ニュース週刊誌「AERA」は、5月14日発売の5月21日号の表紙に、フィギュアスケート選手で平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(Alina Zagitova)を起用。本誌表紙フォトグラファー蜷川実花の撮り下ろしです。

平昌五輪,金,ザギトワ選手,インタビュー,蜷川実花,アエラ,Alina Zagitova

史上3人目となる、15歳でフィギュアスケート五輪女王に輝いたザギトワ選手。本誌独占となるインタビューでは、金メダルの喜びを語る一方で、「心にぽかりと穴が空いたような気分になった」と振り返り、10年にわたる壮絶な練習の日々について告白しています。

また、日本好きとしても知られるザギトワ選手は、今月末に、秋田犬の「MASARU」がプレゼントされることでも話題です。日本好きになったきっかけは、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ選手の存在があった、とのエピソードも明かしてくれました。

AERA (アエラ) 2018年 5/21 号
定価:390円(税込)
発売日:2018年5月14日
https://www.amazon.co.jp/dp/B07C57KY7X/

【リリース】株式会社PR TIMES

Alina Zagitova | instagram

アリーナ・ザギトワ をamazonで探す

アリーナ・ザギトワ 直筆サインA4写真 オマケプライベート写真



服&ファッション小物 OUTLET STORE

★☆◉ニュース雑ッピング【Fashion NOW】◉☆★

コンビニももう限界。嫌でも24時間営業を強制されるオーナーの悲鳴

店舗のオーナーがある日、チェーン本部に反旗を翻しました。「お客さんが来ない時間に営業する必要性はない。営業時間は加盟店契約には24時間と記載されているが、24時間以外の契約に変更する」と。チェーン本部としては、この店舗が深夜営業を中止すると、商圏を他社に奪われる危険性や、物流納品時間の変更などのコスト増が発生するため、24時間営業を続けるよう必死の説得を行いました。
しかし最終的に、チェーン本部とこのオーナーとの契約は打ち切りとなり、直営店としてリニューアルオープンすることになりました。この契約変更手続きが解決するまでの期間、店舗を維持させ続けるため、本部社員が日替わりで深夜勤務をしていたそうです。

コンビニ店長の残酷日記 (小学館新書) 三宮 貞雄 (著)

現役スタイリストはクローゼットの中を見るだけでセンスを見抜く
TVやラジオなどでも活躍する現役スタイリストの岡田あすかさんが普段の着こなし方を伝授するメルマガ『スタイリスト岡田あすかの「オトナファッションの着こなしレッスン」』では、毎号そのシーズンにあわせたテーマを取り上げ、そのシーンにふさわしい洋服の選び方をお伝えしています。Q&Aコーナーもあるのでスタイリングに関する悩みもこれで解決しますよ。
まずはクローゼットの整理をして、自分の傾向を把握し、新たなアイテムを足せるスペースを作りましょう。
服はたくさんなくてもいいんです。まずは、“ベーシックアイテム”を一通り揃えましょう。
「ベーシックアイテムって何?」と、お思いの方も多いと思いますが、まず大大大前提として『自分のサイズに合って、自分の体型がキレイに見えるもの』です。

LOWYA (ロウヤ) 収納 ワードローブ 伸縮クローゼット カバー ハンガーラック 大容量 幅155~255cm可動 ブラウン おしゃれ 新生活

わたなべ麻衣さんが着る「snidel」 の春夏最新スタイリング
Model / Mai Watanabe
Photo /Yusuke Raika(aosora)
Hair&Make /Hiroshi Takatoku(Lyon)
わたなべ麻衣 STYLEBOOK She is my girl

SEVER サーバー
弱冠19歳の大人気モデル、Vsevolod “SEVER” Cherepanov。ゴーシャ・ラブチンスキーのショー等、様々なブランドの顔としてだけでなく、ストリートのファッションアイコンとしても人気に火がついた彼は、数年前に “RUSSIAN MAFIA NEW WORLD ORDER” という刺繍が施されたフーディをファッション・ウィーク期間中にドロップし、大きな話題を呼ぶ。レアアイテムとなったそのフーディを経て、長らくニューアイテムの発表が待たれていた彼の待望の新作が到着。

各国から集まるファッション、フード、ドリンクイベントスペース複合型のフリーマーケットコンセプトSHOPGALLERIE TOKYO 5/26(土)OPEN
2018年 5月26日ギャレリー東京が、原宿から渋谷へ、キャットストリート沿いに移店、リニューアルオープン
大人への成長と共に、自分たちの共感したい”好き”の思いは、ファッションの枠にはおさまらない。
“UNCOOL”
私たちは、カッコつけず、ありのまま、も心も美しく。
“好きでつながる“をテーマに、型にとらわれない新しい提案をスタート致します。
SHOP INFO
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-23-25
「JR 渋谷駅」13番出口より徒歩3分
TEL:03-6434-9770
リーボック クラシック REEBOK CLASSIC CL レザー CS キャットストリート

【コラボ依頼続々!!】日本一売れてるファッション雑誌『リンネル』日本初!服から一軒家までプロデュース!
 近年、ライフスタイルの多様化に伴う「暮らし」に対する意識の高まりから、様々な企業が「暮らし系女子」をターゲットにした商品の企画・開発を行っています。
 ファッション雑誌販売部数トップシェアの株式会社宝島社が発行するファッション雑誌『リンネル』は、“毎日の暮らしを大事にしたい”と考える、「暮らし系女子」という新たな層を創出・開拓しました。10~70代という幅広い年齢層の読者に支持され、2018年5月10日に一般社団法人日本ABC協会より発表された、月刊男性・女性ファッション雑誌(男性・女性ライフデザイン誌)全58誌の販売部数において、1位になりました。
リンネル 2018年 6月号

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で