11月10日 (金) から3日間、パシフィコ横浜で開催予定のハンドメイドイベント、Handmade MAKERS’は、今年よりハンドメイドの新たな才能と取り組みに光をあてるMAKERS’AWARDを立ち上げ、第1回 ゴールド賞を、横浜捺染の『共同組合ギルダ横濱』(以下、ギルダ横濱)※1 のオリジナル生地を使ってワンピースを制作したソーイング作家の伊藤みちよさんに決定。

メイカーズアワード,ソーイング作家,伊藤みちよ,MAKERS AWARD

 MAKERS’AWARDは、ハンドメイドの付加価値向上のためHandmade MAKERS’実行委員会が、立ち上げたコンペティションで、2017年の今年が1回目となります。イベントのコンセプトである「MAKERS’が目指すこと」※2を実現している方に光を当て、ハンドメイドに携わる人へ一つの指標を示すことを目的としています。7月31日で応募を締切り、9月に選考を行い、第1回の受賞者を決定しました。

 ゴールド賞受賞の伊藤みちよさんは、2002年、ブランド『May Me』を立ち上げ、ソーイング作家として活動を行っており、横浜在住の伊藤さんがギルダ横濱と出会い、横浜三塔※3のモチーフをプリントした生地の存在を知り、その生地で横浜名所のユニフォームを作りたいとワンピースを制作したもので、オリジナル生地で制作したいクリエイターと、服飾デザイナーが所属しない企業集団ギルダ横濱が上手くコラボし、新たな展開が生まれたことが評価されました。

 授賞式はHandmade MAKERS’ 2017の開催初日、11月10日(金)12:00から、会場内の特設ステージで行います。また会場では、伊藤さんとギルダ横濱のコラボ作品のワンピースを、横浜スカーフ親善大使
※4が着用して披露する他、伊藤さんのブランド May Me の出展や、ギルダ横濱による横浜捺染の特別企画出展も開催します。尚、シルバー賞、ブロンズ賞については、ハンドメイドに携わる人への指標となるまでの基準には達していないとの結論に至り、本年は該当無しとしました。
 これからも、Handmade MAKERS’は、クリエイターと企業が協業して、ハンドメイドの可能性を広げる活動に貢献していきます。

□ MAKERS’AWARD 2017の結果 □
ゴールド賞:May Me 伊藤みちよ
シルバー賞:該当なし
ブロンズ賞:該当なし

□ MAKERS’AWARD 授賞式 □
時間:11月10日 (金) 12:00~
場所:Handmade MAKERS’ 2017  特設ステージ

□□ プロフィール:伊藤みちよ □□

2002年ブランドMay Meを立ち上げ活動を行うソーイング作家。ヴォーグ学園の講師、NHKすてきにハンドメイドの出演、イベントや個展等での作品の制作販売、著書や雑誌・書籍で作品発表。2015年公開の映画『繕い裁つ人』では、洋裁指導を行うなど勢力的に活動する。

【ゴールド賞選考の理由】Handmade MAKERS’実行委員長 足立 浩

受賞されたソーイング作家の伊藤みちよさんは、ご自身ひとりではできなかったことを、ギルダ横濱さんと出会ったことで実現しました。逆に、職人集団のギルダ横濱さんは、デザイナーでもある伊藤みちよさんと出会ったことが、今回のHandmade MAKERS’への出展に繋がり、技術のある職人集団が、クリエイターと結びつくことの意義を示すことになりました。

しかも、どちらも本イベントの舞台である横浜をモチーフとして意識的に取り入れることで、イベント来場者にアピール度の高い表現を可能にし、その効果は、ハンドメイドの世界の内側だけではなく、その外側に向けても、ハンドメイドの価値の発信を可能にしたという点で、1回目のMAKERS’ AWARDゴールドプライズに相応しいと判断しま
した。

※2 MAKERS’ が目指すこと
 ・手づくりの付加価値の向上
 ・作品からブランドへ
 ・趣味をビジネスへ
 ・プロフェッショナルの創出
 ・プロのクリエイター人口の増加
 ・企業とクリエイターのビジネスマッチング

