Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

【JACQUES LE CORRE】ジャック・ル・コー展覧会のクロージングパーティー

  • ジャック・ル・コー【JACQUES LE CORRE】フランス
  • ジャック・ル・コー【JACQUES LE CORRE】フランス
  • ジャック・ル・コー【JACQUES LE CORRE】フランス
  • ジャック・ル・コー【JACQUES LE CORRE】フランス
  • ジャック・ル・コー【JACQUES LE CORRE】フランス
  • ジャック・ル・コー【JACQUES LE CORRE】フランス
  • ジャック・ル・コー【JACQUES LE CORRE】フランス
  • ジャック・ル・コー【JACQUES LE CORRE】フランス


 JACQUES LE CORRE(ジャック・ル・コー)展のクロージングイベントが、5月29日に東京・南青山の小原流会館で行われた。JACQUES LE CORRE展では、JACQUES LE CORREがフォトグラファーとしても才能を発揮していたデザイナーで、写真をもとにしたストールや、スペシャルなハット、バッグなどを展示していた。画期的なデザイナーで、洋服を中心とする「クロエ」「パコ・ラバンヌ」「ジル・サンダー」「ダナ・キャラン」「ケンゾー」などとともに、アクセサリーコレクションに参加するほどの実力者だ。

 特に、帽子は女優帽と言われる大きなガルボ・ハットや、それをうわまわるデザインのハットなどが展示されていた。ストライプ調の帽子には、フリルが付けてあり優雅な雰囲気を醸し出していた。もともと、凱旋門賞、ディアヌ賞などの競馬レースは、富裕層の社交場として今でも盛んなフランス。華やかな帽子をかぶった貴婦人は、憧れの的となる。常にハットの需要がある。帽子専門のデザイナーが存在する意義は大きい。

 あのココ・シャネルは、退屈しのぎで制作していた帽子のデザインが認められ、1909年、帽子のアトリエを開業したのがデザイナーになるきっかけだった。フランス人と帽子は、深い関わりがある。「東京物語」などの映画を観ていると、日本でも男性は、帽子をかぶって外出していたことがわかる。才能に満ち溢れたJACQUES LE CORREは、ハットだけでなく、バッグ、小物でも才能を発揮した。素敵なデザイナーの作品に出会えた夜だった。




【関連資料】

ジャック・ル・コー【JACQUES LE CORRE】フランス



【Yukiko Hanai 銀座店】原点である「銀座」で45年ぶりにオープン

  • ユキコ ハナイ【Yukiko Hanai】日本
  • ユキコ ハナイ【Yukiko Hanai】日本
  • ユキコ ハナイ【Yukiko Hanai】日本
  • ユキコ ハナイ【Yukiko Hanai】日本


 【Yukiko Hanai 銀座店】のグランドオープンに先駆けて、5月29日にメディア向けのオープニングレセプションが盛大に行われた。会場には、花井幸子氏も来店し、ホスト役を務めた。1968年に初のブティック「マダム花井」を銀座にオープンしてから、45年の月日を経て、【Yukiko Hanai】が原点である「銀座」に戻ってきた。それに伴い、Yukiko Hanai青山店をクローズするという。

 高度成長期の日本にあって、1960年代の銀座は、みゆき族などを筆頭に、若者たちでにぎわったそうだ。ラグジュアリーでエレガントなブランドの多くが、青山に移転し、一世風靡した。ファッションの歴史をブランドを通して変遷してきた【Yukiko Hanai】も社会の動きに合わせて変化してきた。いま、銀座が最も【Yukiko Hanai】のクチュール感を表現できる場として選ばれた。華やかでゴージャスな世界を展開されるために、最もふさわしい場所である。

【関連資料】
ユキコ ハナイ【Yukiko Hanai】日本
Yukiko Hanai 銀座店
東京都中央区銀座4-9-13 銀座4丁目タワービル1階 03-6264-0874 2013年6月4日オープン

【APPLEBUM】素材とグラフィックが魅力のアップバム

  • アップルバム【APPLEBUM】日本
  • アップルバム【APPLEBUM】日本
  • アップルバム【APPLEBUM】日本
  • アップルバム【APPLEBUM】日本
  • アップルバム【APPLEBUM】日本
  • アップルバム【APPLEBUM】日本
  • アップルバム【APPLEBUM】日本
  • アップルバム【APPLEBUM】日本


 【APPLEBUM】の2013年秋冬展示会が、5月31日まで原宿で行われている。メンズウェアとベビー&キッズラインの展示会だ。以前、大手音楽レーベルのレコードジャケット制作を担当していたというスタッフが、よりクリエイティブで面白い作品を企画・制作・販売している。ある意味、素人軍団が作ったアパレルブランドだ。素直に着たい洋服を作っているのが、消費者に理解されている。

