東出昌大と濱口竜介監督がタッグを組み、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋愛小説を映画化した『寝ても覚めても』。この度、河瀬直美監督『あん』、黒沢清監督『岸辺の旅』、深田晃司監督『淵に立つ』などのプロデューサーとして知られる澤田正道氏が本作のコー・プロデューサーとして名を連ね、海外セールスを大手MK2が担当、本作が国際映画として製作されていることを報告。

寝ても覚めても,東出昌大 ,濱口竜介,柴崎友香
©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会

現在開催中のベルリン国際映画祭のマーケットでも情報解禁され、すでに『ハッピーアワー』でロカルノ国際映画祭をはじめ国際的に高い評価を得た濱口監督の商業デビュー作とあって、世界中の映画関係者から注目を浴びています。

本作は、ミステリアスな自由人・麦(読み:ばく)と、優しくて誠実なサラリーマン・亮平という、同じ顔をしたふたりの男と、その間で揺れ動く女性・朝子の8年間を描く恋愛映画。濱口監督が、原作が持つストーリーの荒唐無稽さと緻密な生活描写に惚れ込み自ら映画化を熱望、メガホンを取った。

東出昌大は、同じ顔をしていながらも全くタイプの違う男・麦と亮平という初の一人二役に挑み、新星・唐田えりかがヒロイン・朝子を演じる。瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知、仲本工事、田中美佐子といった豪華キャストが脇を固めている。

フランスを拠点に活躍する映画プロデューサー澤田正道氏は、河瀬直美監督『2つ目の窓』(2014年)、『あん』(2015年)、黒沢清監督『岸辺の旅』(2015年/ある視点部門監督賞受賞)、深田晃司監督『淵に立つ』(2016年/ある視点部門審査員受賞)、河瀬直美監督『光』(2017年)と、手がけた作品が4年連続でカンヌ国際映画祭に正式出品されるなど、日本の才能を世界に広めてきた第一人者。その彼が、濱口監督の才能に惚れ込み、本作への参加を決めた。

そして、本作の海外セールスを担当するのはMK2。オリヴィエ・アサイヤス、ジャ・ジャンクー、グザヴィエ・ドラン、ヨルゴス・ランティモスなど鬼才たちの映画の共同制作、海外セールスを手がけ、また、チャップリン、トリュフォー、キアロスタミ、キェシロフスキ、デヴィット・リンチ、バスター・キートンなどの名作の数々をリストアし上映してきたフランスが誇る映画会社。新たな才能発掘には定評があり世界のバイヤーから絶大な信頼を寄せられているMK2が、濱口監督の新作と聞いて本作に飛びついた。

ベルリン国際映画祭よりコメント到着!

澤田正道氏コメント

私はフランスにいて新しい才能との出会いには常に興奮を覚えます。濱口監督の『ハッピーアワー』5時間17分を思わず一気に見てしまった時の喜びは3つ星のレストランで3時間を過ごすより豊かでした。
私は偶然にも本作の原作「寝ても覚めても」を読んでいて、この映画的語り方に惹かれていました。その偶然性も重なり作品が私を呼び寄せてくれた予感がします。世界に向けて日本の新しい世代の先端を走り続けてほしい作家です。

MK2 ジュリエット・シュラメックコメント

濱口竜介監督『寝ても覚めても』の脚本を読んで、私は興奮し、すぐに参加を決めました。MK2は常に新たな才能との出会いを大切にしてきました。今回、近年稀に見る、日本の若き“将来の巨匠”の作品にコミットできることをとても嬉しく思います。

【あらすじ】
大阪に住む21歳の朝子は、青年・麦(読み:ばく)と運命的な恋に落ちる。
しかし、彼はある日、忽然と彼女の前から姿を消してしまう。それから2年後、東京に引っ越した朝子は、麦にそっくりな顔をした男・亮平と出会う。麦のことを忘れられない朝子は亮平を避けようとするが、そんな朝子に亮平は好意を抱く。戸惑いながら、朝子も亮平に惹かれていくが―。

出演: 東出昌大,唐田えりか,瀬戸康史,山下リオ,伊藤沙莉,渡辺大知,仲本工事,田中美佐子
監督:濱口竜介 
原作:「寝ても覚めても」柴崎友香(河出書房新社刊)
音楽:tofubeats
製作:『寝ても覚めても』製作委員会 
製作幹事:メ~テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
http://www.bitters.co.jp/netemosametemo/
 
©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会 / comme des cinéma
晩夏、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー


東出昌大 をamazonで探す
柴崎友香 をamazonで探す
1973年、大阪府生まれ。大阪府立大学卒業。
99年「レッド、イエロー、オレンジ、オレンジ、ブルー」(文藝別冊)でデビュー。
2007年『その街の今は』で芸術選奨文部科学大臣新人賞・織田作之助賞大賞、10年『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞、14年『春の庭』で芥川龍之介賞を受賞。
著書に『きょうのできごと』(行定勲監督により映画化)、『次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?』、『主題歌』、『星のしるし』、『週末カミング』、『ビリジアン』、『わたしがいなかった街で』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。