Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

「少女とドラゴン」のキャラクター[水兵]シャロルの衣装を着た矢口真里

  • 少女とドラゴン【Girl & Dragon】
  • 少女とドラゴン【Girl & Dragon】
  • 少女とドラゴン【Girl & Dragon】
  • 少女とドラゴン【Girl & Dragon】
  • 少女とドラゴン【Girl & Dragon】
  • 少女とドラゴン【Girl & Dragon】
  • 少女とドラゴン【Girl & Dragon】
  • 少女とドラゴン【Girl & Dragon】


 PCブラウザゲーム「少女とドラゴン」~幻獣契約クリプトラクト~ 完成披露会が、7月30日(木)に東京・渋谷で行われた。MCにさわやか五郎氏(Goro Sawqayaka)が登場し。本作のテーマソング「black butterfly」を歌うアーティストのPile(パイル)が楽曲に込めた思いを「画像が綺麗で、迫力があるゲームと楽曲の「black butterfly」がマッチしていました。」と嬉しそうに語った。

 C版のオリジナルキャラクター[水兵]のシャロルの声を演じる矢口真里。彼女は、シャロルの爽やかなコスプレでご登場、アフレコの感想やゲームの見どころなどを語った。また、矢口さんご本人にちなんだシャロルの必殺技"セクシービーム"を生披露し、ステージを盛り上げた。「もともと、スマフォでやっていたので、PCになったのを楽しみにしていました」と語り、「16歳の設定のシャロルを32歳の矢口がやるのに抵抗があったが、やってみるといけそうな気がすると語った。

 「昨日の夜は眠れなかった。踊りも十年ぶりなので。ちょっと難しいと思ったがやれた。セクシービームでチャンスをいただいてので、うれしいです」と語った。また、モー娘。OGメンバーと現役メンバーとコラボする予定もあるそうで、体重を落としたいとも、本音を語る場面もあった。水兵さん以外にやりたいキャラクターがあるかと聞かれ、「男子のキャラクターをやりたい」と意外な答えがかえってきた。。

 「シャロルちゃんは16歳なので、露出していますが、私は32歳ですが、お腹を出したコスチュームを着たいです。そのために、ホットヨガで頑張ってます」と努力をアピールした。モー娘。のダンスはダンスは消費量が多いので激しいので痩せるそうだ。また、結婚ラッシュだが、お付き合いしている彼氏はいるのだが、結婚はしないときっぱり結婚を否定した。家ではコスプレはしないという。やりたいけど、この世界にはまったらお金がかかりそうなので思案中だとか。

 ゲームの主人公のコスチュームを完全にコピーしたものを身長145cmの矢口真里が着ると小さなロボットのような感じがした。すでに、成熟したビジネスのストーリーがある。漫画、アニメ、玩具、などのライセンス・ビジネスとコスプレの個人的な趣味による波及効果などゲームが、単にバーチャルではないことを感じた。その意味でも、様々な部分でファッションと関わっているのが人気キャラクター・ビジネスなような気がした。

【関連資料】
少女とドラゴン【Girl & Dragon】ゲーム矢口真里【Mari Yaguchi】パイル【Pile】歌手矢口真里も登場するPCブラウザゲーム「少女とドラゴン」発表会

日本の伝統を継承するのでなく、伝統を新しくして世界中に広めるWAMONJAPAN

  • 和紋じゃぱん【WAMONJAPAN】
  • 和紋じゃぱん【WAMONJAPAN】
  • 和紋じゃぱん【WAMONJAPAN】
  • 和紋じゃぱん【WAMONJAPAN】
  • 和紋じゃぱん【WAMONJAPAN】
  • 和紋じゃぱん【WAMONJAPAN】
  • 和紋じゃぱん【WAMONJAPAN】
  • 和紋じゃぱん【WAMONJAPAN】


スワロスキーと家紋の驚きのコラボレーションが実現した。麻布十番にある和紋じゃぱん株式会社(WAMONJAPAN INC.)を尋ねた。「日本の伝統を継承するのでなく、伝統を新しくして世界中に広めたい」という代表取締役 綾野秀紀(Hidenori Ayano)氏の熱い思いから2014年4月に会社を設立し、スワロスキーの家紋や漢字など日本の伝統文化をヨーロッパの素材を使用して発信し始めた。「和」、「家紋」、「おもてなし」の3つのキーワードがコンセプトだそうだ。

若き挑戦者の綾野氏は、大学教授の父親の関係で中学から高校まで、デンマークで過ごしたという。だからこそ日本文化や伝統に対して、単にアンティークやヴィンテージでは廃ってしまうという思いがあるという。そこで考えたのが、スワロスキーと家紋という異色のコンビである。海外でエージェントを探しながら模索中だという。フェイスブックででは、9割が外国からの5万人のフォロアーがいる。

 現在は、ネットを通して個人のオーダーメイドの注文が多い。そのため、社内でハンドメイドで制作している商品もある。中心上代が3万円だ。桐の箱に入れ、結婚式の祝儀袋に付いている水引を添えて送る。これが、彼流の「おもてなし」だ。というのも、結婚したばかりで、いただいた祝儀袋に付いている水引を捨ててしまうのは忍びないというのがヒントになったという。ファッション業界にいたわけではないので、発想が柔軟だ。世界に羽ばたく準備はできている。あとは、有能なエージェントや新しい販路が開拓できれば、世界デビューできる。スタッフもフランス人のハーフの男子やイタリア人など国際色豊かに揃っていた。日本人である証をビジネスする男が現れた。




【関連資料】

和紋じゃぱん【WAMONJAPAN】
wamonjapan
WAMON JAPAN facebook


西川瑞希、坂本礼美、Niki、菜香、吉木千沙都の5人の人気モデルが、「dulas」のステージに登場。

  • ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】
  • ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】
  • ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】
  • ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】
  • ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】
  • ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】
  • ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】
  • ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】
  • ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】
  • ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】
  • ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】
  • ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】
  • ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】
  • ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】


 夏恒例の「VENUS SUMMER FES 2015(ヴィーナスサマーフェス)」が、7月23日(木)に東京・渋谷 TSUTAYA O-EASTで開催された。同世代の女の子たちに向けて、それぞれの分野の最新リアルトレンドを表現する「リアルトレンドコレクション」を実施。さらに、雑誌『Popteen』『JELLY』『Skawaii』『Ranzuki』などの人気モデルとして活躍する西川瑞希(Mizuki Nishikawa)、坂本礼美(Remi Sajamoto)、Niki、菜香(Saika)、吉木千沙都(Chisato Yoshiki)の5人のモデルが、アパレルブランドの「dulas」のステージに登場した。

