Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

【Zipper 20TH LAFORET PARTY】で仲里依紗、きゃりーぱみゅぱみゅ、Zipperの思い出の語る。

  • ラフォーレ原宿
  • ラフォーレ原宿
  • ラフォーレ原宿
  • ラフォーレ原宿
  • ラフォーレ原宿
  • ラフォーレ原宿
  • ラフォーレ原宿
  • ラフォーレ原宿
  • ラフォーレ原宿
  • ラフォーレ原宿


 2013年3月30日にラフォーレミュージアム原宿で行われた【Zipper 20TH LAFORET PARTY】の午後の部にお邪魔した。仲里依紗やパチパチズなどによるFASHION SHOW 2が行われた後、IMALU×きゃりーぱみゅぱみゅ×仲里依紗よるTALK SHOW 3が行われた。Liveでは、でんぱ組.incが登場、男性ファンも増え、3曲を熱唱した。

 IMALU×きゃりーぱみゅぱみゅ×仲里依紗のトークショーでは、きゃりーぱみゅぱみゅが、Zipperの思い出として。「スナップページに出ていて、普通にストリートページに出ていました」と告白した。また、「きゃりーぱみゅぱみゅデビューの18歳の頃、Zipperの表紙を飾ったことが印象に残っています」とも語った。仲里依紗は、「16歳の映画にデビュー当時でZipperの取材で掲載されましたね」とデビュー当時の写真が映し出される中、思い出を語った。「あの頃は、色々とセーブしていたな」とも。

 また、IMALUは、「19歳でZipperデビューして、2009年かな、ファッションページに掲載された時はうれしかった」と語った。世代の違いこそあれ、Zipperに対するそれぞれが思い思いの印象を語り、会場は盛り上がった。IMALUとお笑いコンビ「アンガールズ」がMCを務め、淡々とこなすIMALUのMCの実力が際立ったのが印象的だった。

【関連資料】
Zipper20周年記念Special Partyをラフォーレ原宿で開催! きゃりーぱみゅぱみゅ、PUFFY、仲里依紗、IMALU、蜷川実花など 豪華ゲストの出演も決定!
きゃりーぱみゅぱみゅ、PUFFY、仲里依紗、IMALU、蜷川実花など、豪華ゲストによる「Zipper 20TH LAFORET PARTY」がラフォーレ原宿で開催


【araisara】東洋と西洋の美を融合した斬新な世界を堪能

  • アライサラ【araisara】日本
  • アライサラ【araisara】日本
  • アライサラ【araisara】日本
  • アライサラ【araisara】日本
  • アライサラ【araisara】日本
  • アライサラ【araisara】日本


 「古き良きものを現代にそして未来へ」をライフワークとして掲げている【araisara】の旗艦店が、2013年3月29日にオープンした。日本の伝統技術をファッションに乗せ、世界に発信する【araisara】。前日に行われたオープニングパーティには、ファッション関係者だけでなく、多くの著名人が駆けつけた。織りや染めによる多彩な柄と黒を基調としたスタイルが、ブティックの内外装に活かされていた。

 東洋と西洋の美を融合した斬新で、繊細なデザインは、オリジナリティに溢れ、唯一無二の存在として、ここ南青山で桜のように開花した。1階は、【araisara】のフルラインが並び、地下1階は、カスタムオーダーサロンとしてゆったりとしたスペースを提供したという。様々な情報発信スペースとして、また最新コレクションの展示やエキシビション等のスペースとしても活用するという。【araisara】の世界観を楽しめるブティックには、憩いと文化が備わっていた。




【関連資料】

アライサラ【araisara】日本

araisara

〒107-0062東京都 港区 南青山6-6-20
03-6427-9854
営業時間11:00~20:00
2013年3月29日オープン



【ccilu】急成長を遂げたアクティブ系シューズブランド

  • チル【ccilu】日本/靴
  • チル【ccilu】日本/靴
  • チル【ccilu】日本/靴
  • チル【ccilu】日本/靴
  • チル【ccilu】日本/靴
  • チル【ccilu】日本/靴
  • チル【ccilu】日本/靴
  • チル【ccilu】日本/靴
  • チル【ccilu】日本/靴
  • チル【ccilu】日本/靴
  • チル【ccilu】日本/靴
  • チル【ccilu】日本/靴
  • チル【ccilu】日本/靴
  • チル【ccilu】日本/靴


 日本発のシューズブランド【ccilu】の初のお披露目のファッションショーが、2013年3月28日のラフォーレミュージアム六本木で行われた。チャネル限定ローンチから僅か2年で、シューズ業界の多くのバイヤーから注目を集め、急成長を遂げたアクティブ系シューズブランドである。2013年4月から、世界40ヵ国へ向けた販売するという。

 ファッションショーでは、元AKBメンバーの増田有華とモデル8名、ダンサー2名による本格的なコレクションが行われた。増田有華は、水着の上からドット柄の穴あきの白Tドレスの衣裳でランウェイに登場し、会場から拍手を受けていた。アウトドアやスポーツを意識したコーディネートが多く、合成樹脂を使った穴あきのシューズを履いた増田有華は、「低反発のクッションが入っているので、履きやすいです」と語った。




【関連資料】

チル【ccilu】日本/靴

元AKBメンバーの増田有華




【HALLOWEEN&PARTY SHOW】成長しつつある仮装、ダンス市場

  • HALLOWEEN&PARTY SHOW
  • HALLOWEEN&PARTY SHOW
  • HALLOWEEN&PARTY SHOW
  • HALLOWEEN&PARTY SHOW
  • HALLOWEEN&PARTY SHOW
  • HALLOWEEN&PARTY SHOW


 2013年3月26日に、ハロウィンを中心に最新のトレンドを取り入れたコスチュームコレクションを発表する展示会2013「HALLOWEEN&PARTY SHOW」に行ってきた。国内コスチューム&パーティーグッズのリーディングカンパニー、株式会社クリアストーンが、ハロウィンキングダムのコスチュームを身にまとったモデルたちによるファッションショーを開催した。株式会社クリアストーン・マーケティング部長、下田亮氏は、「メインとして、昨年も大きな経済効果をもたらし、更なる拡大も期待できるハロウィン市場の先取りです。クリアストーンでは、国内最大級のアイテム数を誇る「ハロウィンキングダム」シリーズを発表しました」と語った。

 今や200万人規模の市場に成長しつつあるダンス市場へ向けた、ステージ専用のダンスウェア「Step by TeensEver」を発表。人気ダンサー「黄帝心仙人」プロデュースした衣装を身につけたキッズダンサーズがライブ・ファッションショーを行った。人気の魔女やゾンビのような姿に変身した子供達がダンスを披露した。また、新シリーズとして、原宿系カリスマモデル"AMO"によるファッションとコスプレを融合した完全プロデュースの商品「LUNATIC LEMONY LOLLIPOP」を発表。トークショーも行われたという。

