Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

HKT48の仲間意識の強さを発揮した「やるじゃん!モノレール」の新TV-CM

  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】
  • 東京モノレール【Tokyo Monorail】


 HKT48の指原莉乃、兒玉遥、穴井千尋、松岡菜摘、田島芽瑠、神志那結衣の6人が東京モノレールの「やるじゃん!モノレール」の新TV-CM初お披露目の発表会に登場した。夏らしいウインドペンのテーラード・ワンピースを着たメンバーは、微妙にディテールが違う制服を着て会見に臨んだ。黄色、ピンク、サックスブルーのギンガムチェックを切り替えに使ったデザインは、かなり目立つ。

 東京モノレール株式会社 営業部長 安孫子広考氏(Hirotaka Abiko) によると、なぜ、東京モノレールかと言うと、「博多から羽田を往復するHKT48のメンバーが、東京モノレールが一番便利だと語ったことから起用が決まりました」ということだそうだ。東京オリンピックの1964年開業したというから50年を超えて運航している。

 そんな歴史ある東京モノレールについて、HKT48のメンバーは、大きな等身大の看板がある隣りで立っていても誰も気づかないという。でも、お客さんがパネルの横で写真を撮ってくれているのはうれしいと本音ものぞかせた。テレビCMは、人物の体と背景はCGアニメーションで構成したため、実写撮影は顔だけ。首から下はすべてグリーンのケープで覆われ、身動きのなしの顔の表情のみで演技しなかればならなったと苦労話に話が弾んだ。

 「やるじゃん」という体験したかというMCの質問に、指原莉乃が6月27日に横浜アリーナでコンサートで公約「水着ライブ」を実現させたことは、やるじゃんだと語った。ジーナ(神志那結衣)の総選挙スピーチの「とったぞ~」のやるじゃんとメンバーから言われていた。アイドルグループの仲間意識の強さを感じたトークセッションだった。

 衣装といえば、AKB48グループに所属する300人以上のアイドルの衣装を手掛ける茅野しのぶクリエイティブ・ディレクターの存在なくして語れない。彼女は、「"360度どこから見てもかわいい"ということ、印象に残る衣装になるように意識しています」とWWDのインタビューで答えている。確かに、インパクトがあるのは、3D、4Dの世界をリアルに表現しているからかもしれない。後ろ姿を撮ったと自慢するカメラマンもいた。

【関連資料】
東京モノレール【Tokyo Monorail】東京モノレール×HKT48「やるじゃん!モノレール」CMを公開指原莉乃、"公約"水着ライブが実現 ビキニで踊って「最高!」HKT48神志那結衣、ジーナAKB総選挙スピーチに芸人濱口が登場ww【インタビュー】AKB48グループの衣装を手掛ける茅野しのぶクリエイティブ・ディレクター 衣装へのこだわりやTGCとの新プロジェクトを語るHKT48が東京モノレールの『やるじゃん!モノレール』を紹介

都会の洗練された感覚とヒップホップな感性が融合した独特な世界【APPLEBUM】

  • アップルバム【APPLEBUM】日本
  • アップルバム【APPLEBUM】日本
  • アップルバム【APPLEBUM】日本
  • アップルバム【APPLEBUM】日本
  • アップルバム【APPLEBUM】日本
  • アップルバム【APPLEBUM】日本
  • アップルバム【APPLEBUM】日本
  • アップルバム【APPLEBUM】日本


 2005年に立ち上げた大人が着こなせる上品なメンズとキッズを扱うブランド、アップルバム【APPLEBUM】の2015年秋冬展示会が、6月24日と25日の両日、東京・原宿で行われた。真っ赤な夕陽のような風景写真が展示された中、少数精鋭のスタッフが大勢のバイヤーや関係者に囲まれて対応していた。

 テーマに合わせた風景画をそのままプリントしたダウンなどのアウターやミリタリー調のアウター、デニム、袖口にネームを貼ったスエットなどメンズらしいアイテムが展示されていた。BBキャップやニットキャップなど帽子もバリエーションが多い。特にバッグは、「柔道着の刺し子を使ったリュックサックや手提げバッグで人気があります」とマネジャーの青柳氏が語ってくれた。

 都会の洗練された感覚とヒップホップな感性が融合して独特な世界を作り出しているAPPLEBUMは、大手百貨店でポップアップストアを出すほどの実力がある。一方で、全国にネットワークされたセレクトショップで人気ブランドとして定着しているそうだ。メンズの取引は、入り口が入りずらいと言われている。一端、展開し始めたら、徹底的に販売促進し、有名ブランドにのし上げてくれる体質がある。有名ブランドにするか、愛着ブランドにするか悩むところである。いつまでも量より質を大事にするブランドであって欲しい

【関連資料】
APPLEBUM  株式会社トライアングル・オー ★アップルバム【APPLEBUM】日本BBキャップ【Baseball Cap】帽子

暑い夏に最高の冷たくて爽快なビール「Heineken Extra Cold」オープニングパーティ

  • ハイネケン エクストラコールド【Heineken Extra Cold】
  • ハイネケン エクストラコールド【Heineken Extra Cold】
  • ハイネケン エクストラコールド【Heineken Extra Cold】
  • ハイネケン エクストラコールド【Heineken Extra Cold】
  • ハイネケン エクストラコールド【Heineken Extra Cold】
  • ハイネケン エクストラコールド【Heineken Extra Cold】
  • ハイネケン エクストラコールド【Heineken Extra Cold】
  • ハイネケン エクストラコールド【Heineken Extra Cold】
  • ハイネケン エクストラコールド【Heineken Extra Cold】
  • ハイネケン エクストラコールド【Heineken Extra Cold】


 ハイネケン エクストラコールド(Heineken Extra Cold)「サマースノー」が六本木ヒルズ内のレストラン「AW ELEMENTS」に期間限定でオープンした。これを記念して、オープニングパーティが6月25日(木)に開催された。2008年に日本でいち早く発売を開始したHeineken Extra Coldは、通常5℃から7℃でサーブされる樽詰め生ビールを、「0℃以下」という温度帯で楽しめる、暑い夏に最高の冷たくて爽快なビール。

