朝日新聞社と人気女性ファッション誌JJがコラボレーションした第5回 朝日新聞×JJ presents 「Ready for Lady 春の学園祭」が3月3日(木)東京・白金台の「八芳園」で開催された。総勢2,000名の女の子に向け、ファッション・美容・学びなど、「ガールからレディへ」をテーマにスペシャルイベントだ。

Ready for Lady 春の学園祭


スペシャルトークショーに山田優さん、羽田圭介さん(芥川賞作家)、渡辺直美さんの他、インテグレート広告モデル岸本セシルさん、小松菜奈さんが登場。また間宮祥太朗さんやオードリー亜谷香、筧美和子、滝沢カレンをはじめとするJJ専属モデル・ブロモも多数出演した。
Ready for Lady 春の学園祭
Ready for Lady 春の学園祭
Ready for Lady 春の学園祭
朝日新聞社は、人気女性ファッション誌「JJ」とコラボレーションし、「ガールからレディへ」をテーマに、ファッション・美容・就活などのコンテンツを通して”素敵な大人の女性になりたい!”という女のコたちを応援するイベント【第5回 朝日新聞×JJ presents「Ready for Lady 春の学園祭」】を開催。入場は無料。PC・モバイルより申込んだ女性の中から抽選で2,000名様が来場した。
Ready for Lady 春の学園祭
メインステージ・トークショーには、山田優さん
Ready for Lady 春の学園祭
はあちゅうさんによる「半径5メートルの野望」講座
Ready for Lady 春の学園祭
Ready for Lady 春の学園祭
芥川賞作家の羽田圭介さんの講座にお笑いコンビのハマカーンが乱入。
当日は、「◯◯ for Lady」をテーマとし、素敵な女性になるためのヒントが語られるメインステージ・トークショーには、山田優さん、渡辺直美さんや芥川賞作家の羽田圭介さんが登場する他、インテグレートの広告キャラクターを務める岸本セシルさん、小松菜奈さんが「大人カワイイ」をテーマにビューティについてのトークショーも実施。そして同じくメインステージでは、JJによる、JJモデル多数出演のスペシャル・ファッションショーも行われた。
Ready for Lady 春の学園祭
協賛社によるブース会場
Ready for Lady 春の学園祭
若い女性に大人気の間宮祥太朗さん
Ready for Lady 春の学園祭
JJファッションショー
Ready for Lady 春の学園祭
JJファッションショー
またサブステージではブロガー/作家/コメンテーターとして活躍中のはあちゅうさんによる「半径5メートルの野望」講座を始め、健康や美容などをテーマとした様々な講座が開催された。また会場内各所ではJJや協賛社による様々なブースも展開され、女子大生も、働く女性も大人レディへと自分磨き出来る学園祭となった。モデルになったばかりの女性も一般人とともに参加するなどレベルの高いイベントであった。
開催概要 ―
■名 称: 第5回 朝日新聞×JJ presents 「Ready for Lady 春の学園祭」
■日 時: 3月3日(木) 14:30〜21:00(予定)
■ゲ ス ト: 山田優、羽田圭介、渡辺直美、インテグレート広告モデル 岸本セシル 小松菜奈、間宮祥太朗、はあちゅう
■内 容: ゲストによるスペシャルトークショー / JJファッションショー
■協 賛: インテグレート、メニコン、クルチアーニ C、第一三共ヘルスケア、三重県、ジョイセフ、ROI、
文化人による講座 / 協賛社ステージ / JJ、及び協賛社ブース 他
(※一部イベント内容は変更になる場合がございます。)
フマキラー、JCB、大正製薬、他 (順不同)
第5回 朝日新聞×JJ presents 「Ready for Lady 春の学園祭」
ハレ女委員会 @hareonna_iinkai|witter
ハレ女委員会|facebook
社会の中で「自分らしくキラキラ輝いている女性=ハレ女」を目指して、様々なことにチャレンジし、自分の可能性を広げるために活動する女子大学生の集団です!
半径5メートルの野望 はあちゅう (著)
はあちゅう 公式ブログ Powered by LINE

伊藤 春香(いとう はるか、1986年1月22日 – )

作家・ブロガー。別名・はあちゅう[2]。
神奈川県川崎市出身[1]。慶應義塾大学法学部政治学科専攻卒業。
大学在籍中にブログを立ち上げたことから注目され、以降女子大生カリスマブロガー・プロデューサーとして、講演、執筆、取材、広告出演などに携わる。在学中に香港大学へ留学。卒業旅行の際、企業からスポンサーを募り、タダで世界一周を実現した。
2009年に電通に入社し、コピーライターとして勤務したのち、2011年にトレンダーズに転職。催眠術師資格を保有している[1]。2011年より同社にてドクターエステ・コスメ専門サイト「キレナビ」の編集長をしていた[3][4]が、 2013年12月のサイブリッジ社へのキレナビ事業の売却[5]にてその後動画プロモーションサービス「Tubers Channel」担当ならびに「ウーメディアチャンネル」パートナー・マネージャーを務めた。2014年9月に退職後はフリーとして、執筆活動や講演活動を行っている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。