 交友関係の広さも手伝って、東京ヤクルトスワローズの球団関係者に頼まれて、スタジアムジャンパーまで作ってしまったという。政治家の顔写真入りのパロディTシャツなどもある。また、売れそうなアイテムも多く、迷彩柄のウールカモテーラージャケットは、ジャガードを圧縮した優れモノだ。また、ステンカラーコートもおしゃれな切り替えがあり、ヒット商品になりそうだ。自由な感性とスタイリング提案で躍進する【APPLEBUM】は、今年の注目のブランドのひとつである。

【関連資料】
アップルバム【APPLEBUM】日本


【ieri design purodacts】ニットのプロが創り出す芸術的な作品の数々。

  • イエリデザインプロダクツ【ieri design purodacts】アパレル
  • イエリデザインプロダクツ【ieri design purodacts】アパレル
  • イエリデザインプロダクツ【ieri design purodacts】アパレル
  • イエリデザインプロダクツ【ieri design purodacts】アパレル


 1997年設立のイエリデザインプロダクツ(ieri design purodacts)というニット専門のアパレルメーカーの展示会が、渋谷区神宮前の本社ビルで5月31日まで行われている。エクオ(equo)、レリトリー(Lately)、リリーピコ(lily picot)、イエリ(ieri)、ソルツ(SOLTS)、イリアンローブ(iliann loeb)等のブランドを展開している。イリアンローブ以外の全ブランが展示されていた。

 特に、販売実績のあるリリーピコ(lily picot)は、『ナチュラル感のある素朴な素材で、ベーシックカラー(Beige/Navy/Gray)を中心にニットならではの独特な配色のものも提案しています。デザイン的にはベーシッ クを基調とした、リアルでスタイリッシュなデイリーウェアブランドです』と広報担当者から話があった。ニードルパンチ刺繍やジャガード、ボーダー、畦など1980年調のクラシックなデザインが展示されていた。

 ニットの魅力は、デザイナー自らが編み地や素材開発ができる点だ。色も独自のカラーで染め、配色やミックスなど様々な表現が可能だ。ハイゲージからローゲージ、手編みまで編み機によって、様々な表情を表現できる。1本の糸が編みだす芸術だとさえ思う。それだけ、専門的な知識がなければできないのもニットである。ファッションデザイナーとのコラボレーションが盛んだという。奥の深さを痛感した一日だった。




【関連資料】

イエリデザインプロダクツ【ieri design purodacts】アパレル

イリアンローブ 【iliann loeb】




【場と間vol.04】ラフォーレミュージアム原宿がクリスマス空間に

  • 場と間vol.04
  • 場と間vol.04
  • 場と間vol.04
  • 場と間vol.04


 アッシュ・ペー・フランス株式会社のデザインとアートとプロダクトの合同展示会『場と間vol.04』が、2013年5月26日までラフォーレミュージアム原宿で開催されている。クリスマスを彩る個性豊かな出展者が勢揃いした展示会は、コンパクトにまとまっていた。『インテリア市場において大切な商戦時期にあたる「クリスマス」。しかし、現在、日本の市場においてクリスマスに特化した展示会が開催されていません。クリスマス商戦時期に商材を確保するには、5月にクリスマス商材のオーダーをする事が必要となります。場と間では、日本のクリスマス市場の活性化と、新しいビジネスチャンスへ繋げていくため、5月、クリスマスに特化させた展示会を開催します』という。

 クリスマスの新しい提案として、キャンドルやアロマテラピー、北欧のおもちゃなど様々なジャンルの商品が展示されていた。もちろん、主役の靴下もフィーチャーされている。食品用の自動販売機を改良した傘の柄を販売するマシーンなども登場して、クリスマスムードを盛り上げていた。緑一色に染めた靴下のクリスマスツリーは、そのまま販売できるくらいの完成度の高さを見せていた。また、受付のスタッフ嬢もメイクからコスチュームまで、この展示会用にオーダーしたという。この展示会は、一般の人も入場料さえ払えば、入場できる点が特徴だ。初夏のクリスマスを楽しむのもいいかも。




【関連資料】

場と間vol.04

「場と間vol.04」クリスマスを彩る個性豊かな出展者が勢揃い! ラフォーレミュージアム原宿がクリスマス空間に!!