1)西川瑞希(Mizuki Nishikawa) 爽やかなパネルプリントノースリーブのワンピース。 2)Niki  ぺプラムのビスチェ風トップスにレースのロングカーディガンとベージュの裾ゴムのロングパンツ。 3)吉木千沙都(Chisato Yoshiki) フラワー柄のオフショルダーのカットオフのショートパンツ。 4)菜香(Saika) 黒の女優帽にリブ編みのノースリーブとロングパンツのセットアップは、シックでエレガントだ。 5)坂本礼美(Remi Sajamoto) 民族調のパネルプリントのフレンチスリーブのワンピース。

 5人のモデルは、別格な存在だが、前回も参加したモデルいて、いつもと違うフランクで元気の良い会場の雰囲気を楽しんでいた。ファッションは、楽しむためにある。自由である。みんなのものであるというポリシーを感じた。長々と無為に時間を過ごす必要もない。むしろ、90分という短い時間に凝縮したからこそ、エネルギーが集約され、爆発したように思う。イベントの意義を感じたファッションショーだった。

【関連資料】
ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】デュラス【DURAS】

人気雑誌モデルたちによるファッションショーとレッドリボンチャリティー実施「VENUS SUMMER FES 2015」開催
専門学校生のファッションショーとレッドリボンチャリティーのイベント「VENUS SUMMER FES 2015」



軽やかでセンセーショナルなLIP SERVICEのショー

  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本
  • リップサービス【LIP SERVICE】日本


Cool&SEXYのスタイルをベースに色っぽさとエッジの効いた大人の女、カッコいい女達のためのゴージャスなHIGH STYLEを提案するブランド「リップサービス(LIP SERVICE)」が、「VENUS SUMMER FES 2015(ヴィーナスサマーフェス)」に参加した。雑誌『Popteen』『JELLY』『Skawaii』『Ranzuki』などの人気モデルとして活躍する西川瑞希(Mizuki Nishikawa)、坂本礼美(Remi Sajamoto)、Niki、菜香(Saika)、吉木千沙都(Chisato Yoshiki)の5人のモデルが登場した。


 ピンクのカトレアのような花柄プリントのロングスカートにウエストシャーリングのベアトップ。ピンクとブルーの花柄プリントのオーガンジーの無地との二枚重ねのトップスとミニタイトスカートのセットアップ。オレンジのレースのノースリーブとショートパンツのセットアップ。女優帽にストライプのワイドパンツとティアードのキャミソール。ピンクのぺプラムのベアトップとボーダー柄ミニタイトスカート。



 シンプルでありながら、ボーダー柄やボタニカル柄、ベアトップ、ワイドパンツなどトレンドを網羅したLIP SERVICEのショー。リアルクロージングの世界を会場を埋め尽くした観客にアピールした。夢見る学生のファンタジックな世界と対比するかのような、完成度の高い洋服を見せることは大事だ。軽やかにセンセーショナルにLIP SERVICEのショーが終わった。



【関連資料】

ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】
リップサービス【LIP SERVICE】日本

人気雑誌モデルたちによるファッションショーとレッドリボンチャリティー実施「VENUS SUMMER FES 2015」開催
専門学校生のファッションショーとレッドリボンチャリティーのイベント「VENUS SUMMER FES 2015」



ミリタリーというテーマなのにフェミニンで女性らしいデザインが多い「Kiss & Wink」

  • Kiss & Wink
  • Kiss & Wink
  • Kiss & Wink
  • Kiss & Wink
  • Kiss & Wink
  • Kiss & Wink
  • Kiss & Wink
  • Kiss & Wink
  • Kiss & Wink
  • Kiss & Wink


 ヴィーナスアカデミーには、オリジナルブランド「キス&ウインク(Kiss & Wink)」がある。学内選考で選ばれた優秀学生5名のKiss & Winkのショーが「VENUS SUMMER FES 2015」で行われた。テーマは、ミリタリー。赤のロングスカートに黒のライダースジャケット。葉っぱのレリーフを付けたロングコート。カーキや黒のMA1が多い中、あえて赤のMA1を作ったという。60年代が好きな学生は、フロントを腹だしをしたデザインのミリタリージャケットコート。デコルテを強調したロングドレス、シースル―とベロアとレザーを組み合わせたあまりないデザイン。

 学生らしい今までにないデザインにこだわっている点が評価できる。常識を覆す、MA1の赤や腹出しのコートなど明らかに違いがわかるデザインから、シルエットや装飾で違いを出したデザインまで幅広い作品が登場した。ミリタリーというテーマは、メンズっぽいハードなアイテムが増えると思っていたが、むしろフェミニンで女性らしいデザインが多かったのには驚かされた。





【関連資料】

ヴィーナスアカデミー【Venus Academy】
ヴィーナスアカデミーオリジナルブランド「Kiss & Wink」のデザイン&生地選びに密着!!
人気雑誌モデルたちによるファッションショーとレッドリボンチャリティー実施「VENUS SUMMER FES 2015」開催
専門学校生のファッションショーとレッドリボンチャリティーのイベント「VENUS SUMMER FES 2015」


エネルギーを放出しながら、成長していくさまを見ているようなVENUS Beauty Show

  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)
  • Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)


 7月23日(木)に行われたトータルビューティスクール「Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)」の夏恒例の「VENUS SUMMER FES 2015(ヴィーナスサマーフェス)で100名を超えるオーディションをくぐり抜けた学生がモデル&ダンサーとしてステージでパフォーマンスを行う「Venus Beauty Show(ヴィーナスビューティショー)」が行なわれた。ヒップホップやストリートダンスなど思い思いのコスチュームで激しくステージでダンス・パフォーマンスを繰り広げた。

 可愛らしい花輪をヘッドドレスにした女の子たちもいれば、セクシーな透けた素材を使ったコスチュームで踊る女の子たち、黒のスポーツウェアで踊る女の子たちなどm様々なスタイルだが、激しさには変わりない。喜怒哀楽を激情的に表現しているようだった。ダンスや踊りの秘められた心の塊を爆発させる何かを感じた。宇宙が爆発を重ねて大きくなるように、人もエネルギーを放出しながら、成長していくさまを見ているようだった。

【関連資料】
Venus Academy(ヴィーナスアカデミー)専門学校生のファッションショーとレッドリボンチャリティーのイベント「VENUS SUMMER FES 2015」

「HAPPY SOCKS」ソックスとカフェのコラボレーションで見えてきてこと

    <
  • ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン
  • ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン
  • ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン
  • ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン
  • ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン
  • ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン
  • ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン
  • ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン
  • ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン
  • ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン


 ソックスとカフェのコラボレーション・ショップが期間限定でオープンした。スウェーデンのレッグウエアブランド「HAPPY SOCKS」が、カフェ「SMITH」でソックスやマグカップの物販とオリジナルメニューの販売を開始した。それに先立ち、7月23日にオープンニング・パーティが行われた。9月上旬から販売されるコンバースとのコラボレーションシューズも展示されていたり、「HAPPY SOCKS」をはいた写真が店内に掲示されたりと、「HAPPY SOCKS」ワールドが展開されていた。

 スニーカーの内側にソックスと同じ模様がプリントされていたら、みんな驚くだろうなと考えたのかどうか知らないが、とにかく遊び心が満載のコンバースとのコラボ商品だった。またソックスやマグカップの物販の他に、「HAPPY SOCKS」のノートが貰えるポイントキャンペーンの実施しているそうだ。

 ソックスとフードなど考えられる関係を実際にジョイントしたのはPR1というアパレルを中心に販促PRを行っている会社だ。モノを売ることだけを考えていると限界もあり、顧客は興味がない。イベントととなると話は変わる。消費気分にスイッチが変わる。エンターテイメント性が重要になってきている。ポップアップショップも同じように、期間限定だからこそ、買う気になる。まだまだ努力してないと思う。




【関連資料】

HAPPY SOCKS Café at SMITH
■日 程:7月24日(金)~8月6日(木)
■時 間:12:00~23:00 ※ランチタイム 12:00~15:00
■場所:東京都渋谷区神宮前6-28-6 Qプラザ原宿4F
ハッピー・ソックス【Happy Socks】スウェーデン
【HAPPY SOCKS(ハッピーソックス) Café at SMITH】期間限定でオープン!


心地良いリッチさとシンプルさと文化の香りがする「MCM」

  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ
  • エムシーエム【MCM】ドイツ


 1976年、ドイツ・ミュンヘンの黄金期に誰とも違っていたいという願望と完璧さを求める比類なき野心により誕生した老舗ラグジュアリ―ブランド「MCM」。その「MCM」の展示会が、東京・南青山のプロスペール(Prospere Co., Ltd.)で行われた。グローバルに旅する人や、ファッション評論家、国際的な社交家、著名人が集まり、居住しはじめた1960年代から70年代にかけてミュンヘンの文芸復興のモダニズム、目新しさ、革新、進歩主義の中で誕生したModern Creation Munchen(モダンクリエーションミュンヘン)がブランド名の由来だそうだ。

 このスピリットを掲げ、これからも未来へと進化し続けるMCMが発信した2015-16年秋冬コレクションのテーマは、"We are the future"。伝統的で革新的なデザインやフォルムは、未来志向なイメージを受けた。羊や犬のぬいぐるみは、実売の商品でラグジュアリ―なプライスで販売するそうだ。1980年代に日本で大ブームを巻き起こしたMCMの再上陸は、多くのメディアが取り上げている。

 私見だが、神戸などのお嬢様のご用達ブランドのようなイメージがある。バブルで成金な人達にキラキラブランドとして人気があったヴィトンやシャネルから、本物志向のMCMに乗り移っていった経緯がある。そして2015年、新たにビジネスからカジュアルまで網羅した新生MCMが誕生した。心地良いリッチさとシンプルさ、チャーミングさが、新世代たちが共感できるデザインに仕上げっている。また、文化の香りがする世代にも人気が出そうだ。白が似合うバッグという印象を受けた。

【関連資料】
エムシーエム【MCM】ドイツ

蛯原友里が語る親子の絆と受け繋いでいく母娘の美容について benefique

  • ベネフィーク【BENEFIQUE】資生堂
  • ベネフィーク【BENEFIQUE】資生堂
  • ベネフィーク【BENEFIQUE】資生堂
  • ベネフィーク【BENEFIQUE】資生堂
  • ベネフィーク【BENEFIQUE】資生堂
  • ベネフィーク【BENEFIQUE】資生堂
  • ベネフィーク【BENEFIQUE】資生堂
  • ベネフィーク【BENEFIQUE】資生堂
  • ベネフィーク【BENEFIQUE】資生堂


 資生堂のベネフィーク(BENEFIQUE)の新ライン発表会が東京・渋谷で行われ、母娘の肌は遺伝するという親子の肌遺伝に関するメディア・セミナーが7月23日に東京・渋谷で開催された。広告モデルの蛯原友里さん(Yuri Ebihara)が登場し、初の母娘共演が実現した。母娘の肌遺伝に関する知見のもと、2015年9月に「BENEFIQUE」ブランドより新スキンケアラインが発売される。BENEFIQUEシニアブランドマネージャー益井澄子(Sumiko Masui)氏が百年先の総合ライフスタイルブランドの進化について語った。また、リサーチセンター主任研究員の白衣姿の松尾玲(Akira Matsuo)氏による肌遺伝に関する知見が発表された。

 セミナー後、広告モデルを6年間務めている蛯原友里さんが母親の蛯原真由美(Mayumi Ebihara)とステージ、母娘によるトークショーに登場した。母親と似ている点を聞かれ、しわが少ない事、肌が強い事などをあげた。現在妊娠中の蛯原友里さんに、子供に似てほしい点を聞かれ、「良いところを受け継いでほしい。特に夫の芸術的センスや私の明るくて前向きなところなどですね」と答えた。

 母娘で買い物に一緒によく行くという蛯原親子は、親子というより「女子会ショッピング」をしているみたいに仲良い雰囲気だそうだ。母親から、大学進学で上京したときに、スキンケアだけは大事だと言われたことを感謝していると語った。一方、母親の真由美さんは、最近のお肌の手入れの仕方やメイクの仕方を教えてもらっているという。最近では、眉毛が太くなっていることなど、学んだそうだ。

 資生堂という老舗の伝統と技術を持っているブランドが肌遺伝という、何世代も続く法則を見つけ出した点に驚かされた。伝統に甘んじることなく、革新的技術革新で、百年二百年と続く、ヨーロッパ型ブランドに負けない実力を持ち続けている点にも、日本人として感激してしまった。本来、遺伝子が繋いでいくように、ブランドも行く末までもつなげると確信したセミナーであった。

【関連資料】
ベネフィーク【BENEFIQUE】資生堂ランゲルハンス細胞のつぶやき # 肌の免疫力 | 資生堂母娘の肌は遺伝するという親子の肌遺伝のBENEFIQUEセミナーにモデルの蛯原友里と母親が登場

 