 前出の下田氏によると、「ハロウィンのパーティ衣裳は、東日本大震災が起こった2011年から、急激に売れ始めました。疲弊感から解放されたい思いがあったと思います。その年から毎年、3倍くらい売り上げが伸びています」という。一度、仮装を始めると、次から次へと進化し、帽子、靴、アクセサリーなどトータルコーディネートをするようになる。変身願望も手伝って、子供だけでなく、大人の女性や男性にまで拡大しているのが特徴だ。クリスマスは、ケーキや飲食店しか需要がないが、ハロウィンには衣裳やコスチュームの需要がある。ソーシャルでなく、気軽なパーティこそ、日本人の大好きな様式かもしれないと実感した。




【関連資料】

株式会社クリアストーン

クリアストーン展示会2013

黄帝心仙人 公式ブログ



GirlsAward【 LOVELESS×MCM】ラグジュアリーで大人セクシーなスタイル

  • ラブレス【LOVELESS】日本
  • ラブレス【LOVELESS】日本
  • ラブレス【LOVELESS】日本
  • ラブレス【LOVELESS】日本
  • ラブレス【LOVELESS】日本
  • ラブレス【LOVELESS】日本
  • ラブレス【LOVELESS】日本
  • ラブレス【LOVELESS】日本


 上質感を追求したもの作りに定評があり、国内外に顧客を持つ「LOVELESS」と、1976年にドイツで設立されて以来、スタイリッシュでありながらラグジュアリーなバッグをリリースしてきた「MCM」。そのラグジュアリーでエッジーな2ブランドが強力コラボレートしたファイナルステージは、シークレットゲストモデルの登場でヒートアップした。

 まず、デニムのショートパンツに、Tシャツとスペンサージャケットでモデルが登場した。スキニージーンズに白のレザージャケットとプリントのビッグバッグ。オレンジ色のショートパンツとプリント・シャツにブラック・ジャケットにオレンジのMCMマーク入りのバッグ。ストライプのショートパンツとノースリーブのシャツ。

 ボーダーのコンビネゾン。ケミカルウォシュデニムのスリムパンツと肩を出したブラウス。ブーティにロイヤルブーのショートパンツと胸の開いた白シャツにジャケットを着た大人セクシーなスタイル。ラストは、白のショートパンツに黒のライダースジャケットを着たアダルトでクールなコーディネートに、会場から拍手が鳴りやまなかった。

【関連資料】
ラブレス【LOVELESS】日本
ガールズアワード | GirlsAward 2013 SPRING/SUMMER 2013年3月23日


GirlsAward【ricori】「女の子に魔法を」をコンセプトした篠田麻里子プロデュース服

  • リコリ【ricori】日本
  • リコリ【ricori】日本
  • リコリ【ricori】日本
  • リコリ【ricori】日本
  • リコリ【ricori】日本
  • リコリ【ricori】日本
  • リコリ【ricori】日本
  • リコリ【ricori】日本


 AKB48の篠田麻里子がプロデュースする女の子が、かわいくなりたい!キレイになりたい! という夢を叶えるリアルクローズのブランド【ricori】が、GirlsAward 2013 SPRING/SUMMERに登場した。最初のモデルが、サックスブルーの花柄プリントのコンビネゾンに花の王冠を付けた登場した。ノースリーブのボーダー調のワンピースはふっくらとしたスカートが可愛い。

 裾とキャミソールにレースを使ったコンビネゾンはヌードカラーでシックだ。ウェッジヒールのサンダルにソックス、派手な花柄プリントのショートパンツとチューブトップとキャミソーツのコーディネートは、夏らしい。フラップポケット付きのノースりブラウスとイージーパンツ。プリントに白テープをボーダー風に使ったサーキュラースカートとプリントのポケットのフレンチスリーブのシャツ。

 ウェッジヒールのサンダルに水玉柄のソックス、デニム素材のショートパンツと同じ素材のペプラムのノースリーブブラウスには、白のフリルが付いている。オレンジの花弁のネックレスが可愛い。ラストは、ボーダー調の絞り柄の裾ペプラムのマキシドレスを着たモデルが登場した。肩を露出したフリルの袖が特徴だ。「女の子に魔法を」をコンセプトしたキュートなデザインに観客が魔法にかかったように盛り上がった。

【関連資料】
リコリ【ricori】日本
ガールズアワード | GirlsAward 2013 SPRING/SUMMER 2013年3月23日


GirlsAward【CANNABIS】誰でも着れるアウトサイダー・ファッションが魅力

  • カンナビス【CANNABIS】日本
  • カンナビス【CANNABIS】日本
  • カンナビス【CANNABIS】日本
  • カンナビス【CANNABIS】日本
  • カンナビス【CANNABIS】日本
  • カンナビス【CANNABIS】日本
  • カンナビス【CANNABIS】日本
  • カンナビス【CANNABIS】日本
  • カンナビス【CANNABIS】日本
  • カンナビス【CANNABIS】日本
  • カンナビス【CANNABIS】日本


 music、fashion、art、を切り口にアウトサイダー(異端児)達の集まる場所をコンセプトのベースにfashionにクローズアップしボーダレスになりつつある現在のfashionに対するアンチテーゼとして、日本独自のカルチャーである"gal"というワードをミックスして、新しいスタイルを発信する【CANNABIS】が、 GirlsAward 2013 SPRING/SUMMERに登場した。

 最初のモデルが、厚底レーザーシューズに黒のブラトップとガーター付きのショーツの過激なスタイルで登場した。プリントナイロンタイツにキャミワンピーとプリント柄のGジャン。コバルトブルーと白の切り替えドレスにプリントのテーラージャケット。白地に墨画のような花柄プリントのヘンリーワンピース。派手なプリントとミニタイトスカートに黒のロングのオーガンジーをラップした大人っぽいデザインの服。

 ボケたプリントのブラウジングしたワンピース。厚底のサンダルに黒地に花柄プリントのドレスとオーガンジーのブラウス。波柄とヒョウ柄の水着に編み目のネットにパールを水玉状に付けたトップス。オレンジのレースのギャザースカートとブラトップにブラウスに総柄プリントのジャケット。ラストは玉虫調ラメのTシャツにミニタイトとオーガンジーのラップスカートの大胆なデザインで終わった。どれもこれも、ユニークでアバンギャルドだが、誰でも着れそうな感じがしたのは、なぜだろうか。不思議なセレクトだった。

【関連資料】
カンナビス【CANNABIS】日本
ガールズアワード | GirlsAward 2013 SPRING/SUMMER 2013年3月23日


G.V.G.V. の構成力のうまさ、トレンド発信力に脱帽

  • G.V.G.V.
  • G.V.G.V.
  • G.V.G.V.
  • G.V.G.V.
  • G.V.G.V.
  • G.V.G.V.
  • G.V.G.V.
  • G.V.G.V.
  • G.V.G.V.
  • G.V.G.V.


