Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

武智志穂、田中里奈、青柳文子、三戸なつみ、柴田紗希、中田絵里奈などがハイタッチで盛り上げたmer fes.(メルフェス)2014

  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」
  • ファッション誌「mer(メル)」


 ファッション誌「mer(メル)」が、8月31日(日)都内でで女子限定のおしゃれイベント「mer fes.(メルフェス)2014」を開催された。ファッションショー、アーティストライブ、トークショー、ブース販売など盛りだくさんのコンテンツが用意され、「mer(メル)」と武智志穂、田中里奈。青柳文子、三戸なつみ、柴田紗希、中田絵里奈などの青文字系モデルの幅広いファンが大集合した。人気モデルによる「夢」をテーマにしたトークショーも開催された。ステージとお客さんとの距離が近いのも特徴だ。ハイタッチのできる手に触れる距離がモデルとファンの心や気持ちを共有させていた。最終のフィナーレ前のクロージングのショーは、思い思いのウォーキングで、読者でもありファンでもある観客に自由なパフォーマンスを披露していた。

 ファッションショーというよりもファンミーティングのような熱いステージと会場の関係は、ほどよい距離感と心地よい親近感の上で成り立っている。そこには、同性である点や私も読者モデルになれそうという憧れや夢の世界が、近くにあるように見えた。いざ、仕事となれば、時間も食べ物も制限される。自然の中でのロケも過酷で辛い。それでも、めいっぱいの笑顔でいられる人しか生き残れない。ステージにいた彼女たちは、多くのファンの応援に支えられながら、雑誌モデルという仕事をこなしていた。会場にいたみんなも、明日はこのステージの上にいるような気もする。読モだというステージを憧れのまなざしで見ていた少女がいた。きっと、君も来年はステージの上にいるかもしれない。

【関連資料】
ファッション誌「mer(メル)」

カルチャーイベント「mer fes.(メルフェス)2014」に青文字系モデルと1200人の女子が大集合




YSL Beautyサロンでモデルの植野有砂とソンイが美しくなる瞬間

  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL
  • Le salon de pink by YSL


 イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)が、2014年8月30日(土)に、銀座マキシム・ド・パリで、1日限定のYSL Beautyサロン「Le salon de pink by YSL」をオープンした。FIG&VIPERクリエイティブディレクターでモデルの植野有砂さんと、ファッション誌{BLENDA」などで活躍中のソンイさんをモデルに迎えたメイクアップショーが開催され、多数のファッショニスタや女性達がつめかけた。ブランドを代表する世紀のロングセラー「ラディアント タッチ」から、ピンクに染まるベースメイクシリーズ「ルミエール パッション」の発売を記念したこともあり、ピンクに染まる本場さながらのパリの夜をイメージした会場では、日本の女性がパリジェンヌのように、自分らしく美しく輝きを見せていた。

 入場無料だが、商品の販売は行っていなかった。「ルミエール パッション」の新製品を自由に試せるだけでなく、プロのメイクアップアーティストによるメイクアップサービスを実施していた。人気のファンデーション 「タン ラディアント タッチ」や色気を演出する9月12日限定発売の「ラディアント タッチ オーローズ」などを使用し、つややかで女性らしい「美人の色気」を作るベースメイクを伝授した。

 YVES SAINT LAURENT独自のメソッドによる顔立ちに合わせた「色気肌」の作り方などを紹介する新しいスタイルのメイクアップショーが行われた。メイクアップアーティストさんが、「光を味方につけるメイク」という言葉に個人的にも仲が良いという植野有砂さんとソンイさんは、すぐに反応していた。正三角形のキュートな顔と言われた植野有砂さんは、色気をもっと出しても可愛いと言われ、美人で色っぽさが自然な顔立ちのソンイさんは、色気が自然に出しやすいと言われ、うなずいていたのが印象的だった

 Facebook,TwitterInstagram,BlogなどのSNSに、イベントの情報や写真を「#ピンクのラディ」と加え、投稿すると、豪華な景品が当たるラッキードローという参加型の企画もあり、盛り上がっていた。メイクすることで、顔色や顔立ちが変わるだけでなく、生き方や考え方まで変化することを実感したイベントだった。すべての女性が美しくなることに積極的になってほしいという願いが込められたイベントだった。





