Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

【i 2014 SS COLLECTION】黒と白のハーモニーの美しさに魅了されたショー

  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)
  • i(アイ)


 モデルのikumiがデザインするブランド「i(アイ)」のショーが、3月29日(土)に表参道ヒルズのスペースオーで行われた。2011年春夏からスタートし、Unisex + One Size + Originalをコンセプトに、若者たちに絶大な人気を誇るブランドだ。また、OPENING CELEMONY NY,LAでの販売も開始された注目の実力派ブランドだ。

 「ストリート旅」をテーマにした、黒と白のハーモニーの美しさに魅了された観客は、シーンとした静寂な雰囲気の中、白と黒の服を着たモデルが現れ、ソロでドラムを叩くMISAKO(みさこ)のビートに酔いしれていた。丸、三角、四角のモチーフを使ったTシャツや恐竜柄の総柄プリントのドレスやセットアップ、水玉のビニールプリントのレインコートなど多彩なデザインが展開された。

 モデルらしく、シンプルで都会的な洗練されたデザインが多く、リアルクロージングだが、前身がブラックで後ろ身がホワイトのTシャツなどディテールにこだわったデザインが多い。小物では、ボックス型のリュックサックがコンパクトで服に馴染んでいた。ブルマのようなショーツにチビTのセットアップが、ユニークで斬新で刺激的だった。大胆なデザインなのに、着やすい服ばかりという印象を受けたコレクションであった。

【関連資料】
i(アイ)
イクミ【ikumi】モデル
みさこ(神聖かまってちゃん) - Roland Music Navi


「SOEN WHITE vol.13」スキンシップがしやすい服やファンタジックで、立体感のある服など多彩なブランドを展示

  • 装苑 Presents 合同展示会「SOEN WHITE vol.13」
  • 装苑 Presents 合同展示会「SOEN WHITE vol.13」
  • 装苑 Presents 合同展示会「SOEN WHITE vol.13」
  • 装苑 Presents 合同展示会「SOEN WHITE vol.13」
  • 装苑 Presents 合同展示会「SOEN WHITE vol.13」
  • 装苑 Presents 合同展示会「SOEN WHITE vol.13」
  • 装苑 Presents 合同展示会「SOEN WHITE vol.13」
  • 装苑 Presents 合同展示会「SOEN WHITE vol.13」
  • 装苑 Presents 合同展示会「SOEN WHITE vol.13」


 "白"という色が持つ、可能性に満ちた日本発信のブランドをサポートすることを目的とした、装苑 Presentsの 合同展示会「SOEN WHITE vol.13」が、原宿の「BA-TSU ART GALLERY」と「Gallery COMMON」で3月27日(木)から29日(土)の3日間で開催された。『装苑』のNew Comerページに登場したブランドや、装苑ならではの一押しブランドに加え、新たなニューフェイスも多数出展した。

 2011年にクリエーターの東丸大範(Mr.Hironori Tomaru)氏が設立したブランド【CONTRARIANT】は、大きく様変わりしていた。以前の青臭い尖ったところが消え、アットホームなカジュアル服に変わっていた。東丸氏によれば、「子供ができたことで、母子のための洋服を作るようになった」という。家族や家庭の中から生まれるカジュアル服の誕生だ。子供たちが母親とスキンシップがしやすい服は意外に少ないのかも。

 大学で建築デザインを専攻していた勢井彩華さんと法学部卒業の山中俊太朗氏によるデュオ・デザイナーは、文化服装学院で出会い意気投合して立ち上げたブランド【LEUCADENDRON】は、ファンタジックで、立体感のあるデザインが特徴だ。今回のテーマは、「sense of organ」。曲線と直線の組み合わせが、アート性がありながら、着やすいシルエットに変換されていた。新感覚の注目ブランドだ。

【関連資料】
コントラリヨン【CONTRARIANT】日本
レウカデンドロン【LEUCADENDRON】日本
装苑 Presents 合同展示会「SOEN WHITE vol.13」


【RYOTA SHIGA】ラグジュアリー路線を突っ走る若き旗手のコレクション

  • RYOTA SHIGA  DESIGN STUDIO
  • RYOTA SHIGA  DESIGN STUDIO
  • RYOTA SHIGA  DESIGN STUDIO
  • RYOTA SHIGA  DESIGN STUDIO
  • RYOTA SHIGA  DESIGN STUDIO
  • RYOTA SHIGA  DESIGN STUDIO


 RYOTA SHIGAの2014年-15年の秋冬コレクションが、2014年3月25日(火)から28日(金)まで東京・渋谷の文化ファッションインキュベーションセンターで行われた。今回のテーマは、「aqua」だという。パリでの初の展示会を終え、凱旋コレクションだ。ある著名なファッション雑誌の編集長から、「日本らしいファーのデザインなので、世界に通用する」と絶賛されたという。デザイナーのRYOTA SHIGA氏は、高級なラグジュアリー路線を突っ走る若き旗手である。とてつもなく、高いところにのぼりつめる可能性があると信じている。以下、本人のテーマ「アクア」に対するメッセージを記載する。




水は私達の生命の源である。
生きるために欠く事が出来ない水は、常に人の生活にあり、
そして、美しい。
自然の法理が形作る完璧な形状、
非線形な流動的な躍動する生命。
そこに強さとしなやかさがある。
止まる事無ない流れを一瞬止める。
そこに古来から変わらないものと、現代の日常が重なる。



【関連資料】

RYOTA SHIGA DESIGN STUDIO

★movie2014-15 fall winter collection "aqua"