【ayumi.mitsukane】奇想天外なデザインが日本を救う

  • アユミ・ミツカネ【ayumi.mitsukane】日本
  • アユミ・ミツカネ【ayumi.mitsukane】日本
  • アユミ・ミツカネ【ayumi.mitsukane】日本
  • アユミ・ミツカネ【ayumi.mitsukane】日本
  • アユミ・ミツカネ【ayumi.mitsukane】日本
  • アユミ・ミツカネ【ayumi.mitsukane】日本


 【ayumi.mitsukane】の2013年秋冬展示会が、5月14日から16日まで渋谷で行われた。今回のテーマは、"OPTICAL"だ。オプチカルとは、「形動」《「オプチカル」とも》美術用語で視覚芸術的な、の意味。幾何学形を組み合わせて、見る人に視覚的な錯覚を与える効果を意図とした芸術のこと、だそうだ。どのデザインをとっても、工夫とアイディアが満載で、バックスタイルが全く違う洋服のように見えたりする。

 「コンテンポラリーアートへの投げかけ」をコンセプトにしたブランドだけに、着るアートとしての存在感があった。着方をyoutubeなどの動画で紹介して欲しいと思うくらい幾通りもの形に変わる洋服だ。我々は日常生活の中で、洋服を着るという行為だけで生きている。楽しさはあっても、面白さやおかしさを感じたことがあるだろうか。常識を覆す奇想天外なデザインがある。それが、【ayumi.mitsukane】だ。笑いが消えそうな時代、この考え方が日本を救うのかも。

【関連資料】
アユミ・ミツカネ【ayumi.mitsukane】日本


【Geniali Milano】ジュニアーリ ミラノ 銀座店オープン

  • ジェニアーリ ミラノ【Geniali Milano】イタリア
  • ジェニアーリ ミラノ【Geniali Milano】イタリア
  • ジェニアーリ ミラノ【Geniali Milano】イタリア
  • ジェニアーリ ミラノ【Geniali Milano】イタリア


 スポーツクラシック・スポーツエレガンスを提唱するミラノ発信のセレクトショップ【Geniali Milano】が、2013年5月16日に日本初上陸した。オーナーのマリオ・イウディチェロ氏(Mario Iudicello)も来日して盛大なパーティが行われた。銀座店オーナーの加藤久和氏は、銀座店がオープンする経緯をパンフレットに掲載している。「今から4年ほど前、イタリア旅行をした際にミラノのGENIALIにショッピングに立ち寄ったことが出会いの始まりだった。試着を済ませて会計を終えたらホテルに戻ってディナーをとるつもりでいたのに、気付けばそのままアペリティーボになだれ込み、プロセッコを振舞われ、沢山のプレゼントまで頂いた」という。

 ミラノの伊達男たちのためのアイテムが揃ったお店は、ヴィンテージ風のデニムやポロシャツ、ストールなどのカジュアルラインも充実している。赤いデッキシューズやトレンドカラーの黄色、グルーン、ブルー、オレンジ、ピンクなどカラフルなパンツのバリエーションが魅力的だ。全体的にエレガントでシックにまとまっている点が、ミラノらしい。ダンディなマリオ氏が歓迎のポーズで写真におさまった。

【関連資料】
ジェニアーリ ミラノ【Geniali Milano】イタリア
「GENIALI MILANO」銀座店 2013年5月16日 グランドオープン 〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-8 03-5579-9479 営業時間 11:00~20:00 ★マリオ・イウディチェロ【Mario Iudicello】
1987年、メンズ・レディースアパレルショップをミラノにオープン。1999年には、メンズクラシックを展開。英国のクラシックエレガンスを取り入れた現代的かつ快適なファッションを提唱。多くの有名ブランドの中から人々の支持を得られる商品を発掘し、それらをミックスしてユニークなスタイルを常に提案し続けるミラノ屈指の人気セレクトショップGENIALI MILANOオーナー。
その際立ったセレクトセンスは勿論のこと、ファッション性の高いフォトジェニックに秀でた容貌は、日本でも数多くの大手メンズファッション雑誌に度々取り上げられるなど人気を集め、現在ミラノ店には世界中から買物客が訪れている。

【avie】 2013 FALL EXHIBITION 本物のジュエリーに負けないカジュアルを提案

  • アビィ【avie】日本
  • アビィ【avie】日本
  • アビィ【avie】日本
  • アビィ【avie】日本
  • アビィ【avie】日本


 【avie】の2013 FALL EXHIBITIONが、5月15日から5月17日まで代官山で開催された。『からくて、あまくて、ちょっと裏切りの入った服。半歩前に出て着たい服。"手の届くクチュール""本物のジュエリーに負けないカジュアル"』をコンセプトに展開している。素材をいかしたデザインが多く、着心地の良さもファンにとっては魅力のようだ。avieは、リボン型のネームもファンだけでなく、我々の心もキューンとなる甘辛感がある。

【関連資料】
アビィ【avie】日本
avie 2013 FALL EXHIBITION


【2013 touchMe A/W Collection】に吉川ひなの、益若つばさ、舟山久美子来場!

