GREENROOM FESTIVALは「Save The Beach, Save The Ocean」をコンセプトに持つMUSIC、ARTのカルチャー フェスティバル。ハワイのランドマークであるダイヤモンドヘッドを目の前に、アーティストが奏でるライブや海風を感じながらアートやビーチフードを楽しめるエリアをご用意しています。

グリーンルームフェス,ハワイ,アーティスト,ワイキキシェル,ホノルル,GREENROOM FESTIVAL Hawaii 18

開催概要
名称:GREENROOM FESTIVAL Hawaii ’18場
場所:ワイキキシェル ホノルル ハワイ
日程:2018年9月7日(金)、8日(土)
Official Site

【出演アーティスト】
9月7日(金)Allah-Las、Mike Love、The Babe Rainbow、
Makua Rothman …and more
9月8日(土)スガ シカオ、Nulbarich …and more

“Early Bird Special”(早割)チケット 4月13日より発売スタート

【ONE DAYチケット(1日券)】※両日とも同額
◆指定席
早期割引:$30.00 / 一般販売:$40.00 / 当日:$50.00
◆自由席(後方座席/芝生エリア)
早期割引:$20.00 / 一般販売:$30.00 / 当日:$40.00
【TWO DAYSチケット(2日券)】
◆指定席:なし
◆自由席(後方座席/芝生エリア)
早期割引:$30.00 / 一般販売:$40.00 / 当日:$60.00
早期割引(現地時間 4月13日〜6月30日)
一般販売(現地時間 7月1日〜前日)

ticketmaster
[800]745-3000
Neal S. Blaisdell Center
[808]768-5252

GREENROOM GALLERY Hawaii

[808]931-8908

年齢制限はございません。
12歳以下のお子様は保護者同伴に限り無料

【第3弾発表アーティスト】

【既発表アーティスト】

Allah-Las

Allah-Las
Allah-Las

米・カリフォルニア州ロサンゼルス出身。
伝説的なレコードストア、アメーバ・ミュージックで働く仲間によって2008年に結成。2011年にセルフ・タイトル作がA2IMリベラ賞にノミネートされ、ピッチフォークはじめ数多くのメディアから称賛を浴びる。2014年の『ワーシップ・ザ・サン』も高評価を得ると、欧米、南アフリカ、メキシコ、イスラエルなどでのツアーも成功。
2016年に3作目となる『カリコ・レビュー』に続き新たにEPとしては初となるCovers #1.をリリース。モダンなガレージロックとオーガニックな⻄海岸サウンドが出会った極めて現代的な今、注目のガレージ・バンド。

Mike Love

MikeLove
Mike Love

ハワイ州オアフ島、音楽一家のもとで生まれ育つ。10代にクラシックピアノをはじめ、高校に入るとバンドの一員としてパフォーマンスをするように。マイクはクラシカルレゲエのシンプルなリズムを自分のベースとなっているクラシックやロックミュージックとフュージョンさせ、全く新しいユニークなものを生み出している。現在2枚目のアルバム『Love Will Find A Way』を制作中。過去にはStephen Marley、Don Carlos、Trevor Hall、Nahko & Medicine For The People、John Butler Trio、Groundation、Steel Pulse、Dave MatthewsやJack Johnsonなど、名だたるミュージシャンとステージを共にしている。

【既発表アーティスト】

The Babe Rainbow

The Babe Rainbow
The Babe Rainbow

2017年デビュー。オーストラリア・バイロンベイ出身。時代の流れを無視したシンプルでドリーミーなグルーヴがたまらない60s⻄海岸の匂いを漂わせるロックバンド。「サーフィンの街、バイロンベイ」から来たメロウでレイドバックなサウンドが心地よい、デビュー以来世界が注目の新世代3ピースバンド。

Makua Rothman

Makua Rothman
Makua Rothman

マクア・ロスマンはオアフのノースショアで育ち2歳にしてサーフィンを始める。そして18歳の時、世界最大のビッグウェイブを捕えBILLABONG XXL GLOBAL BIG WAVE AWARDにて優勝。嵐の様にサーフィンの世界を手にする。このサーフィンチャンピオンは現在、洗練されたウクレレ奏者兼シンガーとして音楽の世界で更なる情熱を追求中。イズラエル・カマカヴィヴォオレ、レッドワード・カアパナ、ジョン・クルーズと言ったレジェンドミュージシャンたちより教えを受けている。マクアは世界へ彼の音楽を通しアロハ大使でいること、 つまり世界中の群衆に向けプレイすることにとても夢中だ 。彼の音楽はたとえあなたがどこにいようと、あなたに笑顔と楽しい日をもたらすとても良い感じのハワイアンの音で満たされている。

スガ シカオ

スガシカオ
スガシカオ

1997年2月26日、「ヒットチャートをかけぬけろ」でデビュー。1stアルバム『Clover』以降、全てのオリジナルアルバムがオリコンTOP10入りを記録。2011年、所属事務所からの独立を発表。メジャー/インディーズの枠組みに捉われない独自の活動を行ってきたが、2014年シングル「アストライド/LIFE」でメジャーフィールドに完全復帰。2016年にはデビュー20周年イヤーに突入。周年企画として、6年ぶりのオリジナルアルバム『THE LAST』と自身がボーカルを務めるバンドkōkuaの1stアルバム『Progress』をリリース。2017年には集大成イベントとなる「スガフェス!」をさいたまスーパーアリーナ・大阪城ホールで開催。初のアジアサーキットも大盛況にて終幕させた。現在、全国弾き語りツアー「Hitori Sugar Tour2018」を開催中。

Nulbarich

シンガーソングライターJQがプロデュースするバンド。親交の深い仲間と共に、スタイルやシチュエーションなどに応じたベストなサウンドを創り出す。ファンクやアシッドジャズなどのブラックミュージックをベースに、ポップスやロックなどにもインスパイアされた彼らのサウンドは、国内外のフィールドで唯一無二のグルーヴを奏でている。Nulbarich(ナルバリッチ) という名前には、Null(ゼロ、形なく限りなく無の状態)、but(しかし)、Rich(裕福、満たされている)、から作られた造語であり、形あるものが全てではなく、形の無いもの(SOUL、思いやりや優しさ含めた全ての愛、思想、行動、感情)で満たされている「何も無いけど満たされている」という意Nulbarich 味が込められている。

http://greenroomfest.com/


スガ シカオ をamazonで探す

THE LAST スガ シカオ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で