 フェミニンとマスキュリンの同居するオリジナルな世界観を、その時の感性で自由に発想し、毎シーズンコレクションとして発表している【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO】のG.V.G.V.のコレクションが2013年03月22日に東京・恵比寿のザ・ガーデンホールで行われた。今回のテーマは、「discipline」。キャツアイグラス、パーマネントヘア、金髪に赤いリップ、メイド風ボンデージ、ビッグな千鳥格子、チェックなど50年代から60年代のデトロイトの車社会がスタートした古き良きアメリカの雰囲気を感じた。

 ダイナーやドライブイン、モーテル、ネオンなど車が一家に一台ある時代のエキサイティングで昼夜も関係なく、楽しんだ時代の雰囲気があった。【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO】の最重要ブランドというだけでなく、構成力のうまさ、トレンド発信力は、多くのエディターやバイヤーにとって必要不可欠のブランドだ。セクシーでエレガンスな女性ボーカルがビッグマイクで歌っている姿を思い浮かべながら見てしまった。(Text:Mari Inoue)





【関連資料】

G.V.G.V.

メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO】2013年3月17日~23日




【YUMA KOSHINO】コンテンポラリーな美学的コレクション

  • 小篠 ゆま【YUMA KOSHINO】
  • 小篠 ゆま【YUMA KOSHINO】
  • 小篠 ゆま【YUMA KOSHINO】
  • 小篠 ゆま【YUMA KOSHINO】
  • 小篠 ゆま【YUMA KOSHINO】
  • 小篠 ゆま【YUMA KOSHINO】
  • 小篠 ゆま【YUMA KOSHINO】
  • 小篠 ゆま【YUMA KOSHINO】
  • 小篠 ゆま【YUMA KOSHINO】
  • 小篠 ゆま【YUMA KOSHINO】
  • 小篠 ゆま【YUMA KOSHINO】
  • 小篠 ゆま【YUMA KOSHINO】
  • 小篠 ゆま【YUMA KOSHINO】
  • 小篠 ゆま【YUMA KOSHINO】


 "SPRITUAL LUXURY"をテーマに精神的に自立した女性のためのハイテイスト・リアルクロージングを提案した【YUMA KOSHINO】のコレクションが、2013年03月22日に渋谷ヒカリエ Hikarie Hall A で行われた。こだわりの素材とクチュールテクニックでアクティブに生きる女性の全てのシーンを演出。エメラルドグリーンのタイツに、幾何学模様のプリントのファスナーブルゾンで登場したモデル。

 ミニタイトスカートと鮮やかなグリーンの半袖ニットのシンプルなコーディネートが新鮮だ。ニットとレザーの切り替えや、大胆な矢印にカッティングされた切り替えなどエッジの利いたデザインが魅力的だ。錦糸で配色した花びらのように重ね合わせたスカートと抽象的なプリントを施したノースリーブのワンピースは、エレガントで美しい。ラストは、ゴージャスなワンショルダーのパーティドレスで幕を閉じた。スピーディでコンテンポラリーな美しいショーだった。

【関連資料】
小篠 ゆま【YUMA KOSHINO】
現在、メインクロージングは基より、ラグジュアリーホテルのユニホーム やブラックフォーマル、ウェディングドレスのデザイン等、多方面に渡って ライフスタイル提案。 ★メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO】 2013年3月17日~23日


【anrealage】ネオンカラーの醍醐味を体感

  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本
  • アンリアレイジ【anrealage】日本


 米・ニューヨークで開かれたデザイナーの登竜門といわれるコンテスト「Gen Art」で、アバンギャルド部門の大賞を獲得したデザイナー、森永邦彦氏のブランド【anrealage】の2013年秋冬コレクションが、東京・恵比寿のザ・ガーデンホールで開催された。色の変わるマジックのようなショーに新しさを発見。黒の世界からカラーが出始めた今年にもっとも、時代の要求にマッチしたコレクションだった。専門学生から、「アンリアレイジを見たかったけど、チケットが取れなかった」と若い女性たちが悔しい思いをするほどの人気のブランドだ。(Photo:Yukichi Arakawa)

【関連資料】
アンリアレイジ【anrealage】日本
【FASHION HEADLINE】【13-14AW東京コレクション】"色"を壊した「アンリアレイジ」が作ったのは、太陽の下で色が変わる服
【AFPBB News】<13/14年秋冬東京コレクション>アンリアレイジ
【AFPBB News】<13/14年秋冬東京コレクション>アンリアレイジ
【Fashionsnap】【ファッションウィーク3日目】アンリアレイジの服と色のマジック


【Tokyo Runway】マスターマインド・ジャパンとのお別れに酔いしれる

  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
  • マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】


 2013年3月20日、東京・国立代々木競技場第一体育館で行われた【Tokyo Runway 2013 SPRING / SUMMER】のフィナーレを飾った【mastermind JAPAN】は、活動休止を宣言した最後のウィメンズショーとして注目を浴びた。世界中から憧れブランドとして人気のある【mastermind JAPAN】は、力強さを感じさせるかのように20名のモデルを投入した。

 ペイズリー調のスカーフプリントのドレスを着たモデルが登場した。グレーのサテン地にプリントのシャーリング使いのドレスにドクロ柄マーク入りのスカジャン。オレンジにプリント柄のノースリーブワンピース。シャーリングとペプラムのティアードのキャミソールワンピース。ドクロマークのカゴバッグが可愛い。

 トリコロールのキャップスリーブTシャツにギンガムチェックのミニスカートはアメリカを連想させた。ライン入りのチルデン・カーディガンやプルオーバー。衿、袖、裾が白配色のカットソー。大きなドクロマークのTシャツとGジャンのコーディネート。ゴールドプリントのドクロマークTシャツに光沢感のあるスリット入りのタイトスカートとジップアップパーカ。

 オフホワイトのショートパンツとノーカラーのWボタンのジャケット。プリントワンピースとトレンチコート。プリントのベストとティアードスカートのセットアップ。ボーダー調刺繍ノースリーブのトップスとパンツのコーディネート。ウエスト部分に丸型スタッズとモチーフ飾りを付けたティアードスカートとノースリーブのセットアップ。レース調のニットとショートパンツ。

 オフショルダーのオーガンジーの水玉柄プリントのマキシドレスとアンダースカートにベージュのベストと帽子を被ったモデルが登場した。ナチュラル感のあるスタイリングに歓声が上がった。ラストは、レースのスカートに、胸元が大きく開いたドクロマークのTシャツにショート丈のライダースジャケットを着たモデルが登場した。黒のワークブーツに黒のレース付きソックスが女心をくすぐるコーディネートだ。ワイルドキューティなスタイルに会場が割れんばかりの拍手が起こった。

【関連資料】
マスターマインド・ジャパン【mastermind JAPAN】
東京ランウェイ 2013 SPRING / SUMMER【Tokyo Runway】 2013年3月20日
チルデン・セーター【Tilden Sweater】