  • タッチミー【touchMe】ファッションショー
  • タッチミー【touchMe】ファッションショー
  • タッチミー【touchMe】ファッションショー
  • タッチミー【touchMe】ファッションショー
  • タッチミー【touchMe】ファッションショー
  • タッチミー【touchMe】ファッションショー
  • タッチミー【touchMe】ファッションショー
  • タッチミー【touchMe】ファッションショー
  • タッチミー【touchMe】ファッションショー


 大きくて長い「touchMe(タッチミー)」と書かれたリムジンがレッドカーペット前に到着した。黄色のオフショルダーのワンピースを着た吉川ひなのさんが降りてきた。「2013 AUTUMN/WINTER Collection touchMe」のオープニングアクトである。レッドカーペットをメディアが囲み、まるで映画祭のような雰囲気であった。

 MARK STYLER 株式会社は、自社で展開する 10 ブランドによる完全招待制コ レクション、「2013 AUTUMN/WINTER Collection touchMe(タッチミー)」を、2013年5月17日(金)と18日の 2日間、ベルサール渋谷ガーデンで開催されている。コレクションは、若槻善雄氏(DRUMCAN Inc.)総合演出のもと、時代を代表するトップスタイリスト陣とのコラボレーションを実現し、ガールズマーケットにおける国内最高峰クオリティを誇るファッションショーだという。

 前回の「2013 SPRING/SUMMER Collection」では、過去最多数のブランドが集結し、touch Me アフターパーティー、Ustream配信と合わせて合計約3万人のお客様にショーをご覧頂きました。8回目となる今回は、「MURUA」「dazzlin」「EMODA」「LagunaMoon」「MERCURYDUO」「Ungrid」「elianegigi」「GYDA」「merry jenny」「jouetie」の計 10 ブランドが出演。2日目となる5月18日の夜は、出演ブランドが渋谷の人気クラブやカフェにおいてアフターパーティーを開催し、参加頂くお客様にラグジュアリーで非日常的な時間を楽しめるという。

 コレクションでは、来場ゲストとして吉川ひなのさん、益若つばささん、舟山久美子さんにご来場し、リムジンからレ ッドカーペットへ登場、「MURUA」のファッションショー後のフォトセッションや囲み取材が行われた。国内最大級のプライベートコレクションであることは確かだ。

 囲み取材で吉川ひなのさんは、洋服についてを聞かれ、「黄色が好きで、シンプルなMERCURYDUOのワンピーなんですけど、それに蹴られると大変だという靴を合わせてみました」とインタビューに応えた。また、益若つばささんは、dazzlinの花柄プリントのワンピースに辛子色のタイツをはいて登場した。舟山久美子さんは、モデルもはいていた厚底靴の魅力について語ってくれた。

 自社だけのブランドだからこそできる統一感や観客のレベルの高さを守れる優位性を感じた。おしゃれをしてくるだけの価値があるファッションショーの証明でもある。パーティシーンの少ない日本において、ガールズにエレガントでセクシーなコスチュームを着る機会を与えてくれる数少ないショーである。歓喜にあふれた彼女たちの笑顔が印象的だった。




【関連資料】

タッチミー【touchMe】ファッションショー

ガールズマーケットにトレンドを発信し続けるファッションショー「2013 AUTUMN/WINTER Collection touchMe」を5月17日(金)・5月18日(土)に開催決定!~スタイリストには ジェニファー・エイメールやケイト・ランフィア を起用~.




H.P.FRANCE BIJOUX 2013 -Braidal Collection- ブライダル史を観ているような雰囲気

  • ヴィーダブリューディーシー・バイ・チャーリー・ブリア【VWDC BY CHARLIE BREAR】
  • ヴィーダブリューディーシー・バイ・チャーリー・ブリア【VWDC BY CHARLIE BREAR】
  • ヴィーダブリューディーシー・バイ・チャーリー・ブリア【VWDC BY CHARLIE BREAR】
  • ヴィーダブリューディーシー・バイ・チャーリー・ブリア【VWDC BY CHARLIE BREAR】
  • ヴィーダブリューディーシー・バイ・チャーリー・ブリア【VWDC BY CHARLIE BREAR】
  • ヴィーダブリューディーシー・バイ・チャーリー・ブリア【VWDC BY CHARLIE BREAR】