【DESERTIKA】日本の最高峰の素材や技術を使い、イタリア人のロマンを取り入れたブランド

  • デザルティカ【DESERTIKA】
  • デザルティカ【DESERTIKA】
  • デザルティカ【DESERTIKA】
  • デザルティカ【DESERTIKA】
  • デザルティカ【DESERTIKA】
  • デザルティカ【DESERTIKA】


 イタリアの『Orobianco(オロビアンコ社)』のブランド「DESERTIKA(デザルティカ)」のメンズウェア・デビュー・コレクション・パーティが、3月26日(水)に東京・渋谷の「KAFFE Orobianco」で行われた。Orobiancoのオーナー兼デザイナーである Giacomo Valentini(ジャコモ・ヴァレンティーニ)氏が来日し挨拶を行った。ヴァレンティーニ氏は、「日本の最高峰の素材や技術を使い、日本で縫製し、イタリア人のロマンを取り入れた」と福井のケイテー・テクシーノ社(KAYTAY TEXINNO)を絶賛した。ケイテー・テクシーノ社からヴァレンティーニ氏に日本製の傘が進呈された。

 「DESERTIKA」とは "From Desert(砂漠より)" という意味で、一日の気温差の激しい過酷な砂漠環境の中で、耐え得るタフさと機能性を兼ね備えたブランドだという。そして、2014-15Autumn&Winter デビューするメンズウェアーコレクション「DESERTIKA」は、BAG コレクションのコンセプトを基に、アパレルラインならではの美しいディテールと、ファッション性に富んだ、スタイリッシュで都会的なスタイルで提案するブランドだそうだ。

 また、2016年夏季オリンピック・リオデジャネイロ大会で正式採用が決定した女子7人制ラグビーのチームをサポートしている。Orobiancoは、2002年に設立した女子ラグビークラブ「PHOENIX(フェニックス)」をサポートしている。代表兼監督を務めているのは、海外で活躍したプロ元ラグビー選手の四宮洋平氏(Youhei Shinomiya)だ。これから、女子ラグビーも注目されそうだ。イタリア人の考えていることは、いつもクリエイティブだ。

【関連資料】
デザルティカ【DESERTIKA】イタリア
オロビアンコ【Orobianco】
ケイテー・テクシーノ【KAYTAY TEXINNO】
女子ラグビーチーム「フェニックス PHOENIX」


【Reebok CLASSIC】ハイテクスニーカーの歴史博物館のようなイベント

  • リーボック【Reebok】イギリス
  • リーボック【Reebok】イギリス
  • リーボック【Reebok】イギリス
  • リーボック【Reebok】イギリス
  • リーボック【Reebok】イギリス
  • リーボック【Reebok】イギリス
  • リーボック【Reebok】イギリス
  • リーボック【Reebok】イギリス


 グローバルフィットネス ライフスタイルブランドのリーボックは、Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)の最も代表的なモデルである「Instapump Fury(インスタポンプフューリー)」の誕生20周年を記念し、3月26日(水)、東京・原宿のBA-TSU ART GALLERYで「Instapump Fury 20th Anniversary」と題したスペシャルイベントを開催した。

 会場では、Instapump Furyが誕生した1994年から現在までの20年分の代表的なコレクションを展示。また、それぞれの時代を彩った懐かしいポスターや雑誌の表紙などの各種資料も展示されていた。「INSTA PUMP FURY」は、圧縮炭酸ガスを注入するポンプチェンバーをアッパーに導入することで、シューレースがなくても足にフィットさせることができる「The Pump テクノロジー」を搭載したランニングシューズとして、1994 年に登場したモデルだ。

 発売当時から画期的なテクノロジーとその独創的なフォルムが世界中で注目を集めました。日本では、1990 年代のハイテクスニーカーブームを牽引し、今なお絶大な人気を誇るアイテムだそうだ。ハイテクスニーカーの歴史博物館のように、20年間が凝縮したイベントであった。残っているだけでもすごい。

【関連資料】
リーボック【Reebok】イギリス
「インスタポンプフューリー」 誕生から 20 周年 オリジナルカラー&スペックの 1994 年初代モデルが完全復刻


【PLUG IN】ファッションの多様化を集積することがプラグインの使命

  • プラグイン【PLUG IN】
  • プラグイン【PLUG IN】
  • プラグイン【PLUG IN】
  • プラグイン【PLUG IN】
  • プラグイン【PLUG IN】
  • プラグイン【PLUG IN】
  • プラグイン【PLUG IN】
  • プラグイン【PLUG IN】


 2014年3月25日(火)から3月27日(木)まで、渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホールで、合同展示会のプラグイン【PLUG IN】が行われた。初出展の66社を含む、142社が出展した今回は、「安定の上質レディース」「メンズ&ユニセックス集積への挑戦」「新発見!注目のライフスタイル」の3つがポイントだった。

 ロシア語のブランド「Яdevushka(ジェブシュカ)」は、ロシアの少女のようなイメージの洋服を展示して、新しい世界観を打ち出していた。ショップチェーンのストールは、インドの手刺繍や手織りのものを使ったアートのようなデザインで圧倒されてしまった。ジェルネイルの「GRANJE」は、プロダクトデザインによる商品からパッケージ、什器まで総合的なインパクトで人気があり、洋服関連企業も見習う点が多い。

 ウィメンズ・リアルクロージングの「RUMBLE RED」は、広告会社にいたパートナーとの卓越した感性の高さで、観るものを圧倒させるビジュアルコンセプトがあった。32歳でデビューしたイケメン デザイナーの向井孝成氏(Takashige Mukai)のブランド「NEO RESISTANCE」は、新人賞も取ったほどの実力者。メンズブランドだが、演劇を下北沢でやっていたそうだ。だから、洋服をデザインすると言うより、脚本があって、役割毎に衣装を割り当てるイメージで作りあげると言う。面白い経歴の人が増えている。それだけ、ファッションは多様化してくるということだ。