【Etw.Vonneguet】Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO最先端時術を駆使したユニークなデザイン

  • ●●
  • ●●
  • ●●
  • ●●
  • ●●
  • ●●


 デザイナーOlga率いるファッションメゾン、Etw.Vonneguet(エトヴァス・ボネゲ)が、 3月19日に目黒のCLASKAでコレクションを発表した。デジタルツールを使った新しい服づくりへの挑戦と、ファッションの新たな視点を提案する。服を媒体とした人と社会への意味的デザイン活動を理念としている。テーマは、Randaom Value。「Randaom Valueとは、乱数のことで、サイコロの目のような予期せぬ数を言います。普通の立体裁断ではない、パソコンの画面の中で、マウスを使ってドレーピングした予期せぬパターンが、一体どんな形を見せてくれるのか、未知なる可能性」のことだそうだ。



 アウトプットした物がデザインとして登場した。まるで、カビの生えている服飾辞典にでも載っているようなクジラのひげをワイヤー代わりにして作った18世紀の頃のような衣裳が登場した。これには驚いた。最先端時術を駆使して作り上げたデザインが、時代を超越して異空間に飛び込んだような感じだ。それにしても、斬新で衣裳や衣服と肉体が分離し融合し、また分離するような核分裂を連想させたアイロニックな展開に感心した。Olgaという女性の持っている無限な可能性を感じたショーだった。




【関連資料】

エトヴァス・ボネゲ【Etw.Vonneguet】

メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO】 2013年3月17日~23日




【IN-PROCESS BY HALL OHARA】フィット&フレアの大胆なデザインが魅力

  • 【IN-PROCESS BY HALL OHARA】
  • 【IN-PROCESS BY HALL OHARA】
  • 【IN-PROCESS BY HALL OHARA】
  • 【IN-PROCESS BY HALL OHARA】
  • 【IN-PROCESS BY HALL OHARA】
  • 【IN-PROCESS BY HALL OHARA】
  • 【IN-PROCESS BY HALL OHARA】


 スティーブン・ホール(イギリス人)と 大原由梨佳(日本人)のデザイン・デュオのブランド 【IN-PROCESS BY HALL OHARA】のコレクションがoomsLINK TOKYO March 2013で行われた。ロンドンのセントラル・セイント・マーティンズ美術大学で出会い、 ともに2003年に首席で卒業したという2人。ユーモアのあるカッティングで美しいフォルムが特徴だ。

 モデルが成型させたスカーフのようなものをまとい、ミニタイトスカートと衿付きのニットで登場した。優しさに満ちたスリムなシルエットが美しい。最後は、傘を帽子代わりにさして登場した。スカートは、ワイヤー入りの大きくふくらんだロングスカートで、ボディフィットしたニットとの対比がユニークなデザインだ。大判のスカーフがエレガントさを出した優雅なイメージを感じさせた。

【関連資料】
インプロセスバイハルオハラ【IN-PROCESS BY HALL OHARA】
roomsLINK TOKYO March 2013 ベルサール渋谷ガーデン


Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 1980年代調の構築的なデザインが特徴の【DRESSEDUNDRESSED】

  •  target=ドレスドアンドレスド【DRESSEDUNDRESSED】日本" title="Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 1980年代調の構築的なデザインが特徴の【DRESSEDUNDRESSED】" />
  •  target=ドレスドアンドレスド【DRESSEDUNDRESSED】日本" title="Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 1980年代調の構築的なデザインが特徴の【DRESSEDUNDRESSED】" />
  •  target=ドレスドアンドレスド【DRESSEDUNDRESSED】日本" title="Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 1980年代調の構築的なデザインが特徴の【DRESSEDUNDRESSED】" />
  •  target=ドレスドアンドレスド【DRESSEDUNDRESSED】日本" title="Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 1980年代調の構築的なデザインが特徴の【DRESSEDUNDRESSED】" />
  •  target=ドレスドアンドレスド【DRESSEDUNDRESSED】日本" title="Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 1980年代調の構築的なデザインが特徴の【DRESSEDUNDRESSED】" />
  •  target=ドレスドアンドレスド【DRESSEDUNDRESSED】日本" title="Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 1980年代調の構築的なデザインが特徴の【DRESSEDUNDRESSED】" />
  •  target=ドレスドアンドレスド【DRESSEDUNDRESSED】日本" title="Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 1980年代調の構築的なデザインが特徴の【DRESSEDUNDRESSED】" />
  •  target=ドレスドアンドレスド【DRESSEDUNDRESSED】日本" title="Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 1980年代調の構築的なデザインが特徴の【DRESSEDUNDRESSED】" />
  •  target=ドレスドアンドレスド【DRESSEDUNDRESSED】日本" title="Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 1980年代調の構築的なデザインが特徴の【DRESSEDUNDRESSED】" />
  •  target=ドレスドアンドレスド【DRESSEDUNDRESSED】日本" title="Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 1980年代調の構築的なデザインが特徴の【DRESSEDUNDRESSED】" />


 2009年に北澤武志(Emiko Sato)氏 と佐藤絵美子(Emiko Sato)氏によって設立されたブランド【DRESSEDUNDRESSED】が、2013年3月18日、渋谷ヒカリエホールでコレクションを開催した。1980年代調の構築的なデザインは、シャープなカッティングによってボディを強調したラインに仕上がっていた。特に、ハイソックスにシャツ衿とチュニックとアウトポケットを使ったファスナー使いのジャケットは、デザインのバリエーションが拡がったユニークな物だった。どのようにフードが付いているのか気になったほどだ。




【関連資料】

ドレスドアンドレスド【DRESSEDUNDRESSED】日本

メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO】 2013年3月17日~23日




Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO【alice auaa】アヴァンギャルドでロマンティシズムなアリスアウアア



 美と醜悪、光と陰といった相反する二面性を、黒という色を基調に退廃的でシュールなフィルターによって単にカテゴライズするのではなく全てに宿る生命の時間(滅びよりの創造)、不自由さに宿るエレガンスやエロスを永遠のテーマとしアヴァンギャルドでロマンティシズムなモードを発信するブランド【alice auaa】のコレクションが3月18日、渋谷ヒカリエホールで行われた。




 斬新でアヴァンギャルドなデザインは、洋服を超えた物体として、アリスアウアアのファンの前で披露された。クラシカルでレトロ感のあるコスチュームは、奇想天外でシュールだ。ブラトップとミニスカートとオーガンジーのドレスのコーディネートやラメのロング&リーンのドレスやドレープのいっぱい入ったロングドレスなど黒をベースに、様々なデザインが展開されていた。まるで前衛劇を見ているようだった。




【関連資料】

メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO】

アリス アウアア【alice auaa】日本



【CHRISTIAN DADA】Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO

  • 【CHRISTIAN DADA】
  • 【CHRISTIAN DADA】
  • 【CHRISTIAN DADA】
  • 【CHRISTIAN DADA】
  • 【CHRISTIAN DADA】
  • 【CHRISTIAN DADA】
  • 【CHRISTIAN DADA】
  • 【CHRISTIAN DADA】