新宿アルタ前に突然踊りながら水着になるフラッシュモブダンスの美女たち

  • フラッシュモブ【Flash mob】
  • フラッシュモブ【Flash mob】
  • フラッシュモブ【Flash mob】
  • フラッシュモブ【Flash mob】
  • フラッシュモブ【Flash mob】
  • フラッシュモブ【Flash mob】
  • フラッシュモブ【Flash mob】
  • フラッシュモブ【Flash mob】
  • フラッシュモブ【Flash mob】
  • フラッシュモブ【Flash mob】
  • フラッシュモブ【Flash mob】
  • フラッシュモブ【Flash mob】
  • フラッシュモブ【Flash mob】
  • フラッシュモブ【Flash mob】
  • フラッシュモブ【Flash mob】
  • フラッシュモブ【Flash mob】


 突然、新宿東口の広場に美女30人がトングを持って現れ、ゴミ拾いしながら、着ていた服を脱ぎ始めたら、あなたならどうする。音楽に合わせ突然踊りながら水着になるフラッシュモブダンスというイベントが、7月20日の海の日に新宿アルタ前の広場で行われた。通行人は何が起こったのか、わからないまま立ち止まり、不思議な光景を見ていた。大都会のど真ん中で、水着姿の美女ばかりを見ることができる夢のようなイベントに一般客から大きな拍手が起こっていた。

 日本スイムスーツ協会(JSA)が主催するもので、2015年度の新作水着の販促のための今年で3年目になるキャンペーン・イベントだ。メインは、なんといっても、第11代JSAキャンペーンガールの横町ももこ。彼女目当てに、大勢のファンがカメラやムービーを持参しながら、群衆の先頭を陣取っていた。ほとんどが、中年の男性という珍しい光景だが、英会話、書道、歌唱が趣味だという横町ももこには、若い男性は無理かもしれないと思った。

 囲み取材で横町ももこは、「地方でロケだったので、今日の練習をしていました」と語り、「今日、海の日だったと気付いた」と笑わせた。「今年は、ゴールデンウィークに、まだ誰も泳いでなかったのですが、ノリで友達と二人で水着になってりしました」とひょうきんな面を見せて、取材陣を驚かせた。今日着ている水着のお気に入りのところはありますかという質問に対して「ピンクが基調で色味がすごく可愛いなと思ったのと、上にフリルで下にもフリルがあって、すごいボリュームがあって、ラインが綺麗に見えるのが気に入ってます」と笑顔で答えていた。

 この夏に挑戦したいことについて、「今、韓国語を勉強中で、アジア進出を狙っているので、そういうチャンスがあればいいなと思っています。国内だけでなく、アジアでも映画やバラエティに出たいです」と意気込みを語った。また、韓国の少女時代に憧れていると告白した。インタビューでは、海外進出の夢をしっかりと答えている反面、地元青森で友達と遊びたい点や少女時代のファンなど、グローバルとローカライズを合わせた考え方をした女性だと感動した。

 フラッシュモブは、アメリカやヨーロッパで盛んに行われている。インターネット、特にEメールを介して不特定多数の人間が公共の場に突如集合し、目的を達成すると即座に解散する行為のことをいう。何事もなかったように終わるのがポイントだ。いづれ、千人、一万人の人達が集まるようになったら面白いのだが、警備などの面ばかりが先行する日本では夢のまた夢のようだ。それでも、楽しい瞬間だった。

【関連資料】
横町 ももこ公式ブログ|be amie オスカープロモーション日本スイムスーツ協会(JSA)横町ももこを含め30人の水着美女がフラッシュモブダンス 新宿アルタ前でフラッシュモブ【Flash mob】風俗




SKE48の宮澤佐江とモデルのemmaが公開生放送するAmebaFRESH!Studio

  • SKE48の宮澤佐江とモデルのemmaが公開生放送するAmeba FRESH! Studio
  • SKE48の宮澤佐江とモデルのemmaが公開生放送するAmeba FRESH! Studio
  • SKE48の宮澤佐江とモデルのemmaが公開生放送するAmeba FRESH! Studio
  • SKE48の宮澤佐江とモデルのemmaが公開生放送するAmeba FRESH! Studio
  • SKE48の宮澤佐江とモデルのemmaが公開生放送するAmeba FRESH! Studio
  • SKE48の宮澤佐江とモデルのemmaが公開生放送するAmeba FRESH! Studio
  • SKE48の宮澤佐江とモデルのemmaが公開生放送するAmeba FRESH! Studio
  • SKE48の宮澤佐江とモデルのemmaが公開生放送するAmeba FRESH! Studio
  • SKE48の宮澤佐江とモデルのemmaが公開生放送するAmeba FRESH! Studio
  • SKE48の宮澤佐江とモデルのemmaが公開生放送するAmeba FRESH! Studio


 キリン株式会社が、原宿駅竹下口前に新しくオープンした「Ameba FRESH! Studio」で、7月20日(月)11時から『Volvic+Vitamin特別番組』を公開生放送するという。本番組の放送を記念して、生放送前に、番組出演者のSKE48の宮澤佐江(Sae Miyazawa)とモデルのemmaを迎えて特別トークショーが開催された。ブルーと白のストライプのタイトスカートに半袖シャツという爽やかなコーディネートで現れたグリーンのニットを首に巻いたemma。一方、シルクタッチのタックプリーツのミニスカートに、比翼仕立ての長袖ブラウスのセットアップで大人っぽい白コーデで登場した宮澤佐江。

 まるで、旧知の仲のように楽しそうに会場に現れた。初対面だという。海の日なので海について聞かれ、宮澤は、「海と山といったら、山派かな、海は日焼けしちゃうので誰よりも太陽の陽を吸収しちゃうので、黒なっちゃうので好んでは海に行かないです」と答えた。emmaは、「私は海が好きです。職業上あんまり海に行けないんですけど、年に一度は行きたいという気持ちですね」と真反対な感想を述べた。「一昨年くらいなんですけど、地元(北海道)に帰って、地元のみんなで海に行って、誰ひとり水着を持ってなくて、どこまで入れるかというのをやって、全員びしょぬれになったという思い出があります」と暴露した。

 きれいな秘訣を聞かれたemmaは、「一日三食しっかり食べること」とシンプルに普通に日常生活を送ることを薦めていた。また、6月6日に行われた第7回AKB48選抜総選挙について聞かれた宮澤は、「7年連続に選抜入りを果たせたことに、ファンの皆さんの愛があったことに感謝しています。そして、今まで目標がなかったので、今年で最後ということで望んだ結果、8位になれました。ファンの皆さんと一緒にいただいたと思っています」と語った。会場では、すでに決まったことの結果発表なので、興奮するというよりも喜びを味わう感じだそうだ。来年出る事はないと思うと語り、シングル曲を出して気持ちが変わると思うとも語った。