 結婚をしたいと思っている女性が憧れる内見会が開催されている。H.P.FRANCE PRESS ROOMで2013年5月16日~17日の2日間行われている、「H.P.FRANCE BIJOUX Bridal」の内見会だ。2013年5月25日から、H.P.FRANCE BIJOUXで発売予定のVWDC BY CHARLIE BREAR(ヴィーダブリューディーシー・バイ・チャーリー・ブリア)の新作のウエディングドレス、ヨーロッパを中心に選び抜かれたクリエーターたちが生み出すブライダルリングやヘッドアクセサリーなどの展示を行っていた。

 VWDC BY CHARLIE BREARの新作ウエディングドレスのイメージムービーの上映会も行われ、自分らしい感性を追求するブライドに向けた、H.P.FRANCE BIJOUXのトータルブライダルスタイルが提案された。1910年代、1920年代、1930年代、1970年代の4つの時代を提案したドレスは、圧巻だった。特に、1910年代から1930年代にかけてのデザインの黄金時代とも言えるアールデコ、アールヌーボーの影響を受けたドレスは、卓越した美しさを放っていた。ブライダル史を観ているような雰囲気の会場だった。




【関連資料】

H.P.FRANCE BIJOUX <facebook>ページ

<YOUTUBE>フルバージョン

<YOUTUBE>予告編

ヴィーダブリューディーシー・バイ・チャーリー・ブリア【VWDC BY CHARLIE BREAR】




【LANVIN en Bleu】マスキュリンとフェミニンの相反する美しさが共存

  • ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス
  • ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス
  • ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス
  • ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス
  • ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス
  • ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス
  • ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス
  • ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス
  • ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス
  • ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス
  • ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス
  • ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス
  • ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス
  • ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス
  • ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス


 Voute Celeste(天空)をテーマに「2013A/Hは、皆様を銀河に運ぶコレクション」とスタートしたLanvin en bleuのファッションショーと展示会は、プチマダムや豪華に着飾った一般招待客の前で厳かに、そしてゴージャスに2013年5月14日、南青山で行われた。「思いがけない美しさと比類のない驚きを求めて、広大な空間と無限の深さのなかへ旅立つ。そのとき光の突然の炸裂、星たちの溶融といった光景が私たちの目に出現する」というもの。

 ファーストビューでは、映画「カサブランカ」のようなハットを被り、珈琲ブラウンのコートのベルトをきちっと結んで現れたモデルは、カシュクールとプリーツスカートのドレスの妖艶な姿だった。マスキュリンとフェミニンの相反する美しさに観客からため息が漏れた。

 コクーンシルエットのドレス。宇宙空間を感じさせるプリントのドレス。ストライプ調のテープを張った丸いスタッズを流星のように打ったドレス。ボックスプリーツのミニスカートにリボンをあしらった赤いニット。ファー衿のポンチョ風コート。ブラックリトルドレスにファーのボーダーベスト。ファー衿の銀ボタンのWブレストのコートには、リボンテープが付いていた。

 パイピング使いのコートの下はボーダーニットとスキニージーンズ。トグル付きのドレス。ボーダースカートとレザージャケット。シルクサテンのラグジュアリーなフレンチスリーブのドレス。パフスリーブのペプラムドレス。ラストは、ティアードスカートにバイアスチェックのファー衿のコートだった。あっという間だったが、天空を感じさせる煌びやかな美しさに満ちたショーだった。

【関連資料】
ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス


ck Calvin Klein watches 2013 パーティが盛大に開催される

  • ck カルバン・クライン ウォッチ
  • ck カルバン・クライン ウォッチ
  • ck カルバン・クライン ウォッチ
  • ck カルバン・クライン ウォッチ
  • ck カルバン・クライン ウォッチ
  • ck カルバン・クライン ウォッチ


 「バーゼルワールド2013」で発表になった「ckコレクション」を囲んで、時計をお披露目するパーティーが5月14日に銀座のニコラス・G・ハイエック センターで行われた。ドリンク、フードが、カジュアルなパーティに駆け付けたファッション関係者やレースクイーン、モデル、セレブな人たちに振舞われ、ボサノバの生演奏が行われた。地上14階からの銀座の夜景もムードを盛り上げた。

 「ニューヨーク屈指のファッションブランドとして常にトレンドをリードするカルバン・クラインが、そのクリーンでミニマルなテイストをあますとこなく表現した時計。それがck カルバン・クライン ウォッチ」だという。パーティに出席していた時計専門誌の関係者によると。「腕時計市場は、携帯電話などの時計機能によって、年々需要が減っている」という。ただ、カルバン・クラインクラスのファッション・ブランドの需要は伸びているともいう。時計は、おしゃれのための道具でもある。