 毎週木曜日にはアフターワークにHeineken Extra Coldを気軽にお楽しみいただけるプロモーションHeineken Extra Cold Thursdayを実施、また週末にはDJイベント等スペシャルコンテンツもあるとか。氷点下の世界を表現することもあって、ペンギンがキャンペーンガールとともに参加していた。

 コップに注いだHeineken Extra Coldと瓶のままのHeineken Extra Coldの違いは、ここに好みがあるが、「だんぜん、瓶の方がおいしい」という女性もいた。確かに、暑い夏場には、ノド越しが良さ抜群のビールだった。暑い夏、日本の夏、キンキンに冷えた麦酒がおいしい。

【関連資料】
ハイネケン エクストラコールド【Heineken Extra Cold】エーダブリューエレメンツ【AW ELEMENTS】

漁サン、日本一ふざけたTシャツ屋、かりゆしウェアなど沖縄らしいものであふれている沖縄国際通り

  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】
  • 沖縄国際通り【okinawa kokusai】


 沖縄に取材で来た。本来、日帰りの取材ツアーだが、前入りして国際通りを見ることにした。現在70%を土産店が占め、「平和通り」と言うアーケードのある通りや「牧志公設市場」なども含め沖縄の食べ物、飲み物、衣類から雑貨などの店が数多く存在している。本土から大手チェーンのコンビニや「よしもと」「マクドナルド」カジュアル衣料の「スピンズ」などが進出しているものの、大手が占拠しているという印象は少ないのが救いだ。

 漁業従事者用のサンダルの略で滑りにくい丈夫なゾーリとして愛用されている「漁サン」。パロディTシャツやメッセージTシャツを扱う「日本一ふざけたTシャツ屋」。琉球の伝統工芸を取り入れた沖縄を代表するアパレル&セレクトショップ「MAX Ryu-Kyu」。ナチュラルでおしゃれな雑貨屋さん「Splash」。沖縄で縫製された開襟シャツの「かりゆしウェア」やアロハシャツを扱う「Mango House」。米軍放出品を扱う「沖縄ミリカジ」。沖縄の自然や海洋文化をモチーフに、オーガニックTシャツ・シルバーアクセサリー・サメ歯クジラ歯のアクセサリーなどのオリジナル商品の企画販売する「海想(kaisou)」。

 お土産店でもあるが、かなり専門特化した店も多く、リピート客の多い沖縄で満足できる品ぞろえをしていた。また、地元の女子高生にとって希少価値のあるビルもある。沖縄初出店の「SPINNS」や青文字系人気モデルの古着や本、雑貨を揃えた「ASOBI STATION」などのショップブースを展開する「OKiNAWA KAWAii!! STATION!」は、地元の女の子にとって、生の都会情報が入手できる貴重な場所だ。

 沖縄に住む人達にとって、本土との格差は広がるばかりだ。アルバイトの時給が平均650円だという。アイドルや芸人、芸能人、モデルを排出している沖縄の影の部分は、単に米軍基地問題だけでなく、経済問題が大きい。観光をビジネスとするだけに、一層問題が深刻化しているように見受けられた。とりあえず、我々は、沖縄で消費することが一番の助けになりそうだ。いいモノ、おいしいモノがある沖縄。やっぱり楽しい。

【関連資料】
漁サン【gyosan】サンダルかりゆしウェア【Kariyushi Wear】アイテムアロハシャツ・かりゆしウェアのマンゴハウス沖縄の自然や海洋文化をモチーフにオリジナル商品を展開する「海想」

ミリタリーショップ専門店|米軍放出品なら沖縄ミリカジ
沖縄国際通り【okinawa kokusai】
「OKiNAWA KAWAii!! STATION!」



新・伊右衛門 『おいしさが、四季でかわる。』をキーメッセージに夏の沖縄で体感

  • 伊右衛門
  • 伊右衛門
  • 伊右衛門
  • 伊右衛門
  • 伊右衛門
  • 伊右衛門
  • 伊右衛門
  • 伊右衛門
  • 伊右衛門


 おいしさが、四季でかわる。新・伊右衛門 夏の味を、夏の沖縄で体感するメディア向けセミナーが2015年6月23日(火) にサザンビーチホテル&リゾート沖縄で実施された。 5月12日(火)よりリニューアル発売しているサントリー緑茶「伊右衛門」。リニューアルに伴い、新・伊右衛門 夏の味を一足先にご体感頂くプレス向けセミナーが大々的に行われた。

 新しい「伊右衛門」は、飲み方や季節に合わせてお茶の味わいを変えていくというリニューアルを実施し、春は「新茶入り」を発売。「既に多くのお客様に新茶入りのみずみずしい味わいをお楽しみ頂いています。そしてこの夏、爽やかな香りと、すっきりとした味わいを実現した新・伊右衛門 夏の味が発売されます。基礎代謝が下がり、水分摂取量が増える暑い季節にあわせ、一気にゴクゴク飲むことが出来る中身設計になっています。」とサントリー食品インターナショナル株式会社 食品事業本部 ブランド戦略部 課長 塚田英次郎氏は語った。




 伊右衛門は、2004年の発売以来、京都の老舗茶舗「福寿園」が茶匠が厳選した国産茶葉を使用した旨み豊かな味わいの緑茶として人気だ。今回、夏のサントリー緑茶「伊右衛門」は、『おいしさが、四季でかわる。』をキーメッセージにテレビCMを投入し、日本人の心を持った、日本らしさを感じる飲料として提案していくという。



 春夏は、フレッシュさ、秋冬はほっと一息するほっこり感が大切で、高温で抽出したお茶にはカフェインやカテキンが含まれる。また夏は、低温のため、カフェインやカテキンは抑えられ、おいしさが残るという。気温と人体への影響を考えると基礎代謝が下がる夏は、水分摂取量が増える。まさにウエザー・マーチャンダイジングの世界だという。飲料の世界もファッションのように春夏秋冬に合わせたMDが構築されようとしている。そんなことを感じたセミナーだった。