 モデルといい、アイドルといい、MCやタレントなどで、滑舌も度胸もよく活動している姿を見ていると、現代っ子の能力の高さを感じてしまう。ますます、小さなテレビ局、ラジオ局が各地に増えていく。活動の幅が広がる反面、地上波への出演は熾烈を極め、下克上となる。それでも、ローカライズの動きも高まっている。どんどん、各自がスキルを上げ、地上波を超える面白い番組やコンテンツを作れば、スタジオの意味は拡大すると信じている。素敵な場所が出来た。

【関連資料】

AmebaFRESH!Studio
宮澤佐江オフィシャルブログ「おやすみなさえ」
エマ【emma】モデル
原宿駅前・竹下通り公開スタジオ『AmebaFRESH!Studio』オープニングに、ローラ&ますだおかだが登場。
Volvic+Vitamin CM出演モデルのemmaとSKE48の宮澤佐江が登場!



世界中で人気を集める「TOM DIXON」ブランドの日本初となるオンリーショップ

  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】


 イギリスのインテリアブランド「TOM DIXON(トム・ディクソン)」が日本初のオンリーショップ「TOM DIXON SHOP(トム・ディクソン ショップ)」を2015年7月17日(金)に、東京・青山にオープンした。「TOM DIXON」は、照明、ファニチャー、フレグランス、ホームアクセサリー約600 SKUを展開するインテリアデザイナー、トム・ディクソン氏が主宰するイギリスのインテリアブランドだ。2002年のブランドスタート以降、独創的なミラーを使った照明シリーズや、一点モノのアート作品にも近い斬新なプロダクトを数々発表。代表作のひとつである「Sチェア」は、MoMA(ニューヨーク近代美術館)の永久コレクションにも選ばれるなど、世界中のデザイン界で高い人気を集めている。

 今回オープンする「TOM DIXON SHOP」は、そんな世界中で人気を集める「TOM DIXON」ブランドの日本初となるオンリーショップ。ウィングバックチェアやビートライトシリーズなどの代表作はもとより、照明、チェアやホームアクセサリーなど洗練されたプロダクトを販売。約7割以上のプロダクトが日本初販売となる。スタイリッシュな店内もTOM DIXON氏自身が空間プロデュースに携わっており、同ブランドの世界感を存分に楽しめる。ロンドンに続いて、ブランドのオンリーショップとして世界で2店舗目となる本ショップ。オンリーショップ海外初出店の地として、ファッションからインテリアまであらゆる流行の発信地である東京・青山が選ばれたという。内覧会当日は、TOM DIXON氏本人も来日。新商品の紹介、ブランドのコンセプトや、日本へ本格上陸するに至った理由などをプレゼンテーションした。

 高級感あふれるインテリアグッズばかりだが、日本にないシャープなデザインは、モダン志向のITや外資系に勤める人たちに好まれそうだ。青山という立地も手伝って、おしゃれでスタイリッシュな都市型マンション生活者向けのデザインが多く、置くだけでアートになるような小物やライトが多く見受けられた。装飾的なデザインではなく、フォルムや素材や材質にこだわった優れたものが多い。頑固で丈夫な英国気質とニューヨークのような洗練されたスピリッツがある。徐々に人気が出るブランドであることは確かだ。




【関連資料】

トム・ディクソン【TOM DIXON】
林物産株式会社【HAYASHI BUSSAN CO.,LTD】
英国のインテリアブランド「TOM DIXON」オンリーショップ青山にオープン。


パリジェンヌをイメージしたブランド「SIMONE LIST」が新しい

  • シモーネ リスト【SIMONE LIST】
  • シモーネ リスト【SIMONE LIST】
  • シモーネ リスト【SIMONE LIST】
  • シモーネ リスト【SIMONE LIST】
  • シモーネ リスト【SIMONE LIST】
  • シモーネ リスト【SIMONE LIST】
  • シモーネ リスト【SIMONE LIST】
  • シモーネ リスト【SIMONE LIST】
  • シモーネ リスト【SIMONE LIST】
  • シモーネ リスト【SIMONE LIST】


 クールでいてどこかポップなお洒落なパリジェンヌをイメージしたブランド「SIMONE LIST(シモーネリスト)」が、2015年秋冬の展示会を東京・原宿で7月15日・16日の両日、姉妹ブランド「byU」とともに行った。「Strength」「Intellectual」「Motherhood」「Ability」をキーワードに、トレンドを取り入れたシンプルアイテムを展開するという。

 フレンチ・カジュアルという言葉を久々に聞いた。たしかに、シンプルだけど、どこかおしゃれで、エスプリに溢れた雰囲気は、日本語の「粋」に似ている。食卓テーブルのセットが、豊かな生活を物語っていた。生活感のない現代社会では、家でくつろぐことを忘れた人達が増えている。そんな貧しい心を持って生きている現代人に警鐘を鳴らすかのようなブランドの登場だ。

 ヨーロッパは、物質主義や拝金主義から大きく脱皮しようとしている。心豊かで自然とともに共存する道を選択しようとしている。自然があり、衣食住があり、家族がいた生活に戻す運動が起こり始めている。当たり前なことを当たり前にやる。それが、伝わるフレンチなライフスタイル。タイミングが良い。今秋、百貨店にオープンするという。

【関連資料】
シモーネ リスト【SIMONE LIST】 comming soon

SIMONE LIST(シモーネリスト)stylife


品格と遊びと豪華さがミックスした世界が拡がっていた【byU】

  • バイユー【byU】日本
  • バイユー【byU】日本
  • バイユー【byU】日本
  • バイユー【byU】日本
  • バイユー【byU】日本
  • バイユー【byU】日本


 2014年に植村浩樹(Hiroki Uemura)によって設立された大人の為の可愛い服のブランド【byU】の2015年秋冬コレクションが、7月15日と16日両日、東京・原宿で開催された。フェミニン的な部分を継承しつつ、エッジの効いたシルエットでキャリアウーマンの心をしっかりつかんでいるデザインが多く見受けられた。

 ラメ糸を使ったカウルネックのニットやペンシルボーダーのミニタイトスカート、テーラード衿のジャケットコートなどNYキャリアのようなコーディネートもあり、上質なベーシックを展開していた。ボタンを使ったジャケットはフレンチ感覚で斬新だ。また、花柄ブラウスワンピースに、手編みジャガードのニットは、裾にプリント地のギャザーテープを挟み込んだ手の込んだ丸首カーディガンは、大人メルヘンの世界を感じさせていた。コサージュが、byUらしさを表していた。

