人気連載漫画『やれたかも委員会』の本作品初の実写ドラマ化として放送する『やれたかも委員会』は、主人公の能島明役をお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が務めることが決定し、解禁直後からインターネットを中心に大きな反響を呼んだ。秋山自身も「必ず誰もがあると思うんですよ、『やれたんじゃないかな、あいつ』みたいな」と共感する『やれたかも委員会』。

初実写ドラマ,やれたかも委員会,秋山竜次,朝比奈彩,本多力,AbemaTV
ⒸAbemaTV

同作品は、“あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない……。”という、男性なら誰しもが1度は感じたことのありそうな甘く切ない“やれたかも”というエピソードを、“やれた”のかどうか判定する組織「やれたかも委員会」の犠星塾塾長・能島明、ミュージシャン・パラディソ、財団法人ミックステープ・月満子という個性豊かな3人の登場キャラクターが判定していく。

この度、オリジナル連続ドラマ『やれたかも委員会』の初回を2018年1月27日(土)より放送することが決定し、視聴予約が開始した。
全8話を毎週土曜夜11時から夜11時30分にわたり放送する。

また、メインキャラクターである月満子役に、女性誌の専属モデルを務め、有名ランウェイにも多数出演経験を持つ人気モデル・朝比奈彩、同じくメインキャラクターのパラディソ役に数多くのテレビドラマでシリアスな役からコミカルな役まで、多彩な演技力を持つ実力派俳優・本多力が、それぞれ務めることが決定し、レギュラー出演者3人のビジュアルを公開した。

今後、「やれたかも委員会」に判定してもらう依頼者、依頼者の回想シーンに登場するキャラクターなども順次発表していく予定。

本作品について朝比奈は「とにかく原作の世界観がとても面白くて、一見くだらないと思える事も真剣に論理的に意見を言う。そんな少しクールな月満子になれる様に頑張ります」、本多は「もっと“やれたかも”、と思い残さないように、やりきりたいと思います!」と、同作品に対する思いを語った。

■AbemaTV 『やれたかも委員会』番組概要
初回放送:2018年1月27日(土)
放送日程:毎週土曜 夜11時~夜11時30分 (全8話)
放送チャンネル:AbemaSPECIAL
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/9a92K5zAJb868X
番組URL:
キャスト:秋山竜次(能島明・役)、朝比奈彩(月満子・役)、本多力(パラディソ・役)
公式サイト
原作マンガ掲載サイト「note」



朝比奈彩をamazonで探す

秋山竜次をamazonで探す
やれたかも委員会 をamazonで探す

本多 力(ほんだ ちから、1979年6月12日 – )
日本の俳優、声優、ラジオパーソナリティである。京都府京都市出身。劇団ヨーロッパ企画(株式会社オポス)所属。
1998年に立命館大学に入学後、同年9月から「同志社大学小劇場」内で活動していた「演劇集団Q」に加入。その後、1999年5月からヨーロッパ企画に参加。同年の第2回公演「翼よごらんあれが恋の灯だ」以降、ほぼ全ての本公演作品に出演している。本公演のほか、ヨーロッパ企画内の派生ユニット「ヨーロッパ企画 イエティ」のプロデュース公演や諏訪雅が脚本・演出・制作を手がけた諏訪ミュージカル企画「夢!鴨川歌合戦」(2014年3月)にも出演。ヨーロッパ企画以外の外部の舞台や、テレビドラマ・映画にも出演している。トットちゃん!(2017年10月 – 、テレビ朝日) – 児玉久興 役

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。