 「福寿園」の茶匠が自ら、春夏秋冬のそれぞれの特徴をプールのある外の会場で行った説明会は、試飲しながら味比べを行った。夏の伊右衛門は、春の伊右衛門と比べすっきりとしてゴクゴク飲む感じがした。茶葉も抹茶も違う色をしているのには、驚かされた。茶葉を育てる段階から違うという。沖縄の繁華街、国際通りで実際に伊右衛門を配布して、一般のお客さんに飲んだ感想を聞いてみた。沖縄の若者カップルは、飲んだ感想を聞かれ、「甘い」「すっきりする」と述べた。




【関連資料】

伊右衛門
おいしさが、四季でかわる。新・伊右衛門 夏の味体感セミナーin沖縄


天然っぽさとラスティックさが魅力の【Birth DESIGN】に原点をみた。

  • バース デザイン【Birth DESIGN】
  • バース デザイン【Birth DESIGN】
  • バース デザイン【Birth DESIGN】
  • バース デザイン【Birth DESIGN】
  • バース デザイン【Birth DESIGN】
  • バース デザイン【Birth DESIGN】
  • バース デザイン【Birth DESIGN】
  • バース デザイン【Birth DESIGN】
  • バース デザイン【Birth DESIGN】
  • バース デザイン【Birth DESIGN】


 服飾雑貨から植物まで扱うバース デザイン【Birth DESIGN】が東京・渋谷の渋谷ヒカリエ、ShinQs5階でポップアップショップを展開しいている。バブーシュ・帽子・多肉植物・デニムをリメイクしたエプロンなどの商品を陳列し、販売している。6月18日から6月24日までの期間限定だが、今の旬の商品ばかりだから、売れるものばかりだ。デニムと植物がマッチングしている点も世界観があって魅力的だ。

 バブーシュは、モロッコやトルコの革や布でできたスリッパのことをいう。部屋靴として、秋冬は特に活躍する。デニムのエプロンは、リメイクで一点物に近い。すべての商品が手作り感があり、ナチュラルでリラックスさせてくれるグッズばかりだ。今年のトレンドであるデニムは、やっぱり天然っぽさとラスティックさが魅力だ。部屋のままのようなレイアウトも好印象を受けた。魅力的なポップアップショップでのお買い物が楽しくなる。そんな印象を受けた。

 デニムの本場、アメリカンテイストを控え、中東やヨーロッパのような多国籍な雰囲気が新しい。万人に愛されるものより、センスや感性を共有できる人たちと楽しむことがビジネスにつながると感じた。ライフサイクルが、どんどん短くなってしまったマーケットの中で、ロングライフがキーワードなっている。それがビジネスの原点だ。消費者が愛着を持ってくれるか否かが大事だ。そのヒントが【Birth DESIGN】にあった。

【関連資料】
バース デザイン【Birth DESIGN】

バブーシュ【 Babouche 】靴用語

バブーシュ・多肉植物・デニムをリメイクしたエプロンなど【Birth DESIGN】がShinQsに


【ATSUGI】脚もとから始める全身コーディネートやデコレグを発表

  • アツギ【ATSUGI】
  • アツギ【ATSUGI】
  • アツギ【ATSUGI】
  • アツギ【ATSUGI】
  • アツギ【ATSUGI】
  • アツギ【ATSUGI】
  • アツギ【ATSUGI】
  • アツギ【ATSUGI】
  • アツギ【ATSUGI】
  • アツギ【ATSUGI】
  • アツギ【ATSUGI】
  • アツギ【ATSUGI】
  • アツギ【ATSUGI】
  • アツギ【ATSUGI】


 ストッキング・タイツ・靴下・下着・インナーウェアのアツギ【ATSUGI】が、2015秋冬新作を東京・原宿で6月17日、18日の両日、展示会を行った。2015秋冬シーズンコンセプトは、「脚もとから始める全身コーディネート」で、脚もとまで意識の行き届いたスタイルを「デコレグ」して欲しいとアパレル並みにスタイル提案をしていた。

、2015年7月上旬からの順次発売にあわせ提案するという。ファション・ホーザリーブランド「Exhale(エクスエール)」「Jel'aime(ジュレーム)」「RELISH(レリッシュ)」のすべてのブランドにスタイリストをつけて、単なる下着やアンダーウェアでなく、ファッションの一部として表現したという。年齢層や価格帯により違いがあり、単なるタイツやパンストでなく、機能性も重要で、細かく配慮したデザインを提供している。ヨーロッパのラグジュアリーな商品とは一線を画した企画でデザインされている。特に、裏面にベージュの糸を使い透けにくいタイツや、若者向けに30デニールの透けるカラータイツなど細かく用途や要望に合わせたデザインも増えているという。ある意味、カスタマイズされている用にも思ってしまう。

 特に、ベーシックなものは、「艶」「澄」「羨」など一文字でタイツやパンストの特徴がわかるようなネーミングになっている。「魅」「肌」「透」「輝」「圧」「爽」などまだまだ続く楽しい文字が続く。触らせてもらったが、柔らかさやしなやかさを感じる完成度の高いものばかりだった。化学繊維を使用するホーザリーは、科学者とアーチストのコラボレーションのような世界だと痛感した。まだまだ、研究開発が続いている世界、女子性はますます、美しい肌を手に入れそうだ。

【関連資料】
アツギ【ATSUGI】脚もとから始める全身コーディネート ASTIGU

キャットフード「Felix」の日本初上陸を記念して南明菜をゲストに迎えAR体験

  • フィリックス【Felix】
  • フィリックス【Felix】
  • フィリックス【Felix】
  • フィリックス【Felix】
  • フィリックス【Felix】
  • フィリックス【Felix】
  • フィリックス【Felix】
  • フィリックス【Felix】
  • フィリックス【Felix】