【関連資料】

ウエノ・アリサ【植野有砂 Alisa Ueno】モデル

ソンイ【SUN WEI】モデル

ルミエール パッション【Lumiere Passion】

Le salon de pink by YSL

1日限りのYSL Beautyサロンで植野有砂とソンイがメイクアップショー




【オールドネイビー】ホリデーコレクションで古き良きアメリカを再現

  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ
  • オールドネイビー【Old Navy】アメリカ


 ワクワクする楽しさとファッションが融合したアメリカン・ブランド【オールドネイビー】のOLD NAVY 2014 HOLIDAY COLLECTION PARTYが、8月28日にBA-TSU ART GALLERYで開催された。オールドネイビーには、5つのコンセプトがあるという。1)ファッション、2)ファン、3)バリュー、4)アメリカン、5)ファミリーだ。その中でアパレルに珍しく、オールドネイビーにしかないFUNを直に体験することが出来る「ホリデーコレクション」を提案したという。

 確かに、写真撮影のフォト用の足型とカメラのアイコンがフロアに書かれていたり、洋服のピンナップやコラージュなど、立体感のある演出は愉快で楽しめる。「ファッションは楽しさを生み、また楽しさはファッションを創る」(Fashion made Fun,Fun made Fashion)という言葉は、心に沁みた。友人、家族と一緒に過ごすホリデーは、アメリカ人だけでなく、我々日本人にも大切なひとときだ。ワクワクする楽しさは、万国共通のものだ。

 オールドネイビーは、古き良きアメリカを再現していた。自然災害が急増したり、先行きが不透明な社会だからこそ、時間がある限り、友達や家族と過ごすことが大切だ。オールドネイビーの説明文には、「一緒」という言葉が数多く登場する。英語のTogetherという言葉は、共同で、連携して、連帯でという意味がある。コンセプトに世界平和の哲学を垣間見た展示会であった。

【関連資料】
オールドネイビー【Old Navy】アメリカ


AKB48の木﨑ゆりあ、柏木由紀が登場が日本赤十字社のボランティア活動の参加を訴える。

  • 日本赤十字社【Japanese Red Cross Society】
  • 日本赤十字社【Japanese Red Cross Society】
  • 日本赤十字社【Japanese Red Cross Society】
  • 日本赤十字社【Japanese Red Cross Society】
  • 日本赤十字社【Japanese Red Cross Society】
  • 日本赤十字社【Japanese Red Cross Society】
  • 日本赤十字社【Japanese Red Cross Society】
  • 日本赤十字社【Japanese Red Cross Society】
  • 日本赤十字社【Japanese Red Cross Society】
  • 日本赤十字社【Japanese Red Cross Society】


 AKB48の柏木由紀、木﨑ゆりあが上智大学の学生と共にボランティア参加を呼びかけ、新CM・新ポスターが披露された。日本赤十字社は、若い世代を中心とした多くの人々に、赤十字のボランティア活動・救急法講習会などへの参加を呼び掛けるためのキャンペーン 「JOIN!赤十字は、あなたの力を待っている。」のスタートに合わせて、記者発表会を8月28日(木)、上智大学四谷キャンパスにて実施した。

 このキャンペーンは、平成23年度から実施しており、キャンペーンのオフィシャルメッセンジャーとして"AKB48グループ"を起用し展開している。本年度は、これまでに参加したメンバーに加え、AKB48グループの柏木由紀と木﨑ゆりあが新たに参加。二人が出演した、CMやポスター、WEBの展開を中心に、キャンペーンを実施する。また、記者発表会が、若者のボランティア育成を目的に共同宣言(ボランティア・パートナーシップ・アグリーメント」)の調印を上智大学四谷キャンパスで実施した。

 日本赤十字社が行うボランティア活動への若者の参加を呼び掛けるための一環だ。上智大学の学長、早下隆士学長は、挨拶で"Men and Women for Others, with Others"「他者のために、他者ととも生きる」の上智大学の建学精神を取り上げ、ボランティ活動の重要性を語った。また、「人を望ましい人間へと高める最上の叡智」が上智の意味だとも解説しした。柏木由紀は、「ボランティアは、簡単に出来て、恥ずかしがらずに参加していただきたい」と加えた。

 赤のTシャツにブロークンジーンズ、白のベルクロのハイカットのスニーカーを着た柏木由紀と木﨑ゆりあは、終始笑顔で、ボランティア活動や心臓の働きを戻すための医療機器「AED(エー・イー・ディ)」の話をしていた。駅や事務所にも設置されているというAEDの使い方を知らない人が多いのも事実だ。

 また、日本赤十字社は、広島県大雨災害義援金、京都府・兵庫県丹波市豪雨災害義援金、徳島県台風11号12号災害義援金、ガザ人道危機義援金、南アフリカ エボラ出血熱救済事業義援金など日本だけでなく、世界中で起こっている災害や危機に対して寄付を募っている。ホームページ等で確認していただければ幸いです。

【関連資料】


日本赤十字社【Japanese Red Cross Society】

柏木由紀

木﨑ゆりあ

AKB48グループメンバーによるボランティア・講習会参加の様子

上智大学【Sophia University】

AKB48 柏木由紀、木﨑ゆりあ が上智大学に登場!「JOIN!赤十字は、あなたの力を待っている。」キャンペーン記者発表会開催!




