株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、開局2周年を記念したオリジナル連続ドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』の第5話を2018年5月26日(土)夜10時より放送いたしました。

ⒸAbemaTV

本作品は三浦翔平さん演じる主人公・鉄平が、渋谷のギャル男からベンチャーに入社するも、憧れの社長からも裏切られ、自ら仲間たちと起業することに。立ちはだかる壁、信じていた人からの裏切りなど毎話主人公たちは翻弄されながらも「会社は学校じゃねぇんだよ」と決め台詞をはきながら前に進んでいく。企画者藤田晋の著書『渋谷ではたらく社長の告白』をベースにし、「夢・恋愛・金・友情」をテーマにした熱いリベンジサクセスストーリーです。

■三浦翔平VS早乙女太一、創業メンバーの対立に複雑な気持ちに・・。

ⒸAbemaTV

5月26日(土)の第6話では、新規事業・ビットラブの開発資金として、インフルエンサー事業をビットバレーに買収すると一同に伝えた鉄平。火高(早乙女太一)はビットバレーの真意を図るべく、単身社長の沢辺(豊原功補)を訪ねる。そこで沢辺は、泰三(松岡充)との過去の因縁を火高に打ち明ける。沢辺は今の火高に当時の自分を重ね、「いずれ鉄平君と君は袂をわかつ」と告げる。

落ち込む華子(宇野実彩子(AAA))を慰める火高は、鉄平と初めて出会った時のことを回想し、鉄平を止めると華子に誓う。堀田が作ったビットラブのデモ版ができあがり、その映像を見た鉄平は自分たちが時代を変えることができると確信する。新規事業のためにインフルエンサー事業を売却すべきかどうか、鉄平は多数決で決めると一同に告げる・・果たしてどうなっていくのか?というあらすじになっています。

鉄平と火高が意見の食い違いから、本気の口論となり、社長として非情だけどもビジネスの成功のために突き進む鉄平に視聴者からは「仲良くやってきた初期メンバーたちの争いはやっぱりつらい・・。」「友達や仲間っていうキレイごとだけではない部分に考えさせられる。」「社長って孤独なものなんだなと思った。」などの声が寄せられました。

■宇野実彩子(AAA)の制服ギャルシーンに大反響!「ずっと見ていられる」「違和感なし!」

ⒸAbemaTV
ⒸAbemaTV

それぞれの過去にまつわるエピソードが紹介された場面で、宇野さん演じる華子が東京に出てくる前のシーンが登場。まだ高校生の華子が学校帰りに道端で制服の下にジャージを着て本を読む姿などが放送されると、「ずっと見ていたい。むしろこの過去エピソードだけのドラマも見たい!」「やっぱり違和感が全然ない!」「こんな子がクラスにいたらやばい!!」など、多くの反響が寄せられました。

■「この展開は全くの想定外・・」「待って待って!!!涙が止まらないんだけど・・」衝撃的な6話のラストに困惑の声殺到。

6 話のラストに困惑の声殺到。
ⒸAbemaTV

番組の後半にて、華子が翔太(松岡広大)と帰り道で別れたあとに、交通事故で突如亡くなってしまう。「鉄平さんのことが好きだー!」と自分の気持ちを大声で叫んで笑顔を浮かべた後の突然に展開に、視聴者からは動揺の声が殺到。「この展開は全くの予想外だった・・。」「涙と鳥肌が止まらない。」「こんな悲しい試練だなんて辛すぎるよ。」と全く想定していない事態に多くのコメントが寄せられました。

宇野ロス
ⒸAbemaTV
宇野ロス
ⒸAbemaTV

翔太から電話で報告をうけた鉄平と火高が病院にかけたシーンでは、「言葉がでない・・。」「宇野ロスになってしまった。」「実は嘘だったという展開になってほしい。」などこの展開が嘘であってほしい、信じられないという声が多くコメントされました。

衝撃的な6話
ⒸAbemaTV
衝撃的な6話
ⒸAbemaTV

SNS上でも衝撃的な6話の展開に関して話題となり、「来週まで待てない。」「今回の展開はヤバいって・・」「見たひとたちと語りたいよ!」など、多数の投稿がされていました。

■6話あらすじ

新規事業・ビットラブの開発資金として、インフルエンサー事業をビットバレーに買収すると一同に伝えた鉄平。火高はビットバレーの真意を図るべく、単身社長の沢辺を訪ねる。そこで沢辺は、泰三との過去の因縁を火高に打ち明ける。沢辺は今の火高に当時の自分を重ね、「いずれ鉄平君と君は袂をわかつ」と告げる。一方、鉄平は泰三に事業買収について報告。泰三は沢辺らしいとうなずくが、「ビジネスなんて結果何が正解かわからん。当たったらそれが正解。嫌われることも大事」と鉄平の背中を押す。

一人落ち込む華子を慰める火高は、鉄平と初めて出会った時のことを回想し、鉄平を止めると華子に誓う。

堀田が作ったビットラブのデモ版ができあがり、その映像を見た鉄平は自分たちが時代を変えることができると確信する。新規事業のためにインフルエンサー事業を売却すべきかどうか、鉄平は多数決で決めると一同に告げる。果たして、賛成に手を挙げるのは…。そして動き出す鉄平と華子の恋の行方。さらに、
衝撃の事件が……。激動の第6話。

AbemaTV公式YouTube

■放送日時:2018年5月26日(土)夜10時
#6「私の生きている意味」
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/9dgFsie8WS29bM

Abema ビデオにて見逃し無料配信中

■AbemaTV 『会社は学校じゃねぇんだよ』
企画: 藤田 晋
脚本: 鈴木おさむ
監督 : 藤井道人 他
プロデューサー : 神通勉・谷口達彦・髙橋良昌・瀬崎秀人・浅石優子
制作プロダクション:ROBOT
製作著作:AbemaTV
キャスト:
三浦翔平(藤村鉄平役)
早乙女太一(火高拓海役)
宇野実彩子(AAA)(水川華子役)

松岡広大(笹川翔太役)

柄本時生(堀田貴之役)
松岡充(特別出演)(森永泰三役)
池田鉄洋(黒沢武雄役)
豊原功補(沢辺進役)

公式サイト


松岡広大 をamazonで探す

松岡広大 ファースト写真集「liberal」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で