すべてのネコと、ネコを愛するヒトのために。発売は12月31日。
ニュース週刊誌「AERA」(朝日新聞出版)は12月31日、臨時増刊『NyAERA(ニャエラ)』を発売します。AERAの体裁そのままに、コンセプトは「まるごと一冊ねこだらけ」。編集部のネコ好きが結集した、「ねこ部」総力取材です!

アエラ,ネコ化,ニャエラ

表紙はAERA同様、フォトグラファー蜷川実花の撮り下ろしたタレントネコ「シナモン」。4月に映画「ねこあつめの家」の公開も控え、スターとしての貫録とオーラを存分に発揮しています。

タバコ屋の看板ネコ、内航船船長ネコ、校長ネコら、働くネコを撮り下ろした巻頭特集、100匹近い読者のネコ写真など、ネコを愛でる企画を始め、「ネコの寿命が30歳に?」「福島のネコたちは今」「ネコの『いい病院』」など、ニュース誌らしい切り口の情報も豊富に掲載。

元KARAの知英(ジヨン)さんが、飼いネコへのあふれる愛を語り、政界きってのネコ好きで知られる佐竹敬久・秋田県知事もロシアのプーチン大統領から贈られた愛猫ミール君との日々を明かします。旧佐竹藩主末裔、佐竹知事の〝ネコ殿ポーズ〟は必見です。

AERAの人気連載も、「現代の肖像」は「現代のニャン像」、「はたらく夫婦カンケイ」は「はたらく猫カンケイ」、「佐藤優の7DAYS 実践ニュース塾」は「実践ニャース塾」へと完全〝ネコ化〟。執筆陣の愛猫家ぶりもお楽しみください。徹頭徹尾、「ネコ」まみれ。ネコ好きの方への贈り物にも喜ばれる一冊が完成しました。

【掲載号のご案内】
NyAERA (ニャエラ) (AERA増刊)
発売:12月31日(土) ※一部地域で発売日が異なります
定価:680円(税込み)

【リリース】株式会社PR TIMES

AERA(アエラ) をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。