 大人っぽさとは何かを追求していながら、フェミニンでロマンチックなデザインに驚かされる。サプライズと意外性の連続で、着る側だけでなく、見る側を驚かせる仕掛けがいっぱいあるのが【byU】だ。品格と遊びと豪華さがミックスした世界が拡がっていた。静かなブームが起こりそうだ。

【関連資料】
バイユー【byU】日本byU

【KAMISHIMA CHINAMI Yellow】二次元的な感覚を取り入れたテキスタイルの世界

  • カミシマチナミ【KAMISHIMA CHINAMI】日本
  • カミシマチナミ【KAMISHIMA CHINAMI】日本
  • カミシマチナミ【KAMISHIMA CHINAMI】日本
  • カミシマチナミ【KAMISHIMA CHINAMI】日本
  • カミシマチナミ【KAMISHIMA CHINAMI】日本
  • カミシマチナミ【KAMISHIMA CHINAMI】日本
  • カミシマチナミ【KAMISHIMA CHINAMI】日本


 日本を代表するような実力派デザイナーのカミシマチナミ・イエロー【KAMISHIMA CHINAMI Yellow】の2016年春夏展示会が、東京・渋谷で7月14日から23日まで(土日を除く)開催されいる。今回も斬新なテキスタイルが登場した。「画壇の仙人」と呼ばれた熊谷守一(Morikazu Kumagai)に影響されて二次元的な感覚を取り入れたテキスタイルのサーキュラースカートやドレスが展示されていた。自然界に暮らす蟻などがモチーフとして使われていた。

 「シルクと異素材を縫製し、製品染めにしています。普通は、ポリエステル糸で縫製しますが、カミシマチナミは、ミシン針を細くし、糸もシルクで縫製します。染めも手で、大型の機械などを使わず、手で染めます」と手間ひまかけれ縫製していると社長の渡部寿貢(Tshitsugu Watanabe)氏がら伺った。

 ファッションは、ソフトが大事で、アイディアがあっても工業生産ですぐに出来上がるようなことを考えているから、同質化し、消費者に飽きられるとも語ってくれた。伝統技法を使ったり、過去の偉人や才能ある人達を蘇られることも大事だと痛感させられた。何よりも、開拓精神とチャレンジ精神が大事だと思った。

【関連資料】

KAMISHIMA CHINAMI facebook
カミシマチナミ【KAMISHIMA CHINAMI】日本
熊谷守一(くまがい もりかず、1880年(明治13年)4月2日 - 1977年(昭和52年)8月1日)
日本の画家。日本の美術史においてフォービズムの画家と位置づけられている。しかし作風は徐々にシンプルになり、晩年は抽象絵画に接近した。富裕層の出身であるが極度の芸術家気質で貧乏生活を送り、「二科展」に出品を続け「画壇の仙人」と呼ばれた。


ボヘミアンやフォークロアなど70年代ヴィンテージを意識したtutuanna

  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】
  • チュチュアンナ【tutuanna】


 靴下・インナー・ルームウェアなどのSPAブランド「チュチュアンナ(tutuanna)」の2015年秋冬展示会が、東京・渋谷で7月15日と16日の両日行われた。今秋冬のテーマは、70年代ヴィンテージ。リボン、ビジュー、パールなどのモチーフ使いやクラシックなチェック柄、ストライプ柄の他、ボヘミアンをはじめとするフォークロアなどの民族調のデザインがインスパイアされたデザインを展開していた。

 ルーズソックスも復活し、モチーフ使いのソックスやペアソックスなども人気だそうだ。また、なめらかマットタイツも下旬から店頭デビューする。しっとりと肌に馴染む上質なタイツだそうだ。また、8月5には、人気の「運命のブラ」に続き、「永遠のブラ」がデビューする。ベーシックでありながら、チュチュアンナらしいカワイイ刺繍やレースを取り入れたデザインは、キャミソールやデザインショーツとともに人気だでそうだ。

 ソックスブームにより注目を集めているtutuannaだが、口ゴムをゆるくしたソックスは、足に跡の付かないために、大人に人気だそうだ。OLやワーキングマザー向けの高級感のある肌に優しいソックスも展開している。靴下専門ブランドの誇りと伝統を感じさせる開発力に驚かされた。何よりも女性スタッフが多いのも、女性目線で商品開発されているのがわかる。いつも活気に満ち溢れた展示会に70年代の勢いを感じた。

【関連資料】
チュチュアンナ【tutuanna】「運命」の次は「永遠」』キャリア女性に向けたブラ発売

過激なイラストやデザイン 単色でシンプルな色使いがおしゃれな月影屋

  • 月影屋【Tsukikageya】
  • 月影屋【Tsukikageya】
  • 月影屋【Tsukikageya】
  • 月影屋【Tsukikageya】


 月影屋といえば、ゆかたや着物の過激なイラストやデザインで有名なブランドだ。しかも、セクシーで色っぽい浴衣が多い。大正時代のようなレトロ感といなせな江戸っ子の気風の良さを感じる。プリントやストライプなど単色でシンプルな色使いがおしゃれだ。原宿ラフォーレのエントランスで7月22日まで販売している。

 ゆかた柄もユニークで、バスローブとして使われたという浴衣の原点として、ヌード柄やハイヒール柄、星柄など着物専門店では、絶対売っていないものばかり。芸能人やセレブにも人気で、すぐに売り切れてしまうそうだ。月影屋代表の重田なつきさんは、世界的に有名な女性だが、日本大学理工学部建築学科卒というから驚きだ。

 独創性やオリジナル性の高い作品の多くが、奇想天外でユニークなものばかりだが、女性にも男性にも愛されている。人生そのものを楽しんでいる証かもしれない。中途半端なデザインが多い世の中で、思い切りがいいグラフィックなどが多く、他社が真似やコピーができないほど卓越した商品になっている。どんどん好きになってしまうブランドだ。




【関連資料】

月影屋【Tsukikageya】
tsukikageya @natsuki_shigeta
月影屋
井嶋ナギの浴衣講座 vol.01 ~「浴衣って何?」の巻~
色っぽいキモノ 井嶋ナギ (著)



繊細さとヒューマニティさあるハンドニットブランド「an/eddy(アンエディ)」

  • アンエディ【An/eddy】
  • アンエディ【An/eddy】
  • アンエディ【An/eddy】
  • アンエディ【An/eddy】


 ニットクリエイターの蓮沼千紘さんがデザイン製作を行うハンドニットブランド「an/eddy(アンエディ)」が原宿WALLで販売されている。ほとんどが一点ものだから、すぐに売り切れるそうだ。マスプロプロダクトのニットと比較すると同じアイテムと思えない繊細さとヒューマニティに溢れている。

