『マグノリア』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソン監督 が名優ダニエル・デイ=ルイスと二度目のタッグを組んだ最新作『ファントム・スレッド』が 5/26(土)より全国公開。

ファントムスレッド,森直人,新谷里映,痴話喧嘩,完璧というベールに包んだ傑作,Phantom Thread

1950 年代のロンドンを舞台に、英国ファッションの中心的存在として社交界から脚光を浴びるオートクチュールの仕立て屋、レイノルズ・ウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)と、若きウェイトレスのアルマ(ヴィッキー・クリープス)との究極の愛を描いた本作。
本年度アカデミー賞では衣装デザイン賞を受賞し、主要 6 部門にノミネートされるという快挙を果たしました。そしてこの度、日本での公開に先立ち、5月7日(月)に渋谷・ユーロライブで日本最速試写会を開催。

上映後にはひとあし先に本作を観て惚れ込んだ映画ライター・評論家の森直人さんと映画ライター・コラムニストの新谷里映さんによる、本作の魅力を語りつくすトークイベントを実施しました。

「完璧な映画」という評が飛び交っている本作は一体どういう映画なのか?!美しさに覆われたベールを剥がすトークとなりました!ぜひ本件ご紹介のほどよろしくお願いします。

2度見るとまるで違う印象!女の計算高さが幸せを手に入れる

映画を 2 度観たという新谷さんは「1 回目はドレスも音楽も美しい。そしてポール・トーマス・アンダーソン(以下、PTA)監督のいつもながらの完璧主義者が見える演出とカメラワーク、そして、ダニエル・デイ=ルイスも本当に素晴らしかったですし、すごい作品を観たなという印象でした。レイノルズとアルマの関係性についても、男と女の愛の形ってこういうのもあるよね、と純粋に素直に受け止めました。

でも 2回目は、彼女が毒を盛ることも知ってるわけですよ。彼女がしたことを知って観ると、最初からこの女性はハメる気満々だったのかなとか、あと、女の計算高さとか幸せを手に入れるための努力ですよね、良し悪しは別にして。彼女のその行動が愛を手に入れるための唯一の方法だったんだろうか、という考えに行き着きました」と語った。

イギリスの階級社会という時代背景が女を強くさせた

PTA 監督はなぜ舞台をイギリスに選んだのか?森さんは「イギリスを舞台にするのは、PTA 監督作品では初になりますよね。僕の中ではなぜイギリスを舞台にしたのか?という一貫した問いがあるんですけど、新谷さんが階級ということを仰っていて。彼女はおそらく東欧からの移民で、50 年代だから戦争っていう背景があるんですよね。」と語り、「イギリスは階級社会なので、生まれた場所や結婚相手で決まるわけで、だから彼に声をかけてもらったのも彼女にとっては心の中でガッツポーズなわけですよ。」と新谷さんも続けた。

新谷里映さん
新谷里映さん
森直人さん
森直人さん

映画は監督の実体験!?

本作はファッション業界を舞台にこれまで描いてこなかった男女の愛の軌跡を綴り、ポール・トーマス・アンダーソン監督の新境地となった。 「PTA 監督はずっと自分の地元であるカリフォルニアを舞台にしてアメリカの歴史を語り直すってことをやってきた監督だと思うんですけど、今回歴史性は全く掘ってないんですよね。

どちらかというと今回は、自分語りに近いんじゃないかと思うんですよ。この主人公・レイノルズが PTA 監督に近いような気がするんですよね」と森さんがコメントすると、新谷さんが「聞いた話だと、最初に主人公が具合が悪くなって倒れてしまって看病してもらうシーンとか、その立場が逆転してしまうというのは、監督の実体験からきているって話なんですよね。

監督も完璧主義なので映画ばかりで家族生活が疎かになっていて、家族にとってみたら“家族と映画どっちが大事なの?”じゃないですけど、そのくらい多忙な人なわけじゃないですか、でもインフルエンザにかかって寝込んじゃったら、奥さんがものすごく優しくしてくれた。ふと監督が思ったのが、こいつ俺がずっとこうやって寝込んで弱々しくしていたら嬉しいのかなと。それをちょっと大げさにして映画にしたという話があります」と答え、森さんも「じゃあ当たってるじゃないですか。そうなると恐妻妄想みたいな気もしてきますよね(笑)」とコメント。

しょうもない恋愛を、完璧な映画に仕上げた

一部では、この二人のやり取りを“しょうもない”という感想があったとお聞きしたんですけど、それ、僕は賛成なんですよね。要するに痴話喧嘩というお題をPTA 監督に与えたら、凄く大げさで凄い完璧な映画が出来上がった。そういう素直なところがこの映画の好きなところです。

あと、監督って同じこと描かないじゃないですか、描かないんだけども、今回の後半って『ゼア・ウィル・ビー・ブラット』の構図に似てくるんですよね。要するに、あれはくるった石油王と牧師の主従関係の反転とかパワーゲームってとこでしたけど、今回は男女であれに似た主従関係ですよね。そういうところに彼の興味が出てる気がしたんですよね。」と森さんが締めくくった。

【トークイベント開催概要】
■日時 5/7(月) 21:10~21:40
■会場 ユーロライブ(渋谷区円山町 1-5 2F)
■登壇者 森直人(映画評論家、ライター)×新谷里映(映画ライター、コラムニスト)

ファントムスレッド,森直人,新谷里映,痴話喧嘩,完璧というベールに包んだ傑作,Phantom Thread
© 2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved

ストーリー

1950 年代のロンドン。英国ファッションの中心的存在として社交界から脚光を浴びる、天才的なオートクチュールの仕立て屋 レイノルズ・ウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)。ある日、レイノルズは若きウェイトレス アルマ(ヴィッキー・クリープス)と出会う。互いに惹かれ合い、レイノルズはアルマをミューズとして迎え入れる。レイノルズはアルマの完璧な身体を愛し、昼夜問わず彼女をモデルにドレスを作り続けた。しかしアルマの出現により、完璧で規律的だったレイノルズの日常が次第に狂い始め…。やがてふたりは、後戻りできない禁断の扉を開き、誰もが想像し得ない愛の境地へとたどり着くことになる。

クレジット/ビリング

監督・脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
出演:ダニエル・デイ=ルイス、ヴィッキー・クリープス、レスリー・マンヴィル
音楽:ジョニー・グリーンウッド
2017 年/アメリカ/130 分/カラー/ビスタ
ユニバーサル作品
配給:ビターズ・エンド/パルコ
© 2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved

公式サイト
5月 26 日(土)シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館ほか 全国ロードショー!



ポール・トーマス・アンダーソン(以下、PTA)監督 をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で