カンヌ国際映画祭グランプリ受賞、アカデミー賞外国語映画賞ノミネーション候補作『たかが世界の終わり』が、2月11日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次公開。ボンジュールレコード、アーバンリサーチ、イデーカフェパルク、ルミネ有楽町とのタイアップが決定。

映画『たかが世界の終わり(Juste la fin du monde)』
©Shayne Laverdière, Sons of Manua

2年連続でルイ・ヴィトンのメンズ広告モデルとして起用され、その端正な容姿と卓越したセンスから次世代のファッションアイコンとしても注目を集めるグザヴィエ・ドラン監督。そして主演俳優のギャスパー・ウリエルはディオールのコレクションモデルやシャネルのフレグランスCMに出演、レア・セドゥはドラン同様、ヴィトンの広告モデルを務めるなど、ファッション業界でも活躍する面々がタッグを組んで贈る本作。

世界のカルチャーシーンの最重要人物、グザヴィエ・ドラン最新作の世界観に共鳴した、センス溢れる企業との豪華タイアップとなっております!

カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作『たかが世界の終わり』。“若き美しき天才”グザヴィエ・ドランの最新作ということでも注目を集める本作の公開を記念して、タイアップが決定いたしました!

★ボンジュールレコードにて『たかが世界の終わり』サウンドトラックご購入の方、
先着順にオリジナルトートバックをプレゼント!

『Mommy/マミー』のクライマックスシーンでオアシス「Wonderwall」が挿入されるなど、劇中での楽曲使用のセンスを光らせてきたグザヴィエ・ドラン。そんなドランのセンスが本作でも存分に発揮されており、サウンドトラックにも注目が集まります。
サウンドトラックに収録されるのは、オープニングでも流れるビョークとも比較されるフランスの個性派シンガーであるカミーユによる「Home is where it hurt」、ラストに流れるモ―ビーの「Natural Blues」の他に、日本でも人気のロックバンドBlink-182の楽曲も収録。まさにグザヴィエ・ドランの世界観にひたれる一枚となっています。
そんな『たかが世界の終わり』オリジナルサウンドトラックをボンジュールレコードでご購入の方にオリジナルトートバックを先着順にプレゼント!サントラを聴きながらオリジナルトートを持ってオシャレにお出かけしてみては?
http://www.bonjour.jp/

オリジナルトートバックをプレゼント

『たかが世界の終わり』オリジナルサウンドトラック

★アーバンリサーチにて写真展開催!

「フレキシブルに今の空気をモノやカルチャーに乗せて伝える SPECIALITY SHOP」がコンセプトの人気アパレルショップ、アーバンリサーチとのタイアップが決定!アーバンリサーチのお客様限定試写会の実施や、アーバンリサーチ神南店にて2/2~2/19写真展が開催されます!全国で写真展開催はこちらのみですのでお見逃しなく!
http://www.urban-research.com/news/38195/

★IDEE CAFÉ PARC『たかが世界の終わり』オリジナルメニュー実施中!

インテリアショップ、イデーミッドタウン店に併設された新しいスタイルのカフェ、イデーカフェ パルクでは映画公開を記念してオリジナルメニューを展開中!(期間:1/7~2/28)作品の食卓シーンの中で印象的なワインからインスパイアを受けて、冬にぴったりのホットワインをBLANCとROSSOの2種ご用意しております。ぜひこの機会にご賞味ください。
http://www.idee.co.jp/shop/tmd/

★ルミネ有楽町 プレゼントキャンペーン実施中!

アパレル、コスメ、レストラン、カフェなど人気ショップが並び、OLを中心に大人気のスポット、ルミネ有楽町では、お買い上げの方に『たかが世界の終わり』チケットがあたるプレゼントキャンペーンを実施中!(期間:1/10~2/1)

http://www.lumine.ne.jp/yurakucho/topics/topics_details.php?article_no=3144

映画『たかが世界の終わり(Juste la fin du monde)』
©Shayne Laverdière, Sons of Manua
映画『たかが世界の終わり(Juste la fin du monde)』
©Shayne Laverdière, Sons of Manua
映画『たかが世界の終わり(Juste la fin du monde)』
©Shayne Laverdière, Sons of Manua
映画『たかが世界の終わり(Juste la fin du monde)』
©Shayne Laverdière, Sons of Manua
映画『たかが世界の終わり(Juste la fin du monde)』
©Shayne Laverdière, Sons of Manua

「若き美しき天才」と称され、映画界のみならず世界のカルチャーシーンに閃光を放ち続ける27歳、グザヴィエ・ドラン。2014年、『Mommy/マミー』ではカンヌ国際映画祭で審査員賞という栄光を手に入れ、映画の新しい時代の幕開けを感じさせた。そんな世界中の映画ファンから待ち望まれていたドラン最新作がいよいよ日本公開!

最新作でドランが切り撮るのは、愛しているのに傷つけ合う〈ある家族の1日〉。うまく想いを伝えられないその姿は、まさにミスコミュニケーションに陥った現代の家族そのものだ。ドランの才能に引き寄せられて集まったのは、ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイというフランスを代表する一流俳優陣。自らの死を家族に伝えるために、帰郷する人気作家。12年ぶりの再会を祝う感動的な団欒となったかもしれない。だが現実に彼を待っていたものとはー。

【STORY】
 愛が終わることに比べたら、たかが世界の終わりなんて
「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる──。

映画『たかが世界の終わり(Juste la fin du monde)』
監督・脚本:グザヴィエ・ドラン 原作:ジャン=リュック・ラガルス「まさに世界の終わり」 
出演:ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、マリオン・コティヤール、ヴァンサン・カッセル、ナタリー・バイ
配給:ギャガ 提供:ピクチャーズデプト、ギャガ、ポニーキャニオン、WOWOW、鈍牛倶楽部
後援:カナダ大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
原題:Juste la fin du monde /カナダ・フランス合作映画/99分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:原田りえ
©Shayne Laverdière, Sons of Manua

2月11日(土)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA 他全国順次公開

http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/



ギャスパー・ウリエル(Gaspard Ulliel 発音例、1984年11月25日 – )
フランスの俳優。パリ郊外のブローニュ=ビヤンクールで生まれる。両親共にファッション業界で働いていた。パリ第8大学(サン・ドニ)で映画を専攻。
2010年、シャネルの香水「BLEU DE CHANEL」のイメージモデルに採用される。 マーティン・スコセッシがコマーシャル・フィルムを監督。
2014年ベルトラン・ボネロが監督するイヴ・サン=ローランの伝記映画で、リュミエール賞主演男優賞を受賞した。 『ハンニバル・ライジング』パンフレット記載のインタビューなどによると、左利き。同映画で筆記用具を左手で持つシーンなどが見受けられる。 左側頬のエクボのようなへこみは幼い頃ドーベルマンに噛まれた傷跡。
2005年から2007年まで女優のセシル・カッセルと交際していたが破局し、2013年から交際していたモデルのガエル・ピエトリとの間に2016年2月に男児を儲けた。

ギャスパー・ウリエル(Gaspard Ulliel)をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。