世界最大級のダンスミュージック・フェスティバル「Electric Daisy Carnival」の日本開催「EDC Japan 2018」は、 5月12日(土)、13日(日)に、ZOZO マリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場にて開催。

kineticGAIA CONFETTI [PHOTO] GRAHAM JOHN BELL
kineticGAIA CONFETTI [PHOTO] GRAHAM JOHN BELL

2日目は、午前中時折小雨に見舞われながらも開場前からエントランスには列が作られた。メインステージにオーディエンスが集結した。Yasutaka Nakataが登場すると、ステージ上にはきゃりーぱみゅぱみゅがサプライズ出演し、さらに熱気は急上昇。きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」や自身の楽曲「White Cube」、自らプロデュースするPerfumeの「If you wanna」など、独創性に富んだYasutaka Nakataならではのセットは、実力者たちが集う「EDC Japan 2018」でも一際異彩を放っていました。

本イベントを締めくくるべくMartin Garrixがステージに登場し、自身のアンセムをプレイ。ラストは大輪の花火が夜空を彩り、「In The Name Of Love」で大円団。今年も大盛況のもと「EDC Japan 2018」が終了しました。初日は42,000人の動員、そして2日目は雨に見舞われるも総勢38,000人動員を記録しました。

HEADLINERS PERFORMERS [PHOTO]JAKE WEST
HEADLINERS PERFORMERS [PHOTO]JAKE WEST

快晴の初日、FlosstradamusやAlan Walkerといったシーンの今を担うトップアーティストがプレイ。そして、近年人気を集めているフューチャーハウスシーンのDon Diabloが登場すると、オーディエンスの熱気はさらに上昇。自身の楽曲をふんだんに織り交ぜ、ダンサブルな楽曲を矢継ぎ早にミックスしていく巧みなプレイで会場を盛り上げます。

あたりが暗闇に包まれ、大きな花火が打ち上がると、ステージには日本でも絶大な人気を誇るSteve Aokiが登場。隙あらばDJブースに乗り上げオーディエンスを煽り、トランス~ヒップホップ~EDMなど幅広いサウンドで超満員となったkineticFIELDを圧倒。

そんなSteve AokiのパフォーマンスにZOZO マリンスタジアムは終始揺れていました。また、途中、先日急逝したAviciiを追悼する一幕もあり、オーディエンスが彼を偲ぶ姿も印象的でした。

絶えず熱狂する「kineticFIELD」の初日のラストを飾ったのは、ベルギー出身の兄弟デュオDimitri Vegas & Like Mike。冒頭から自身のヒット曲を惜しみなく披露すると同時に、フロアにはレーザーが迸り、オーディエンスの熱気はとどまることをしりません。

しかも、中盤にはSteve Aokiもステージへとあがり、両者がコラボした「Melody」や「We Are Legend」といったアンセムもプレイ。その後も「Tremor」や「Crowd Control」といった彼らの代表曲、そして最新曲「All I Need」なども披露し、最後まで大きな盛り上がりをみせていました。

VINI VICI AND STEVE AOKI [PHOTO]ALIVE COVERAGE
VINI VICI AND STEVE AOKI [PHOTO]ALIVE COVERAGE

壮大な海が見渡せるビーチステージ「circuitGROUNDS」。初日はKayzoやGryffinらが登場した後、夕暮れとともに初来日となるIlleniumがステージへ。持ち前のディープでエモーショナルな音楽性とドープなサウンドが交錯したプレイに、オーディエンスは気持ち良さそうに身体を揺らしていました。

そして、この日のフィナーレを飾ったDeadmau5は、「Imaginary Friends」を皮切りに自身のアンセムを続々と投下。専用のキューブ型セットのもと、ダークで甘美な映像とリンクしたセットでオーディエンスを魅了。

2日目も、NGHTMRE & Slander present: Gud VibrationsやR3hab、Alison Wonderlandらが多彩なサウンドを展開し、ラストのDiploで優秀の美。激しい風雨に加え、足場が悪いなかでも、あらゆるジャンルを包括する彼のプレイにオーディエンスの足は止まることなく、とりわけハイライトは自身が率いるMajor Lazer & DJ Snake のヒット曲「Lean On(feat.MØ)」。もはや悪天候であることを忘れ、最後までみなヒートアップしていました。