【関連資料】
プラグイン【PLUG IN】合同展示会
Facebook PLUG IN


【DRESSCAMP】クラシックでエレガントで未来を感じさせる貴族スタイル

  • ドレスキャンプ【DRESSCAMP】日本
  • ドレスキャンプ【DRESSCAMP】日本
  • ドレスキャンプ【DRESSCAMP】日本
  • ドレスキャンプ【DRESSCAMP】日本
  • ドレスキャンプ【DRESSCAMP】日本
  • ドレスキャンプ【DRESSCAMP】日本


 繊細かつ力強いドレスなどの斬新なコレクションを発表し、東京を代表するブランドとしてファッション界に衝撃と影響を与えているブランド【DRESSCAMP】が、【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO = MBFWT】のフィナーレを飾った。テーマは、「THE THREEPENNY "VISCONTI" OPERA」だ。「三文オペラ(The Threepenny Opera)」と、イタリア貴族の「ヴィスコンティ家(Visconti)」からイメージしたクラシックでエレガントな衣装が登場した。

 メンズとレディースとも、優雅で気高く、品格と知性を感じさせるスタイルは、近未来のように思えた。特に、メンズウェアは、ヒョウ柄のハットにコートやパンツとバイカラーのシューズなどエレガントで美しいスタイルが提案されていた。ポップな花柄プリントのバッスルのようなミニドレス。フリルを幾重にも重ねたボリュームドレス。

 服装史に登場するようなデザインばかりに見えて、装飾的なデザインでありながら、ひとつひとつのアイテムは、現代の技術の粋を集めたものばかりだ。デザイナーの岩谷 俊和氏が、何年も先を見ながらデザインをしていると実感させられた。TOKYOで貴族スタイルが流行する日は、そう遠くなさそうだ。

【関連資料】
ドレスキャンプ【DRESSCAMP】日本
メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO = MBFWT】


【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】オシャレな大人の観客が多い東京ランウェイ

  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】
  • 東京ランウェイ【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】


 「東京ランウェイ 2014 S/S」が、2014年3月21日(金)に国立代々木競技場 第一体育館で開催された。「DIESEL BLACK GOLD」、「Stussy Women」など国内外人気ブランドも初出展し、ランウェイに登場するといつも歓声があがる蛯原友里、菜々緒に加え、クラブDJとしても知られる人気モデルのエリーローズ、カリスマモデルのizu(出岡美咲)が初登場するなど話題が豊富なイベントであった。

 中村アン、筧美和子、ラブリ、道端アンジェリカといった人気モデルも出演。さらに、美しいモデルだけでなく、イケメンの男性俳優陣も。多数の映画やドラマに出演し人気を集める斎藤工、2014年夏公開「クローズEXPLODE」主演の注目若手俳優東出昌大、及川光博なども登場し豪華なゲストが会場に華を添えた。MCは前回に引き続き谷原章介、さらにTBSアナウンサー出水麻衣、枡田絵理奈が加わった。

 DJ AiとVerbalのオープニングから始まった。長谷川潤のオープニングステージを務め、Ailee、BENI、E-girls、TRICERATOPS、Beat Buddy Boi、シークレットでTAKAHIROなどがライブを行った。タイやハワイからモデルが登場して、スペシャルステージを行い、国際色豊かな雰囲気があって、音楽ファンとファッションファンが、親密になるような感じすらしたショーだった。東京ランウェイは、DressCampなどが参加するファッションを中心にじっくり見るショーだ。オシャレな大人の観客が多い。イベントばかりが続くが、差別化が始まっているように見えた

【関連資料】
東京ランウェイ 2014 S/S【TOKYO RUNWAY 2014 SPRING/SUMMER】 2014.3.21(金・祝) @国立代々木 競技場 第一体育館
アジア最大級のガールズファッションショー 「東京ランウェイ 2014 SPRING/SUMMER」イケメン 俳優、豪華モデルやアーティストの出演が続々決定


【SOMARTA】耽美で優雅で繊細で、凛とした日本の美

  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本
  • ソマルタ【SOMARTA】日本


 日本を代表するSOMARTAのデザイナー、廣川玉枝氏(Tamae Hirokawa)が発信するテーマや洋服、靴、ヘアメイクは、2014年秋冬を大きく左右するほど影響力がある。そのSOMARTAが、【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO = MBFWT】に登場した。三十三間堂のようなボディが並ぶ雰囲気の中、朝靄がかかったような幻想的な世界が広がった。モデル達は、一様に中央で静止する姿は、凛とした日本の美を感じた。

 片方に流したロングヘアは、顔の半分を露出しているだけだ。プリント柄のタイツやストッキングは、SOMARTAの専売特許のように思えるほど、完成度が高い。ドレープをきかせたジャケット、コート、ワンピース。定規で引いたような鋭くエッジがきいたジャケットは、3枚重ねで、女性の強さを感じさせる。

 白のプリーツスカートに、オフホワイトの手編みのバルキーニットは芸術的な美しさがあった。美を追求するフォルムは、肉体を包む造形のように思えるほど、耽美で優雅で繊細だ。時代の先端を走り抜ける力強さを感じた。演出に懲り過ぎて失敗するデザイナーが多い中、洋服が演出を見事に上回ったショーだった。。

【関連資料】
メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO = MBFWT】
2014年3月18日 16:00~ 渋谷ヒカリエ Hikarie Hall A
ソマルタ【SOMARTA】日本


【beautiful people】60年代のビートルズの時代を髣髴とさせるスノッブなショー

  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
  • ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本


 メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京でビューティフル・ピープル【beautiful people】のコレクションが、bellesalle SHIBUYA GARDENのroomsLINK 会場で開催された。「私達の服に袖を通してもらうことで、お客様に、新しい刺激による思考の転換、日常に新たな視点、新たな価値観を提案し、社会生活を向上させる事が出来ればと考えています」と言うショーは、60年代のビートルズの時代を髣髴とさせるスノッブなショーであった。 br />
 「何か新しいもの」を求めているものの、トラッドやプレッピーなど英国の伝統を受け継いだシルエット、デザイン、素材などの質の良さを感じさせてくれた。ユニオンジャックをイメージしたステージでは、カバー曲を含め、ロンドンっぽい雰囲気のまま、終始一貫してライブ演奏の曲が流れていた。ブロックチェックのスリムパンツにマフラーそして、Wブレストのコートなどクラシック・アイテムなのに、新鮮に見えた。メンズ・レディースともにクラシックでピュアな印象だった。

【関連資料】
ビューティフル・ピープル【beautiful people】日本
メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO = MBFWT】


【Los Angeles Fashion Council】アクティブでファンクショナルなリアル・クロージング

  • ロサンゼルス・ファッション・カウンシル【Los Angeles Fashion Council】
  • ロサンゼルス・ファッション・カウンシル【Los Angeles Fashion Council】
  • ロサンゼルス・ファッション・カウンシル【Los Angeles Fashion Council】
  • ロサンゼルス・ファッション・カウンシル【Los Angeles Fashion Council】
  • ロサンゼルス・ファッション・カウンシル【Los Angeles Fashion Council】
  • ロサンゼルス・ファッション・カウンシル【Los Angeles Fashion Council】
  • ロサンゼルス・ファッション・カウンシル【Los Angeles Fashion Council】
  • ロサンゼルス・ファッション・カウンシル【Los Angeles Fashion Council】
  • ロサンゼルス・ファッション・カウンシル【Los Angeles Fashion Council】
  • ロサンゼルス・ファッション・カウンシル【Los Angeles Fashion Council】
  • ロサンゼルス・ファッション・カウンシル【Los Angeles Fashion Council】
  • ロサンゼルス・ファッション・カウンシル【Los Angeles Fashion Council】


 ロサンゼルス・ファッション・カウンシルが、【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO = MBFWT】でフロアショーを開催した。ロサンゼルス・ファッション・カウンシルは、LAを拠点に活動するデザイナーに、アメリカ国内及び外国で、デザインの披露やセールスをする機会を与え、教育そしてサポートを提供する場として2011年に設立された団体である。L.A.コレクションとして知られるシーズンプレゼンテーションを行い、ロスを拠点にする35のデザイナーと1年を通してアクティブに活動している。

 トレンド性よりも、アクティブでファンクショナルなリアル・クロージングに力を注いだショーであった。気さくで、フランクなスタッフやデザイナーとモデルたち。本来のモノ創りに必要なのは、変な緊張感やこだわりでなく、楽しく、美しいものを作る姿勢のように思えた。デザイナーとモデルが手をつなぎながらフィナーレを飾る姿は、フランクでアットホームな雰囲気があって、好感が持てるシーンだった。

【関連資料】
メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO = MBFWT】
ロサンゼルス・ファッション・カウンシル【Los Angeles Fashion Council】
Bohemian Society by Victor Wilde: コンテンポラリーメンズ & ウィメンズ / アパレル & アクセサリー

Katharine Kidd by Katharine Kidd: コンテンポラリーウィメンズ / アパレル
Linden by Jennifer Lynn: コンテンポラリーウィメンズ / アパレル
stella proseyn by Debbie Talanian: コンテンポラリーウィメンズ / アパレル
That's Totally Fine by Rosa La Grua: コンテンポラリーウィメンズ / ユニセックス アパレル
Together by Lily Chehrazi and Benedict Barrett: コンテンポラリーウィメンズ & ユニセックス / アパレル
Bijou Van Ness by Rehn Dudukgian: ウィメンズ ハット & ヘッドウェア


「SRETSIS」のショーを仲里依紗さんが観覧




 今日から「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京」が渋谷ヒカリエを中心に始まった。オープニングブランドの「SRETSIS」のショーを仲里依紗さんが観覧、ショーの終わりにデザイナーとフォトセッションを行った。姉妹を意味するSistersを逆さまから読んで名付けられたSretsisは、仲の良い3姉妹のファッションに対する情熱から、人々の心に深く印象付けるコレクションを発表し続けているという。仲里依紗さんのファッションについて、はにかみながらも、「何でも似合うスタイルだと思う」と誉め称えていた。



 仲里依紗さんは、SRETSISのショーについて聞かれ、「音楽とファッションが、芝居をしている目線から観ると、全体がパーフェクトで、ピュアな女の子に戻っているような気がして、ファンタジーなタイにいるような感じがしました」と感想を語った。また、ファッションについては、かかとが尖った部分が気に入っているようだった。仲里依紗さんが指摘するように、確かに日本人が忘れていたピュアなカワイさを感じるショーであった


【関連資料】

メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京【Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO = MBFWT】

SRETSIS

【YUMMY MART】「シンプル」「ミニ」「トレンド」の3つのライン展開の新感覚ショップ ヤミーマート

  • ヤミーマート【YUMMY MART】ショップ
  • ヤミーマート【YUMMY MART】ショップ
  • ヤミーマート【YUMMY MART】ショップ
  • ヤミーマート【YUMMY MART】ショップ
  • ヤミーマート【YUMMY MART】ショップ
  • ヤミーマート【YUMMY MART】ショップ
  • ヤミーマート【YUMMY MART】ショップ
  • ヤミーマート【YUMMY MART】ショップ
  • ヤミーマート【YUMMY MART】ショップ
  • ヤミーマート【YUMMY MART】ショップ


