『SCHOOL OF LOCK!』の卒業LIVEプロジェクトMY GENERATION 2017supported by J:COM開催決定!
BLUE ENCOUNTに卒業LIVEを届けてほしい学校を募集!毎週水曜23:05~ 『ブルエンLOCKS!』1月4日(水)スタート!
TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで放送中の10代向け人気番組『SCHOOL OF LOCK!』(月-金22:00~放送)では、 2017年1月4日(水)から、 新たに「BLUE ENCOUNT」を“講師”として迎え、 毎週水曜日にレギュラーコーナー『ブルエンLOCKS!』をスタート。

BLUE ENCOUNT(ブルー・エンカウント)

1月11日(水)の放送は「BLUE ENCOUNT」が生登場!さらに、 『SCHOOL OF LOCK!』の卒業LIVEプロジェクトとして、 今年はジュピターテレコム(J:COM)を協賛に迎え『MY GENERATION 2017 supported by J:COM』の開催も決定いたしました!「BLUE ENCOUNT」に卒業ライブを届けてほしい学校を全国から募集します。 どうぞお楽しみに。

◆1月11日(水)はBLUE ENCOUNTが生放送教室に登場!!

ラジオの中の学校『SCHOOL OF LOCK!』では、 2017年1月4日から新たに「BLUE ENCOUNT」を講師として迎え、 『ブルエンLOCKS!』をスタートします。 「BLUE ENCOUNT」はこれまでも、 インターネット配信『スマホLOCKS!』で2014年に「ブルエンLOCKS!」を担当、 2016年7月に『SCHOOL OF LOCK!』内プロジェクト「インハイエール」で書下ろしのエールソング『WINNER』を提供するなど、 『SCHOOL OF LOCK!』とは繋がりの深いアーティスト。 講師となった彼らは、 いったいどんな授業を展開するのでしょうか。
1月11日(水)は生放送教室に登場予定!どうぞご期待ください。

◆「MY GENERATION 2017 supported by J:COM」の開催も決定!

“さよなら”も“ありがとう”も全部、 その体に刻み込め。 歌おう。 叫ぼう。 過ごした日々を、 強く抱きしめよう。 何年経っても色褪せない強烈な瞬間を、 “僕らの世代”に残そう。 そんな思いが込められた『SCHOOL OF LOCK!』の卒業ライブプロジェクト『MY GENERATION』。

これまで、 ASIAN KUNG-FU GENERATION、 ゆず、 YUI、 くるり、 RIP SLYME、 チャットモンチー、 加藤ミリヤ、 flumpool、 阿部真央、 高橋優、 クリープハイプ……たちとの卒業ライブを開催してきました。 2年間の小休止を経て、 2017年3月に『MY GENERATION 2017 supported by J:COM』の開催が決定!! BLUE ENCOUNTがあなたの学校に卒業ライブをお届けします!「BLUE ENCOUNT」に卒業LIVEを届けてもらいたい学校の募集もスタートしました!今後のお知らせは『ブルエンLOCKS!』にてお伝えしていきます。 どうぞお楽しみに!

【BLUE ENCOUNT プロフィール】
Ba.    辻村勇太
Dr.    高村佳秀
Vo. Gt. 田邊駿一
Gt.    江口雄也
熊本発、 都内在住4人組エモーショナルギターロックバンド。
熱く激しくオーディエンスと一体となる<熱血>なパフォーマンスがライブシーンで話題を呼ぶ、 共感型次世代エモロックシーンを担うバンドBLUE ENCOUNT。 インディーズでリリースしたアルバム『BAND OF DESTINATION』がオリコンデイリー総合チャートで初登場9位、 ウィークリーではインディーズチャート2位を獲得、 代表曲「HALO」はYouTubeでの再生回数が250万回突破、 2014年9月10日にメジャーデビュー。

2015年1月にリリースしたファーストシングル「もっと光を」は、 新人ながら全国35局でのパワープレイを獲得。 5月には人気のテレビ東京系アニメ『銀魂 ゚』のオープニングテーマとなるシングル「DAY×DAY」をリリース。 2016年1月「はじまり」が第94回全国高校サッカー選手権大会応援歌に。 3月にリリースしたMBS/TBS系列アニメ『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』オープニングテーマ「Survivor」はオリコンウィークリーチャート10位、 iTunesの総合チャートでは1位を記録。