 世界36カ国で愛されているキャットフード「フィリックス(Felix)」日本初上陸特別イベントが2015年6月18日に宿ステーションスクエアで、南明菜をゲストに迎え行われた。賢くていたずら好きなブランドキャラクター「Felix」が世界初の3Dで登場し、AR3Dの技術によりTVCMを飛び出した。ネスレ日本株式会社 ネスレ ピュリナ ペットケアは、3月2日より発売を開始したキャットフード「Felix」の日本初上陸を記念して、6月18日から6月21日までARを活用した参加型イベントを新宿ステーションスクエアで開催する。

 このイベントは、AR技術を駆使し、フィリックスのTVCM世界を疑似体験できる一般参加型のイベントとなわれている。イベント開催当日の18日には、愛猫家としても有名な「南明奈」が東京で1人目のARイベント体験者として登場し、Felixの魅力につい語った。飼い猫は、「8歳のイケメン猫で、賢く、かっこいいです」という。噂の彼氏とは、比較することは無理だそうだ。当たり前だが、人間と猫は違うときっぱりと、誘導尋問を切り捨てた。今日着てきたスタイルは、ギンガムチェックのコンビネゾンにシルバーの厚底サンダルと指に数々のジュエリーがつけられていた。「甘いけど、甘過ぎない大人っぽいスタイル」だそうだ。取材陣がお目当ての彼氏の話は、肯定しているが、結婚の日程などはまだだと言い切る。

 アニメーションのFelixが最新のAR(拡張現実)技術によってTVCMから飛び出し、会場に設営された「Felix ハウス」に登場。そのハウス内では、TVCMでしか見れなかった賢く、やんちゃで愛くるしい「Felix」とまさに同じ空間にいるような体験が可能となっている。CM体験後は、「Felix」と写真撮影ができるほか、「Felix」をお家に連れて帰れるスペシャルアプリをプレゼント。また、ゲストの南明奈にも実際にフィリックスハウスに入り、普段触れ合うことのできない2次元のキャラクターとのコミュニケーション体験をしてモニターで見学した。ソニーのAR技術力に感心させられた。

【関連資料】
フィリックス【Felix】Felix Japan(フィリックス)愛猫家 南明菜もイベント体験で「フィリックス」のかわいさにメロメロ!?

パロディの感性を持ったアーティスト[ RATA ] の世界【LABEL FOR THE CLIENT】

  • レーベルフォーザクライアント【LABEL FOR THE CLIENT】日本
  • レーベルフォーザクライアント【LABEL FOR THE CLIENT】日本
  • レーベルフォーザクライアント【LABEL FOR THE CLIENT】日本
  • レーベルフォーザクライアント【LABEL FOR THE CLIENT】日本
  • レーベルフォーザクライアント【LABEL FOR THE CLIENT】日本
  • レーベルフォーザクライアント【LABEL FOR THE CLIENT】日本
  • レーベルフォーザクライアント【LABEL FOR THE CLIENT】日本


 原宿【WALL】は、常に尖ったブランドを提案し、ディスプレイしているお店だ。6月19日(金)からは、WALL3店舗同時発売で「MIKIOSAKABE×でんぱ組.inc×愛☆まどんな コラボ商品第3弾」がスタートする。スタッフによると階段まで行列ができるほど並ぶ人気企画だそうだ。でんぱ組.incの人気の高さを感じる。

 18日までは、モスキーノのような鋭いパロディの感性を持ったアーティスト[ RATA ] による【LABEL FOR THE CLIENT】が展示されていた。独特のタッチで描かれるアニメチックなイラストは、愛情にあふれた表情をしている。風刺画のようなタッチで描かれたキャラクターは、どこかで見たようで、見たことがないような不思議ワールドに誘う。

 風刺画といえば、政治や社会制度、社会への不満などを巧みに描き出す、庶民の代弁者が描く漫画だ。そこには、あまり似ていないものもある。当然、言い逃れできる仕組みがある。作家が逮捕されたり、殺されたりしては洒落にならない。異教を扱う危険性はそこになりそうだ。憤りや不満のやりばに困った庶民の娯楽の一つだから、政府や役人は見逃すのが通例だ。風刺のない社会は、かなりヤバイという証かもしれない。

【関連資料】
レーベルフォーザクライアント【LABEL FOR THE CLIENT】日本ウォール【WALL】WALLブログ - H.P.FranceWALL @wall_harajuku今も昔も!?風刺画でみる近代のやりすぎファッション

リーバイスやGU、アシックスタイガーなど50ブランド以上が展示された「PR01.」

  • PR01.
  • PR01.
  • PR01.
  • PR01.
  • PR01.
  • PR01.
  • PR01.
  • PR01.
  • PR01.
  • PR01.
  • PR01.
  • PR01.
  • PR01.
  • PR01.


 アタッシェ・ドゥ・プレスの「PR01.」が原宿プレスルームで「2015-16秋冬の内見会」を開催した。リーバイス(Levi's®)やGUやアシックスタイガー(ASICS Tiger)、オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)、DISCOVERED、Siseなどメンズ、レディース、ユニセックスを含めた50以上のブランドが展示されていた。どのブランドも勢いがあり、秋冬を楽しませそうなデザインばかりだった。

 特に、スポーツメーカーは、東京オリンピックが目標としてあるためか、デザイン、素材、機能性の研究開発が進んでいる。特に、アシックスタイガー(ASICS Tiger)のGEL-LYTE (ゲルライト)シリーズは、スニーカーファンだけでなく、ファッション性に富んだデザインが多く、スニーカーブームを巻き起こす勢いだ。また、Siseなどのメンズブランドも、雰囲気が変わり、一般の人たちが着やすいアイテムが増えている。

 レインコートやアクセサリを展開するスウェーデンのブランド「ストゥッテルハイム(STUTTERHEIM)」は、雨の日もスタイリッシュで過ごせるレインコートを展開していた。レインシューズブームから次のブームを作りそうな予感がしたデザインだった。PR会社の見せどころは、おしゃれである点だけでなく、長く販売できるかも重要だ。インポートブランドの現地担当者が、「日本は一時、いっぱい買ってくれるがブームが終わるとしらんぷりをする」と酷評していた。「PR01.」ブランドだけでなく、プレスとも長くお付き合いができる会社でもある。