第33回浅草サンバカーニバル 陽気なサンバのリズムにのった華麗な美女たち

  • 第33回浅草サンバカーニバル 陽気なサンバのリズムにのった華麗な美女たち
  • 第33回浅草サンバカーニバル 陽気なサンバのリズムにのった華麗な美女たち
  • 第33回浅草サンバカーニバル 陽気なサンバのリズムにのった華麗な美女たち
  • 第33回浅草サンバカーニバル 陽気なサンバのリズムにのった華麗な美女たち
  • 第33回浅草サンバカーニバル 陽気なサンバのリズムにのった華麗な美女たち
  • 第33回浅草サンバカーニバル 陽気なサンバのリズムにのった華麗な美女たち
  • 第33回浅草サンバカーニバル 陽気なサンバのリズムにのった華麗な美女たち
  • 第33回浅草サンバカーニバル 陽気なサンバのリズムにのった華麗な美女たち
  • 第33回浅草サンバカーニバル 陽気なサンバのリズムにのった華麗な美女たち
  • 第33回浅草サンバカーニバル 陽気なサンバのリズムにのった華麗な美女たち
  • 第33回浅草サンバカーニバル 陽気なサンバのリズムにのった華麗な美女たち
  • 第33回浅草サンバカーニバル 陽気なサンバのリズムにのった華麗な美女たち


 8月23日に小雨の中で、16チームが参加し、来場者数約49万5,000人という巨大なお祭り「第33回浅草サンバカーニバル(Asakusa Samba Carnival)」が開催された。サンバの陽気な音楽に合わせ、ダンサーが登場するごとに、沿道を埋め尽くした観客からどよめきや、声援が飛び交う光景は、ブラジルのリオデジャネイロにいるような雰囲気がある。

 ただのパレードではなく、16チームが競い合う真剣勝負のコンテストである点も華やかさが倍増しているという。パレードコンテストは、1)テーマの表現、2)躍動感、3)衣装、4)演奏、5)ダンス、5)総合評価が審査基準だという。日本在住のブラジル人向けの放送局IPCの美人アナウンサーは、積極的に観客にインタビューをしていた。アンカー自らが、取材する姿にも感動した。

 衣装は、豪華な装飾を施したビキニ、ヘア飾りのカベーサ(Cabeza)や背中につける羽根の背負子(コステイロ)、光沢素材を使ったサンバサンダル、首飾り、手飾り、足飾りなどのトータルコーディネートによって見栄えが違う。特に、ブラジル人の着ていた衣装は、ゴージャスでエレガントで、セクシーだ。ほとんどのチームの練習場に足を運び、知り合いになってしまったというサンバカーニバルのマニアの男性カメラマンは、誰よりもサンバダンスの魅力を知っているようだ。参加者のすべての人達が笑顔で通過していくのが印象的だった。

【関連資料】
第33回浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】

浅草サンバカーニバルは、下町の笑顔がいっぱいの野外フェスティバル

  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
  • 浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】


 8月23日に行われた「第33回浅草サンバカーニバル(Asakusa Samba Carnival)」は、雨が降る中、オープニング行進に、下町育ちのシンガーソングライターでタレントのなぎら健壱(なぎらけんいち) が、沿道を埋め尽くした観客の声援を受けて登場した。サンバのリズムに合わせて16チームが思い思いのスタイルで登場した。札束を何個もおもちゃ代わりにかざす紳士は、金欲社会を風刺していた。

 ベビーカーで参加する主婦もいてほがらかな雰囲気を醸し出していた。上半身裸の少年は、奴隷時代の雰囲気があり、サンバのリズムが劣悪な環境から這い上がらせてくれたように思えるほどだ。コスプレや仮装行列、よさこいとのミックスのようだが、メイドインジャパンの底力でカーニバルを盛り上げていた。なんといっても、ヘビニキ、タンボリン、アゴゴ、アピート、シュカーリョ、カバミニーニョ、パンディロ、スルド、カイシャなどのサンバ楽器が使われている。だから、それらしくなる。これが最も重要だ。

