東日本大震災の津波で壊滅した宮城県南三陸町の小さな漁村「波伝谷(はでんや)」。その被災までの3年間の日常を追ったドキュメンタリー映画『波伝谷に生きる人びと』の震災後の続編に当たる『願いと揺らぎ』が2月24日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開。

#願いと揺らぎ #海が揺れた #土地が揺れた #そして心も
(C)ピーストゥリー・プロダクツ

津波により集落が壊滅しコミュニティが分断された波伝谷では、ある若者の一声から地域で最も大切にされてきた行事である「お獅子さま」復活の機運が高まり、それは先行きの見えない生活の中で、人びとの心を結びつける希望となるはずでした。

#願いと揺らぎ #海が揺れた #土地が揺れた #そして心も
(C)ピーストゥリー・プロダクツ
#願いと揺らぎ #海が揺れた #土地が揺れた #そして心も
(C)ピーストゥリー・プロダクツ

しかし波伝谷を離れて暮らしている人、家族を津波で失った人、さまざまな立場の人がお獅子さま復活に想いを寄せる一方で、集落の高台移転、漁業の共同化など、多くの課題に直面し、足並みは一向に揃いません。

#願いと揺らぎ #海が揺れた #土地が揺れた #そして心も
(C)ピーストゥリー・プロダクツ
#願いと揺らぎ #海が揺れた #土地が揺れた #そして心も
(C)ピーストゥリー・プロダクツ

震災によって生じたひずみは大きく、動けば動くほど想いはすれ違い、何が正解なのかも分からぬまま、摩擦や衝突を重ねお獅子さまは復活します。2005年からお獅子さまを撮り続けてきた監督が、ともに迷い、もがきながら、復興に向けて歩み続けた人びとの“願いと揺らぎ”は予告編でも鮮烈に映し出されています。


(C)ピーストゥリー・プロダクツ

クラウドファンディング実施中!

現在 MOTHIONGALLERYにて、公開へ向けてのクラウドファンディングも実施中。

監督・撮影・編集:我妻和樹
プロデューサー:佐藤裕美
製作・配給:ピーストゥリー・プロダクツ
宣伝:佐々木瑠郁
2017年/日本/HD/カラー・モノクロ/16:9/147分

https://negaitoyuragi.wixsite.com/peacetree
https://www.facebook.com/negaitoyuragi/



東日本大震災 をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。