 下着をマートに行くような気軽さとお手頃さで体感できるヘルシーおしゃれな新感覚ショップ【YUMMY MART】がラフォーレ原宿にオープンした。「シンプル」「ミニ」「トレンド」の3つのライン展開で、どんな女の子でも好きになれる要素が詰まっている新感覚下着ショップは、スーパーマーケットのように気軽に買えるのが特徴だ。

 ぶら・パンティセットが1980円からと女の子が買いやすい価格になっている。下着だけでなく、ルームウェアや輸入菓子、アクセサリーなどの一緒に手に入ってしまうという優れもののショップだ。ビビッドからパステルまでカラーバリエーションが豊富なのも、洋服とのコーディネートに悩むことがなくなりそうだ。

 アメリカのようなポップでカワイイデザインも人気。さらに、餃子やパエリアなどのレシピ付きのタグがあり、コレクションしたくなりそうだ。新しいランジェリーショップは、女の子のハートをつかんで離さない魅力に満ちていた。男子も連れて行けるショップのひとつだ。

【関連資料】
ヤミーマート【YUMMY MART】ショップ

【Shibuya fashion week】「TEEN」「OL」「ミセス」をテーマにした3世代ファッションショー

  • 渋谷ファッションウイーク【Shibuya fashion week】SFW
  • 渋谷ファッションウイーク【Shibuya fashion week】SFW
  • 渋谷ファッションウイーク【Shibuya fashion week】SFW
  • 渋谷ファッションウイーク【Shibuya fashion week】SFW
  • 渋谷ファッションウイーク【Shibuya fashion week】SFW
  • 渋谷ファッションウイーク【Shibuya fashion week】SFW


 渋谷ファッションウイーク【Shibuya fashion week】の開催記念セレモニーが渋谷ハチ公広場特設ステージで3月14日(金)に開かれた。3世代ファッションショーは、、「TEEN」「OL」「ミセス」をテーマにした3名のモデルによるショーだ。今回のテーマは、『White ~白~』。これまで、各施設独自の"色"を出し合いながらさまざまなファッショントレンドを生み出してきた街、渋谷ならではの提案をしていくという。



 その渋谷を一度"真っ白な気持ち"で見つめ直し、キャンペーンを契機に各施設が手を組むことで、渋谷の新たな魅力を発信していきたいという想いを込めこのテーマを設定しましたそうだ。スタイリストの近藤亜子氏がトークショーに登場して、「今回初めての試みでやらせていただいたことを光栄に思います。今回のテーマカラーがホワイトということで、10代、20代、30代、そして40代までのホワイト・コーディネートを提案させていただきました」と語った。



 また、「渋谷という街は、ファッションの発祥の街で、いろんなスタイルの女の子たちがいて、若い男の子たちもたくさんいて、ファッションを求めて渋谷にいると思うのですけれど、みんなが楽しめていただけたらいいなとコーディネートさせていただきました」と述べた。大型商業施設12館が連携したイベントだけに、盛大なイベントとなる。ただ、若者文化に関しては、渋谷が大人化していることも事実で、原宿との格差が生まれている。10代を狙わず、20代後半から60代までの可処分所得の多い層にフォースする時期のような気がした。裾切りも大事かもしれない。



【関連資料】

渋谷ファッションウイーク【Shibuya fashion week】SFW

期間: 2014年3月10日(月)~23日(日)
開催場所: 渋谷駅周辺エリア各商業施設
参加店舗: 109MEN'S、cocoti SHIBUYA、SHIBUYA109、渋谷パルコ、 渋谷ヒカリエ 、渋谷マークシティ、
主催: 渋谷ファッションウイーク実行委員会
後援: 渋谷区、東京商工会議所渋谷支部、渋谷公園通商店街振興組合、渋谷センター商店街振興組合
近藤亜子オフィシャルブログ「WHAT A COLORFUL LIFE」

【Shibuya fashion week】3世代ファッションショー

「渋谷ファッションウイーク」 開催概要発表渋谷史上初、渋谷の大型商業施設が"ファッション"を通じて連携『White ~白~』をテーマに、合計12館が連携する大規模プロモーションの実施決定!

「渋谷ファッションウイーク」開催のお知らせ 渋谷史上初、渋谷の大型商業施設がファッションを通じて連携!




せきやゆりえワールド全開の限定ショップがオープン

  • せきやゆりえ
  • せきやゆりえ
  • せきやゆりえ
  • せきやゆりえ
  • せきやゆりえ
  • せきやゆりえ


 イラストレーターのせきやゆりえとWALL JOEによる限定ショップ「ハナミズツインズ」が、渋谷パルコパート1の1階にオープンした。3月14日(金)から4月3日(木)まで開催中。せきやゆりえさんの熱狂的なファンが連日、ショップを訪れている姿があった。似顔絵を書いてもらったことがあるという若い女性は、かわいいを連呼しながら、ぬいぐるみやお洋服を見て回っていた。

 新しい時代の幕開けのようにも感じたが、以前、内藤ルネさんと修善寺のショップで案内されたことを思い出した。お人形のコレクションが大好きなルネさんのイメージと重なってしまった。乙女に共通なかわいさは、永遠に不滅だと。どのキャラクターも命があるように、動きそうだった。イラストを壁面にフリーハンドで描いている姿は、大物アーチストの風格を感じた。

