Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

 この記事をシェアする

本格的なローストビーフの専門店『37 Roast Beef』が4月22日表参道ヒルズにオープン

2016年4月21日 11:26
  • 37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)
  • 37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)
  • 37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)
  • 37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)
  • 37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)
  • 37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)
  • 37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)
  • 37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)
  • 37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)


 日本のステーキブームの先駆けでもある六本木ヒルズ「37 Steakhouse & Bar」の姉妹店の「37 Roast Beef(サーティセブンローストビーフ)」が、4月22日から表参道ヒルズ3Fにオープンする。一足先に4月19日(火) と4月20日(水)の両日、プレス関係者向けの特別試食会を開催された。赤身肉を使った本格的ローストビーフ専門店である。低温でじっくり焼き上げたローストビーフは、肉の旨味が凝縮され、柔らかでジューシーに仕上がっていた。余分な脂も落ちるので低カロリーな肉料理だそうだ。



 オープンキッチンの広々とした店内は、シックで重厚な雰囲気のお店だ。薄切りの「イングリッシュカット」を始め、厚切りの「ニューヨークカット」など4種の厚さがお楽しめる。特に、肉の食感や肉汁を存分に楽しめる厚切りがお薦めだという。試食会では、100gのローストビーフがその場でカットされて提供された。また、野菜などの具材をチョップ(刻んだ)したサラダ「チョップドサラダ」が提供され、約20種類のトッピングからお好きなものを4種と8種のドレッシングから選んで組み合わせられるので、楽しみ方は無限大。自分好みのチョップドサラダが楽しめた。ちなみに、私は、トマト、チューダチーズ、ゆでたまご、アボガドをトッピングして、オニオンドレッシングを選んだ。



 ランチタイムにはローストビーフ、日替わりのチョップドサラダを始め、ローストビーフバーガーなどのリーズナブルでボリュームあるメニューを展開。ディナータイムには自慢のローストビーフとチョップドサラダを、厳選されたニューワールドワインと共に楽しめる。ランチだけだが、1日限定10食の和風にアレンジした特製だれのローストビーフ丼がある。



 ローストビーフだけに特化した専門店だからこそ、肉の質とソースだけで勝負する超専門店の『37 Roast Beef』は、組み合わせはあるが、「チョップドサラダ」とスープの3品だけ。それだけ、自信と伝統的な肉へのこだわりを感じた。すべてがシンプルで分かりやすい点も消費者の賛同を得そうだ。味に厳しい女性たちが笑顔で食事している姿が印象的だった。



【関連資料】

開業10周年を迎える表参道ヒルズの本館3階に赤身肉の旨みが詰まった本格的なローストビーフの専門店『37 Roast Beef (サーティーセブン ローストビーフ)』
東京都渋谷区神宮前4丁目12番10号表参道ヒルズ3階
37 Roast Beef | facebook
NYで大流行!チョップドサラダのレシピ・アイディア集



 この記事をシェアする

フォトギャラリー

都内初路面店となる「GUESS渋谷」のオープニングパーティーに潜入 都内初路面店となる「GUESS渋谷」のオープニングパーティーに潜入

アーカイブ