放送作家として人気バラエティを数多く手掛けるほか、小説家、脚本家、エッセイストとしても才気を発する鈴木おさむによる、完全オリジナルの長編映画監督デビュー作『ラブ×ドック』(5月11日全国公開)。
大人の恋愛を描いた内容にちなんだ、大人女性限定試写会イベントが26日、東京のスペースFS汐留で行われ、主演の吉田羊をはじめ、共演の大久保佳代子、人気占い師のゲッターズ飯田が参加した。

ラブ×ドック,吉田羊,大久保佳代子,ゲッターズ飯田,恋愛運指摘

恋愛クリニック「ラブドック」を訪れる恋愛体質のパティシエ・剛田飛鳥役の吉田は、親友と同じ人を好きになった経験を聞かれると「好きになる一歩手前になってブレーキをかけるかな?」とする一方で、大久保は「若かりし頃はあった。頭がおかしかった時代があって、自分を山口智子さんと同じだという自信があった」と恋愛体質ぶりを告白。それでも現在は「歳をとるごとに男の人よりも女の人の方が最終的に裏切らないという考えになる。親友というといとうあさこの顔しか思い浮かばない」と笑わせた。

親友LOVEブレーキ派という吉田に大久保は「男性側からガンガンアプローチされたら?」と質問。すると吉田は「私と親友を並べて、男性に選ばせる」と即答で、大久保を「男らしい!」と唸らせ、玉木宏とのピンポン玉を間に挟んだキスシーンについて大久保から「気持ち良かった?」と聞かれると「大爆笑ですよ!」と笑い飛ばしていた。インド人との謎のマンゴーキス経験者という大久保が「ピンポン玉キスとかクリームを使ったキスとか、漫画の世界のようだけど実際にやられたらキュンキュンくるよ」と力説すると、吉田も「他人事のように思ってこの映画を観ている人ほど、ハマっちゃうと思いますよ」と実感を込めていた。

ラブ×ドック,吉田羊,大久保佳代子,ゲッターズ飯田,恋愛運指摘

ラブ×ドック,吉田羊,大久保佳代子,ゲッターズ飯田,恋愛運指摘

またイベント後半には、人気占い師・ゲッターズ飯田が、吉田と大久保の恋愛運を大発表。4年前にも飯田に占ってもらったという吉田は「運命の相手には出会っていると言われてから、4年。まったく音沙汰がない」とクレームも、飯田からは「それはきっと仕事運に使ってしまったから。でもこれから3年くらいで運気が上がる。吉田さんは馬鹿が嫌いだし、人に興味がない。ザ・女優の芸術肌なので、何かにたけている人や、尊敬できる人じゃないとダメ。年齢もめちゃくちゃ上か下か」とアドバイス。それに吉田は「確かに人間的にリスペクトしたいかも。当たっているなぁ」と納得顔。

さらに飯田は、現在の吉田の心境について「去年の末くらいから、物事を整理してリセットしたいはず」と指摘すると、吉田は「どうしてそんなに私のことがわかるの?」と驚き「急に日本からいなくなるかも。思い立ったら吉日の人なので。その時は遊びに来てね」とジョーク交じりの予告で、ファンに悲鳴を上げさせていた。

かたや大久保は「本当に何もない!」ともはや悟りの境地も「今年の夏に大事な出会いあり。裏方の人。見た瞬間にこの人だとわかる」と予言されると、「旧暦ではもう夏!写真集とか出してカメラマンやメイクさんと出会いを作りたい」と鼻息を荒くしていた。

最後に吉田は「大人でも恋をしたい、ドキドキしたい。なのに世の中には若者向けの映画しか溢れていない。そんな大人の皆さんが堂々と映画館に行き、思い切りキュンキュンできる、大人のための映画を作りました。もし心に何か残ったら、多くの方にその気持ちを広げてください」と初日に向けてさらなる広がりを期待した。

♡STORY♡
とあるところに存在する恋愛クリニック「ラブドック」。そこは恋愛体質の人にこそ、意味のある場所。ある日訪れたのは人気パティシエの剛田飛鳥。人生で成功を収めながらも、節目節目で恋愛に走り、仕事を無くし、親友を無くしてきた。そんな飛鳥に、魅惑の女医、冬木玲子が処方したのは、遺伝子から抽出したという、特別な薬。これを打てば危険な恋愛をストップできる優れもの?果たして彼女の恋愛模様は、薬で軌道修正できるのか?いくつになっても恋をしたい!毎日を楽しみたい!でも理想と現実がかみ合わない・・・。
そんな女性たちに贈る、遺伝子レベルで恋が始まる、究極のラブコメディ!

脚本・監督:鈴木おさむ
出演:吉田 羊 野村周平 大久保佳代子 篠原 篤 唐田えりか 成田 凌/広末涼子 吉田鋼太郎(特別出演)/玉木 宏
アートディレクション:飯田かずな 
ミュージックディレクション&主題歌:加藤ミリヤ
製作:『ラブ×ドック』製作委員会 
企画・制作・配給:アスミック・エース 
(C)2018 『ラブ×ドック』製作委員会

公式サイト
公式Twitter:@lovedocmovie
公式Facebook

5月11日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー


吉田羊 をamazonで探す

鈴木おさむ(すずき・おさむ) をamazonで探す
放送作家。1972年、千葉県千倉町(現南房総市)生まれ。
高校時代に放送作家を志し、19歳でデビュー。
バラエティーを中心に数々の人気番組を構成。
2002年には、森三中の大島美幸さんと結婚。
「いい夫婦の日」パートナー・オブ・ザ・イヤー2009受賞。
主な著書に、結婚生活を綴った『ブスの瞳に恋してる』
(マガジンハウス)、『ハンサム★スーツ』(集英社)、
『テレビのなみだ』(朝日新聞出版)など

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で