【関連資料】
せきやゆりえ


MBFWT Designers' Cocktail Runway 参加デザイナーのオリジナルカクテルが飲める

  • メルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京【Mercedes-Benz FashionWeek TOKYO=MBFWT】MBFWT
  • メルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京【Mercedes-Benz FashionWeek TOKYO=MBFWT】MBFWT
  • メルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京【Mercedes-Benz FashionWeek TOKYO=MBFWT】MBFWT
  • メルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京【Mercedes-Benz FashionWeek TOKYO=MBFWT】MBFWT
  • メルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京【Mercedes-Benz FashionWeek TOKYO=MBFWT】MBFWT
  • メルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京【Mercedes-Benz FashionWeek TOKYO=MBFWT】MBFWT
  • メルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京【Mercedes-Benz FashionWeek TOKYO=MBFWT】MBFWT
  • メルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京【Mercedes-Benz FashionWeek TOKYO=MBFWT】MBFWT
  • メルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京【Mercedes-Benz FashionWeek TOKYO=MBFWT】MBFWT


 メルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京 2014-15A/W に参加するデザイナーが、春からインスパイヤ―されるイメージを、オリジナルのカクテルとして発表しする「MBFWT Designers' Cocktail Runway vol.3」が3月13日(木)から3月26日(水)まで開催される。それに先立って、3月11日(火)試飲会が渋谷ヒカリエの「Cafe & Grill SIZZLe GAZZLe(カフェ&グリル シズルガズル)」で行われた。

 期間中は、渋谷ヒカリエ内のカフェ&レストランフロア7店舗とメルセデスベンツコネクションで、世界No1ラムブランドの「Bacardi(バカルディ)」と世界No.1プレミアムジンブランドの「Bombay Sapphire(ボンベイ・サファイア)」などバカルディブランドを使用した公式オリジナルカクテルが提供される。参加デザイナー自身がイメージを出し、バーテンダーとともに創りあげたオリジナル・カクテルは、限定14日間だけの夢のコラボ作品だ。

 華やかなカクテルの饗宴としてコレクションの前後に、ヨーロッパのように食前酒、食後酒を楽しむようにお気に入りのデザイナーのカクテルを楽しむながら、おしゃれトークをして欲しいという願いから始まったという。alice auaa(アリスアウアア)、JOTARO SAITO(斉藤 上太郎)、CUNE、YUMA KOSHINO(小篠ゆま)の計4ブランドと主催者のMBFWTのオリジナルカクテルが加わり、5つのカクテルが楽しめる。期間中にこのオリジナルカクテルをオーダーすると、抽選で参加ブランドのオリジナル商品が当たるプレゼント企画も実施されている。中でも、第一回から参加している「alice auaa」のカクテルは、人気があるという。

 見た目より甘くなく、昨年までは一杯だけでも酔うくらいアルコールが強かったが、今年は、2~3杯は飲めるくらいになっているそうだ。試飲会なのに、飲めなかったことを後悔している。試飲した記者から、ボンベイ・サファイアとトニック、ソーダの口当たりのよいカクテルがおいしかったと感想を聞いた。何杯でも飲めるのも問題があるが、アルコールは、開放感も出て、会話しやすい環境にしてくれる。




ヨーロッパの友達といると、演劇やライブ、ショーの前に、決まってバーに立ち寄ってカクテルやアルコールを飲む。かなり強い酒をちびちび飲みながら、演劇論や文化論を語り会う。それによって、真剣にショーの本質を見抜こうとする。終わった後に、食事そして、その後、もっと強い酒を一杯飲む。そして、思い出しながら会話をする。ファッションショーの後にゆっくりと友達同士やレストランで知り合った人たちを語り合う姿が見れるかも。みなさんも800円から1000円とリーズナブルなので、ぜひカフェ&レストランフロアに立ち寄って、ファッショントークで盛り上げてください。






【関連資料】

渋谷ヒカリエ

販売期間 2014年3月13日(木)~3月3月26日(水)
時間 渋谷ヒカリエ 6F(11:00~23:00)、渋谷ヒカリエ 7F(11:00~23:30 / 日曜日のみ23:00) 、
11F(11:00~24:00)、Mercedes-Benz Connection(11:00~23:00)
6階 / CAPRICCI、京定食 あかつき、うなぎ 徳
7階 / Côte de Rouge Rôti、FLOWERS Common、Cafe&Grill SIZZLe GAZZLe
11階 / THE THEATRE TABLE
Mercedes-Benz Connection
バカルディ ジャパン【BACARDI JAPAN】

メルセデス・ベンツファッション・ウィーク東京【Mercedes-Benz FashionWeek TOKYO=MBFWT】MBFWT



【CONOMi】リアル JC・JK が選んだ「今最も着たい制服」を発表

  • このみ【CONOMi】
  • このみ【CONOMi】
  • このみ【CONOMi】
  • このみ【CONOMi】
  • このみ【CONOMi】
  • このみ【CONOMi】
  • このみ【CONOMi】
  • このみ【CONOMi】
  • このみ【CONOMi】
  • このみ【CONOMi】


 制服メーカーのCONOMiが、人気投票による制服ファッションショーを東京・青山で2014 年3月7日(金)に開催した。制服専門店 CONOMi の店頭及び WEB サイトのお客様が、種類豊富なチェックスカートから、今最も履いてみたいスカートを投票。選ばれたスカートを使用した制服コーディネートを「CONOMi 制服コンテスト受賞モデル」がファッションショー形式で、ランキング順に発表した。

 厳正な審査の結果、グランプリ・準グランプリ・優秀賞が決定したという。女子では、玉木瑛美さん。男子では澤畠流星さんがグランプリに選ればれた。受賞者は、CONOMiカタログモデルやwebモデルとして活躍するのをはじめ展示会のモデルスタッフとして活躍の場を与えられるという。