【関連資料】
PR01.
アシックスタイガー(ASICS Tiger)

ストゥッテルハイム(STUTTERHEIM)



ツィッギーの60年代を彷彿とされるスゥイング・シスターズなどを提案したGU

  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】
  • ジーユー【GU】


 GUの2015年秋冬展示会が東京・原宿で行われた。7月、8月、9月、10月の秋冬ラインがマンスリーに展示され、わかりやすいディスプレイと提案に、ファストファッションの領域を超えたニュータイプのブランドのあり方を感じた。ツィッギーの60年代を彷彿とされるスゥイング・シスターズや都会的なニューヴィンテージ、パリをイメージした大人シックな提案など月ごとに変化を大胆に楽しめる提案がなされていた。

 アイテムでは、ワイドのクロップドパンツ、ニット・スーツ、軽量なコート、ロングカーディガン、デニムシャツやワイドのジーンズ、Iラインのワンピース、ミニフレアスカート、ケーブルニット、タイトロングスカートなどオーセンティックなデザインからモード系まで幅広く展開されていた。

 キッズは、チュールやフリルを使ったアーバンでガーリーな女児服とスタジャン、ネルシャツ、コーデュロイのアメリカンな男児服など着やすく、動きやすいデザインのものが多く展示されていた。また、メンズは、比較的スリムなシルエットが多く、アランケーブルニットやスエード風のショートジャケット、ミリタリーブルゾンなどが展示されていた。

 全体的にモード系のデザインが多いが、背伸びしなくても着ることが出来るように設計されていた。しかも、月別にテイストもイメージもがらっと変わることが出来る点が、ありがたいことにビギナー向きでもある。ボディが着ているアイテムをそのまま買えばいい。GUは、ファッションに精通したい一般客に、ファッションやモードの面白さを知らせる役目がある。そんなミッションを感じた展示会だった。

【関連資料】
ファッションを、もっと自由に。ジーユー【GU】
GUコレクション速報


「エフォートレス・シック」がテーマのMisch Maschの2015年秋冬

  • ミッシュ マッシュ【MISCH MASCH】
  • ミッシュ マッシュ【MISCH MASCH】
  • ミッシュ マッシュ【MISCH MASCH】
  • ミッシュ マッシュ【MISCH MASCH】
  • ミッシュ マッシュ【MISCH MASCH】
  • ミッシュ マッシュ【MISCH MASCH】
  • ミッシュ マッシュ【MISCH MASCH】
  • ミッシュ マッシュ【MISCH MASCH】
  • ミッシュ マッシュ【MISCH MASCH】
  • ミッシュ マッシュ【MISCH MASCH】
  • ミッシュ マッシュ【MISCH MASCH】
  • ミッシュ マッシュ【MISCH MASCH】


 大人可愛いエレガント・トレンド・スタイルのミッシュ マッシュ(Misch Masch)が、6月4日と5日の両日、東京・恵比寿で2015年秋冬の展示会を行った。エレガンス不変主義で「エフォートレス・シック」がテーマになっていた。程よくゆったり感のある洋服をキレイに着こなすのがポイントだとか。今までの構築された張り感のあるスポーティな要素は終焉を迎え、どこか包まれるような、温かみのある見え感や、程よいゆったり感、ふんわリ感、どこか丸みのあるシルエットで女性らしさを表現している。

 「女の子のキラキラするライフスタイルを応援するブランドにしていきたい」とブランド広報担当者が言うように、パステルにワインとグリーンが加わり秋らしさが際立った。ラメラインのシアーチェック、フロッキーフラワー、光沢シアーフラワーなどの柄物も多く、ラメ混ツイード、起毛レースニードルパンチ、シャギーやWウィンドペン、二重織りボンディングチェック、アンゴラ混、ファンシーツイルの花柄、マットサテンなど素材も多彩だった。

 ちょうど、店舗スタッフも来場していたこともあって、エレガントな女性達の集いになっていた。ますます、エレガント派とストリート・カジュアル派、モード派と明確に分かれていく2015年以降のファッション傾向の中で、着やすさや見栄えの良さからもエレガント志向に向かっていくような気がする。フリースタイルのカジュアルと違い、着こなしのルールが存在している点が魅力だ。

【関連資料】
ミッシュ マッシュ【MISCH MASCH】
株式会社玉屋


ユーモアとモードのエッセンスをちりばめたFURFURの秋

  • ファーファー【FURFUR】
  • ファーファー【FURFUR】


 しなやかでエレガントでありながら力強さも感じさせる「FEMININE MODE WEARS」の人気ブランド『ファーファー(FURFUR)』の2015年秋冬展示会が、東京・渋谷で行われた。フェミニンで洗練された繊細さに、少しのユーモアとモードのエッセンスをちりばめたFURFURは、シックなアーミーグリーンを基調としたアーミールック涼とした強さを連想させるミリタリーディテールに、軽やかなレースやスカーフをモチーフを合わせ、優雅な抜け感を楽しむコーディネートを提案していた。

 上品でノーブルなミリタリードレスやセットアップにマニッシュシューズに、マガジンバッグを抱え、異なるエレメントの融合を楽しむ企画だそうだ。いつものFURFURのパステルだけでなく、深みをプラスしたダスティピンクやニュアンスのあるペールトーンの色合いに、メタリックゴールドをちらりとのぞかせて、センシュアルな雰囲気を纏ったレディのような着こなしを感じさせるデザインが多く見受けられた。

 また、小物では、注目のマイクロミニバッグの中に入るサイズの財布などユーモアにあふれたデザインもあり、「FURMY」というロゴのTシャツやバッグも展示されていた。特に、銃弾が入るようなウェブ状にテープを貼ったデザインのドレスは、ファーミードレスのようで可愛かった。ユーモアとモードの新しい世界は、意外にも女性達の生き方をも変えるような予感がした。