※3 横浜三塔
  神奈川県横浜市中区にある、神奈川県庁本庁舎、横浜税関、横浜市開港記念会館

※4 横浜スカーフ親善大使
  横浜繊維振興会が横浜スカーフの認知度を高める活動を行うために、選考・任命した広報大使

【横浜捺染職人集団 『ギルダ横濱』 の出展】

かつて、シルクロードを通って横浜に集まった生糸や絹製品は、横浜港から世界に向けて輸出されました。横浜の大岡川や帷子川沿いに捺染工場が立ち並び、シルクプリントなどの捺染産業が栄えました。特にスカーフは、「横浜スカーフ」と呼ばれ世界最高水準の技術が認められ、世界のハイブランドとの契約により、その多くが横浜で作られました。
 その横浜捺染の技術を継承する職人の集団 ギルダ横濱が、Handmade MAKERS’2017で、匠の技を
披露します。

□ 出展内容 □
・ギルダ横濱の紹介
・伊藤みちよさんとのコラボ作品の展示
・捺染の実演
・捺染ワークショップ
・組合企業によるオリジナル商品の展示・販売 など

【業界初!シルク、ウール、カシミヤの本藍染めに成功した『横浜染房 藍』が出展】

  天然本藍染めは、夏は涼しく、冬は暖かく、長く使用することでその色合いに深みが生まれるため、古くから愛用されています。ただ、そのほとんどが綿素材を染色したものであり、動物性繊維は染色過程においてアルカリを使用することで劣化が起きるため、不可能とされてきました。
 ギルダ横濱の組合企業である横浜染房 藍(代表:北田純、横浜市旭区)では、開発に5年をかけ、シルク、ウール、カシミヤへの均一な本藍染めを、一度に量産する技術を完成させました。
 伝統の横浜捺染の技術を活かしつつ、世界にアピールできる技術です。Handmade MAKERS’2017で、その商品を披露いたします。

※1 共同組合ギルダ横濱
 あらゆるニーズに対応できるよう、横浜捺染の多種にわたる工程を一つにまとめた、染めものづくりの匠の企業集団です。捺染、染色、製版、縫製などの21の企業で構成されています。
理事長:田野井 英雄
所在地:横浜市西区浅間町3-165-3
TEL:045-620-0910

【Handmade MAKERS’ 2017 イベント情報】
 Handmade MAKERS’は、来場者20万人を集める日本最大のハンドメイドイベント、「日本ホビーショー」を主催する一般社団法人 日本ホビー協会が、手づくりでビジネスを目指すクリエイターを支援する目的で、2016年から立ち上げたハンドメイドイベントです。
 第2回開催となる今年は、ファッション、アクセサリー、アート、ホーム、DIY、フードのオリジナル作品・商品を販売するクリエイターと、ハンドメイド素材やパーツを販売する企業など、約600ブースが出展いたします。

【イベントの特徴】
□ 多様な出展:約600ブース □
・クリエイター(ファッション、アクセサリー、アート、ホーム、DIY、フード)
・ハンドメイド素材やパーツを販売する企業
・ハンドメイドブランドを展開する団体やタレントなど
□ 学べるコンテンツ □
・手づくりをビジネスへ繋げるセミナー
・ハンドメイドに付加価値を与えるトークショー
□ 体験できるコンテンツ □
・子どもから上級者まで、ハンドメイドを体験できるワークショップ
・ライブステージ
□ 味わうフードコンテンツ □
・クリエイターのフード出展、カフェ、キッチンカー

【横浜、初上陸の特別企画】
□ 日本ホビーショー Special Edition □
・ 人気のワークショップは、トレンドを捉えたラインナップ。
・ 篠原ともえさんプロデュース「花と宇宙のワンピース展」
篠原さんによるトークョーやワークショップも行います!

□ 10回記念 ハローサーカス □
・タレント千秋さん率いるハローサーカス。
 オーディションで選ばれた作家さんたちによる作品や、
 ハローサーカスオリジナルグッズが続々登場します。
・大人気のハローサーカス カフェもオープンします!

□□ 開催概要 □□

名称: Handmade MAKERS’ 2017
期間: 2017年11月10日 (金) ~ 12日 (日)
時間: 11:00~18:00
会場: パシフィコ横浜 展示ホールA・B
入場料:前売1,000円 (各プレイガイドで発売中) / 当日1,200円
    小学生以下のお子様無料 障害者手帳をお持ちの方とその介護者各1名無料
https://makers-jp.com/
主催: 一般社団法人 日本ホビー協会
後援: 経済産業省、横浜市、公益財団法人 横浜観光コンベンション・
    ビューロー、公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団



michiyo @_May_Me
シンプルで可愛く、長く愛用できるお気に入りの1着をコンセプトにリネンやコットンを中心におうちでお手入れできるお洋服をオリジナルパターンで作っています。
伊藤みちよ をamazonで探す