Fashion-J 週刊ファッション情報

 
 

 Fashion-Jをシェアする

 この記事をシェアする

ファッション総合科の学生が行うオリジナルブランドの展示会「In/line.cf」に潜入

2016年8月 6日 02:18
  • In/line.cf
  • In/line.cf
  • In/line.cf
  • In/line.cf
  • In/line.cf
  • In/line.cf
  • In/line.cf
  • In/line.cf
  • In/line.cf
  • In/line.cf
  • In/line.cf
  • In/line.cf
  • In/line.cf
  • In/line.cf
  • In/line.cf
  • In/line.cf
  • In/line.cf


 バンタンデザイン研究所のファッション総合科(CF)が行うオリジナルブランドの販売&受注の展示会「In/line.cf」が東京・原宿のデザインフェスタギャラリー Design Festa Gallery 301で8月4日から8月6日までの3日間開催された。ファッションデザイン科、パターンモデリスト科、ヘアメイク科との合同展で入場無料だ。



 ヘアメイクでは、キーボードや猫の動く電池仕掛けのぬいぐるみなどユニークなアイディアの作品が陳列されていた。実際に猫のぬいぐるみは、動くのでかぶり心地は良さそうではないが、楽しそうなのは確かなヘッドピース展だ。天井につるされた無数の顔のオブジェは、先生の作品だ。さすがに、完成度が高い。



 ファッションデザイン科では、「MisaMisa」が、原色で立体的なモチーフで表現した作品などで、カオスの中に光るエネルギーを震撼し自分の細胞との化学変化を感じるマキシムプロテクターをコンセプトにしていた。ルームウェアのようなカジュアルで可愛いホワイトコーディネートの「aya」は、オールホワイトとビッグシルエットをコンセプトに、人と寄り添う服を打ち出していた。



赤のラインが入ったスカートが特徴の「ep a la mode」は、バッグも展示されていた。スプレイで書かれたミニスカートが特徴のパンクチュアルな世界を表現した「BEHIND」は、ニューヨークでインスピレーションされたという。デニムと木綿のアシンメトリーなシャツドレスの組み合わせなどが特徴の「T-KEMITO」は、パターン化する日常に、心躍る少々のスパイスをコンセプトにしていた。特徴のある5人のデザインが展示されていた。



 入場無料ということやアート性の高いデザインフェスタギャラリーという立地もあってか、外国人のカップルなどが来場していたのが印象的だった。若さに溢れた可能性のある展示会に誰もが高揚したようだ。この中から何人がファッションデザイナーやヘアメイクアップアーチストになるのか分からないが、精一杯チャレンジしていることは確かだ。



【関連資料】

In/line.cf
aya
MisaMisa
ep a la mode
BEHIND
T - K E M I TO
バンタンデザイン研究所


 この記事をシェアする

フォトギャラリー

モダンでモードなブランド「LIFE WITH FLOWERS.(ライフ ウィズ フラワーズ)」が本格始動 モダンでモードなブランド「LIFE WITH FLOWERS.(ライフ ウィズ フラワーズ)」が本格始動

アーカイブ