【関連資料】
ck カルバン・クライン ウォッチ
ck カルバン クライン ウォッチ をみる
バーゼルワールド2013【BASELWORLD 2013】


LANVIN en Bleuの銀河に運ぶコレクション

  • LANVIN en Bleu | ランバン オン ブルー
  • LANVIN en Bleu | ランバン オン ブルー
  • LANVIN en Bleu | ランバン オン ブルー
  • LANVIN en Bleu | ランバン オン ブルー


 Voute Celesteをテーマに「2013A/Hは、皆様を銀河に運ぶコレクション」とスタートしたLanvin en bleuのファッションショーと展示会は、プチマダムや豪華に着飾った一般招待客の前で厳かに、そしてゴージャスに2013年5月14日、南青山で行われた。「思いがけない美しさと比類のない驚きを求めて、広大な空間と無限の深さのなかへ旅立つ。そのとき光の突然の炸裂、星たちの溶融といった光景が私たちの目に出現する」とパンフレットに書かれていた。

 「移ろいやすい地上の変化の中を、あるいは無秩序な四次元空間の中を旅する。私たちは漠然とした記憶にリズムを合わせ、様々な時代が組み合わさった渦巻きの中に吸い込まれる。あらゆるインスピレーションの活動性を集中させたこのエネルギーの爆発こそ、私たちが提案する3013A/Hコレクションの強さと豊かさである。」とも書かれていた。

 宇宙をテーマにした壮大なイメージは、プリントや光沢感のある素材を使ったドレスやコートなどで表現され、新たな宇宙ブームを起こすような予感がした。無駄な部分を排除したコンパクトなデザインは、60年代を彷彿とさせる勢いを感じた。予約販売もできるためか、多くの女性が試着をしながら、スタッフと楽しそうに会話している姿が印象的だった。ファッションショーのお話は明日。




【関連資料】

ランバン オン ブルー【LANVIN en Bleu】フランス



【SPINNS】女子大生を意識したスタイリングやコーディネートに挑戦

  • スピンズ【SPINNS】日本
  • スピンズ【SPINNS】日本
  • スピンズ【SPINNS】日本
  • スピンズ【SPINNS】日本
  • スピンズ【SPINNS】日本
  • スピンズ【SPINNS】日本
  • スピンズ【SPINNS】日本
  • スピンズ【SPINNS】日本
  • スピンズ【SPINNS】日本
  • スピンズ【SPINNS】日本
  • スピンズ【SPINNS】日本


 キラキラしたい「パステル系女子」に送る新入生歓迎パーティ【Rea*ma pastel party】がZEPP ダイバーシティで4月30日に行われた。そのパーティで【SPINNS】がファッションショーに登場した。革新的なハイティーンのカジュアルウェアを提案するブランド【SPINNS】のスタイリングは、やっぱりユニークだ。

 厚底のスニーカーに、オーガンジーの二枚重ねのプリーツスカートと英字ロゴプリントのラウンドネックのTシャツ。リボンのカチューシャとチョーカーがポイントだ。柄パンとテーラージャケットのお姉さんスタイル。厚底スニーカーとフレアワンピースとブルーと白のブロックチェックのジャンパー。

 レース付きソックスにタックの入ったミニスカートとパフスリーブのブラウス。白のミニスカートとミントグリーンのプリントTシャツにワインレッドのセーター。サドルシューズにソックス、白のショートパンツに白TシャツとピンクのジャンパーにBBキャップが似合う。マルチカラーの花柄プリントのスカートとパフスリーブのブラウス。

 ミントグリーンのストライプのタイトスカートと猫柄プリントのTシャツ。バストコンシャスのドレス。パンジー柄のフレアスカートと肩見せの英字ロゴプリントの長袖Tシャツ。レースのミニドレスにデニムのビスチェで大人っぽく表現していた。女子大生を意識したスタイリングやコーディネートが多く、【SPINNS】の新たな一面が見えてショーであった。





【関連資料】

スピンズ【SPINNS】日本

キラキラしたい「パステル系女子」に送る新入生歓迎パーティ【Rea*ma pastel party】




【titty&Co.】パステルカラーやファンシーカラーを中心にした色彩の世界を表現

  • ティティー&コー【titty&Co.】日本
  • ティティー&コー【titty&Co.】日本
  • ティティー&コー【titty&Co.】日本
  • ティティー&コー【titty&Co.】日本
  • ティティー&コー【titty&Co.】日本
  • ティティー&コー【titty&Co.】日本
  • ティティー&コー【titty&Co.】日本


