第2弾、共同開発による「あたらしいみやげもの」発売とフリーマガジンの無料配布
株式会社ビームスは2018年2月7日(水)、大分県別府市とのコラボ企画「BEAMS EYE on BEPPU」プロジェクトの第2弾において、別府の地場産業と共同開発した商品「あたらしいみやげもの」を新宿の店舗「ビームス ジャパン」で発表するとともに、本企画のために制作したフリーマガジン「まるで湯けむり。」の無料配布をスタート。

あたらしい,みやげもの,大分県別府市,コラボ企画,BEAMS EYE on BEPPU

今回発表される商品「あたらしいみやげもの」は、2017年10月に別府市の地元企業および作り手の参画を公募し、「ビームス ジャパン」のバイヤー2名が監修し開発されたものです。公募で集まった別府市の16の事業者とともに、長きにわたって幅広い層から支持され“これからの別府のスタンダード”になりうるプロダクト開発を目指し、3ヶ月にわたって意見を交わし試作を重ねて完成しました。全ての商品は本イベントでの販売後、別府市内の各事業主の販路でも取り扱いが予定されています。

フリーマガジン「まるで湯けむり。」は、3人のキャストと3人の写真家による2泊3日の別府旅行記です。キャストはモデルで女優の青柳文子、「シャムキャッツ」のヴォーカル夏目知幸、「鉄割アルバトロスケット」を主宰する劇作家で俳優の戌井昭人。それぞれの個性が色濃く反映された読みものと写真に加え、“別府のB面”をキーワードに別府のヒト・モノ・コトにフォーカスしたコラムで構成された、ひとくせもふたくせもあるローカルガイドブックに仕上がりました。

2017年2月7日(水)より、「ビームス ジャパン」をはじめとしたビームスの店舗など、全国数カ所で無料配布するほか、BEAMS公式ウェブサイトからもダウンロード可能です。また、「ビームス ジャパン」 では会期中、「まるで湯けむり。」に使用された各写真家の写真をパネル展示します。

2月12日(月・祝)には蔦屋書店代官山店において、「BEAMS EYE on BEPPU」のトークイベントも開催します。なお、同イベントは3月28日(水)より4月16日(月)まで、SELECT BEPPU(大分県別府市)に場所を移して開催されます。

ビームスでは、地方自治体や異業種企業とともに日本各地のさまざまなコンテンツをキュレーションし、日本の魅力を発信しています。大分県別府市とのコラボレーションは、2016年11月に実施し大きな反響を呼んだ「ビームスの足湯」に続いて今回で2回目です。

◆ 開催概要
「BEAMS EYE on BEPPU」
開催期間:2018年2月7日(水)〜3月6日(火)
開催場所:ビームス ジャパン 1F (東京都新宿区新宿3-32-6 TEL 03-5368-7300)

イベント内容:

①大分県別府市の地場産業と開発した商品「あたらしいみやげもの」の販売
※イベント初日、2月7日(水)18時頃から20時まで、別府市の長野恭紘市長も販売応援に駆け付けます。

②別府市をフィーチャーしたフリーマガジン「まるで湯けむり。」の無料配布

キャスト × 写真家
・青柳文子 x 斎藤陽道
・夏目知幸 x 清水はるみ
・戌井昭人 x 田附勝

③「まるで湯けむり。」の写真展示(作家:斎藤陽道・清水はるみ・田附勝)

◆ トークイベント
開催日時:2017年2月12日(月・祝)19:30〜
開催場所:蔦屋書店 代官山店 2階イベントスペース
イベント参加料:1,000円

◆ 巡回展
「BEAMS EYE on BEPPU」
開催期間:2017年3月28日(水)〜4月16日(月)
開催場所:SELECT BEPPU

内容:商品の販売、フリーマガジンの配布、写真の展示

http://www.beppuproject.com/work/541

【リリース】株式会社PR TIMES


BEAMS(ビームス)をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。