Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

 この記事をシェアする

「Barbie Your Doll」人形みたいに可愛く、スタイルが良い新川優愛がバービー風の衣装で登場

2016年5月21日 03:47
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル
  • シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル


 株式会社メイクソフトウェアが、新プリントシール機「Barbie Your Doll(バービー ユアドール)」を7月上旬より発売する。それに先駆け、2016年5月19日(木)に東京・原宿の「AmebaFRESH!Studio」でイメージモデルの新川優愛(Yua Shinkawa)さんが、バービー風の衣装で登場し、記者発表を行った。彼女がプリ機の魅力について語り、実際に本機を使用し撮影・報道陣に公開した。世界的ファッションアイコンで女の子の永遠の憧れである"Barbie"がプリントシール機「Barbie Your Doll」として登場した記念すべき一日だった。



 株式会社メイクソフトウエアAM開発部の西小路亜季(Aki Nishikoji)氏が挨拶で、「Barbie Your Doll」を開発するきっかけは、「ひとりの女の子からのバービーのプリ機を作ってほしいという言葉からすべてが始まりました」と語った。小中学生の70%がバービー大好きという調査結果が出たそうだ。それだけ、みんなに愛されているポピュラーなキャラクターだったことが分かった。女の子の夢を叶える企業として作るしかないという使命感に燃え、開発された。人形のようにボックスに入って撮影するドールボックス風の箱撮影ができる新感覚の「ハコプリ」や「カップルコース」、動くスタンプなど新しい機能を加えたものになったそうだ。"今までにない。ここにしかない。唯一無二のプリ機"をコンセプトにとびきりかわいい世界を表現したという。何度も撮りたくなるコンテンツを搭載したという。



 また、西小路亜季(Aki Nishikoji)氏は、ファッションモデル、女優として活躍中の新川優愛さんについて、「彼女にイメージモデルを引き受けたいただいたことにより、可愛さが何百倍にも増したと思います。抜群のスタイルと可愛さもさることながら、実際に撮影でお会いした際には、人柄までもが本当にカワイイ方でした」と語り、「Barbie Your Dollには、あなたの人形という意味の他に、優愛ちゃんのように人形みたいに可愛く、スタイルよく撮影出来ますという意味が含まれています」と告白した。



 ファッションモデル、女優として活躍中の新川優愛(Yua Shinkawa)さんは、感想を聞かれ、「学生時代から女子って、プリって撮るというか、遊びに行ったら、まずプリ撮りたいなというイメージがあり、プリ機に自分が大きく載るのは不思議な感じがしていて、実は今日、これを初めて見たんですけど、それまでは実感がないというか、ぱっと見てみた感動しましたね」と明るく元気よく答える姿が印象的だった。バービーの感想を聞かれ、「物心ついた時から存在を知っているし、女の子にとっては、綺麗でスタイルが良くて、憧れです」とイメージを語った。普段の行動について聞かれ、「最近、ストレッチを始めました。あんまりストレッチをやったことがなかったのですけど、20代も3年たつので、そろそろやっておいた方がいいと思いまして始めました」と胸の内を語った。舞台の仕事をしていて、身体が動くことや体力が持つことを実感したともいう。



 「女の子にとってはバービーは永遠の憧れのように感じていたのでプリクラ機のイメージモデルとなったので嬉しい」という彼女が衣装について聞かれ、「バービーのイメージがピンク、黒というところがあるので、スカートもアクセもピック系、赤とかを使わせていただいて、後は黒でしめるというか、ベルトで脚を長く見せる効果も使わせていただきました」と語った。ちなみに、イヤリングはハート型のキャンディだった。白黒の変形ボーダーのベアトップとピンクのミニスカートにビニールでラップしたスカート重ねに太ベルトの可愛らしいスタイルで登場した。靴はリボン付きのハイヒールとアメリカンガールの衣装は、バービー風であった。



 学生の時には、毎日のようにプリ機で撮っていたという新川優愛(Yua Shinkawa)さんは、「制服で撮り、ジャージで撮り、休みの日は都内まで出て、電車に乗って行ってプリ、みたいな感じでした。今でも家に取ってあるんですけど、見返してみるとこの頃は、こんな顔をしていたなとか、大人になったなとか、写真とは違った思い出があり、取っておけるものだなと思います」とプリ大好きな彼女らしいエピソードを語った。また、マテル・インターナショナル株式会社からキラキラバービードール、メイクソフトウェアからドールボックスと同じデザインのボックスをプレゼントされた新川さん。思わぬことに驚いていた。人形のバービードールのバランスの良さにも驚きを見せた。このプリ機で女の子にたくさんの思い出を残して欲しいという彼女の思いが伝わりそうだ。



 プリントシール機が機能だけでなく、外装も含め、キャラクターや人気モデルとのコラボレーションによって変化し続けている現実を見たような気がした。何よりも中高生の女子にとって、スマートフォンの普及によって写真が身近になってはいるが、プリントシール機の持つエンターテイメント性やアミューズメント性などは、別物らしい。そこには、新川優愛さんがいう通り、友達や仲間との共有できるコミュニティの場があるからだと痛感した。日本のヤングカルチャーとして、存続して欲しいと再認識したイベントだった。



©2016 Mattel. All Rights Reserved
【関連資料】

プリントシール機「Barbie Your Doll」発売!
シンカワ・ユア【新川優愛 Yua Shinkawa】モデル


 この記事をシェアする

フォトギャラリー

渋谷駅に日本ダービー(GI)に向けて乗馬体験や記念撮影ができるスポット出現 渋谷駅に日本ダービー(GI)に向けて乗馬体験や記念撮影ができるスポット出現

アーカイブ