 そして、サンバダンスは、単に腰を振るだけでなく、笑顔を観客にふりまくことが最重要ポイントのようだ。貧富の差が激しいブラジルでは、観客と演者が一体化することで、厳しい現実を忘れられる。日本も格差社会に突入した。とりあえず、楽しい一日を過ごせた。古代ローマでは、権力者から無償で与えられる「パン(=食糧)」と「サーカス(=娯楽)」によって、ローマ市民が政治的盲目におかれたという。日本は、まだパンは無償で与えられないから大丈夫だが。それほど、悦楽にひたるカーニバルである。

【関連資料】
浅草サンバカーニバル【Asakusa Samba Carnival】
なぎら健壱(なぎらけんいち)


EXILEのTAKAHIROが登場したCM発表会にミランダ・カーでなく300名の女性が集結

  • サマンサキングズ【SAMANTHA KINGZ】
  • サマンサキングズ【SAMANTHA KINGZ】
  • サマンサキングズ【SAMANTHA KINGZ】
  • サマンサキングズ【SAMANTHA KINGZ】
  • サマンサキングズ【SAMANTHA KINGZ】
  • サマンサキングズ【SAMANTHA KINGZ】
  • サマンサキングズ【SAMANTHA KINGZ】
  • サマンサキングズ【SAMANTHA KINGZ】


 サマンサタバサのミランダ・カーとEXILEのTAKAHIROが共演するアツアツのテレビCMが8月22日(金)より全国放映されている。世界のトップモデル ミランダ・カーは来日していなかったが、8月21日に今回のテレビCMの撮影が行われたロケ地である「東京スカイツリータウン」の足下で、日本のトップダンス&ヴォーカルグループ EXILEのTAKAHIROが登場した。

 二人が共演する人気TV-CM『Samantha Thavasa meets SAMANTHA KINGZ ~カバンの中に、恋をおひとつ。~』の続編で、本年春夏の「出会い篇」「恋篇」に続き、"愛"をテーマに繰り広げられるストーリー。日本で一番高い夜景の見える場所で二人が"再会"するという、秋冬に相応しいロマンチックな内容となっている。メンズバッグブランド「サマンサキングズ【SAMANTHA KINGZ】」の「ブレイン」を持ちながら登場したTAKAHIROは、サマンサタバサの顧客で彼のファンでもある300名の前で、書道八段の腕前を披露した。「美乱抱」と書かれた色紙には、「美しい人を乱れるほど抱きたい。下ネタじゃありません」と照れ笑いしながら語った。当然だが、ミランダと読む。

 また、イベントでは、ミランダ着用の「レディアゼル バイカラー」が抽選で当たったファンに手渡されたり、TAKAHIROとのツーショット撮影などが行われた。撮影した写真をチェックしていて感じたが、イケメンはどう撮ってもきれいに撮れてしまうことだ。また、メディアも女性記者だけでなく、女性カメラマンが多かった気がした。それだけ、美しい男には、女性が群がるものだと思った。CM撮影の後に作詞したという「抱きしめたい」は、CM曲として公開されている。

 芥川賞作家である阿部和重と川上未映子の夫婦リレーでウェブ連載されているオリジナル恋愛小説『カバンの中に、恋をおひとつ。』も新しい活字プロモーションの一つとして注目されている。サマンサタバサのプロモーション手法は、メディア・ミックスの時代から、コンテンツ・ミックスの時代に大きく変化することを暗示していた。英語をしゃべるのが前提で、何を話すかという内容重視の時代になりそうだ。

【関連資料】
サマンサタバサ【Samantha Thavasa】

サマンサキングズ【SAMANTHA KINGZ】

オリジナル恋愛小説『カバンの中に、恋をおひとつ。』

TAKAHIRO(from EXILE)

ミランダ・カーとEXILE TAKAHIROが共演する、注目CMの続編がついに完成! TAKAHIROのサマンサキングスを持ちながら登場。



映画「ジェラシー」とコラボしたサロン ド バルコニーのシックなアイテムはセクシーさがある。

  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】日本
  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】日本
  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】日本
  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】日本
  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】日本
  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】日本
  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】日本
  • サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】日本


 8月20日(水)・21日(木)の両日、東京・渋谷のマッシュライフラボのプレスルームで『Salon de Balcony』、『Balcony and Bed』と今季よりブランドリニューアルとなる『FUR FUR』の3ブランドの2014AW-2nd EXHIBITIONが開催された。今冬の『Salon de Balcony』は、フランス映画の名匠フィリップ・ガレルの最新作である「LA JALOUSIE」とのコラボレーションアイテムを中心に、この映画をイメージして生まれた様々なアイテムを展開していた。

