のアートステッカーを使って、自分好みにアートデザインができます。、どこにもない、自分だけの一品に仕上がる個性派的なスーツケースです」と担当者はいう。

 『誰かと同じじゃ、つまらない。』がコンセプトのフランスのブランド。あえて、ドットを11×15という奇数にしたのは、左右対称にデザインが出来るためだという。空港のターンテーブルから大量に出てくるスーツケースの中から、自分の荷物を捜すのは大変だ。世界中に一つしかないオリジナルデザインなら、簡単に捜すことが可能だ。トラベルをアートに変える逸品だ。

【関連資料】
ドットドロップス【DOT-DROPS】フランス
JFW INTERNATIONAL FASHION FAIR 【JFW-IFF】アパレル・ファッション業界の展示会 2012年7月18~7月20日


アーカイブ