「AbemaTV」オリジナルドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』
第4話 ムカつく先輩・山野との社運をかけたコンペの結果は?
三浦翔平×早乙女太一×宇野実彩子(AAA)の動き出した三角関係に
視聴者から「ドキドキが止まらない!」

三浦翔平,早乙女太一,宇野実彩,三角関係,ドキドキが止まらない,AbemaTV
ⒸAbemaTV

株式会社AbemaTVが運営する“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、開局2周年を記念し、企画から脚本まで完全オリジナルの連続ドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』の第2話を5月12日(土)よる10時から放送いたしました。

本作品は三浦翔平さん演じる主人公・鉄平が、渋谷のギャル男からベンチャーに入社するも、憧れの社長からも裏切られ、自ら仲間たちと起業することに。立ちはだかる壁、信じていた人からの裏切りなど毎話主人公たちは翻弄されながらも「会社は学校じゃねぇんだよ」と決め台詞をはきながら前に進んでいく。企画者藤田晋の著書『渋谷ではたらく社長の告白』をベースにし、「夢・恋愛・金・友情」をテーマにした熱いリベンジサクセスストーリーです。

三浦翔平,早乙女太一,宇野実彩,三角関係,ドキドキが止まらない,AbemaTV
ⒸAbemaTV
三浦翔平,早乙女太一,宇野実彩,三角関係,ドキドキが止まらない,AbemaTV
ⒸAbemaTV
三浦翔平,早乙女太一,宇野実彩,三角関係,ドキドキが止まらない,AbemaTV
ⒸAbemaTV

■視聴者も一緒に歓喜の雄叫び!「スカッと感が今回もたまらない!」「相変わらず山野ウザかったから嬉しい!」

第 4話では、事務所を解雇されたモデルの華子からインフルエンサー集めに協力すると言われ、それを受ける鉄平。泰三の紹介で大手お菓子メーカーのコンペに参加することになったのだが、競合にはビットバレー山野のチームも。プレゼンに勝つためには、インフルエンサーの確保が重要になる。

ビットバレーは人気雑誌編集長の軍田と組み、300人以上のモデルを囲い込む。対して華子が集めたのは32人と、その差は歴然。
だが、集まったインフルエンサーを前に鉄平はある秘策を思いつく。果たして鉄平は、ビットバレー・山野にプレゼンで勝つことができるのだろうか・・という内容となっています。

プレゼン対決では鉄平の機転を利かせたアイディアによって見事勝利。その瞬間視聴者からは、「思わず一緒にガッツポーズしてしまった!」「スカッと感が今回もたまらないわー。」「山野にだけは負けてほしくなかったから嬉しすぎる」など多くの声があがりました。

三浦翔平,早乙女太一,宇野実彩,三角関係,ドキドキが止まらない,AbemaTV
ⒸAbemaTV
三浦翔平,早乙女太一,宇野実彩,三角関係,ドキドキが止まらない,AbemaTV
ⒸAbemaTV
三浦翔平,早乙女太一,宇野実彩,三角関係,ドキドキが止まらない,AbemaTV
ⒸAbemaTV

■三浦翔平×早乙女太一×宇野実彩子(AAA)の三角関係が始動!「このシチュエーションは羨ましすぎる・・」「対照的なタイプの2人で選べない(笑)」

鉄平たちの会社に宇野さん演じる華子が入社してきたことで、鉄平(三浦)××火高(早乙女)×華子(宇野)の三角関係がいよいよ動き出しました。

2人きりのオフィスで早乙女さんと宇野さんの手が触れてしまうシーンでは、「今まで冷静なキャラだったのに動揺した表情がたまらない!!」「会社でこのシチュエーションは羨ましすぎる・・」「鉄平と華子がうまくいって欲しいと思ったけど、もはや選べなくなってきた・・」など、恋の三角関係の行方にも注目が集まりました。