 元々、ニットは手編みが多く、漁師が編んだフィッシャマンセーターなどは、典型的なものだ。ニットの特徴は1本の糸で模様を編んでいく。オリジナル柄である。織物のように生地にするわけではないから、無駄がない。しかも、糸をほどけば、また新しいセーターを作ることが出来る。

 最近は、手編みなどは、アートの領域に達したモノある。それだけ、豊富な糸の種類とカラーと編み方がある。手編みのマフラーやセーターを編んで、彼氏に贈った時代もあった。時代は変わったが、編み方や模様は普遍のようだ。ニットブームが起こるのもわかる気がした。

【関連資料】
千紘 @anceddyアンエディ【An/eddy】

ショー後のデザイナーの学生とモデルが、観客と会話、撮影できるフリータイムが楽しい

  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.


 大学のサークルでは、「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」に限らずファッションショーが終わると、10分程度のお披露目がある。デザイナーの学生とモデルが、ステージに立ち、観客と会話したり、撮影したりできるフリータイムがある。間近でモデルや洋服を見ることが出来るので、友達や家族以外にもお気に入りの番号を探して、会話できる。

 このシステムをプロのデザイナーさんも取り入れたら、もっと気楽に接する機会になると思ってしまった。単に囲み取材で自分の思いや制作過程を告げるだけでなく、もっと洋服を間近で見せることで、ファンになっていくかもしれない。アマチュアだからできる事かもしれないが、ファンミーティングなどを含め、デザイナーのあり方を革新的に変えるチャンスだと思う。

 ありのままをさらけ出す必要はないが、ファンを育てる方法を考える時期にさしかかっているような気がしてならない。今は、イベント消費が中心の時代、インターンを使って働かすのもいいが、ファッション業界に幻滅したという話も聞く。やるなら、他の業界のように、学生をリゾート地に宿泊させて、ファッションについて徹底討論させるとか、儲かる方法を議論させるとか潜在意識を高め、新しいビジネスを発見した方がいいのかも。ファッション業界を好きにさせることを考えないとメイクアップやコスメ、読者モデルなどの道に進んでしまう。学生たちに真剣に聞く耳を持つ時期に来ていると痛感する。




【関連資料】

立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
『tourist』モロッコ、イヌイット、エストニア、エチオピアなど世界をテーマにした服飾デザイン研究会のショー
立教大学でファッションショーをやるってさ。


『tourist』モロッコ、イヌイット、エストニア、エチオピアなど世界をテーマにした服飾デザイン研究会のショー

  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」
  • 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」


 7月11日に立教大学ウィリアムズホールで開催された立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」のファッションショーのテーマは『tourist』だ。 『人々はなぜ「旅」をするのか。「旅」の意義は何であろうか。壮大な景色・景観を眺めるため、異なる文化を肌で感じるため、様々な人と出会い楽しむため、苦労して達成感や忍耐力を得るため...「旅」をする理由は数あれど、身を置く環境を変化させることで、人は変化する。様々な価値観、文化に触れ、世界を広げることで、新しい自分に出会うことができる。旅のワクワク感や楽しさ、世界の多様さ、多彩さ。私たちはそれらをファッションショーで表現する。』と渡されたパンフレットには書かれていた。

1.「on と off の境界線」 直野紬 Tsumugi Naono ON の自分と OFF の自分、その境界線は何だろうか。気合を入れて力を抜いて、都会のど真ん中でリラックス。そんなイメージで作りました。 2.「hayato ueyama 2015SS"Japan"」上山隼人 Hayato Ueyama 日本のファッションといえばカラフルな色使いが連想されるだろう。 そこで他の国にはないようなカラフルで、見て楽しくなるような服を作った。 3.「no war?」辻音里 Neiri Tsuji 現在日本でありながら未だアメリカンな雰囲気の沖縄をコンセプトに。 ファッションから戦争や平和について考え直したい。 4.青の迷宮「善の朝」金子明梨沙 Arisa Kaneko 5.青の迷宮「善の夕」金子明梨沙 Arisa Kaneko 活気溢れるモロッコの都市マラケシュ。 その喧騒から逃れるように山奥に潜むシャウエンは街中が青のコントラストで染められている。秘境さ漂う異空間はまるでおとぎの国のよう。 そんなユニークで幻想的なシャウエンの街並にインスピレートされました。

6.「陰影礼賛」横尾りさ Risa Yokoo 谷崎潤一郎『陰影礼賛』をモチーフに。 見えるものだけが美しさではない。たっぷりの香を焚き染めて。 7.「スルマの女」湯澤百花 Momoka Yuzawa 8.「ムルシの女」湯澤百花 Momoka Yuzawa オモの谷に暮らす少数民族、ムルシ族とスルマ族。彼女たちは太古の昔から自然から借りた様々な装飾物を身に纏っていた。 9&10.「あこがれ」山口響子 Kyoko Yamaguchi 自由で自立していて、そんな人になりたいけれど、自分に自信がなくて恥ずかしさが見え隠れする。そんな今をイメージして作りました。

11.「自然と都会のコントラスト」直野紬 Tsumugi Naono ナチュラルでいて鮮やかに自然を彩る。 自然の地に佇む都会の少女をイメージしました。 12.「ラフ・フォーマル」青木若菜 Wakana Aoki 儀式や祝い事などのきちんとした時にしか着ない民族衣装を、 家でリラックスしてコンビニに行く時みたいなラフさをイメージした。 13.「sunshine」片野恵土 Keito Katano 寒くて暗い長い冬。無機質で薄暗い街並。 そんな北欧の街に陽をもたらせるように暖かくて鮮やかな服を作りたいと思った。 北欧のおうちにあるファブリックやインテリアのデザインと色彩からイメージしました どんなときも明るく豊かに暮らせたらいいな。 14.「革命家」関根稜 Ryo Sekine 旧ソ連、ロシアで社会主義革命を起こし、威信に溢れ、堂々と佇む革命家であったレーニンをイメージして作りました。 15.「aino」片野恵土 Keito Katano 夏の白夜と冬の極夜、澄んだ夜空に見えるオーロラ。幻想的な世界を見せてくれる北欧に魅了された。北欧の一国であるフィンランドの民族叙事詩カレワラにでてくる乙女アイノと北欧の神秘的な世界をイメージした。

