「Y’s(ワイズ)」の新しいストアが、2018年4月19日(木)に表参道にオープンした。「Y’s」表参道店は、旗艦店(フラッグシップストア)として、「SHOWCASE(ショーケース)」をストアコンセプトに、「Y’s」を発信するスペースとして構成。

ワイズ,フルライン,フラッグストア,表参道,Y's

ワイズ,フルライン,フラッグストア,表参道,Y's

ライトボックスをイメージさせる明るく開放的な路面エントランスからB1Fの隅々まで、現在の「Y’s」を「SHOWCASE」のように表現したストアデザインで、メインライン「Y’s」を中心に現在展開するフルラインが揃う世界初のストア。
フラッグシップだけの限定アイテムの展開やイベントの開催など、表参道店だけのスペシャルアイテムも展開中。

ワイズ,フルライン,フラッグストア,表参道,Y's

ワイズ,フルライン,フラッグストア,表参道,Y's

機能的で品位ある日常着。自らが確立した独自のカテゴリーのなか、普遍的な価値観と、ユニークなパターンメイキングで形づくられる「Y’s」のクリエイション。カッティングとシルエットに拘り、素材の風合いを生かし、着ることにより生まれる人の身体と服の間にある空気感、分量感、バランスを大切に行われる服創り。

「Y’s」表参道店は、「Y’s」のフルライン;「Y’s(ワイズ)」「Y’s PINK(ワイズ ピンク)」「RISMAT by Y’s(リスマット バイ ワイズ)」「MICHIKO by Y’s(ミチコ バイ ワイズ)」「KAYO NAKAMURA by Y’s(カヨナカムラ バイ ワイズ)」「Y’s Exclusive(ワイズ エクスクルーシブ)」「Gipsy(ジプシー)」を揃え、アトリエチームが表現する、ブランドのアイデンティティ、「日常着」、質の高いプレタポルテを提案するフルコレクションをラインナップしていた。

表参道ヒルズの1F/B1Fに位置する「Y’s」表参道店。ストアのエントランスとなる表参道に面した1Fフロアは、ライトボックスをイメージし、スケルトンでギャラリーライクな設え。「SHOWCASE」を象徴するフロアとして展開されている。エントランスと対面する、階段奥のウォールには、大型の「FLIP-DOTS」画は国内で初めて常設導入され、印象的な音と視覚効果の演出で、シーズン、コレクションやストアイベントごとに、「Y’s」をスクリーン上で表現。

ホワイトでクリーンな1Fフロア/エントランスから、「FLIP-DOTS」が配された階段を経て、ショッピングフロアのメインとなるB1Fへ。B1Fは、ドライアイスのような光だまりのあるライティングが施され、ふわっと浮いたような演出のインテリアが配されていた。

ワイズ,フルライン,フラッグストア,表参道,Y's

ワイズ,フルライン,フラッグストア,表参道,Y's

「Y’s」モチーフのフロアパターンは、日本庭園の作庭様式がインスピレーションとなり、ストラクチャーを見せる雑さを残したディテールに、モダンでクラシカルな風情が加わっていた。「創造の現場」を彷彿とさせるスタジオのようなイメージ、「素」が透けてみえるインテリア、フューチャリスティックな一方どこか古来日本を感じさせる幻影的なイメージ、先端の機能を有するアナログ感覚のデバイス「FLIP-DOTS」、トラディショナルなデザインソース、など、クリエイションの経歴の積み重ねの上に、アトリエチームが自分たちの「手」で新しい表現を創造する「Y’s」のあり方が、表参道店のストア全体に形づくられている。

「Y’s」表参道店のキーヴィジュアルにデザインされた「箱」は、文化的遺伝子を議濃縮した「Y’s」表参道店を象徴するかたちです。重なった図案は、一つとして同じものがなく、綿々と続く「Y’s」の確固たるものづくりと、そのベースにある山本耀司の不定形なクリエイションのあり方が、結晶のように、「Y’s」表参道店のグラフィックに顕れているという。

オープニングに準備された、「Y’s」の原点であるブロードの白いシャツ。20型のパターンで表現されたシャツは、普遍的な価値観と、ブランドを支えるユニークで多様なパターンメイキングを象徴するピース。

「Y’s」表参道店のオープニングは、また、表参道店のみで展開されるフラワーパターンのドレスやパンツ、スカートなどの限定アイテム、「Y’s」ロゴやS/S 2018 Collection のキャンペーンビジュアルで展開されたフラワーパターンが配された表参道店限定カットソー、ストアデザインをモチーフにしたバッグや、財布などのスモールレザーグッズ、加えて、ブランドの創設者であるデザイナー山本耀司が表参道店のために墨絵で描いた、「Y’s」や、女性のドローイング、メッセージをプリントしたカットソーやシャツなども、「Y’s」表参道店だけの特別なアイテムとして数量限定で発売されているのも特徴のひとつ。

Y’sオリジナルムービー(Y’s S/S 2018 Collection – Movie)

■ストア概要
Y’s 表参道
グランドオープン:2018年4月19日(木)
所在地:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館1F/B1F
(表参道に面した路面1Fがストアエントランス)
営業時間:11:00~21:00(日曜は20:00まで)

【私論】

世界中のハイブランドが揃っている表参道についに、日本人だけでなく、世界中の熱狂的なワイズ・マニアが待ち焦がれていたフラッグショップが誕生した。それだけでなく、表参道ヒルズにとっても、マグネット効果のある「Y’s(ワイズ)」の出店は、柱骨が出来たと同じくらいの影響力がある。
山本耀司氏をリスペクトする人たちに共通しているのは、自由で発想豊かなクリエイティブな生活だ。ファッションを通した生活革命のような気がしてならない。ブロードの白シャツが、ピュアで究極の美しさだとすれば、それはおしゃれの原点でもある。生きるという意味深さを感じてしまう。それがY’sなのかもしれない。(井上和美)

http://www.yohjiyamamoto.co.jp/ys/


山本耀司 をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で