2016年10月9日に日本武道館にて初のワンマンライブを開催。 チケットは即日完売し、 11,000人を動員。 11月23日に発売したシングル「LAST HERO」には日本テレビ系ドラマ「THE LAST COP/ラストコップ」の主題歌/表題曲を収録。 初回限定盤には「SCHOOL OF LOCK!」によるプロジェクト「インハイエール!」の“エールソング”として提供の「WINNER」も収録。

初回限定盤には7月に熊本・熊本B.9 V1で行われたライブの映像や、 メンバーが地元熊本を散歩する様子を捉えた映像「ブル散歩 -熊本編-」を収めたDVDが付属。 そして2017年1月11日には待望のセカンド・アルバム『THE END』のリリースも決定しており、 ファンの期待は膨らむばかり。 12月29日(木)放送の「SCHOOL OF LOCK!」では、 このアルバム『THE END』より「HEART」がフルバージョンで初オンエアされた。

【「MY GENERATION」とは】

『SCHOOL OF LOCK!』が、 卒業シーズンに「自分たちの年代に、 何年たっても色褪せない強烈な“瞬間”を残そう」という主旨のもと、 2006年から行っている卒業ライブ。 卒業するリスナーを招待してライブを行ったリ、 リスナー応募の中から選ばれた一校へ、 アーティストと番組スタッフが出かけていき、 学校の先生の協力を得て生徒に内緒で、 3年生の卒業を祝うサプライズ・ライブを行ったりしている。 2017年は3月に「BLUE ENCOUNT」による『MY GENERATION 2017 supported by J:COM』開催が決定!開催地は『SCHOOL OF LOCK!』番組内にて募集中。

★第1回(2006年): ASIAN KUNG-FU GENERATION、 加藤ミリヤ
★第2回(2007年): YUI、 ゆず
★第3回(2008年): くるり (高校・吹奏楽部の生徒と共演ライブ)
★第4回(2009年): チャットモンチー、 RIP SLYME
★第5回(2010年): 加藤ミリヤ、 flumpool  ※2011年は開催中止
★第6回(2012年): 阿部真央、 高橋優
★第7回(2013年): flumpool山村隆太・阪井一生、 WEAVER杉本雄治
★第8回(2014年): クリープハイプ
※2015年2016年の開催はなし

【協賛:株式会社ジュピターテレコム(J:COM)について】

株式会社ジュピターテレコムは、 1995年に設立された国内最大手のケーブルテレビ事業・番組供給事業統括運営会社です。 ケーブルテレビ事業は、 札幌、 仙台、 関東、 関西、 九州・山口エリアの28社75局を通じて約524万世帯のお客さまにケーブルテレビ、 高速インターネット接続、 電話、 モバイル、 電力等のサービスを提供しています。 ホームパス世帯(敷設工事が済み、 いつでも加入いただける世帯)は約2,107万世帯です。 番組供給事業においては、 17の専門チャンネルに出資及び運営を行い、 ケーブルテレビ、 衛星放送、 IP マルチキャスト放送等への番組供給を中心としたコンテンツ事業を統括しています。
※上記世帯数は2016年9月末現在の数字です。
http://www.jcom.co.jp/ 

【番組「SCHOOL OF LOCK!」とは】

“全国の蒼き若者たちの未来の鍵(LOCK)を握るもうひとつの学校!”をコンセプトに、 パーソナリティのとーやま校長・あしざわ教頭ほか、 人気アーティストやタレントをレギュラー講師陣に迎え、 TOKYO FM をはじめとするJFN38局ネットで放送中のラジオ番組です。 2005年10月の番組開始以来、 ラジオとWEB、 時にイベントや出版も連動させた内容でネット世代の若者を中心に支持を得ている人気番組です。 2016年10月に番組開始10周年を迎えました。

放送日時: 毎週月曜日~木曜日22:00~23:55 / 毎週金曜日 22:00~22:55
(※女子クラス『GIRLS LOCKS!』の放送があるのは月~木)
放送局 : TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネット(※一部 東京ローカル)
http://www.tfm.co.jp/lock/

【リリース】株式会社PR TIMES

BLUE ENCOUNT(ブルー・エンカウント)をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。