 『シャネル&ストラヴィンスキー』でココ・シャネル役 を演じたアナ・ムグラリス(Anna Mouglalis)とジェ ーン・バーキンと共演して一躍有名になったルイ・ガレル(Louis Garrel)が演じるモノクロの美しい映像のフランス恋愛映画「LA JALOUSIE」のイメージを感じさせるモノトーンのアイテムは、フランスそのものだ。デザイナーの野口アヤさんもここ数年パリでショートムービーなどを制作して、パリっぽい作品が増えているという。

 特に、シネマっぽいレッドカーペットが敷かれた展示スペースに、目の覚めるようなロイヤルブルーのハットとコートがあった。洗練されたデザインとシルエットは、セクシーでシックなパリジェンヌの日常生活を感じさせてくれた。また、華やかなパーティ気分を味わえるドレスや小物も多く、モダニズムとスノッブなエッセンスを感じた。今までにないパリのエスプリが表現された展示会であった。

【関連資料】
サロン ド バルコニー【Salon de Balcony】日本
La Jalousie(ジェラシー)


アンレリッシュの関東1号店となる新店舗がルミネエスト新宿にオープン

  • アンレリッシュ【Unrelish】日本
  • アンレリッシュ【Unrelish】日本
  • アンレリッシュ【Unrelish】日本
  • アンレリッシュ【Unrelish】日本
  • アンレリッシュ【Unrelish】日本
  • アンレリッシュ【Unrelish】日本
  • アンレリッシュ【Unrelish】日本
  • アンレリッシュ【Unrelish】日本


 毎日を自分らしく楽しむLIFE STYLEを提案するブランド「アンレリッシュ【Unrelish】の、関東1号店となる新店舗が、2014年8月23日(土)ルミネエスト新宿 B2に開店する。オープンにさきがけ、新しく生まれ変わった「UNRELISH」を披露するレセプションパーティが東京・原宿の「LATTEST OMOTESANDO Espresso Bar」で行われた。メディア関係者、学生、ブロガーなど多数の人達が参加した。

 UNRELISH秋冬アイテムの受注会の他に、プレゼントやVEGEO VEGECOのスムージーなどが用意され、にぎやかなオープニング・レセプション・パーティとなった。未来を創る研究所「CONTINEWLABO」のプロジェクトも進行中で、それぞれのテーマに沿って、既存の枠組みにとらわれない新しい価値を創造していこうとさまざまな切り口を考え、実行しているという。プロジェクト第二弾は、伊万里焼と九谷焼の産地とのコラボレーションプロジェクト「産地ニューラボ」も登場するそうだ。

 洋服を飛び越えた新しいライフスタイルの提案が行われている。ファッションの領域が、洋服だけでなく、スイーツを含めた食に関連したフードから、インテリア、ゲーム、旅行まで拡大している。可能性を秘めた世界が拡がりつつある。洋服がベーシックになればなるほど、素材やディテールへのこだわりが強くなる。質に真価を問われる時代になっていると実感した。オープニング・スタッフが快くスナップに納まってくれた。久々にみた笑顔だ。前途洋々としたファッション業界の真の姿のように思えた。




【関連資料】

アンレリッシュ【Unrelish】日本

ルミネエスト新宿



水沢アリー、東京ガールズランで帰宅部からランナーに変身?決意を語る。

  • 東京ガールズラン【TOKYO GIRLS RUN (TGR)】
  • 東京ガールズラン【TOKYO GIRLS RUN (TGR)】
  • 東京ガールズラン【TOKYO GIRLS RUN (TGR)】
  • 東京ガールズラン【TOKYO GIRLS RUN (TGR)】
  • 東京ガールズラン【TOKYO GIRLS RUN (TGR)】
  • 東京ガールズラン【TOKYO GIRLS RUN (TGR)】
  • 東京ガールズラン【TOKYO GIRLS RUN (TGR)】
  • 東京ガールズラン【TOKYO GIRLS RUN (TGR)】


 今やランニング、マラソン、バイク(自転車)などをやるのが当たり前な時代だ。8月16日早朝のオフィス街の丸の内に、タレントでモデルの水沢アリーや元気なファッションモデルたちが集結した。「MARUNOUCHI Bike&Run」という皇居ランナーや自転車通勤者のための人気施設に集まり、着替えを済ませ、ランニングをするというもの。史上最大級のファッションフェスタ「東京ガールズコレクション」の出演モデルで構成されたランニングチーム「東京ガールズラン(TGR)」のメンバーである伊波麻央、竹内渉、大見謝葉月、横地尚子、大木美佳、大杉亜依里、樋浦舞花、樋浦結花たちだ。