 キラキラしたい「パステル系女子」に送る新入生歓迎パーティ【Rea*ma pastel party】がZEPP ダイバーシティで4月30日に行われた。そのパーティで【titty&Co.】がファッションショーに登場した。「2013年春夏のテーマは、Color of Mineです。カラフルなパステルカラーやファンシーカラーを中心に、カジュアルなものでも、肩がちょっと開いていているトップスやワンピースなど、肌見せができるお洋服が多いです」とスタッフが語った。

 BBキャップに裾がフリルのギャザースカートと袖がフリルのトップスを着た神戸蘭子を先頭に、ラベンダーのタイトスカートとレモンエローの肩開きのトップス。サックスブルーの水玉柄のフレアスカートと英字ロゴプリント入りのキャプスリーブの白Tシャツ。クリームイエローのシャツワンピース。ブルーのショートパンツにアメリカンスリーブのシャツ。ラストは、BBキャップに、ピンクとブルーの鮮やかな穴柄プリントのフレアミニワンピースだった。甘さだけでなく、カジュアルとガーリーのミックスが特徴のショーだった。

【関連資料】
ティティー&コー【titty&Co.】日本
キラキラしたい「パステル系女子」に送る新入生歓迎パーティ【Rea*ma pastel party】


【CECIL McBEE】クールエアリーエレガンスなセシルマクビー

  • セシルマクビー【CECIL McBEE】日本
  • セシルマクビー【CECIL McBEE】日本
  • セシルマクビー【CECIL McBEE】日本
  • セシルマクビー【CECIL McBEE】日本
  • セシルマクビー【CECIL McBEE】日本
  • セシルマクビー【CECIL McBEE】日本
  • セシルマクビー【CECIL McBEE】日本


 キラキラしたい「パステル系女子」に送る新入生歓迎パーティ【Rea*ma pastel party】がZEPP ダイバーシティで4月30日に行われた。そのパーティで【CECIL McBEE】が最初のファッションショーに登場した。カジュアル、セクシー、エレガンス、の3つの中で、今回は、クールエアリーエレガンスを選びましたとCECIL McBEEのスタッフから解説があった。肩見せがトレンド。デニムのワンピース。ギンガムチェックのセットがかわいい。





 ブランド・フラッグを持って登場したモデルは、レースのマキシドレスとキャミソールのミニワンピースの二枚重ねでエレガントなスタイルだ。ピンクのギンガムチェックのミニ丈のシャツワンピース。トロピカルプリントのサブリナパンツにオースリーブの切り替えシャツ。オレンジのミュールにサックスブルーのフレンチスリーブのフレアワンピース。黒の膝丈スカートに、袖がプリントのドルマンスリーブのトップス。ラストは、肩が開いたトロピカルプリントのロングドレスだった。





【関連資料】

セシルマクビー【CECIL McBEE】日本

キラキラしたい「パステル系女子」に送る新入生歓迎パーティ【Rea*ma pastel party】




【DAYDREAM NATION】ポップで元気の良い香港ブランド

  • デイドリーム ネイション【DAYDREAM NATION】香港
  • デイドリーム ネイション【DAYDREAM NATION】香港
  • デイドリーム ネイション【DAYDREAM NATION】香港


 香港のブランド【DAYDREAM NATION】が5月6日までラフォーレ原宿の「WALL」でアッシュペーフランスがプロデュースするポップアップストアで展開されている。アッシュペーフランスは、ここ数年、海外、とくにアジアのブランドを日本に紹介して、高い評価を受けている。日本にはない、ポップで元気の良い感覚が、トレンドが大好きなファッション性のある若者を中心に人気がある。

 こんなブランドがあったらいいなと思う。カラーブームの火付け役になりそうな【DAYDREAM NATION】は、原宿の街にマッチしていた。もっともっとアジアのブランドが入ってきて、アジアがヨーロッパの「EU」のように連合としてファッションが自由に流通していけばいい。アッシュペーフランスの世界戦略に期待する。




【関連資料】

デイドリーム ネイション【DAYDREAM NATION】香港

日本初上陸 香港ブランド「デイドリーム・ネイション」の描く世界



【Rea*ma pastel party】ロックテイストと90年代ドラッグファッションを提案したグラッドニュース

  • グラッドニュース【GLAD NEWS】日本
  • グラッドニュース【GLAD NEWS】日本
  • グラッドニュース【GLAD NEWS】日本
  • グラッドニュース【GLAD NEWS】日本
  • グラッドニュース【GLAD NEWS】日本
  • グラッドニュース【GLAD NEWS】日本
  • グラッドニュース【GLAD NEWS】日本


