世界中が熱狂する、“史上最大”※1のクールジャパン第2弾『美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル 4-D』オープニング・イベント開催。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、 『ユニバーサル・クールジャパン 2018』の第2弾として、 3月16日(金)よりグランド・オープンするアトラクション『美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル 4-D』のオープニング・イベントおよびプレスプレビューを開催。

千葉雄大,ちばゆうだい,セーラー戦士,開幕宣言,美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル 4-D,
人気俳優の千葉雄大さんがサプライズで登場!!

オープニング・イベントでは「美少女戦士セーラームーン」に登場する女性たちの憧れのキャラクター「タキシード仮面」を彷彿とさせる黒のタキシードに身を包んだ人気俳優の千葉雄大(ちば ゆうだい)さんがサプライズで登場。 思わぬサプライズに、 会場に集まった約200名のセーラームーンの女性ファンから、 まるで本物のタキシード仮面に出会ったかのような、 割れんばかりの黄色い歓声が、 会場全体に響き渡りました。

黒のタキシードに身を包んだ千葉さんは、 「セーラームーンファンの皆さんの前では恐れ多いのですが、 (セーラームーンの)ピンチの時に駆け付ける、 憧れのタキシード仮面のような姿になれて光栄です」と大興奮の様子で語り、 約200名のセーラームーンの女性ファンとともにアトラクションを先行体験しました。

アトラクションを体験した千葉さんは、 「みんなでロッドを掲げてセーラー戦士とともに戦うことができ、   一体感や臨場感もあって、 思わず声が出るほど面白かった。 セーラームーンファンの方はもちろん、 そうでない方も、 確実に楽しめるアトラクションです。 記念すべき1回目に体験でき、 とてもうれしかったです。 みんなと一体感を楽しめる、 どこにもないアトラクションだと思います。 ぜひユニバーサル・スタジオ・ジャパンで体験してくださいね」と熱く語りました。

千葉さんの「すべての乙女よ、 立ち上がれ!」という力強い宣言をきっかけに、 ゲストが“キューティ・ユニバーサル・ロッド”を高く掲げると、 大量のコンフェティ(紙ふぶき)がまるで春の訪れを祝う桜吹雪のように舞い、 会場はアトラクション開幕の祝福ムードに包まれました。

オープニング・イベント後には「タキシード仮面」と対面

「タキシード仮面」と対面
「タキシード仮面」と対面

千葉雄大さんはオープニング・イベント終了後、 タキシード仮面と会える『タキシード仮面・ミラクル・グリーティング』を先行体験。 「何が起きるのか聞いていなかったんですけど、 タキシード仮面に誘われて、 男の僕でもキュンとしました。 これから体験される方は、 全てタキシード仮面に委ねて、 めくるめく甘いひとときを過ごしていただければと思います。 僕が保証します!」と、 興奮冷めやらぬ様子で語りました。

ゲストからのコメント

「アニメと一緒の変身シーンがCGで立体的に表現されていて、 セーラームーンだけでなく、 5戦士それぞれの必殺技も体験できるところが感動しました。 小さい頃からテレビで見て真似していたけど、 実際にロッドを持って、 体験できて楽しかった。 グッズも種類が多くてかわいいのだらけなので、 爆買いしたいと思います(大阪/20代女性)

 「小さいころから大ファンで、 グッズなども集めていました。 子どもも私の影響で好きになって、 セーラームーンの世界観を親子で一緒に楽しめて幸せでした。 」(京都/20代女性と5歳の女の子の親子) 

「人生と同じくらい、 長い間ファンでいるセーラームーンのアトラクションが体験でき、 感動して泣きそうになりました。 みんなでロッドを掲げるシーンも一体感があってよかったし、 千葉雄大くんのサプライズ登場もビックリして、 大声出しちゃいました」(神奈川県/20代女性) 

「セーラームーンはかわいさだけでなく強さもあるところが魅力です。 守られているだけではなくて、 自分から進んで行動し、 戦いに挑んでいる姿がカッコいいし、 本当に大好きで憧れます。 」(京都/20代女性)

 『ユニバーサル・クールジャパン』について

世界各国で大人気の日本発の“クール”なエン

ターテイメントブランドを一堂に集結し、 その魅力を国内外へ発信する本イベントは、 日本のみならず海外からのゲストにも好評を博しています。 また、 テーマパークの閑散期といわれる1月~2月の集客レベルを格段に引き上げ、 閑散期が無くなるという貢献を果たしました。 圧倒的なスケールとクオリティで、 日本の素晴らしいコンテンツの世界観をリアルに再現。 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが起点となり、 “クールジャパン”の魅力をこれからも世界中に発信してまいります。

※1・・・『ユニバーサル・クールジャパン』2015~2018にて実施および実施予定の各コンテンツにおける「世界展開国数」(のべ)の年毎の合計が、 2018年は過去最多であることを指す。 パークにおける展開コンテンツに限る。 アニメーションおよび漫画の両方を持つコンテンツの場合は、 漫画(原作)の店舗小売販売実績のある国数でのカウント。 ゲームコンテンツについては、 ダウンロード販売および店舗小売販売実績のある国数でのカウント。 (2017年8月1日~8月29日時点の自社調べに基づく)
(C)Naoko Takeuchi (C)武内直子・PNP・東映アニメーション

http://www.usj.co.jp/

【リリース】株式会社PR TIMES


美少女戦士セーラームーン をamazonで探す
千葉雄大(ちばゆうだい) をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。