 TGRは、第三期メンバーを迎え、女の子をよりアクティブに、ランニングだけでなく、ライフスタイルの中でできる様々なスポーツをサポートするなど、より活動の場を広げている。そんな TGR のコンセプトに共感し、水沢アリーが TGR ゲストランナーとして、10 月 19 日に開催される「グアムココハーフマラソン&駅伝リレー」に参加が決定した。8月16日(土)の公式練習会から練習を開始し、初のフルマラソンに懸ける想いなどを練習風景もあわせて語った。

 水沢アリーは、「帰宅部だったので、ランニングや運動はやってなかったの。駅から10分くらい歩くくらいかな」と軽妙なトークで質問をかわした。また、今はジムに毎日通っているという。どのくらい通ったかと記者に質問され、「そうだな3日前」と答え、会場を爆笑させた。ランニングウェアについて聞かれ、女の子らしくなっていてびっくりした。レギンスはミッキーのジャガードだという。機能性があるのに、おしゃれだと思うと応えた。

 ショッキングピンクのユニフォームに、思い思いのレギンスやタイツをはいたメンバーは、どんな大会でも目立つ存在だ。「やるって決めたからには楽しんで走ろうと思うよ」という水沢アリーの言葉通り、記録よりも記憶に残るチームであってほしいと思う。あまりに薬物によるダイエットなどが急増している昨今、運動によって美しさを保つことをアピールすることが重要だと思った。みんな、準備体操を終え、皇居に向かう姿はランナーになっていた。

【関連資料】
東京ガールズラン【TOKYO GIRLS RUN (TGR)】
TOKYO GIRLS RUN(TGR) ゲストランナーに水沢アリーが決定!
ミズサワ・アリー【水沢アリー Arie Mizusawa】タレント
タケウチ・アユム【竹内渉 Ayumu Takeuchi】モデル
イナミ・マオ【伊波麻央 Mao Inami】モデル
オオミジャ・ハヅキ【大見謝葉月 Hazki Omija】モデル
ヨコチ・ナオコ【横地尚子 Noko Yokochi】モデル
オオキ・ミカ【大木美佳 Mika Oki】モデル
オオスギ・アイリ【大杉亜依里 Airi Osugi】モデル
ヒウラ・マイカ【樋浦舞花 Maika Hiura】モデル
ヒウラ・ユイカ【樋浦結花 Yuika Hiura】モデル
【TOKYO GIRLS RUN】日常のスポーツを快適におしゃれに楽しむランニングチーム「東京ガールズラン」が集結


松井珠理奈、松井玲奈などSKE48が広報大使に就任

  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】
  • ナガシマリゾート【nagashima resort】


 この秋開業50周年を迎える「ナガシマリゾート」(旧グランスパー長島温泉)が、開業50周年を記念して『SKE48ナガシマリゾート広報大使』就任発表会を富士ソフトアキバホールで開催した。地元 名古屋を中心に活躍する人気アイドルグループ「SKE48」の岩永亞美、大場美奈、二村春香、古畑奈和、松井珠理奈、松井玲奈が広報大使に就任し、今後1年間に亘り、ナガシマリゾート開業50周年の広報活動やリゾートの各施設・イベントの広報・宣伝活動をするという。

 SKE48のメンバーが登場し、広報大使の就任式を行い、遊園地「ナガシマスパーランド」に2015年夏開業する日本初のまさかのうつぶせコースター『アクロバット』について説明した。SKE48のメンバーにとって、水着を着用してのCM出演は初となる新CMも公開した。CM内容は、ナガシマジャンボ海水プールの3種類のスライダーを体験した一人ひとりの「絶叫クライマックス」シーンが見どころとなっている。「朝早くから撮影したので、プールを一人占めできたことが感動した」とCM撮影での裏話を語ったメンバーは、楽しそうだった。

 多くの人たちに愛されている「ナガシマリゾート」について、集まった愛知県の女性記者からもプール、温泉、遊園地と盛りだくさんのアトラクションやリゾート施設について熱く語ってもらった。同様にSKE48のメンバーも小学生の頃から遊んだ場所というイメージが強かった。「ナガシマリゾート」でアルバイトがしたいというメンバーもいるほど地元で愛されている。「ナガシマのアトラクションでクライマックス。クライでマックス」とだじゃれが飛び出すほど楽しい広報大使就任発表会だった。

 総選挙、握手会、ドラフト生など独自の企画を次々に打ち出すAKB48グループだが、AKB48の公式メンバーを時給1000円でアルバイト募集するという企画が波紋を呼んでいる。ライブや握手会などのイベント出演、テレビやCM出演など、正式メンバーと一緒に活動を行うというもの。メンバーもうかうかしていられない。ますます、一般人とアイドルの距離が縮まる反面、アルバイトとはいえ、顔を露出するリスクも多い。その点が心配だが、アイドルがバイトという新時代に突入していきそうだ。SKE48メンバーの元気な姿を見ていると進化を遂げるアイドルの実像があった。




【関連資料】

ナガシマリゾート【nagashima resort】

エスケーイー・フォーティエイト【SKE48】

SKE48初の水着姿CMを公開!ジャンボ海水プールで絶叫クライマックス!