【関連資料】
ファーファー【FURFUR】

マイクロミニバッグ【micro mini bag】バッグ用語




LIMI feu 2015ー2016秋冬コレクション開催 美しい黒色の世界に魅了された日

  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】
  • リミ フゥ【LIMI feu】


 LIMI feuの2015-16秋冬コレクションが、東京・恵比寿で6月5日(金)に行われた。多数のファンや有名人が招待されたこのショーには、色彩感覚を失うほど鮮明にノアール(Noir)の世界が拡がっていた。美しい黒色の世界に吸い込まれていくようなエネルギーを感じた。ドレープの美しさ、白を効果的に使ったドレスは、女子学生のような清楚さと存在の大きさを感じた。まるで、実存主義のサルトル(Jean-Paul Sartre)やボーボワール(Beauvoir)、ジャン・コクトー(Jean Cocteau)、ジュリエット・グレコ(Juliette Gréco)などが活躍した時代背景を感じてしまった。

 パリをこよなく愛するデザイナーだということ。エフォートレスなシルエットが、時代にマッチしそうな未来図が見えたこと。山口小夜子似のモデルがいたこと。これは、資生堂などのメイクキャップチームの仕掛けかもしれないが。とにかく、過去と未来がつながっている姿が見えた。異素材使い、テントライン、ドレープとギャザーでの素材遊び。

 デザイン倉庫にいるようなバリエーションの拡がりに、圧倒されてしまった。デザイナーの山本里美(りみ)氏のエネルギッシュで大胆なデフォルメの技術や燃えるような心を秘めた直線の力、曲線の美こそ、LIMI feuの神髄のように感じた。人間が存在し、生きる尊さを教えてくれたような気がした。洋服が持っている存在感を痛感したショーだった。

【関連資料】
リミ フゥ【LIMI feu】instagramtwitterfacebook




実用的なフューチャリズムとエフォートレスなレイヤードを提案したH&M Studio

  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio
  • H&M Studio


 H&M StudioとH&M メンズ 、H&M キッズの2015年秋冬コレクションのオープンハウスが、東京・渋谷で6月4日と5日の両日開催された。スポーティーなエネルギー、実用的なフューチャリズム、スターバストの輝きがH&M Studioのテーマだ。ジップアップコートとジャケットはモダンなフレッシュさを持ち、光沢のあるルレックスセーター(Lurex sweater)とストレートパンツやフレアパンツと合わせるロールネックは、今期のキーアイテムとなっている。トムボーイの雰囲気を持つ、肩の力を抜き、ほどよく崩したエフォートレス(Effortless) なレイヤードを提案している。

 マストアイテムのジップアップアウターの他に、ロールネックやタートルネックなどのニット、光沢のあるラミネートウールのジャケットやスカート。フェイクファーコートやスパンコールブラウス、テイラードパンツスーツなどが展示されていた。また、広報担当者自らが着用していたスキーウェア風ジャンプスーツに光沢感のあるラメ素材のロールネックが象徴的な未来志向のスタイリングのようだ。

 メンズは、トレンド・ベーシックアイテムとレイヤードルックをメインにクオリティの高いテクスチャード加工のコート、ジャケット、ニットウエアに重点を置き、シルエットと素材にフォーカスしていた。ラグランコート、テディージップアップ・ジャケット、ボマー、ワークウェアジャケット、ロールネックセーター、テキスチャードニット、ロングシルエットシャツ、ジャガードシャツ、リラックスパンツ、ニットスカーフなどを展示していた。

 キッズは、ロケット柄やロボット柄のモチーフのニットやカットソー、フェイクファーのコートは、母親のウィメンズとお揃いになる。ほっこりするようなデザインばかりだ。今秋冬は、スリムでフィット感のあるデザインからリラックスしやすいエフォートレス(Effortless) なデザインに移行している。さすがに、身体にフィットし過ぎた反動からか、窮屈すぎる洋服は敬遠され始めたようだ。

 H&M Conseiousの活動も毎年増えているそうだ。「ファッションをサステイナブルに、サステイナビリティをファッショナブルに。H&Mでは、そんな究極の目標を定めています。」は、CEO カール・ヨハン・パーションの言葉だ。H&Mの店舗に設置した古着回収ボックスに着なくなった洋服を入れるとリサイクルされて洋服になる。クローズドループと名付けられた活動で、日本が店舗当たりで世界で一番提供しているそうだ。循環の国、日本だ。

 H&M のスタッフは、モデル体型で実際に着用している人達が多いので、わかりやすい。洋服は、たたんだり、つるしたりするものではないので、着用した状態で見るとシルエットの美しさや揺れた感じの良さ、バックスタイルの状態などがわかりやすい。平面で見ると変なものが、大概着てみるとイメージが変わる。服は着るものだということを忘れてしまっているアパレル関係者が多いように思う。原点に戻って、着てみせることが大事かも。担当してくださった日系二世のシヴォーンさんに感謝している。

【関連資料】
H&M StudioH&M Studio

スポーティーなフューチャリズム、H&M Studio Autumn/Winter
エフォートレス・シック【Effortless Chic】感覚用語
トムボーイ【tomboy】感覚用語


ベーシックアイテムにトレンド性のある躍動感が魅力のDanny&AnneとDandA

  • ダニーアンドアン【Danny&Anne】日本
  • ダニーアンドアン【Danny&Anne】日本
  • ダニーアンドアン【Danny&Anne】日本
  • ダニーアンドアン【Danny&Anne】日本
  • ダニーアンドアン【Danny&Anne】日本


 永遠のベーシックアイテムに、旬のトレンドが持つ躍動感、高揚感をプラスし纏うだけで着こなし完成度が変わるブランド「Danny&Anne(ダニーアンドアン)」と姉妹ブランドの「DandA(ディーアンドエー)」の展示会が東京・南青山で行われた。Danny&Anneの秋冬のテーマは、「impression」でアシンメトリー、スリット、フリンジ、イレギュラーなタックや切り替え等のさりげないデザインが動きことによりインプレッションを与えることだそうだ。

