『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~』[2017デジタル・リマスター版]1月6日(金)より15日間限定ロードショー。
新春1月6日(金)より15日間限定で公開される矢野顕子主演映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~』のパンフレット(B5判24ページ)が完成。上映期間中、本作上映劇場のみで数量限定発売。また数量限定の先着入場者プレゼントのアイテムも発表。


(C)映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。 ~』[2017デジタルty・リマスター版]

‘76年7月25日、 アルバム『JAPANESE GIRL』でソロデビューした矢野顕子は、 オリジナル・アルバムを含め数々の作品を世に放ち ソロワークは勿論のこと、 様々なミュージシャンとのセッションも含め、 長きに渡りライブ活動を行い、 今年ソロデビュー40周年のアニバーサリー・イヤーを迎えました!

それを記念して‘92年に公開されたドキュメンタリー・フィルム『SUPER FOLK SONG ~ピアノが愛した女。 ~』 をデジタル・リマスタリングし、 四半世紀の時を経て、 新春1月6日(金)より15日間限定で全国の劇場にて公開いたします。 本作は‘92年の公開当時、 約2万人を動員し、 それまでのレイトショー記録を塗り替えて大ヒットしました。

 その映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。 ~』のパンフレット(B5判24ページ)が新装版で完成しました。 今年9月にデジタル・リマスター版の完成試写(初号試写)直後に、 矢野顕子さんご本人による取材を敢行。 そのファースト・インプレッションを包み隠さず語ったインタビューのコンプリート版や92年当時のこの映画に関する矢野顕子、 そしてお亡くなりなった坂西伊作監督、 エンジニアの吉野金次さんの貴重なインタビューも掲載。

映画出演者の鈴木慶一さん・谷川俊太郎さん・糸井重里さん・三浦光紀さん・宮沢和史さんのコメントも掲載。 また矢野顕子の娘である坂本美雨さんのインタビューも掲載。 『こんな大変な思いをしながら作っていたんだなって、 映画を観直して思いました。 母はあのとき、 いまの私とほぼ同い年。

いまは自分も同じような立場だから余計にそう感じるけど、 とてつもなく大きなものを背負って真摯に音楽制作と取り組んでいたんですね。 』と、 25年前の母親と同じくらいの年齢になった坂本美雨さんが心境を語るなど、 非常に読み応えのある劇場パンフレットとなっています。 15日間の上映期間中、 本作上映劇場のみの数量限定発売となりますので、 お早めにお買い求めください。

 また、 1月6日(金)からのロードショーにあわせて、 素敵な入場者プレゼントも発表されました。 6日(金)から公開初週より配布されるのが、 新春のアイテムらしく、 “福”の文字も入った福袋ならぬ特製トートバック(サイズ|約260mm×330mm)。 ピアノのデザインをあしらった可愛らしいベージュの福袋(トートバック)は、 数量限定の先着プレゼント(非売品)として配布されます。 13日(金)からの公開2週目からは、 矢野さんの表情が目を引くポスター・デザインをあしらった長方形の缶バッチ(サイズ|53mm×78mm)をプレゼント。 こちらも数量限定の先着アイテム(非売品)となっております。 公開1週目の入場者プレゼントの福袋に、 2週目の入場者プレゼントの缶バッチをつけて映画を観に出かけよう!

矢野顕子,映画パンフレット
(C)映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。 ~』[2017デジタル・リマスター版]

矢野顕子,トートバッグ
【入場者プレゼント (左)】1週目 1月6日(金)より配布|映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。 ~』特製福袋(非売品)[サイズ|約260mm×330mm]

【入場者プレゼント (右)】2週目 1月13日(金)より配布|映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。 ~』特製缶バッチ(非売品)[サイズ|53mm×78mm]

※各劇場数量限定特典。 プレゼントは、 先着でのプレゼントとなっております。
無くなり次第配布終了となります。 ご了承ください。

【映画「SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。 ~」[2017デジタル・リマスター版] パンフレット 概要】
・映画「SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。 ~」2017デジタル・リマスター版 公開に寄せて(文・今井智子)
・映画「SUPER FOLK SONG」が残した足跡 矢野顕子インタビュー(2016年 取材:文・今井智子)
・坂本美雨インタビュー(2016年 取材:文・桑原シロー)
・Commentary from casts(1992年 鈴木慶一・谷川俊太郎・糸井重里・三浦光紀・宮沢和史)
・アルバム『SUPER FOLK SONG』が音楽しているわけ(文・小沼純一)
・LINER NOTES from “SUPER FOLK SONG”収録曲と矢野顕子自身による解説(1992年)
・監督 坂西伊作インタビュー(1992年)
・吉野金次インタビュー(1992年)
・映画をめぐって矢野顕子への10の質問(1992年)ほか

【出版概要】
上映劇場にて、 数量限定発売
発売期間: 2017 年 1月 6 日(金)より15日間限定
判型: B5 判 / 24頁
定価: 900 円(税込)

=================
【作品概要】


(C)映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。 ~』[2017デジタル・リマスター版]

矢野顕子『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。 ~』[2017デジタル・リマスター版]、
新宿バルト9、 梅田ブルク7、 センチュリーシネマ(名古屋)、 T・ジョイ博多、 ユナイテッド・シネマ札幌ほか全国の劇場にて、 2017年1月6日(金)より15日間限定ロードショー!
出演・演奏|矢野顕子  インタビュー出演|鈴木慶一、 谷川俊太郎、 糸井重里、 三浦光紀、 宮沢和史、 David Rubinson(出演順)
監督|坂西伊作 撮影|夏野大介
1992年/日本/モノクロ/DCP/2ch/79分
公式サイト
http://www.110107.com/yanoeiga

全国共通劇場鑑賞券
前売券|1,900円(税込) 当日窓口料金|2,300円均一(税込)※各種割引なし
■劇場窓口、 メイジャーWEB通販にて特典付全国共通前売鑑賞券を販売。
前売特典|特製チケットホルダークリアファイル
※前売特典は数に限りがございます。 なくなり次第終了とさせていただきます。
■チケットぴあ(セブンイレブン、 サークルK・サンクス、 チケットぴあのお店)にて販売。
チケットぴあPコード:466-900

【矢野顕子 コメント 】
当時の事を思い出すと、 少々照れくさい気持ちになりますが、 改めて作品を観ますと40年の活動の中でこの作品は、 いまの自分造りの大きなターニングポイントになっていたのだなと感じる映画でした。 レコーディングの中で失敗したり、 成功したりする私を観て、 ぜひ観客の皆様も、 一緒に曲を作っているかのようにお楽しみ頂けると嬉しいです。

企画・主催: ソニー・ミュージックアーティスツ  
配給|ライブ・ビューイング・ジャパン 
配給協力|ソニー・ミュージックダイレクト
(C)映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。 ~』[2017デジタル・リマスター版]

【リリース】株式会社PR TIMES

1976年7月25日、 アルバム『JAPANESE GIRL』でソロデビューした矢野顕子をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。