Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

 この記事をシェアする

山本美月と4名のモデルがファッションに合わせて選べるコンタクトレンズを装用して登場

2016年6月23日 20:38
  • #ワンデー #アキュビュー #ディファイン #モイスト
  • #ワンデー #アキュビュー #ディファイン #モイスト
  • #ワンデー #アキュビュー #ディファイン #モイスト
  • #ワンデー #アキュビュー #ディファイン #モイスト
  • #ワンデー #アキュビュー #ディファイン #モイスト
  • #ワンデー #アキュビュー #ディファイン #モイスト
  • #ワンデー #アキュビュー #ディファイン #モイスト
  • #ワンデー #アキュビュー #ディファイン #モイスト
  • #ワンデー #アキュビュー #ディファイン #モイスト
  • #ワンデー #アキュビュー #ディファイン #モイスト
  • #ワンデー #アキュビュー #ディファイン #モイスト
  • #ワンデー #アキュビュー #ディファイン #モイスト
  • #ワンデー #アキュビュー #ディファイン #モイスト


 「目の健康」を大切にする使い捨てコンタクトレンズ「アキュビュー®」を提供する、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社が、ブランドアンバサダー山本美月さんをゲストに迎え、黒目を大きく見せる使い捨てコンタクトレンズ「アキュビュー® ディファイン®」の新製品発表会を、6月23日(木)13時より、シャングリ・ラ ホテル 東京 ボールルームにて開催した。



 イベントでは、6月25日(土)から発売を開始する新デザイン「ラディアント ブライト™」と「ラディアント チャーム™」を含めた「アキュビュー® ディファイン®」全5デザインを、山本美月さんと4名のモデルが装用して、各レンズデザインをイメージしたメーキャップとファッションでランウェイに登場した。



 「ワンデー アキュビュー® ディファイン® モイスト®」をヘアスタイルやファッションに合わせて選べる点をアピールするために、本格的なステージが用意され、上品で清楚な「エレガント・スタイル」、明るくて親しみやすい「フレンドリー・スタイル」、愛らしく華やかな「ガーリー・スタイル」、自分らしく個性が光る「キラキラ・スタイル」、クールビューティな「シャープ・スタイル」の5つが登場した。



 トークショーでは、モデルごとにスタイルとコンタクトレンズのデザインの特徴説明が、MCと山本美月さんで行われた。「ナチュラルシャイン」、「ラディアントブライト」「ヴィヴィッドスタイル」、「ラディアントチャーム」、「アクセントスタイル」の5つのレンズが紹介された。 ちなみに、明るく親しみやすい「フレンドリースタイル」の洋服を着た山本美月さんのレンズは、明るく惹きつける印象のデザインの「ラディアントブライト」だった。



 資料で配布された「世界のコンタクトレンズの歴史」によると1500年代にレオナルド・ダ・ヴィンチがコンタクトレンズの原理を発見したそうだ。1960年代では、酸素を通さないハードコンタクトレンズが主流だったという。1990年代に入り、やっと使い捨てソフトコンタクトレンズが日本でも主流になった。急激に進化するコンタクトレンズの世界では、シリコーンハイドルゲル素材が登場しているそうだ。また、現在はカラコンと言われるカラーコンタクトレンズ(Color contact lens)も普及している。



 ファッション、ヘアスタイル、アイウェアが一体化し、より精度の高いコーディネートへと進化しているように思えた。何よりも、目に関するケアが大事だと教えられた。人の印象は、洋服や髪型だけでなく、目力や優しさあふれる目にあるのかもしれない。これをマッチングさせる発想が素晴らしいと思ったイベントであった。輝く女性たちのためにコンタクトレンズの必要性を感じた。



【関連資料】

ワンデー アキュビュー® ディファイン® モイスト®
シリコーンハイドロゲル(略称SH)
親水性ゲルにシリコーンを結びつけたゲルのことである。親水性成分としてポリビニルピロリドン、ポリ塩化ビニル系熱可塑性エラストマーなどが利用される。酸素透過性に優れることを特長とし、医療材料の素材などとして用いられる。
山本美月



 この記事をシェアする

フォトギャラリー

総額6億円以上のハイジュエリーを身につけ長澤まさみが、「ショパールブティック銀座本店」に来場 総額6億円以上のハイジュエリーを身につけ長澤まさみが、「ショパールブティック銀座本店」に来場

アーカイブ