16&17.「クールビズ・イヌイット」宮田奈名子 Nanako Miyata 20XX年。極北の地に住むイヌイットが地球温暖化により、民族衣装を着なくなってしまった。そこで、イヌイットの伝統を守りつつ、涼しさを兼ね備えた衣装を提案。 18.「エースティの春」関根稜 Ryo Sekine エストニアの民族衣装をイメージし、多種多様な生地でテキスタイルを作成し、ワンピース調の服にしてみました。

以上の18スタイルが登場した。沖縄、モロッコ、イヌイット、エストニア、フィンランド、ロシア、北欧、ムルシ族とスルマ族など具体的な国名や民族名をモチーフに制作した人も多く、インスピレーションで表現していた。イヌイットの伝統を守りつつ、涼しさを兼ね備えた衣装を提案したという衣装は、原宿ギャル系にアウトプットしていたユニークなものだった。中でもエチオピアの少数民族ムルシ族とスルマ族を題材にした衣装は、プリミティブな土臭さがない斬新なでデザインだった。立体感のある素材を使ったトップスとシンプルなボトムスの相性があって、花モチーフのヘッドドレスが絶妙なアクセントとなって美しさを際立たせていた。デザインした湯澤百花の才能に驚かされてしまった。

【関連資料】
立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.

立教大学でファッションショーをやるってさ。

  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.
  • 立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.


 立教大学公認団体の「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」のファッションショーが7月11日に立教大学ウィリアムズホールで開催された。キャンパスは、英国のような雰囲気のクラシックな佇まいの中、都会の喧騒を忘れるくらい静かだ。蔦のからまる校舎は、女性の憧れのまとのように思えた。

 仕事終わりの掃除婦のおばちゃんに案内してもらった。「こんな素敵な大学に入れるなんて幸せだよ。学生さんがうらやましい」と気さくに語ってくれた。ショーの映像を撮っていた多摩美の男子学生は、「来年はファッションショーに作品を出品します」と意気込みを語ってくれた。

 今回のショーのテーマが「tourist」とあって、世界各国の民族衣装やイメージの洋服が数多く登場した。大学生らしい大胆な発想の洋服もあり、フィナーレには満席の会場から拍手が起こった。また、現在の部員が32名ということで、裏方のスタッフも多く、受付からフィッティングまで全員で元気よくこなしている姿が大学生らしくて好感が持てた。1958年に設立された伝統ある「服飾デザイン研究会」には、ファッションが大好きな若者が集まっていた。未来がある団体だ。

【関連資料】
立教大学公認団体 服飾デザイン研究会 fashion design lab.

ダイエットマシン「キャビスパ(cavispa)」で天然キャラの神田とチュートリアルの徳井の爆笑トーク

  • キャビスパ【cavispa】
  • キャビスパ【cavispa】
  • キャビスパ【cavispa】
  • キャビスパ【cavispa】
  • キャビスパ【cavispa】
  • キャビスパ【cavispa】
  • キャビスパ【cavispa】
  • キャビスパ【cavispa】
  • キャビスパ【cavispa】
  • キャビスパ【cavispa】
  • キャビスパ【cavispa】
  • キャビスパ【cavispa】


 家電芸人としても有名なお笑い芸人のチュートリアルの徳井義実が、大人気ダイエットマシン「キャビスパ(cavispa)」のPR大使に就任した。2015年6月29日(月) にフリーアナウンサー・神田愛花(Aika Kanda)がMCとして登場し、就任イベントが東京・原宿で開催された。芸能記者やワイドショーのテレビ番組のクルーが殺到した。お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀(Yuki Himura)と交際中の神田愛花にスポットが当たった。デコボコ肌をきれいにするダイエットマシンは、彼のためにあるように思えた。

 徳井義実は、「シティボーイになりたいが、ナニワ臭が抜けてない」と笑いに徹して進行していた。また「猫しかいません。猫と小沢で十分です」と彼女がいないことをアピールした。小沢とは、お笑いコンビスピードワゴン小沢 一敬(Kazuhiro Ozawa)のこと。熱いのは、心の方ではないですかと神田さんにアナウンサーがふると、日村と交際について聞かれ、「恋が未体験なので、このままの形で進んでいたらと思う」と述べた。オフの日はお泊まりなのだろうかというニュアンスに、大爆笑が起こった。天然キャラの神田に、徳井は「四季折々の日村、秋冬コレクションだ」と茶化した。神田は「しっかりされた方なので、心配がない」とも語った。

 カンペに書かれていた「キャビスパは、手のひらサイズで1日10分程度ででメリハリボディに」と締めの言葉を先に言ってしまい笑いを誘った。モデルさんが2名登場して、実際に手のひらサイズで自宅で簡単にケアできることを実証するために、徳井がモデルのお腹にマシンを当ててみせるパフォーマンスも行われた。男子の夢のような行為に、真顔で嬉しそうだったのが印象的だった。




【関連資料】

キャビスパ【cavispa】
神田 愛花(かんだ あいか、1980年5月29日 - )
元NHKアナウンサー。のフリーアナウンサー。
徳井 義実(とくい よしみ、1975年4月16日 - )
お笑いコンビ・チュートリアルのボケ、ネタ作りを担当
チュートリアル徳井が美女に大人気ダイエットマシンでダイエットをアピール


【GUERNIKA】のバッグやTシャツのポップアップは絶好調

  • ゲルニカ【GUERNIKA】
  • ゲルニカ【GUERNIKA】
  • ゲルニカ【GUERNIKA】
  • ゲルニカ【GUERNIKA】
  • ゲルニカ【GUERNIKA】
  • ゲルニカ【GUERNIKA】
  • ゲルニカ【GUERNIKA】


 GUERNIKAという人気ブランドがある。アーティストの乾慎一郎氏(Shinichiro Inui)を中心にしたデザインプロジェクト集団である【GUERNIKA】のバッグやTシャツは、すぐに完売するという。ウォールアートのようなタッチで描かれたバッグやTシャツは、迫力がある。原宿「WALL」でも、大人気だそうだ。

 百貨店の「なんば高島屋」の1Fエントランスでもポップアップショップを展開したほど客層の広さを感じる。静かに静かに人気が出てくるブランドには、熱狂的なファンが付いている。まるで、アイドルスターのようにブランドが一人歩きする。無駄に販路を拡大せず、じわじわと人気が出てくる。それが21世紀のマーケティングのように思う。時たま、イベントをやるので、お客は常に飢餓状態に置かれる。そこが大事なように思う。

【関連資料】
Shinichiro Inui(Artist)ウォール【WALL】ゲルニカ【GUERNIKA】日本

アーカイブ