 一方、「DandA」のテーマは「Relax glamour」で、リラックスしたムードはそのままに、フェミニンなディテールや装飾をプラスした自由なスタイルを提案していた。大小の花柄を組み合わせたり、生地で花柄を表現したり、様々な生地を贅沢に組み合わせてグラマーなエッセンスを加えた大人の展開となっていた。

 ワインレッドのバーガンディ(burgundy)、カーキ(khaki)、レッド、ホワイト、薄い藤色のモーヴ(mauve)、ペールブルーなどのカラー展開が綺麗な「Danny&Anne」に対して、「DandA」は、ベージュ、オリーブグリーン、ブラックなどシックな色相でまとめていた。ベーシックな中に、カシュクールやラップコート、ワイドパンツなどトレンド性の高いアイテムが、しっかり入っていた。安心安定できる稀なブランドであることは確かだ。

【関連資料】
ダニーアンドアン【Danny&Anne】日本ディーアンドエー【DandA】日本

最新デニムテクノロジーを採用した「SMART GUESS」4つのテーマでスタート

  • ゲス【GUESS】アメリカ
  • ゲス【GUESS】アメリカ
  • ゲス【GUESS】アメリカ
  • ゲス【GUESS】アメリカ
  • ゲス【GUESS】アメリカ
  • ゲス【GUESS】アメリカ
  • ゲス【GUESS】アメリカ
  • ゲス【GUESS】アメリカ
  • ゲス【GUESS】アメリカ
  • ゲス【GUESS】アメリカ


 ジーンズブランドとして設立された米国の「GUESS」の 2015年秋冬のプレスレヴューが東京・青山で6月3日と4日に行われている。セクシーなモデルを起用した大胆な広告は、多くの人たちに注目されている。今秋冬のテーマは3つ。「2 ti Tango」、「LATINPOP」、「MOTORCYCLE DIARIES」。情熱的でクラシカルな雰囲気を持つタンゴ・ダンスうぃ思わせる赤と黒のコントラストやスパニッシュローズのプリントなどを使った「2 ti Tango」。深みのあるレッドやグリーン、フェザープリントが妖艶でエキゾチックな雰囲気の「LATINPOP」。ロードムービーにインスパイアされたレザージャケットやバイカー風デニムなどがラインアップされた「MOTORCYCLE DIARIES」。

 さらに、最新デニムテクノロジーを採用した「SMART GUESS」がスタートする。「プッシュアップ(PUSH UP)」、「ヨガ(YOGA)」、「シェイプアップ(SHAPE-UP)」、「ジェットセット(JET SET)」の4つを段階的に販売していくという。美しくヒップアップされたフォルムを実現した「PUSH UP」。伸縮性の高い素材とデザインが、身体のラインにぴったりと沿う最高の快適さとスタイリッシュなフォルムを作る「YOGA」。

 最も曲線美を強調するデザインで、スリムでセクシーに見える「SHAPE-UP」。これまでのデニムの中で最も快適で、柔らかく、そして軽いのが特徴で、いつでも旅に出るような活動的なライフスタイルに適応した「JET SET」。ジーンズに関しては、熱い思いを実現した「SMART GUESS」は、ジーンズやレギンスで最も注目されそうだ。また、バッグは、様々なデザインが販売されている。カジュアル過ぎず、オフィシャル過ぎず、オケージョンを選ばないデザインが売れる秘訣のようだ。

 日本ではカワイイが主流だが、グローバルな視点てみていると、ハイティーンになった瞬間からセクシーや大人っぽさがメインになる。草食男子の多い日本では、注目されないドレスやトップスなども、ホリデーシーズンの12月からは、パーティ用に店頭も華やかになるという。ハロウィンが終わったら、セクシーにクリスマスを楽しむのも新しい生き方だと痛感した。SEXY WITHOUT QUESTIONだ。

【関連資料】
World of GUESS: Japanゲス【GUESS】アメリカ




「運命のブラ」が、みんなの運命を変えそうな勢いで売れている。tutuanna

  • チュチュアンナ(tutuanna)
  • チュチュアンナ(tutuanna)
  • チュチュアンナ(tutuanna)
  • チュチュアンナ(tutuanna)
  • チュチュアンナ(tutuanna)
  • チュチュアンナ(tutuanna)
  • チュチュアンナ(tutuanna)
  • チュチュアンナ(tutuanna)
  • チュチュアンナ(tutuanna)
  • チュチュアンナ(tutuanna)
  • チュチュアンナ(tutuanna)
  • チュチュアンナ(tutuanna)
  • チュチュアンナ(tutuanna)
  • チュチュアンナ(tutuanna)


 靴下の「チュチュアンナ(tutuanna)」のスーパーヒット版は、バストにぴったりフィットし、谷間をキープする「運命のブラ」である。今秋冬からニューデザインが続々登場する。運命のブラだけについているハートパッドは、パッドの向きを変えるだけで2つの谷間が楽しめるのが特徴。カップ全体がどんな胸にも自然な丸みでぴったりフィットするからだという。また、アンダーベルトがヘム仕様で背中の段差ができにくくしたとそうだ。

 シンプルなカジュアルコーデにや、大人のエレガントスタイルなど様々なトレントに対応したデザインを追求している。パール使いやモヘアタッチの素材を使用するなど、ヴィンテージテイストのものを加え、2015年らしい提案が増えている。アニマル柄などのキッズやメンズソックスも人気がある。ストッキングも素材感をかえ、さわり心地のよい素材に変えたら、大好評だという。

 着け心地にこだわった、チュチュアンナのソックスから下着、インナーウェアは、女性スタッフの努力の賜物のようだ。日々、雑誌だけなく、ファッション・ブランド情報を収集しながら、スタイリストさんや、ありとあらゆる関係者から、洋服の最新情報をみんなでチェックしている。どこよりも、真剣に情報収集をし、確実に売れる商品に育て上げようとする姿は、アパレル業界が学ぶべきだと痛感した。




【関連資料】

「運命のブラ」
チュチュアンナ(tutuanna)



