フランスを代表する2大女優『シェルブールの雨傘』『8人の女たち』のカトリーヌ・ドヌーヴと、『大統領の料理人』のカトリーヌ・フロが初共演にして、息の合った“母・娘の掛け合い”で観る者を楽しませてくれる映画『ルージュの手紙』が2017年12月9日、シネスイッチ銀座ほか全国公開。

ルージュの手紙,カトリーヌドヌーヴ,ポスター展,rouge-letter

ルージュの手紙,カトリーヌドヌーヴ,ポスター展,rouge-letter

このたび、新作『ルージュの手紙』の公開を記念して、主演のカトリーヌ・ドヌーヴの過去作のポスター展をシネスイッチ銀座にて開催。

猫のように自由に生きる、血のつながらない母と、ド真面目な娘による、可笑しくてほろ苦いバディムービー!30年ぶりに再会した母が、女の人生の歓びを、教えてくれる―。

もしも何もかもが正反対の相手が突然現れて、自分を予想外の未来へと導いてくれるとしたら―?セーヌ川が流れるパリ郊外で、助産師として堅実に働くクレール(カトリーヌ・フロ)のもとに、30年前に突如姿を消した血のつながらない母ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から「会いたい」と1本の電話が入る。ベアトリスは堅実なクレールとは真逆の生き方をしてきた女性。自由が好きで、お酒が好きで、ギャンブルも好き。クレールは、父親を置いて去った身勝手な彼女に苛立ちながらも、全てを失って戻ってきたベアトリスの事を放ってはおけなかった。いつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され、人生の扉を少しずつ開きはじめる。

女優人生60年!いつの時代も、女の人生のお手本!大女優カトリーヌ・ドヌーヴの過去作をポスターで振り返り、その軌跡に酔いしれる!

カトリーヌ・ドヌーヴの女優人生60年を振り返るポスター展が『ルージュの手紙』を公開するシネスイッチ銀座で絶賛開催中だ。60年代作品では『昼顔』や『幸せはパリで』、70年代ではマルチェロ・マストロヤンニと共演した『哀しみの終わるとき』や『赤いブーツの女』や『恋のモンマルトル』など、世界中を虜にした美しすぎるドヌーヴの姿にただただ酔いしれてほしい!さらに一躍、世界的スターとなったきっかけの作品『シェルブールの雨傘』や『ロシュフォールの恋人たち』の当時の貴重なプレス資料なども展示されている。

可憐な姿から、年齢を重ね、艶やかに美しく変化していく姿を一気に見ることができる。12月に公開されるドヌーヴ最新作『ルージュの手紙』でも、今なお衰える事のない美しさとチャーミングな魅力が溢れている。第一線で活躍し続けるドヌーヴの最新公開作をどうぞお見逃しなく!監督・脚本は『ヴァイオレット-ある作家の肖像-』『セラフィーヌの庭』など女性を描くことに定評のあるマルタン・プロヴォ。また、『少年と自転車』のオリヴィエ・グルメが脇を固める。

カトリーヌ・ドヌーヴポスター展はシネスイッチ銀座(中央区銀座4-4-5 旗ビル)にて本日より12月下旬ごろまで開催予定。映画『ルージュの手紙』の上映とあわせてお楽しみください。(入場は、劇場内で映画をご鑑賞頂いた方のみに限ります)

映画『ルージュの手紙』は2017年12月9日(土)シネスイッチ銀座他全国ロードショー。

カトリーヌ・ドヌーヴ

STORY

セーヌ川流れるパリ郊外に暮らすクレール(カトリーヌ・フロ)の元に、何の痕跡もなく30年間姿を消していた血のつながらない母、ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーヴ)から電話があり、「会いたい!」と言われる。クレールは今でも、大事な父を捨てた彼女のことは許せなかった。父はその後、自殺をしてしまったのだ。真面目すぎるクレールと自由で人生を謳歌しているベアトリス。
性格が全く違う二人だが、互いを受け入れ、ベアトリスの古い秘密が明らかになることによって失われた年月が埋まっていく。いつしかクレールは、ベアトリスの生き方に影響され人生の扉を少しずつ開きはじめるー。

【監督・脚本】マルタン・プロヴォ『ヴァイオレット-ある作家の肖像-』『セラフィーヌの庭』
【出演】カトリーヌ・ドヌーヴ『8人の女たち』『シェルブールの雨傘』/カトリーヌ・フロ『大統領の料理人』、オリヴィエ・グルメ『少年と自転車』

2017/フランス/フランス語/カラー/ビスタ/117分/日本語字幕:古田由紀子 <G> 配給:キノフィルムズ
© CURIOSA FILMS – VERSUS PRODUCTION – France 3 CINEMA
© photo Michael Crotto
http://rouge-letter.com/


カトリーヌ・ドヌーヴをamazonで探す