 2011年A/Wより単独ランウェイ形式にてコレクションを発表。2011年6月に行われたMTV AID JAPAN AWARDのレディ・ガガの衣装を手がけ、紅白インタビューの衣装としても使用されるなど注目のブランド【CHRISTIAN DADA】。2012年にはレディ・ガガ世界ツアーの衣装をデザイナーとして初選出されるなど画期的なデザインが特徴のデザイナー、森川 マサノリ(Masanori Morikawa)のコレクションが3月18日、渋谷ヒカリエホールで開催された。

 




【関連資料】

メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO】

クリスチャン ダダ【CHRISTIAN DADA】日本



「KITTE」がオープン「Work Not Work 」がヴィンテージ感覚で1階に

  • 「KITTE」
  • 「KITTE」
  • 「KITTE」
  • 「KITTE」
  • 「KITTE」
  • 「KITTE」


「KITTE」が、2013年3月15日にメディアに公開された。「KITTE」は、昭和 6 年に竣工した旧東京中央郵便局の局舎を一部保存・再生した区画と新たに建築した 区画からなる、過去と現在がつながる空間だ。地下 1 階から地上 6 階までの 7 つのフロアには「Feel JAPAN」をコンセプトに、日本の"心地よさ""奥深さ""愉しさ"を伝える 98 のショップ&レストランを 揃えました。東京丸の内で、人と人、街と街、時代と時代を結びつけ、たくさんの「ワクワク」を提供し、 いろいろなヒト・モノ・コトとの出会いをつなぎますという。



ロンドン発信の新たなファッションレーベル「Work Not Work 」が、出店していた。 デザイナー兼クリエイティブ・ディレクターとしてTOMATOのサイモン・テイラー、そして長年にわたり「I.D.」、「FACE」などのスタイリストを務め、Nike, Levis, Comme de Garcon等、多くの仕事で高く評価されている、ロンドンスタイリスト界の重鎮、アダム・ハウ(Adam Howe)が共同デザイナーとして参画しているブランドだ。1920年代の新聞配達の少年達をイメージしたというデニムやシャツなどクラシックなデザインが多く展開されている。窓際は、サイモン・テイラーの部屋をイメージしたというコーナーには、書籍なども販売されている。




【関連資料】

商業施設「KITTE(キッテ)」

JPタワー商業施設 「KITTE」(キッテ)の出店ラインナップが決定~2013年3月21日(木) 東京駅丸の内南口前にオープン~

Work Not Work - URBAN RESEARCH アーバンリサーチ




【Né-net】アニマルをテーマにしたワイルドで可愛いセットアップ

  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本
  • ネ・ネット【Né-net】日本


 「カップルで共有する日常着」をコンセプトに、空想的でハッピーなネ・ネットの洋服は、親子・男女などあらゆるカップルで共有できる価値観を個性に、多くのファンを獲得する可能性に満ちているブランド【Né-net】の2013/14年秋冬コレクションが、2013年3月15日に東京・ラフォーレミュージアム原宿で行われた。

 テーマは「animal」で全身ヒョウ柄プリントのジョッパーズパンツとファスナー使いのライダースジャケットを着たモデルが登場して観客を驚かせた。メンズもヒョウ柄と無地のコンビシューズにヒョウ柄のハーフパンツとライダースジャケットの上下とバレーボーがセットになったセットアップで度肝を抜いた。特に、水牛を編み込んだマフラーは、圧巻だ。

 猫と蝙蝠をあしらったスリット入りのワンピースや、毛足の長い毛皮のようなシャギーのドレス、エメラルドグリーンとオレンジと黒の3配色の靴などユニークでユーモアのあるアイテムが登場した。また、布にラメ糸を縫い込んだアート感覚の生地のドレスにカラフルなチェック柄のストールと黄色のレッグウォーマーのコーディネートは斬新だった。

 ボーダー調の幾何学のニットジャガードの上下や、同素材のパンツと幾何学模様のプリントのボア付きのフィールドコートの上下など画期的なデザインに驚かされた。ラストは、タトゥプリントのタイツのコンビネゾンに白熊を連想させるフェイクファーのドレスとフード付きのドレスが登場した。驚きとファンタジーの世界が展開された【Né-net】のショーだった。

【関連資料】
ネ・ネット【Né-net】日本




【aptm.945TOKYO】亀恭子さんがディレクターを務めるブランドがデビュー

  • カメ・キョウコ【亀恭子 Kyoko Kame】スタイリスト
  • カメ・キョウコ【亀恭子 Kyoko Kame】スタイリスト
  • カメ・キョウコ【亀恭子 Kyoko Kame】スタイリスト
  • カメ・キョウコ【亀恭子 Kyoko Kame】スタイリスト
  • カメ・キョウコ【亀恭子 Kyoko Kame】スタイリスト
  • カメ・キョウコ【亀恭子 Kyoko Kame】スタイリスト


 雑誌、テレビなどで幅広く活躍中の人気スタイリストの亀恭子さんがディレクターを務めるブランド【aptm.945TOKYO】が、2012年3月15日にデビューした。 このブランドのデビューを記念したイベントが開催された。イベントに応募した方の中から抽選で招待されたお客さまが多数来場し、開場は盛り上がっていた。また、キュートでヒップな黒髪のモデルとして人気の秋元梢さんもゲスト出演するなど、和やかな雰囲気でイベントが行われた。

 『aptm.945TOKYO』は、キチンとした女性らしさと、こなれたカッコ良さを求める、本物志向の働く女性(=現代のOLたち)のライフスタイルにしっかりとフィットし、ベーシックだけど日常を華やかにしてくれる、トレンド感あふれるアイテムを提案していきます、と亀恭子さんが語っているように、ニューヨーク感覚の洗練されたデザインが多く展開されていた。実際に、ポスターや店頭で展示されている写真は、ニューヨークで亀恭子さんも同行して撮影されたものだという。著名人も含め、スタイリッシュな人たちが集まり、華やかにパーティが行われた。




【関連資料】

エーピーティーエムナインフォーファイブ トウキョウ【aptm.945TOKYO】

FREE'S SHOP 渋谷明治通り店
東京都渋谷区神宮前6-19-20 荒井ビル 2F
【aptm.945TOKYO】人気スタイリスト・亀恭子さんのブランド・デビュー

カメ・キョウコ【亀恭子 Kyoko Kame】スタイリスト

亀恭子オフィシャルブログ



【anima】美や健康にこだわるアニマ1周年を迎える

  • アニマ【anima】日本<
  • アニマ【anima】日本<
  • アニマ【anima】日本<
  • アニマ【anima】日本<
  • アニマ【anima】日本<
  • アニマ【anima】日本<
  • アニマ【anima】日本<


