• トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】
  • トム・ディクソン【TOM DIXON】

 イギリスのインテリアブランド「TOM DIXON(トム・ディクソン)」が日本初のオンリーショップ「TOM DIXON SHOP(トム・ディクソン ショップ)」を2015年7月17日(金)に、東京・青山にオープンした。「TOM DIXON」は、照明、ファニチャー、フレグランス、ホームアクセサリー約600 SKUを展開するインテリアデザイナー、トム・ディクソン氏が主宰するイギリスのインテリアブランドだ。2002年のブランドスタート以降、独創的なミラーを使った照明シリーズや、一点モノのアート作品にも近い斬新なプロダクトを数々発表。代表作のひとつである「Sチェア」は、MoMA(ニューヨーク近代美術館)の永久コレクションにも選ばれるなど、世界中のデザイン界で高い人気を集めている。

 今回オープンする「TOM DIXON SHOP」は、そんな世界中で人気を集める「TOM DIXON」ブランドの日本初となるオンリーショップ。ウィングバックチェアやビートライトシリーズなどの代表作はもとより、照明、チェアやホームアクセサリーなど洗練されたプロダクトを販売。約7割以上のプロダクトが日本初販売となる。スタイリッシュな店内もTOM DIXON氏自身が空間プロデュースに携わっており、同ブランドの世界感を存分に楽しめる。ロンドンに続いて、ブランドのオンリーショップとして世界で2店舗目となる本ショップ。オンリーショップ海外初出店の地として、ファッションからインテリアまであらゆる流行の発信地である東京・青山が選ばれたという。内覧会当日は、TOM DIXON氏本人も来日。新商品の紹介、ブランドのコンセプトや、日本へ本格上陸するに至った理由などをプレゼンテーションした。

 高級感あふれるインテリアグッズばかりだが、日本にないシャープなデザインは、モダン志向のITや外資系に勤める人たちに好まれそうだ。青山という立地も手伝って、おしゃれでスタイリッシュな都市型マンション生活者向けのデザインが多く、置くだけでアートになるような小物やライトが多く見受けられた。装飾的なデザインではなく、フォルムや素材や材質にこだわった優れたものが多い。頑固で丈夫な英国気質とニューヨークのような洗練されたスピリッツがある。徐々に人気が出るブランドであることは確かだ。

【関連資料】
トム・ディクソン【TOM DIXON】
林物産株式会社【HAYASHI BUSSAN CO.,LTD】
英国のインテリアブランド「TOM DIXON」オンリーショップ青山にオープン。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。