 キラキラしたい「パステル系女子」に送る新入生歓迎パーティ【Rea*ma pastel party】がZEPP ダイバーシティで4月30日に行われた。そのパーティで【GLAD NEWS】がファッションショーに登場した。「2013年春夏に関しては、ブランドのコンセプトであるロックテイストに、90年代のドラッグファッションのちょっとギラギラとしたゴージャスな雰囲気を取り入れています」とスタッフが語った。

 ボンデージ風のウエストをくりぬいたジップアップのタイトドレスやキャミソールとフレアミニのドレス。ビジューをいっぱい付けたキャミソールとフレアスカートのセットアップ。迷彩柄の半袖ジャンパーにレザーのショートパンツ。スタッズがいっぱいついたクラッシュデニムのショートパンツとへそ出しの英字ロゴのTシャツ。BBキャップにブラトップとワッペン付きのジャンパーにクラッシュデニムのショートパンツ。18センチはある厚底シューズをモデルがはいていたのが印象的だった。

【関連資料】
グラッドニュース【GLAD NEWS】日本
キラキラしたい「パステル系女子」に送る新入生歓迎パーティ【Rea*ma pastel party】


【SALON by IZREEL】お客様とのふれあいを楽しむサロンが誕生

  • サロンバイイズリール【SALON by IZREEL】
  • サロンバイイズリール【SALON by IZREEL】
  • サロンバイイズリール【SALON by IZREEL】
  • サロンバイイズリール【SALON by IZREEL】
  • サロンバイイズリール【SALON by IZREEL】
  • サロンバイイズリール【SALON by IZREEL】


 IZREEL(イズリール)のデザイナー、高倉一浩氏のディレクションによる路面直営店【SALON by IZREEL】が、2013年5月1日に東京・広尾にオープンした。「IZREEL、ゴルフラインの「A by IZREEL」、フォーマルラインの「IZREEL ANFORMAL」、リメイクラインの「Faker」などを構築したIZREEL(イズリール)のすべてがわかる店だ。高倉一浩氏自身がお客様とのふれあいを楽しみたいと願って、オフィスとアトリエを併設したという。また、若手アーチストに壁に絵を描かせているという。森をイメージしているそうだ。

 日本では珍しく、ブランドのアイコンとして高倉一浩氏がメディアに全面的に登場している。私は、大賛成だ。デザイナーは、どんどん前に前に出ていくべきだ。ブランドの顔だからこそ露出しなければならない宿命だと思う。多くのユーザーが覚える頃には、もっともっと有名になっているはずだ。物にこだわり、人にこだわり、もてなしにこだわる男。それが高倉一浩氏だ。くつろぎ感のあるサロンの誕生をお客様が待ち焦がれいたのか、オシャレな人たちが集まっていた。

【関連資料】
サロンバイイズリール【SALON by IZREEL】
東京都渋谷区広尾 1-7-17 グリーンキャピタル広尾 106

TEL:03-6721-9871


営業時間:12:00-20:00 定休日:水曜日

Izreel facebook




【Rea*ma pastel party】クラシック・ガーリーでレトロでスィートなアンクルージュ

  • アンクルージュ【Ank Rouge】日本
  • アンクルージュ【Ank Rouge】日本
  • アンクルージュ【Ank Rouge】日本
  • アンクルージュ【Ank Rouge】日本
  • アンクルージュ【Ank Rouge】日本
  • アンクルージュ【Ank Rouge】日本
  • アンクルージュ【Ank Rouge】日本


 キラキラしたい「パステル系女子」に送る新入生歓迎パーティ【Rea*ma pastel party】がZEPP ダイバーシティで4月30日に行われた。そのパーティで【Ank Rouge】がファッションショーに登場した。今回のテーマは、クラシック・ガーリーで、レトロでスィートなアンクルージュ(Ank Rouge)らしい世界観を表現していた。

 「今回のショーは、スモーキーピンクとアクアブルーをキーカラーにし、お花畑にいるようなイメージで仕上げました」とスタッフがコメントを述べた。また、「特にメルヘンな世界を演出し、特別にハンドメイドしたところが特徴です」とも述べた。メルヘンな世界に会場もうっとりしているようだった。

【関連資料】
アンクルージュ【Ank Rouge】日本
キラキラしたい「パステル系女子」に送る新入生歓迎パーティ【Rea*ma pastel party】


アーカイブ