 2013年3月14日にアニマ神宮前店で、【anima 1st Anniversary PARTY】 が盛大に行われた。スポーツはもちろんのこと、美や健康にこだわるすべての女性に向けたスポーツ・ライフスタイル・セレクトショップ【anima/アニマ】が1周年を迎え、それに伴い、ラン・ビューティ・ヨガとすべてを凝縮したanima神宮前店で、コミュニティ・パーティが開催された。また当日は、女性を磨くワークショップ【anima Special Work Shop】も同時開催され、グリーンの野菜を中心にした食べ物が用意された。吉川 千晶 氏による「自分の魅力を引き出すライフスタイル、女子力を上げるセルフケア」とケン ハラクマ 氏によるケン ハラクマのスペシャル・ナイトヨガ「ストレスリリースプログラム」も開催され女性たちでにぎわった。

 無地はもちろん花柄だけでなく、パステルカラーの迷彩柄、ボーダーなどオリジナルのランニングウエアやヨガ&フィットネスウエアが展開されている店内では、セレクトされたギアやオーガニック・コスメ、グリーンなどが展開されている。自分らしい美しさを知る本物志向の女性たちに向けたスポーツに関するライフスタイル・セレクトショップとして人気があるのがうなずける。ハードでメンズ志向のスポーツショップにはない、香りやグリーンなど五感に訴えるコンセプトがある。今春2店舗がオープンするという。美や健康にこだわる【anima/アニマ】の快進撃が始まった。




【関連資料】

アニマ【anima】日本

ラン・ビューティ・ヨガのアニマ1周年パーティ

★anima 東急東横店 西館1階 4月4日(木)オープン
★anima 東京ミッドタウン店 ガレリア2F 4月25日(木)オープン



【TGC】クラシックな明るい花柄ワンピースが映えたDE TER NL

  • デターナル【DE TER NL】日本
  • デターナル【DE TER NL】日本
  • デターナル【DE TER NL】日本
  • デターナル【DE TER NL】日本
  • デターナル【DE TER NL】日本
  • デターナル【DE TER NL】日本
  • デターナル【DE TER NL】日本
  • デターナル【DE TER NL】日本
  • デターナル【DE TER NL】日本


 どんなときも、輝いてる大人の女性でいたい。あくまでもベースはベーシック。だけど、 トレンドやフェミニンも忘れたくない。仕事の場面にも、プライベートtimeにも、自由にMix してstylingできる そんな女性達のリアルクローゼットを提案する【DE TER NL】は、【TGC】で衿付きのクラシックな明るい花柄ワンピースから登場させた。

 プラットフォームサンダルに、サックスブルーのギンガムチェックのキャミソールのコンビネゾン。アウトボタンの白のショートパンツとまくり上げたギンガムチェックのシャツにストローハット。裾レースの白のキュロットに、ミントグリーンのペプラムブラウス。ギンガムチェックのサブリナパンツとキャップスリーブの白のブラウス。

 レース使いのショートパンツとウエストシェイプのチュニックは、袖口がペプラム調だ。花柄プリントのキャミソールのコンビネゾンと細いヘアバンド。裾に無地の水玉プリントのノースリーブの上品なワンピースにカーディガンをマフラーのように巻いたコーディネート。無地と総レースの二枚重ねのドレスを着たモデル。裾をカットワークしたベージュのキュロットと白の丸衿の後ろ開きの半袖ブラウスを着たモデルが登場した。

【関連資料】
デターナル【DE TER NL】日本
第16回 東京ガールズコレクション2013 SPRING/SUMMER【TGC】 2013.03.02


「東京大学服飾団体 fab」の新たなる挑戦。

  • fab 2013 fashion show
  • fab 2013 fashion show
  • fab 2013 fashion show
  • fab 2013 fashion show
  • fab 2013 fashion show
  • fab 2013 fashion show
  • fab 2013 fashion show
  • fab 2013 fashion show


 「東京大学服飾団体 fab」が、東新宿で2013年3月10日、ファッションショウ " of wa_ter / for matter "を開催した。fab は、2005年の結成以来、一般大学の学生が行う服飾の可能性を探るため、これまで10回のファッションイヴェントを行ってきた。イヴェントの開催や、東京大学総合研究博物館による <モード&サイエンス・プロジェクト> への参加といった活動を通して、それらの成果を現実の空間で発表してきた団体だ。

 本年度のショーでは、対象を認知するプロセスに注目し、認知そのものの奇跡とその不可思議さに向き合うこと(あるいはその不可能性)をテーマに掲げ、gunkan東新宿の場で、ファッションショウを開催。会場の第3スカイビルを、陸に座礁した軍艦とし、静かに大地の上に固定化された今も、海にいきた記憶を有しているものと見立てファッションショーが始まった。4つの部屋が用意され、観客はそれぞれの部屋の中から一つを選ぶことになる。

 結晶をイメージしたニットは、ニードルパンチなどでモコモコ感を出して結晶が増殖するイメージでニットでの一体化を試みた作品があった。型紙のペーパーをそのまま下着のようにアンダーウエアにデザインし、オーガンジーと無地の切り替えのドレスの二枚重ねのドレスは、微妙に型紙が歩くごとに音がする。デザイナーもこのショーで観客から言われて気付いたほど、音がなるドレスとして反響がすごかったと驚くほどだったという。服は生き物である。着る者と作る者とが一体化して新たなモノとして誕生する。教えられることが多いファッションショーだった。

【関連資料】
東京大学服飾団体 fab
東京大学服飾団体 fab 2013 fashion show " of wa_ter / for matter


【TGC】グラマラスな大人のゴージャスさが映えたDURAS

  • デュラス【DURAS】日本
  • デュラス【DURAS】日本
  • デュラス【DURAS】日本
  • デュラス【DURAS】日本
  • デュラス【DURAS】日本
  • デュラス【DURAS】日本
  • デュラス【DURAS】日本
  • デュラス【DURAS】日本


 すべてを超越したかのような圧倒的な存在感、あらゆる人を魅了してやまないそんなグラマラスな大人になる為の女性に提案する【DURAS】は、【TGC】でバロック感覚の花柄プリントのキャミソールのマキシドレスを着たモデルが登場した。オレンジ色のハイヒールとカーディガンに、花柄のミニドレス。頭にはターバン風リボンのヘッドドレス。おおぶりのネックレスがエレガントだ。

 花柄のクロップドパンツと透かし編みのニットとゴールドのクラッチバッグ。黒の花柄のマキシスカートとストラップ付きのブラトップがセクシーだ。オレンジ色のパンプスとハンドバッグに、ギンガムチェックのクロップドパンツとブラトップ。無地のショートパンツにギンガムチェックの半袖ブラウス。

 裾を絞ったジョッパーズパンツにシルクサテンとレースのペプラムのキャミソールは、アラビック風でゴージャスだ。パールを使った装飾されたネックレスも美しい。ラストは、裾にレースを挟み込んだシルクサテンのフィット&フレアのキャミソールミニドレス。ゴージャスで華やかさがあるデザインだった。