5月11日(金)時点で第1話の総視聴数が100万を突破し大きな反響を呼んでおりますが、次週5月19日(土)の放送からは2年後の新章へ突入いたします。仕事・恋の行方はどうなっていくのか?来週もぜひお楽しみください。

■宇野実彩子(AAA)が早乙女太一の魅力を語る。「そのギャップにやられる」

ドラマ本編終了後に三浦翔平・早乙女太一・宇野実彩子(AAA)・松岡広大・柄本時生が出演する素の裏トーク「まだまだ終わりじゃねぇんだよ」で、“誰が一番モテそうか”対決などが行われました。現場に居合わせたスタッフたちが次々に早乙女さんを選ぶ中で、最後に宇野さんも早乙女さんを選ぶと、早乙女さんはぐるぐる回りながらダンスをして喜びました。宇野さんは「あの鋭い眼光の隣にりんごジュースがあるとそのギャップにやられる。」と話し、モテる男の秘密はギャップだという結論で盛り上がりました。

無料でAbemaTVにて全話見逃し配信中

#4「起死回生の盗撮大作戦!」

■4 話あらすじ

事務所を解雇されたモデルの華子からインフルエンサー集めに協力すると言われ、それを受ける鉄平。泰三の紹介で大手お菓子メーカー三果堂のコンペに参加することになったのだが、競合にはビットバレー山野のチームも。

プレゼンに勝つためには、インフルエンサーの確保が重要になる。ビットバレーは人気雑誌編集長の軍田と組み、300 人以上のモデルを囲い込む。対して華子が集めたのは 32 人と、その差は歴然。だが、集まったインフルエンサーを前に鉄平はある秘策を思いつく。並行して足りないエンジニアを獲得すべく、鉄平は超有名なエンジニア・堀田を口説きにいくも高額な契約料を請求される。「俺の気持ちが震えるような企画だったらやるけど」そう言われ、鉄平が出した企画は……。果たして鉄平は、ビットバレー・山野にプレゼンで勝つことができるのだろうか。

■次週 5 話あらすじ

5話あらすじ
ⒸAbemaTV
5話あらすじ
ⒸAbemaTV

2 年後。鉄平の会社・サイファークリエイションは大きく成長していた。インフルエンサー事業は業界で独走状態、

新たに作った代理店事業も好調で、売上もかなり伸ばした。上場、そして 21 世紀を代表する会社を作ることを目指す鉄平は新規事業を立ち上げるべく、社内で毎日事業プランコンテストを開催する。鉄平は経営者として人脈を広げていく中、時価総額 1200 億の上場企業・DDD の虎屋から出資話をもらう。だが株を多く持っていかれる可能性があり、その申し出を断る。インフルエンサー事業の部長から取締役に昇格した華子との夕食中、鉄平はある新規事業のアイデアを思いつく。「Amazon や楽天のように大きなビジネスが展開できる」と喜ぶ一同だったが、試算した開発費用は 10 億近く。今のサイファーの資金力では無理な金額だった。そんな時、ビットバレーの沢辺から連絡があり、サイファーのインフルエンサー事業の買収を持ちかけられる。鉄平が取った行動は…。

#5「社内激震!社長の非情なる決断」

■AbemaTV 『会社は学校じゃねぇんだよ』
企画: 藤田 晋
脚本: 鈴木おさむ
監督 : 藤井道人 他
プロデューサー : 神通勉・谷口達彦・髙橋良昌・瀬崎秀人・浅石優子
制作プロダクション:ROBOT
製作著作:AbemaTV

キャスト:
三浦翔平(藤村鉄平役)
早乙女太一(火高拓海役)
宇野実彩子(AAA)(水川華子役)
松岡広大(笹川翔太役)

柄本時生(堀田貴之役)
松岡充(特別出演)(森永泰三役)
池田鉄洋(黒沢武雄役)
豊原功補(沢辺進役)

公式サイト


早乙女太一をamazonで探す
早乙女太一写真集 大型本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で