マライア・キャリー、オプラ・ウィンフリー、ジェシカ・チャステインなど、
現代を代表する8名の”アイコン”が歴史上のレジェンドに大変身!!
さらに、グレース・ケリーの孫 ジャズミン・グレースがインタビュー初登場!



Harper's BAZAAR
1867年誕生という長い歴史と伝統を持つニューヨーク発のファッション誌「Harper’s BAZAAR」の日本版、『ハーパーズ バザー』10月号(2015年8月20日発売)は、現代を代表する9名の”アイコン”たちが歴史上のレジェンドに大変身し、秋冬の最新モードを紹介します。表紙は、”アイコン”の一人、サンローランのドレスをシックに着こなしたケイティ・ペリーが飾ります。さらに、グレース・ケリーの孫、ジャズミン・グレース・グリマルディがインタビューに初登場します。彼女がインタビューを承諾したのは「Harper’s BAZAAR」が初めてです。

Harper's BAZAAR
■ ICONS by Carine Roitfeld & Jean-Paul Goude
東京メトロ駅構内のICONSポストカード設置や、WEB人気投票も実施!

31カ国の「Harper’s BAZAAR」で同時特集するスペシャル企画「ICONS by Carine Roitfeld
& Jean-Paul Goude」。本誌グローバル・ファッション・ディレクターのカリーヌ・ロワトフェルドに選ばれた、エンターテインメントやファッションの世界で活躍する”アイコン”たちが、自身にインスピレーションを与える歴史上のレジェンドに大変身します。撮影を手がけたのは、グレース・ジョーンズのアルバム写真やシャネルの広告ビジュアルなどを手がけたことでも有名な、ジャン=ポール・グード。イラスト、写真、映像など、様々な手法で人物のイメージを創造するイメージメーカーの彼が、”アイコン”たちと共にモードでファンタジーな世界を創りあげました。「Harper’s BAZAAR」でしか実現できない、豪華”アイコン”たちのなりきりっぷりは必見です。
[ 東京メトロ構内でICONSのポストカードを設置! ]
8月24日㈪~30日㈰の期間、駅貼りポスターと連動し、”アイコン”たちの写真を使用したBAZAAR特製ポストカードを東京メトロの5つの駅構内に設置します。表紙の写真を含めた、計8種類の”アイコン”たちのポストカードが登場します。
《ポストカード設置駅》
東京メトロ:銀座駅 表参道駅 東京駅 新宿駅 有楽町駅

Harper's BAZAAR
[ WEB企画:ICONS人気投票! ]
ハーパーズ バザー・オンラインにて、”アイコン”たちの人気投票を開催!!
お気に入りの1枚に投票し、投票した写真が見事1位になると、投票された方の中から抽選で豪華賞品をプレゼント!
期間は8月20日㈭~9月17日㈭まで。
投票は、ハーパーズ バザー・オンラインにて受付。 投票ページ:http://harpersbazaar.jp/present/icons-cover-1508

Harper's BAZAAR
■ グレース・ケリーの孫、ジャズミン・グレース、エレガンスの系譜
2006年、グレース・ケリーの孫、そして、モナコ公国の大公であるアルベール2世の隠し子として、瞬く間に世界中の話題をさらったジャズミン・グレース・グリマルディ。NY在住で、歌手と女優としてキャリアを順調にスタートさせた彼女が、初めてのインタビューを本誌だけに応じてくれました。
祖母であるグレース・ケリーについて尋ねられると・・・
『初めて祖母の存在を肌で感じたのは、グレースが出演した”上流社会”を見ていたときで、祖母との共通点に気づいた瞬間だった』
彼女は、11歳のときに実際に父親と会って以来、王室とは良好な関係を続けられているそうで、最近では、異母兄弟でモナコの継承者である双子のロイヤルベビーと一緒に過ごす時間が楽しみだとか。他にも、NYでの生活やモナコでの滞在などについても語っています。
このインタビューページの撮影は、ファッション写真界のレジェンド、リチャード・アヴェドンの孫であるマイケル・アヴェドンが手がけました。かつて、祖父のリチャード・アヴェドンがグレース・ケリーを撮影した時のように、ジャズミン・グレース・グリマルディとマイケル・アヴェドンの美しいコラボレーションが実現しました。

Harper's BAZAAR
【 ハーパーズ バザーについて 】
1867年誕生という、長い歴史と伝統を持つニューヨーク発ファッション誌『ハーパーズ バザー』。以来1世紀を超えて、32カ国で発行される世界有数のファッション誌として、数々の才能を輩出し、さまざまなレジェンドを生み出してきました。例えばファッション写真に革命を起こしたリチャード・アヴェドンは弱冠22歳で専属フォトグラファーとしてデビュー、ポップアートの騎手アンディ・ウォーホルはファッションイラストレーターとして寄稿、エルテやジャン・コクトーといった稀代のアーティストが表紙を手がける――。もはや雑誌の枠を超えたクリエーションは、カーメル・スノーやダイアナ・ヴリーランドといった伝説のエディターと、アレクセイ・ブロドヴィッチやファビアン・バロンといった優れたアートディレクターとの強力なタッグによるものです。そこで創り上げられてきたスタイルを一言でいうなら、”FABULOUS(ファビュラス)”。決して奇をてらったものではなく、誰もが美しいと感じ、しかも圧倒的なエレガンスとインテリジェンス、そして今まで気づかなかったサプライズが潜んでいます。
2013年9月、サラ・ジェシカ・パーカーの印象的な表紙とともに日本版が発刊。2015年より月刊化となりました。本来のDNAを受け継ぎ、ファッションを軸にビューティやリビング、アート、旅など、あらゆる世代の女性たちのライフスタイルに必要なエッセンスを、斬新なビジュアルと読み応えのあるテキストで発信。メディアが多様化し雑多な情報が溢れる今、独自の目線で厳選した”ファビュラスなスタイル”をお届けしていきます。
株式会社ハースト婦人画報社 
http://harpersbazaar.jp

★✈✈✈✈✈ハーパーズ バザーを通販サイトで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。