 中高生に大人気の「CONOMi ブランド制服コレクション 2014」では、白のパイピングのエンブレム付きの金ボタン・ジャケットに、チェックのプリーツスカートの制服がグランプリを獲得した。制服は、限られたアイテム、デザイン、素材の中から最高のものを選ぶ楽しさがある。そして、清楚で勉学に励みたくなる要素も必要だ。高校生のモデルさんは、みんな目がキラキラと輝いていたのが印象的だった。いつまでも、制服の学校があり続けてくれることを祈ってしまうほど感度の高さを感じた。

【関連資料】
このみ【CONOMi】
第1回制服女子&男子コンテスト【Girls & Boys Seifuku Award】
CONOMi presents Girls & Boys seifuku Award
制服ブランドのCONOMiが送る制服女子&男子コンテスト。

【Salon de Balcony】クラシックな中に、スーパーモダンが加わった新感覚のサロン ド バルコニーが渋谷パルコにオープン。

  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】
  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】
  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】
  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】
  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】
  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】
  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】
  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】


 3月8日(土)に渋谷パルコ パート1 2顔に【Salon de Balcony】の新しいフラッグシップショップがオープンする。昨年末に思い入れの深い代官山本店をクローズし、約3ヶ月が経ち、2014夏シーズンより新たなコンセプトに変更して、より大人の女性に愛されるブランド・ショップとして誕生する。3月7日(金)にレセプションパーティが行われた。

 ショップは、心地よい上質な時間と空間を提供できるサロンのような雰囲気で、都会的でモダンな内装になっていた。アンティーク感覚のあるデザインは、残しつつもエレガントさと大人感覚が加わって洗練されていた。クラシックな中に、スーパーモダンが加わった新感覚なクロージングが展開されていた。パリの日常的な生活のような気がした。

【関連資料】
サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】
渋谷PARCO


【Avan Lily】自由でリラックスできるミックススタイルを提案したアヴァンリリィ

  • アヴァンリリィ【Avan Lily】日本
  • アヴァンリリィ【Avan Lily】日本
  • アヴァンリリィ【Avan Lily】日本
  • アヴァンリリィ【Avan Lily】日本
  • アヴァンリリィ【Avan Lily】日本
  • アヴァンリリィ【Avan Lily】日本
  • アヴァンリリィ【Avan Lily】日本
  • アヴァンリリィ【Avan Lily】日本


 第18回 東京ガールズコレクション 2014 SPRING/SUMMERで、型にはまらない、自由でリラックスできるミックススタイルを提案する【Avan Lily】が、コンフォートシューズのPONIC&Co.とのコラボで登場した。プロデューサーの木下優樹菜(Yukina Kinoshita)によるエネルギッシュで遊び心ある新時代のファッションアイコンブランドである。



 サックスブルーにピンクの花柄プリントのオフショルダーのドレス。ギンガムチェックのブラウジング・ブラウスとショートパンツのセットアップ。白のカットオフのショートパンチとピンクのチューブトップに、ストライプのシャツ。ブラジャーがプリントされたジョークTシャツにメッシュギャザースカート。

 パーム柄プリントのクロップドパンツとジップアップのビスチェのセットアップ。グリーンの英字ロゴプリントのフィット&フレアのワンピースとジグザグジャガードのカーディガン。ジャガードのミニタイトスカートとニットビスチェにスタジアムジャンパー。マルチカラーのジャガードのタイとスカートとノースリーブのセットアップ。

 ベーシックなデザインが多いからこそ、光沢感のあるリボン結びのヘッドドレスや尖ったブレスレットなどのアクセサリーを使って、トレンドを発信していた。素人でもすぐに使えそうなリアルコーディネートだ。ある意味、ファッション講座のような雰囲気がするショーであった。おしゃれの真髄を教えてくれたブランドである。

【関連資料】
アヴァンリリィ【Avan Lily】日本
PONIC&Co.
機能性・圧倒的な存在感は一度味わったら 二度と手放せません。コンフォートシューズでありながら日常の重要なファッションアイテムとして十二分に威力を発揮します。 ★第18回 東京ガールズコレクション 2014 SPRING/SUMMER【TOKYO GIRLS COLLECTION by Girlswalker.com 2014 SPRING/SUMMER】


【actus color's】モデルがトランクキャリーやハードキャリーを引いて登場

  • アクタスカラーズ【actus color's】
  • アクタスカラーズ【actus color's】
  • アクタスカラーズ【actus color's】
  • アクタスカラーズ【actus color's】
  • アクタスカラーズ【actus color's】
  • アクタスカラーズ【actus color's】
  • アクタスカラーズ【actus color's】


 『第18回 東京ガールズコレクション 2014 SPRING/SUMMER』で常連となっている【actus color's】は、トランクキャリーやハードキャリーを引いて登場するモデルが旅行に行くシーンをイメージしている。ラグジュアリー感たっぷりのぺイズリー調プリントのマーメイドラインのマキシドレスにオレンジ色のトランクキャリーがモロッコ旅行をイメージさせる。

 女流帽にレモンイエローのプリンセスラインのオフショルダーのドレスは、単身のパリ旅行。コバルトブルーのサブリナパンツに白のぺプラムのビスチェは、カリブリゾート。サングラスにバティック調プリントのミニドレスは、バリ旅行に向いている。白のキャミソールワンピースは、ゴージャスなアクセサリーと白のトランクキャリーで高級利ソート地。など旅行鞄を持つだけで、世界旅行気分になる。

【関連資料】
アクタスカラーズ【actus color's】
第18回 東京ガールズコレクション 2014 SPRING/SUMMER【TOKYO GIRLS COLLECTION by Girlswalker.com 2014 SPRING/SUMMER】


