フランスにて開催された第32回ベルフォール国際映画祭のインターナショナルコンペティション(短編部門)にて、高野徹監督『二十代の夏』(英題”She’s Beyond Me”)が、グランプリ+観客賞のダブル受賞を果たしたほか、スペインで開催されたベリン国際短編映画祭でも観客賞を受賞。

高野徹監督,二十代の夏,ベルフォール国際映画祭,グランプリ,観客賞,Shes Beyond Me

ベルフォール国際映画祭で日本人が受賞したのは2004年の石井克人監督ら以来13年ぶりの快挙となります。ベルフォール国際映画祭は、1986年に映画プロデューサーのジャニーヌ・バザンが創設したフランスの国際映画祭で、若手監督による野心的で斬新な作品を紹介してきました。

過去にはポルトガルのペドロ・コスタ監督、フランスのレオス・カラックス監督、スペインのホセ・ルイス・ゲリン監督らの初期作が選出されています。

監督の高野徹は現在29歳で、横浜国立大学大学院を修了後、助監督として映画制作に関わり、2017年『二十代の夏』を発表。

授賞式では「2つの大きな賞を受賞して驚いています。出演者やスタッフ、支援者のみなさんに感謝し、これを励みに映画を撮り続けます。そしてこの大きなニュースを恩師である梅本洋一先生にご報告したいです」と述べました。

<審査員コメント>

『二十代の夏』は映画の歴史、若さと美しさ、そして笑いを私たちに想起させます。ジャック・ ロジエ監督の『アデュー・フィリピーヌ』を思い出させる、ひとつの歌のような映画です。

<映画祭発行の日刊紙による評>

このフィルムの素晴らしい点のひとつは、登場人物への演出の曖昧さにあります。 たとえば、観客は、同じ女優によって演じられる二人の登場人物の間柄を理解するのに、時間がかかってしまいます。 というのも、この二重性はモンタージュと演技の双方に偏在しているからなのです。(中略) 最後のシーンでタイト ルが再び現れ、観客ひとりひとりにどう解釈するのか問いかけます。 Text by Chloé Galzi

高野徹監督,二十代の夏,ベルフォール国際映画祭,グランプリ,観客賞,Shes Beyond Me

高野徹監督,二十代の夏,ベルフォール国際映画祭,グランプリ,観客賞,Shes Beyond Me

【STORY】

若い小説家が主人公の、ひと夏の恋愛物語。執筆のため滞在していたペンションを些細なことから管理 することになった主人公のカズキは、宿泊客のレイコとユカに出会う。レイコにはカズキの元彼女の面影があり、カ ズキは簡単に恋に落ちる。ある晩、お酒を楽しんでいた3人は、ユカの奔放な振る舞いをきっかけに大きく衝突をは じめる。 (2017/日本/42 分 ※日本での公開は未定)
https://twitter.com/filmoshima


ジャック・ ロジエ をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で