【関連資料】
デュラス【DURAS】日本
第16回 東京ガールズコレクション2013 SPRING/SUMMER【TGC】 2013.03.02


DURAS,

【PEAK & PINE】眩しい甘美な水着の世界を表現

  • ピークアンドパイン【PEAK & PINE】
  • ピークアンドパイン【PEAK & PINE】
  • ピークアンドパイン【PEAK & PINE】
  • ピークアンドパイン【PEAK & PINE】
  • ピークアンドパイン【PEAK & PINE】
  • ピークアンドパイン【PEAK & PINE】
  • ピークアンドパイン【PEAK & PINE】
  • ピークアンドパイン【PEAK & PINE】
  • ピークアンドパイン【PEAK & PINE】
  • ピークアンドパイン【PEAK & PINE】
  • ピークアンドパイン【PEAK & PINE】
  • ピークアンドパイン【PEAK & PINE】
  • ピークアンドパイン【PEAK & PINE】
  • ピークアンドパイン【PEAK & PINE】


 株式会社ミューラーン(Miulan)は、PEAK&PINE(ピーク&パイン)、Defilious(デフィリアス)、Riberce(リベーチェ)などを中心としたレディース水着ブランドの「2013年スイムウェアコレクション【2013 Swim Wear Collection】」を、2013年3月6日に渋谷ブルームで行なった。新作水着とリゾートウェアの展示会とショーを同時開催した。メインブランドのPEAK&PINE(ピーク&パイン)が13スタイルを発表した。モデルは、来夏、佐藤あずみ、渡辺加和、杏子かな、渡辺加苗の5名が登場した。

 PEAK&PINE(ピーク&パイン)は、Dazzlin Sweet(眩しい甘美)とUrban Retro(都会のレトロ)の二つのテーマに、ネオミルキー・フレッシュなクリアカラーなどを中心に繊細なレースやフリル、透け感のある生地やカットワークなどフェアリー感にスパイシーさをプラスした甘美スタイルを提案した。中でも「バンドぅ・ビキニ【Bandeau bikini】」が一押しで、シャーリング、フリル、フレア、フリンジなどを使って、ネオンカラーやミルキーカラーでストラップレスに着るのが今年のトレンドだとか。セクシーでヘルシーなコレクションだった。

【関連資料】
ピークアンドパイン【PEAK & PINE】
PEAK&PINE(ピーク&パイン)など3ブランドが2013年水着コレクション開催
バンドゥ【Bandeau】水着
渡辺加苗(Kanae Watanabe)
【facebook】渡辺 加和(Kazue Watanabe)
来夏(Raika)
佐藤あずみ(Azumi Sato)
杏子かな(Kana Anzu)


【TGC】都会的で洗練された大人のROCK STYLEを提案したSLY LANG

  • スライ・ラング【SLY LANG】日本
  • スライ・ラング【SLY LANG】日本
  • スライ・ラング【SLY LANG】日本
  • スライ・ラング【SLY LANG】日本
  • スライ・ラング【SLY LANG】日本
  • スライ・ラング【SLY LANG】日本
  • スライ・ラング【SLY LANG】日本
  • スライ・ラング【SLY LANG】日本


 溢れんばかりの反発心や欲求をそのまま表現するのではなく、内に秘めたROCK MINDをチラつかせるぐらいが丁度いい、シンプルだけどEDGY、EDGYだけどラフ。マイナスする事を知っているFASHION PEOPLEにこそ着てほしいNEO STREET CASUALの【SLY LANG】は、【TGC】で都会的で洗練された大人のROCK STYLEを提案した。最初のモデルが、オープントゥブーツに、スリーブレスのパーカドレスとベースボールキャップで登場した。

 白のスキニーパンツにオフショルダーのトップスとスタッズ付きのガンベルト。ボクサーブーツにスキニーパンツとレーザーのノースリーブジャケット。ブラックデニムにTシャツとライダースジャケット。パンプスに吊りベルト付きのカーゴパンツとシンプルなVネックTシャツ。ミニタイトスカートにオーガンジーのラップスカートと英字ロゴプリントのドルマンスリーブのカットソー。

 コインローファーに、オーバーオールを素肌に着てテーラージャケットを羽織ったミスマッチ感覚のコーディネートが登場した。ラストは、ハイカットのバスケットシューズに、スタッズ付きのベルトとウエストポーチ。ショートパンツにオンポイントのプリントTシャツにニットのロングのガウンのようなカーディガンを着たスポーティ感覚のコーデだった。

【関連資料】
スライ・ラング【SLY LANG】日本
第16回 東京ガールズコレクション2013 SPRING/SUMMER【TGC】 2013.03.02


【TGC】フローラルとレトロな世界を満喫させたLIZ LISA

  • リズリサ【LIZ LISA】日本
  • リズリサ【LIZ LISA】日本
  • リズリサ【LIZ LISA】日本
  • リズリサ【LIZ LISA】日本
  • リズリサ【LIZ LISA】日本
  • リズリサ【LIZ LISA】日本
  • リズリサ【LIZ LISA】日本
  • リズリサ【LIZ LISA】日本


 レトロとトレンドを融合し、なおかつ女の子らしさが残るオシャレを提案する【LIZ LISA】は、【TGC】で、ガーリーなパステルフラワープリントが上品な甘さをアピールするロンパースを登場させた。オフショルダーにストラップが付いた大人っぽいデザインだ。ベアトップのフローラルプリントのロングドレスは透け感があって清涼感がある。

 厚底のサンダルに、ブルマーのようなショーツと鮮やかな花柄プリントのフレンチスリーブのドレス。白無地のギャザースカートと花柄プリントのキャミソール。髪に大きなリボンが可愛い。ペールミントグリーンのパンプスに、イエロー地に花柄プリントのハイウエスト切り替えのノースリーブのドレス。

 サブリナパンツとウエストシェイプされた花柄のビスチェ。レースアップのショートブーツに、ペプラム調の淡い花柄プリントのロングドレスは、ハイウエストですっきりしていた。ラストのレトロ感たっぷりのフィット&フレアの白とブルーの花柄プリントのドレスは、女の子らしさが残るシルエットだ。フローラルな世界とレトロな世界を満喫したショーだった。




【関連資料】

第16回 東京ガールズコレクション2013 SPRING/SUMMER【TGC】 2013.03.02

リズリサ【LIZ LISA】日本



【TGC】セクシーなのに、チャーミングで可愛いらしいリップサービス

  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本


 Cool&SEXYのスタイルをベースに色っぽさとエッジの効いた大人の女、カッコいい女達のためのゴージャスなHIGH STYLEを提案するブランド【LIP SERVICE】は、【TGC】でベルトSETタックフレアーワンピースとフロントプレートサンダルのサマーリゾートを提案した。プリント柄のストッキングに、白のペプラムとショートパンツ。パステルのフローラルプリントのノースリーブとショートパンツのセットアップ。