【TGC by Girlswalker.com 2014 SPRING/SUMMER】ゴージャスなピーチジョンの世界

  • ピーチジョン【PEACH JOHN】日本
  • ピーチジョン【PEACH JOHN】日本
  • ピーチジョン【PEACH JOHN】日本
  • ピーチジョン【PEACH JOHN】日本
  • ピーチジョン【PEACH JOHN】日本
  • ピーチジョン【PEACH JOHN】日本
  • ピーチジョン【PEACH JOHN】日本
  • ピーチジョン【PEACH JOHN】日本


 『第18回 東京ガールズコレクション 2014 SPRING/SUMMER』で脚光を浴びたのが、元気・ハッピー・Sexyをコンセプトとしたキュートなランジェリーが勢揃いしたピーチジョン【PEACH JOHN】だった。バストを美しく演出する機能派ブラから、着るだけで楽しくなりそうなルームウェアまで展開したゴージャスなショーだった。まるで、アメリカ本国で行われている「ヴィクトリアズ・シークレット」のような華やかさがあった。

 下着を超えたドレスやルームウェアは、女の子を夢の世界に誘うように、華麗でデコラティブであった。ローラが着たフレンチカンカンのようなクリノリンススタイルに似たドレスは、お花のモチーフがちりばめられていてゴージャスそのものだった。髪飾りやリボンテープなど、マリーアントワネットをイメージさせる美しさがあった。




【関連資料】

第18回 東京ガールズコレクション 2014 SPRING/SUMMER【TOKYO GIRLS COLLECTION by Girlswalker.com 2014 SPRING/SUMMER】

ピーチジョン【PEACH JOHN】日本




【EMODA】大人女性のためのセクシーでミニマムなアイテムがいっぱい。

  • エモダ【EMODA】日本
  • エモダ【EMODA】日本
  • エモダ【EMODA】日本
  • エモダ【EMODA】日本
  • エモダ【EMODA】日本
  • エモダ【EMODA】日本


  『第18回 東京ガールズコレクション 2014 SPRING/SUMMER』で「MODE=トレンドの発信」を軸に女性の「オシャレを楽しみたい」に答えられるハイセンスでリアルクローズなブランド【EMODA】がトップで登場した。強さの中にも女らしさのあるスタイリングを提案 する大人女性のためのセクシーでミニマムだ。

 白地に花柄プリントのショートパンツとブラトップにハイヒール。ハイニックのノースリーブに花柄プリントのサスペンダー付きのハーフパンツ。花柄プリントのスキニーパンツにオフショルダーのへそだしのブラウス。オフショルダーのブラックミニドレスに、ラバンダーのハイヒール。

 白のハイヒールにニーハイのホワイトストッキングに白のミニタイトとフロントオープンのチューブトップとのセットアップとジージャン。白のハイウエストで膝丈のフレアスカートと黒のオフショルダーの七分袖のブラウス。ネックのリボンテープが上品だ。透けたナイロン製のソックスがハイヒールとマッチしていた。着やすく、コーディネートしやすい印象を受けたショーだった。

【関連資料】
エモダ【EMODA】日本
第18回 東京ガールズコレクション 2014 SPRING/SUMMER【TOKYO GIRLS COLLECTION by Girlswalker.com 2014 SPRING/SUMMER】


【THE POP by JUN】明るいポップカラーのメゾン キツネが登場。

  • THE POP by JUN(ザ ポップ バイ ジュン)
  • THE POP by JUN(ザ ポップ バイ ジュン)
  • THE POP by JUN(ザ ポップ バイ ジュン)
  • THE POP by JUN(ザ ポップ バイ ジュン)
  • THE POP by JUN(ザ ポップ バイ ジュン)
  • THE POP by JUN(ザ ポップ バイ ジュン)
  • THE POP by JUN(ザ ポップ バイ ジュン)
  • THE POP by JUN(ザ ポップ バイ ジュン)
  • THE POP by JUN(ザ ポップ バイ ジュン)


 株式会社ルミネが横浜駅西口の期間限定の新施設『西口ルミネ』で、物販6店とシーズンショップ1店(物販区画)を2014年3月1日(土)にオープンする。横浜駅西口の元駅ビルの跡地において、新しいビルの新築工事に着工するまでの間、「We♡YOKOHAMA~地元を愛する人が集い、街を盛り上げるステージ~」をコンセプトにした期間限定施設『西口ルミネ』を開発、店舗展開した。横浜という街をより盛り上げるため、休日にカップルやファミリー層などで来店できるような場所にしたい、との思いから、リラックス感・カジュアル感を重視した6 ショップをラインナップしたという。




 約 3 ヶ月ごとに取り扱うブランドを変更していく、JUNプロデュースのユニークなショップ「THE POP by JUN(ザ ポップ バイ ジュン)」には、第一弾として、パリを拠点に様々な分野で活動を行う、ジルダ・ロアエックと黒木理也によるブランド「MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)」が登場する。ルミネ限定の白Tシャツなどのほか、ジージャンや明るいポップカラーのカジュアルアイテムが豊富に展開される。キャップやデニムなどパリジャンやパリジェンヌのような雰囲気にハマっ子が夢中になりそうだ。3ヶ月限定なのでお早めに。




【関連資料】

ルミネ横浜店

【西口ルミネ】新業態の「THE POP by JUN」などライフスタイル提案型ショップが多数出店!

ジュングループから新感覚のコンセプトストア「THE POP by JUN(ザ ポップ バイ ジュン)」が誕生!

【「THE POP by JUN」取り扱いブランド】
■Part.1:MAISON KITSUNÉ
■Part.2:SATURDAYS SURF NYC
■Part.3:Ex-Libris by Olympia Le-Tan

メゾン キツネ【MAISON KITSUNÉ】




アーカイブ