「ifca」のショールームは、「FOREVER 21」「asics」などトレンドの宝庫

  • アイ・エフ・シー・エー ショウルーム【ifca showroom】
  • アイ・エフ・シー・エー ショウルーム【ifca showroom】
  • アイ・エフ・シー・エー ショウルーム【ifca showroom】
  • アイ・エフ・シー・エー ショウルーム【ifca showroom】
  • アイ・エフ・シー・エー ショウルーム【ifca showroom】
  • アイ・エフ・シー・エー ショウルーム【ifca showroom】
  • アイ・エフ・シー・エー ショウルーム【ifca showroom】
  • アイ・エフ・シー・エー ショウルーム【ifca showroom】
  • アイ・エフ・シー・エー ショウルーム【ifca showroom】
  • アイ・エフ・シー・エー ショウルーム【ifca showroom】
  • アイ・エフ・シー・エー ショウルーム【ifca showroom】
  • アイ・エフ・シー・エー ショウルーム【ifca showroom】
  • アイ・エフ・シー・エー ショウルーム【ifca showroom】
  • アイ・エフ・シー・エー ショウルーム【ifca showroom】


 PR会社「ifca」は、showroomが東京・表参道に面した好立地にある。2015年5月27日(水)~29日(金)までアパレル、シューズ、バッグ、ジュエリーから 時計、デジタル製品まで幅広いトレンドアイテムの展示会が行われた。お奨めのブランドは、LA発のグローバル・ファッション・ブランド「FOREVER 21」や東京オリンピック2020のゴールドパートナーでもある「asics(アシックス)」、文字盤が花柄の腕時計の新作が展示された「ICE WATCH(アイスウォッチ)」、業界最軽量クラスのメガネ・ブランドの「Swissflex(スイスフレックス)」などがトレンドとして、秋冬に浮上しそうだった。

 「FOREVER 21」は、ヨーロッパ感覚のセレブ系の高級ブランドを意識した刺繍やレースを使ったラグジュアリー志向のウエアが多く展示されていた。若干、価格が上がっても良質なモノを展開する予定だという。また、ジャパンブランドの「asics」は、袖が簡単に取り外せるアウターや機能性を重視したウェア、シューズが登場する。スポーツ界のみならず、ファッション界にも影響をあたえそうだ。

 メガネ・ブランド「Swissflex」は、着せ替えのように様々なカラーのフレームが用意されていて、洋服によってコーディネートが出来る究極のメガネとして存在感をアピールしていた。また、PR会社のケイタリングサービスも、会社の価値を上げるポイント。ハンドバッグ型バッグインボックスワインの「Vernissage(ヴェルニサージュ)」は、驚きのクオリティの高さを感じさせた逸品だった。展示会場では、楽しめることも大事だ。




【関連資料】

ファッション,アパレルに特化したPR会社 アイ・エフ・シー・エー ショウルーム【ifca showroom】
フォーエバー21【FOREVER 21】アメリカ
アシックス【asics】
アイスウォッチ【ICE WATCH】
Swissflexが業界最軽量クラスのメガネで涼感スタイルを提案!




年齢層を意識しないノンジャンルの合同展示会「BATOMA CHRISTMAS」が新しい

  • 場と間【BATOMA】合同展示会
  • 場と間【BATOMA】合同展示会
  • 場と間【BATOMA】合同展示会
  • 場と間【BATOMA】合同展示会
  • 場と間【BATOMA】合同展示会
  • 場と間【BATOMA】合同展示会
  • 場と間【BATOMA】合同展示会
  • 場と間【BATOMA】合同展示会
  • 場と間【BATOMA】合同展示会
  • 場と間【BATOMA】合同展示会
  • 場と間【BATOMA】合同展示会
  • 場と間【BATOMA】合同展示会


 2015年5月27日~30日 ラフォーレミュージアムで開催されているデザイン・アート・プロダクトの合同展示会「BATOMA CHRISTMAS」は、アート性とコマーシャル性に富んだ47社が参加している展示会だ。29日と30日は、一般にも開放しているエキサイティングな内容だ。TEA TIME TAILOR(ティータイムテーラー)は、ネーミングが素敵な紅茶のブランドで、茶葉が実験室にありそうなボトルに入っている。

 アッシュ・ペー・フランス ショールームには、SERGE THORAVAL(セルジュ・トラヴァル)、NACH(ナッシュ)、MUHLBAUER(ミュールバウアー)、Fil D'araignee(フィル・ダレニエ)、WUT(ヴット)などが参加していた。ソックスのoybo(オイボ)、リーディンググラスのdoubleice(ダブルアイス)。バブーシュ、ヴィンテージデニムのエプロンなどを得意とするリユース雑貨のBirth(バース)。メンズトランクスで有名なBETONES(ビトーンズ)。

 LEDキャンドル、香り製品(フレグランス・ハンドクリーム・練り香水・ディフューザーなどを扱うK-プランニング。南イタリア・プーリア州にあるジョイア・デル・コッレ「喜びの丘」という村からイタリアで最も美しく、楽しく、美味しいと評判のパスタやオリーブのジュースと言わせたオリーブオイルも絶品のPadonni(パドンニ)、Mancino(マンチーノ)も出品されていた。

 合同展示会「場と間(BATOMA)」は、回を重ねるごとに洗練されていく。繊細さと大胆さが程よく、マッチしたブースの構成も見る側にとって心地よい。エスニックもあり、アーバンライフのためのグッズも多い。年齢層も意識していないのが新しい。年齢は関係ないと思う。常に、テイストやアイテムで絞りこんでいるのが人気の秘訣のように思える。雑貨というジャンルは、幅が広く散漫になりがちだが、クリスマスやパーティを意識したところにニュービジネスの可能性をみた。

【関連資料】
場と間【BATOMA】合同展示会デザイン・アート・プロダクトの合同展示会「BATOMA CHRISTMAS」TEA TIME TAILOR(ティータイムテーラー)Birth(バース)ビトーンズ【BETONES】日本K-プランニング




アーカイブ