 ピンクの花柄プリントのサブリナパンツに、ブラトップの上にオーガンジーとレースの切り替えブラウスは、エレガントだ。サンドベージュのタイトミニスカートに、コーラルピンクのペプラムの組み合わせは、南仏リゾートの雰囲気がした。タイトとフレアの二重のミニスカートと袖にたっぷりとボリュームを持たせたティアードスリーブのブラウス。

 クリームベージュにサックスブルーのプリントのショートパンツとブラトップに前後差のあるチュニック丈のプルオーバーブラウスは、配色が綺麗でさわやかだ。ラメの幾何学模様の裾プリントのミニ丈のボディフィットしたドレスとオーガンジーのケープは、エレガントで優雅だ。ラストは、ベアトップフィットドレスにかぼちゃパンツの重ね着だ。セクシーなのに、チャーミングで可愛いらしい。大人向けのユーモアがあるデザインだ。

【関連資料】
第16回 東京ガールズコレクション2013 SPRING/SUMMER |【TGC】 2013.03.02
リップサービス【LIP SERVICE】日本


JAPAN FASHION FESTIVAL vol.2 @WALL 日本ブランドにフォーカスしたイベント

  • ラフォーレ「WALL」
  • ラフォーレ「WALL」
  • ラフォーレ「WALL」
  • ラフォーレ「WALL」
  • ラフォーレ「WALL」
  • ラフォーレ「WALL」


 3月2日夜の8時半から原宿ラフォーレ1階の「WALL」で『NOZOMI ISHIGURO』、『MIKIO SAKABE』、『JENNY FAX』、『YEAH RIGHT!!』、『bodysong』、『HIRO』、『HISUI』、『JUVENILE HALL ROLLCALL』、『STOF』、『MACARONIC』など前代未聞の各デザイナーが集結してオープニングパーティが行われた。去年の9月に続き、2回目となるJAPAN FASHION FES。WALLでは、日本のブランドにフォーカスしたイベントを行っている。

 今回のテーマは、『DIAMOND ダイヤモンド』だそうだ。WALLが誇る磨きをかけてきたレジェンドブランドや、若者に人気の高い、東京ブランド原宿ブランドを大集結。また、WALLが感じる原石ブランドも打ち出していくという。おしゃれピープルが集うパーティは、日本の最高峰の洗練されたパーティかもしれない。なぜなら、セレブや有名人などが入れないほどハイセンスで、尖っているからだ。素敵な夜を過ごせるパーティだった。

~I love Fashion.We love little monster.~ >
『FASHION IS FUN!』
ファッションとは本来、楽しいものです。
WALLとともファッションを楽しみませんか?





【関連資料】

WALL

東京都渋谷区神宮前1-11-6ラフォーレ1F
TEL:03-5411-2704



TGC SPECIAL COLLECTION ゴージャスでバブリー感のあるデザインが魅力

  • 第16回 東京ガールズコレクション2013 SPRING/SUMMER
  • 第16回 東京ガールズコレクション2013 SPRING/SUMMER
  • 第16回 東京ガールズコレクション2013 SPRING/SUMMER
  • 第16回 東京ガールズコレクション2013 SPRING/SUMMER
  • 第16回 東京ガールズコレクション2013 SPRING/SUMMER
  • 第16回 東京ガールズコレクション2013 SPRING/SUMMER
  • 第16回 東京ガールズコレクション2013 SPRING/SUMMER
  • 第16回 東京ガールズコレクション2013 SPRING/SUMMER


 安室奈美惠のサプライズライブで盛大に幕を開けた「第16回 東京ガールズコレクション2013 SPRING/SUMMER」は、スタイリストの野口強氏(Mr.Tsuyoshi Noguchi)がプロデュースした「TGC SPECIAL COLLECTION」からスタートした。白一色に統一されたモデルたちの衣装は、ナースキャップをかぶり、セクシーなランジェリー姿も加えたラグジュアリー感あふれるショーであった。

 ファストファッションやチープな素材を使って洋服つくりに警鐘を鳴らすかのように、オーガンジーと無地の切り替えのボディコンシャスなドレスやサテン衿のジャケットコート、トラペーズネックの金ボタン付きのミニマムなジャケットに金ボタン付きのフロント開きのタイトスカートのセットアップなどゴージャスでバブリー感のあるデザインが多く登場した。デフレ脱却のための希望の星のように見えたショーであった。先の先を読んだ野口強氏(Mr.Tsuyoshi Noguchi)の力量を度胸を感じた。

【関連資料】
第16回 東京ガールズコレクション2013 SPRING/SUMMER 2013.03.02
第16回 東京ガールズコレクション 2013 SPRING/SUMMER開催 レポート


衣装展「きゃりーぱみゅぱみゅーじあむ」開催

  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • きゃりーぱみゅぱみゅ


 アソビシステム株式会社は2013年3月1日(金)から3月25日(月)まで、六本木ヒルズイベントスペースumu(ウム)において、きゃりーぱみゅぱみゅの歴代衣装を一挙に集めた衣装展「きゃりーぱみゅぱみゅーじあむ」を開催される。その展覧会に先立ち、2月28日に、プレス向けの内覧会が開催された。いくつものブースが置かれ、中をのぞくような感覚で、衣装を見る事ができる。いろいろな角度から覗き見すると違った感じに見えるから不思議だ。リボン付きの音声ガイドが付いていて、番号の書かれたブースの番号を押すと、きゃりーぱみゅぱみゅ自身の音声が流れ、詳しい説明を聞く事ができる。ヘッドフォンは、男性やお父さんには、ちょぴり恥ずかしいデザインだが、意外に乙女心を理解するためには、チャレンジするのもいいかも。




 きゃりーぱみゅぱみゅの世界をギュッと詰め込んだ初の大型展示イベントを開催。会場内には、MVでお馴染みの「つけまつける」や「ファッションモンスター」の衣装はもちろん、紅白歌合戦で話題になった大型衣装が勢ぞろい。AXでのワンマンライブのセットなども会場を彩り、きゃりーぱみゅぱみゅ流のカワイイが大集合。また、大きなリボンつきの音声ガイド(本人の解説)により小さなお子様から大人まで楽しく展示をみて回ることのできる仕掛けも用意してある。本物を間近で見ると、そのユニークなデザインの真髄を知ることができる。まさに、平成が生んだ歌姫のリアルクローズであった。




【関連資料】

衣装展「きゃりーぱみゅぱみゅーじあむ」

来場者みんな、きゃりーちゃんになれる注目の「着る!?」衣装展 あす開幕

2013年3月 1日(金)~2013年3月25日(月)
OPEN 12:00 ~CLOSE 20:00 (最終入場19:30)
実施会場 六本木ヒルズ umu
港区六本木6-9-1 テレビ朝日1F
入場料金 前売券600円/当日券800円     音声ガイド500円
※未就学児入場無料 ※前売券は各日販売



アーカイブ