“涙活”再燃!10代・20代を中心にWEBで話題の「泣ける」恋愛小説、一般文芸デビュー作で異例の43万部突破!



涙活
読書メーター「文庫の読みたい本ランキング」第1位
 雑誌販売部数トップシェア(※1)の株式会社宝島社発行の宝島社文庫『ぼくは明日、 昨日のきみとデートする 』(2014年8月6日発売)は、 売れ行き好調により、 2015 年8月の重版をもって、 13刷43万部を突破します。 また、 2015年8月6日には、 同著者による新刊・宝島社文庫『君にさよならを言わない』を発売。
 『ぼくは明日、 昨日のきみとデートする』は、 ライトノベル作家として活躍してきた七月隆文(ななつき・たかふみ)氏の初めての一般文芸となる恋愛小説です。 本書は京都の美大に通う20歳の男の子が同い年の女の子に一目惚れし、 その彼女との運命的な出会いの真相を解き明かしていく物語。 昨年10月の2刷目重版時に「泣ける」などの読者の声を入れた新しい帯に変更したところ、 帯変え前に比べ、 売れ行きが約10倍に伸びました。 WEB読書管理サービス「読書メーター」の「文庫の読みたい本ランキング」では第1位を獲得しています。
 また、 昨今では「涙活(※2)」が再びブームとなっており、 まとめサイト「NAVERまとめ」や鉄拳の「泣けるパラパラ漫画」などの動画から、 小説、 音楽、 イベントまで、 「泣けるコンテンツ」がストレス解消に最も身近で 効果的なものとして注目が集まっています。 本書も「泣ける」作品として反響を呼び、 10代、 20代の女性を中心に好評を得ています。
 このたび発売する『君にさよならを言わない』は、 霊が見える高校生の男の子が、 6年前に死んだ初恋の幼なじみの霊と再会し、 その少女の霊を成仏させていく姿を描いた連作短編です。
 宝島社では企業理念である「人と社会を楽しく元気に」のもと、 お客様に喜ばれる良質なコンテンツを企画・  提供し、 様々な業界の活性化に寄与していきたいと考えております。
※1:日本ABC協会2014年(2014年1~12月)雑誌発行社レポートより
※2:涙を流して心のデトックスを図ること
<著者プロフィール>
七月 隆文(ななつき・たかふみ)
大阪府生まれ。 『Astral』(電撃文庫)でデビュー。 叙情的な物語とコメディを得意とする。 代表作『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件』(一迅社文庫)は、 2015年にアニメ化が予定されている。
■宝島社文庫『ぼくは明日、 昨日のきみとデートする』
発売:2014年8月6日 定価:670円+税
(あらすじ)京都の美大に通う「ぼく」が一目惚れした女の子。 高嶺の花に思えた「彼女」だったが、 昔からの知り合いのような親しみを持って「彼女」から接してきたことで、 二人はすぐに心を通わせていく。 ところが、 彼女には人には言えない驚くべき秘密があった・・・・・・。
■宝島社文庫『君にさよならを言わない』
発売:2015年8月6日 定価:670円+税
(あらすじ)霊が見えるようになったぼくは、 六年前に死んだ初恋の幼なじみと再会したー。 せつなくて温かい感動物語。
【涙活プロデューサー・寺井広樹氏コメント】
泣くことは睡眠や笑いと同じストレス解消効果があり、 心身ともに健康をもたらします。 最近ではひとりでできる涙活から、 グループで涙を共有する涙活まで、 泣けるコンテンツは多岐にわたっています。
http://tkj.jp
【リリース】株式会社PR TIMES

★✈✈✈✈✈君にさよならを言わない (宝島社文庫)


大石一男のカメラ道場

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。