2日目は、Yasutaka Nakataが登場すると、ステージ上にはきゃりーぱみゅぱみゅがサプライズ出演し、さらに熱気は急上昇。きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」や自身の楽曲「White Cube」、自らプロデュースするPerfumeの「If you wanna」など、独創性に富んだYasutaka Nakataならではのセットは、実力者たちが集う「EDC Japan 2018」でも一際異彩を放っていました。

YASUTAKA NAKATA AND KYARY PAMYU PAMYU [PHOTO] ALIVE COVERAGE
YASUTAKA NAKATA AND KYARY PAMYU PAMYU [PHOTO] ALIVE COVERAGE

時間が経つに連れ雨が強まるなか、Jai Wolf、Vini Vici、Rezzらのパフォーマンスにオーディエンスの熱気は冷めることなく、「Put EM Up」を皮切りに自身のアンセムを連発したW&Wで会場は一体に。イベントを締めくくるべく登場したのは、Martin Garrix。冒頭から「Forever」、「Spotless」、「Virus」、さらには彼の名を世界に知らしめた出世作「Animals」に最新曲「Game Over」と立て続けに自身のアンセムをプレイ。ラストは大輪の花火が夜空を彩り、「In The Name Of Love」で大円団。今年も大盛況のもと「EDC Japan 2018」が終了しました。

アーティスティックな空間が広がる「neonGARDEN」では、Paul WoolfordやTensnake、Solardoらがプレイ。「kineticFIELD」や「circuitGROUNDS」とはまたひと味違うハウス~テクノを軸にしたサウンドが次々に繰り出され、一心不乱に踊るオーディエンスで溢れていました。

初日の「neonGARDEN」では、モデルとしても活躍するElli Arakawaがハウス~テクノまで軽やかにプレイ。快晴のもと、カラフルなパフォーマーとオーディエンスが心地よさそうに踊っていました。

また、会場内至るところに出現した移動型サウンドシステム「Boombox Art Car」は、日本人気鋭アーティストたちが奮闘。移動中の来場者たちを巻き込み、随所で熱狂の渦を作り上げていました。

2日目の「Boombox Art Car」には、ファッションシーンでも若者から大きな支持を集めるAmiayaやUna + Matchaが登場。独特な感性が織りなすJプレイに雨の中でも多くのオーディエンスが熱狂。そして、ファッショナブルな彼女たちの姿を写真に収めるファンも続出していました。

海外からのアーティストだけでなく、国内の有望なアーティストをフックアップし、日本ならではの独自性も光っていた「EDC Japan」。様々な分野で活躍するアーティストを交えることで、より幅広いファン層を獲得。終演後には、多くのファンから早くも来年の開催を待ち望む声が溢れていました。

MARIA FUJIOKA [PHOTO]JAKE WEST
MARIA FUJIOKA [PHOTO]JAKE WEST
UNA+MATCHA [PHOTO]JAKE WEST

Electric Daisy Carnival (EDC) Japan 2018 開催概要

会場 :ZOZO マリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場
(〒261-0022 千葉県千葉市美浜区美浜1)
日程 :2018年5月12日(土)・13日(日)
時間 :開場/開演12:00PM・終了9:00PM
チケット:GA 2日通し券 ¥29,000 / 1日券 ¥15,000
VIP 2日通し券 ¥65,000 / 1日券 ¥35,000
年齢制限:18歳以上入場可、VIPは20歳未満入場不可
後援 :外務省/観光庁/千葉県/千葉市/ニッポン放送/J-WAVE
https://japan.electricdaisycarnival.com

Electric Daisy Carnival (EDC)

「EDC」は、1997年にロサンゼルスでスタートした、ダンス・ミュージック・フェスティバルの祭典です。ラスベガス、ニューヨーク、オーランド、プエルトルコ、メキシコのほか、ブラジル、インドなど、北中米を中心に世界で開催されています。
ラスベガスでの開催は、2011年に23万人、2012年・2013 年は30万人超、そして2014年から2017年にかけて 40万人の動員を記録。ラスベガス市に13億ドルもの経済効果(*)をもたらし、年を追うごとに観客を魅了し、世界各地でファンが増え続けています。(*) INSOMNIAC HOLDINGS, LLC 調べ


MARIA FUJIOKA をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で