株式会社ワコールの子会社、株式会社Aiは、これまで培ってきた「三愛水着楽園」の魅力を再構築し、2018年5月に「San-ai Resort(サンアイリゾート)」へ、リブランディング。
ブランドロゴやキービジュアル等の刷新に加え、新たなブランドテーマを「Travel Emotions(トラベルエモーションズ)」とし、単なる水着という“モノ”を提供するのではなく、「旅」というテーマを通して、着用する体験や時間に生まれる感情(エモーション)を提供していきます。
ターゲットは、これまでボリュームゾーンであったヤング市場に加え、レイール、コーラルベールの戦略ブランドで「大人リゾート市場」を創出していきます。

水着,旅のワクワク感,三愛水着楽園,サンアイリゾート,San-ai Resort

■ リブランドに至るまでの経緯

1955年、銀座に生まれた「三愛水着」は、その時代の世相を照らし出し、日本のファッションに影響を与え、多くの女性に支持されてきました。また、水着同様、毎年選ぶイメージモデルにも大きな注目を集め、タレントや女優を多く輩出しています。2015年には、ワコールグループの一員となり、水着と下着を融合させた新たなビジネスモデルを確立すべく、事業を展開しています。

そのような中で独自に行った調査(※)からは、「からだをきれいに見せてくれる水着」へのニーズの高まりが見られました。また、欧米では、スイムウェア、インナーウェア、ヨガウェアなどマルチユースで利用できるボディウェアが主流となりつつあり、新たな傾向として顕在化しています。
そこで、Aiでは事業領域を「Fashionable Body Design(ファッショナブル・ボディデザイン)」とし、ワコールのからだに関する研究開発力やノウハウを充分に活用した水着やボディウェアを開発するとともに、未来を見据え、ブランドの進化を図ります。

水着,旅のワクワク感,三愛水着楽園,サンアイリゾート,San-ai Resort

■ ロゴデザイン
三つのハートをモチーフとし、リゾートから連想される高揚感や開放感、きれいな青空に浮かぶ雲を演出し、すべての女性をターゲットにする「San-ai Resort」の構えの広さ、多様性をイメージしています。

■ キービジュアル
ブランドテーマの「Travel Emotions(トラベルエモーションズ)」を最大限に表現していくため、プロトラベラーを起用し、「旅」を想起させるとともに、「旅」を通じて生まれる感情や高揚感を表現しています。

■ リブランディング店舗 オープン予定 
・そごう横浜店  2018年5月15日(火)
・渋谷モヴィーダ館  2018年5月23日(水)
・そごう千葉店  2018年5月24日(木)
・小田急ハルク  2018年5月30日(水) 
その他の店舗についても随時ブランドロゴ等を変更し、2018年7月時点で約70店舗の展開を予定しています。

■San-ai Resort
オフィシャルサイト
instagram

【リリース】 株式会社ニューズ・ツー・ユー


三愛水着楽園(サンアイミズギラクエン)をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で