Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

 この記事をシェアする

渋谷駅に日本ダービー(GI)に向けて乗馬体験や記念撮影ができるスポット出現

2016年5月27日 02:18
  • #日本ダービー #JapanDerby
  • #日本ダービー #JapanDerby
  • #日本ダービー #JapanDerby
  • #日本ダービー #JapanDerby
  • #日本ダービー #JapanDerby
  • #日本ダービー #JapanDerby
  • #日本ダービー #JapanDerby
  • #日本ダービー #JapanDerby
  • #日本ダービー #JapanDerby
  • #日本ダービー #JapanDerby
  • #日本ダービー #JapanDerby



 もし渋谷駅前が競馬場のようなレジャーパークになったらと思った事ありませんか。5月29日(日)に開催する日本ダービー(GI)に向けて、渋谷駅(東急百貨店東横西館2Fサンプリングスペース)で一般の方が乗馬体験と記念撮影ができるスポットを2016年5月23日(月)から5月29日(日)まで期間限定でオープンしている。競馬ファンの方はもちろん、今まで競馬に興味を持っていなかった女性、家族連れ、カップルの興味を喚起させ、日本ダービーを一つの「レジャー」としてより多くの人に楽しんでもらう事を目的としているそうだ。



 伝説の怪物『オルフェーヴル』が蘇った。ヤンチャなあばれ馬に乗ることが出来るのも今回の特徴で、オルフェーヴルは、クラシック三冠競走(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)で優勝した伝説の馬。騎手を何度も振り落したことがあり、人間をからかうような態度をとるヤンチャぶりと、常識では考えられないレースをしてきた魅力で多くの人を引き付けてきた個性馬だそうだ。実物大のオルフェーヴルが、アイコンのように陳列されている。「オルフェーヴル」に乗って記念撮影ができる。馬像の手綱を手に持って乗馬姿勢で撮影するのもジョッキー気分を味わえて人気だ。バックには歴代の優勝馬を並べた新聞風ボードが飾られていた。



 誰でも勝利ジョッキー気分を味わえる。ジョッキー服を着て号外風のパネルの前で写真を撮れたり、勝利ジョッキーの名前を好きに変更できるので、意中の彼や大好きなセレブの名前でも可能だ。また、馬学、騎乗能力、精神力、筋力、バランス感覚などジョッキーに必要な能力があるそうだ。そして、もう一つ大事な能力の一つである"反射神経"を試し、『ジョッキー力』を検定してくれるブースがある。『ジョッキー検定』で、自分が馬に乗っている風のシール・画像ができ、SNSへのシェアもできるコンテンツもある。



 競馬場に入場する女性「UMAJO」の比率が増加中だそうだ。芸能界の中でもアイドルや女優にも、競馬ブームが広がっている。2015年の日本ダービーでは【157.6倍】の馬券を的中させた小嶋陽菜や小嶋陽菜とともに競馬番組に出演中の白石麻衣、自他ともに認める競馬が趣味と認める安田美沙子は、競馬番組の司会を務めた経験も有る。ヨーロッパでは、競馬場は上流階級の女性たちが目一杯おしゃれをして美しさを競い合うところだ。特に、色とりどりの派手で華麗な帽子姿は、ニュースになるほど。馬の美しさと女性の美は、共通するものがあるのかもしれない。



【関連資料】

日本ダービー
正式名称は東京優駿(とうきょうゆうしゅん)競走。日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の芝2400mで施行する競馬の重賞競走である。一般的にはレース名の副称である日本ダービーの名で広く知られており、現在の日本の競馬において、その代名詞とも言える競走である。「競馬の祭典」という呼称もマスコミが広く用いている。
●実施日程: 2016年5月29日(日) 15:40発走
●実施場所: 東京競馬場(2,400m芝)
東京都府中市日吉町1-1
競馬場の服装規定
アスコット競馬場で行われるイギリス王室主催「ロイヤルアスコット開催」においての来賓席では厳格な服装規定がある。
男性はシルクハットにモーニングコート(黒・グレーのみ)・カッターシャツ・ネクタイ(ボウタイでないもの)、女性も帽子・フォーマルドレス(肩などが露出しないようにしてあるもの)を持参・着用することが義務付けられている(イギリス以外の諸外国から入場する場合は、その入場者本人自身の出身国の民族衣装での来場も認める)。


 この記事をシェアする

フォトギャラリー

そごう・西武2016AW展示会で「あしたの日本」が見えてきた そごう・西武2016AW展示会で「あしたの日本」が見えてきた

アーカイブ