優木まおみ、IMALU、菊地亜美、日本エレキテル連合が2014年上半期『活躍したキレイな女性』に選ばれる

  • Honeyce' ハニーチェ Sweet Honey Award 2014
  • Honeyce' ハニーチェ Sweet Honey Award 2014
  • Honeyce' ハニーチェ Sweet Honey Award 2014
  • Honeyce' ハニーチェ Sweet Honey Award 2014
  • Honeyce' ハニーチェ Sweet Honey Award 2014
  • Honeyce' ハニーチェ Sweet Honey Award 2014
  • Honeyce' ハニーチェ Sweet Honey Award 2014
  • Honeyce' ハニーチェ Sweet Honey Award 2014
  • Honeyce' ハニーチェ Sweet Honey Award 2014
  • Honeyce' ハニーチェ Sweet Honey Award 2014
  • Honeyce' ハニーチェ Sweet Honey Award 2014
  • Honeyce' ハニーチェ Sweet Honey Award 2014
  • Honeyce' ハニーチェ Sweet Honey Award 2014
  • Honeyce' ハニーチェ Sweet Honey Award 2014


 世界中から厳選した8種のハチミツを配合した至福のヘアケアブランド「Honeyce'(ハニーチェ)」で有名なLIB JAPAN株式会社は、8月8日(金)に発売1周年を迎えることを記念し、2014年上半期"活躍したキレイな女性"を表彰する『Sweet Honey Award 2014』を開催した。授賞式では、「ビューティーマザー部門」に優木まおみが選ばれた。「ビューティーマルチタレント部門」はIMALUが、「ビューティーアイドル部門」は菊地亜美が、「ビューティースマイル部門」は日本エレキテル連合の中野聡子(なかのそうこ)と橋本小雪(はしもと こゆき)が、それぞれ受賞した。

 ビューティーマザーを受賞した優木まおみは、玄米パンとハチミツを食べているという。ビューティーマルチタレントを受賞したIMALU は、海外に行ったとき、ハチミツとお酒をカクテルを飲んだら、温かくなったのが忘れられないという。ビューティーアイドルを受賞した菊地亜美は、ロケで湘南に行ったとき、大雨で、普段大行列のパンケーキの店がすいていたので、パンケーキをハチミツをつけて4枚食べたことが忘れないと言う。ビューティースマイル賞を受賞した日本エレキテル連合は、朱美ちゃんにハニーチェの森に行こうと誘ったら、「ダメよ~ダメダメ」と言われたと会場を笑いの渦にさせた。各々の思い出を語り、イベントが終了した。菊地亜美が、アイドリング!!を卒業すると宣言したのが、衝撃だったのか、囲み取材は彼女の引退後の話で終始した。卒業しても、いつまでもアイドルでいますという言葉が印象的だった。

 正直、キレイな女性という意味では、もっとほかにもいるのではという意見もあるだろうが、活躍したという意味では適任だったように思う。優木まおみは、円熟さが増し、大人の風格を感じた。また、IMALU は、目立たないが友人や知人の多さからも司会やMC業に秀でた才能があり将来性がある。菊地亜美がアイドリング!!!卒業宣言をした後、バラエティタレントとして活躍できるのか興味があるところだが、愛嬌の良さで定位置を獲得するような気がした。まさかの日本エレキテル連合だが、500種類以上の衣装や小道具を収容するために1軒家を借りるなど、過剰なまでにディテールにこだわる彼女らの爆笑コントは受賞の価値があると確信した。2007年にコンビを結成したベテランである。「ダメよ~ダメダメ」の大ヒットは、彼らの集大成である。ブラックユーモアが生き残ったこともうれしい受賞であった。

【関連資料】
Honeyce' ハニーチェ
「ハニーチェ」1周年記念 『Sweet Honey Award 2014』上半期活躍したキレイな女性達が集結!!優木まおみ、IMALU 、菊地亜美、日本エレキテル連合が受賞
優木まおみ
IMALU
菊地亜美
日本エレキテル連合


エニィスィスが大政絢、早見あかり、吉倉あおい等ミューズたちの秋をプロモーション

  • エニィスィス【anySiS】日本
  • エニィスィス【anySiS】日本
  • エニィスィス【anySiS】日本
  • エニィスィス【anySiS】日本
  • エニィスィス【anySiS】日本
  • エニィスィス【anySiS】日本
  • エニィスィス【anySiS】日本
  • エニィスィス【anySiS】日本
  • エニィスィス【anySiS】日本
  • エニィスィス【anySiS】日本
  • エニィスィス【anySiS】日本
  • エニィスィス【anySiS】日本
  • エニィスィス【anySiS】日本
  • エニィスィス【anySiS】日本


 株式会社オンワード樫山は、7月31日(木)に恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンルームにて「any SiS」の新成長戦略発表会を行った。「any SiS」は、「Quality of Lifestyle for anyone,anytime,anywhere」をテーマに、着心地はもちろん、トレンドとセンスを兼ね備えたクロージングを提案しているファッションブランド。今秋冬から、新たなブランドミューズに大政絢、早見あかり、吉倉あおいを任命、新CMをはじめとした販促プロモーションを実施し、更なる売上拡大を目指していくという。

 スペシャルゲストに、ものまねメイクアーティストとして人気のざわちんさんが大政絢のメイクを施して登場した。エキストラによる総勢5人の大政絢が登場した。販促プロモーションの「わたしをふやそう」のメッセージを込めた特別演出に似ていると、同席した「any SiS」の店舗スタッフも驚いた様子だった。「キュンをふやそう」がテーマの大政絢のコーディネートは、「キュン違い」を表現することにチャレンジしました。「彼を待っている時のキュン」や「久々に父と会う時のキュン」など、シーンごとに表現するのはとても楽しかったですと語った。

 「秋をふやそう」がテーマの早見あかりは、「私自身がとても活発なので、秋はアクティブに紅葉を観に行きたいです!女の子らしさを残しつつ、活発に動けるこのコーディネートはそんなシチュエーションにぴったりだと思います」と語った。「未来をふやそう」がテーマの吉倉あおいは、「将来の自分のために頑張ろうと思い、最近英会話に通い始めたんです。今日のコーディネートからは、いつか英語がペラペラになって、世界で活躍する自分をイメージします」と語った。

 ファッションブランドとして、テレビCMやプロモーションを増やす方法は王道だと思う。「透明感」「上品さ」「幸福感」を表現した大手アパレルらしいコンセプトも好感が持てる。また、テーマミュージックも槇原敬之の「どんなときも。」という楽曲もターゲット層にマッチしている。身近でありながら、憧れる女性像がブランドミューズとして適任だ。この秋、何かが変わる気がした発表会だった。

【関連資料】
エニィスィス【anySiS】日本
オオマサ・アヤ【大政絢 Aya Omasa】モデル
ヨシクラ・アオイ【吉倉あおい Aoi Yoshikura】モデル
ハヤミ・アカリ【早見あかり Akari Hayami】女優
槇原敬之の「どんなときも。」


渋谷ゆかたコレクション 西武渋谷店、パルコ渋谷店、丸井渋谷店、東急百貨店の4店舗が競演

  • 渋谷夏祭り
  • 渋谷夏祭り
  • 渋谷夏祭り
  • 渋谷夏祭り
  • 渋谷夏祭り
  • 渋谷夏祭り
  • 渋谷夏祭り
  • 渋谷夏祭り
  • 渋谷夏祭り
  • 渋谷夏祭り
  • 渋谷夏祭り
  • 渋谷夏祭り


 「渋谷夏祭り」が7月28日(月)~8月2日(土)まで渋谷駅周辺地域で開催されている。このイベント開催を記念して、7月30日(水)、渋谷ハチ公前広場特設ステージで「渋谷夏祭り」開催セレモニーが行われた。「渋谷夏祭り」は、期間中渋谷駅周辺の大型商業施設や企業を中心に"ゆかた"をモチーフにした様々な催しを展開する。イベントのモチーフであるゆかたの魅力を伝える「渋谷ゆかたコレクション」を実施した。ゆかたコレクションは、西武渋谷店、パルコ渋谷店、丸井渋谷店、東急百貨店の4店舗が各3スタイルづつ披露した。

 

【関連資料】
渋谷夏祭り 公式サイト
参加店舗 : 109MEN'S、SHIBUYA109、渋谷パルコ、 渋谷ヒカリエ 、渋谷マークシティ、西武渋谷店、 ディズニーストア 渋谷公園通り店、東急ハンズ 渋谷店、東急百貨店 東横店、東急百貨店 本店、東急プラザ 渋谷、丸井渋谷店(マルイシティ渋谷、マルイジャム渋谷) (※50音順、計12店舗) ★真夏の渋谷ハチ公前でゆかたのファッションショー!「渋谷夏祭り」開催セレモニー


アーカイブ