エミレーツ航空は、この度、エミレーツのファーストクラスおよびビジネスクラス限定製品として、ブルガリの新作アメニティキットとスキンケア製品、ファーストクラスの新製品としてラウンジウェアとブランケットを導入。

エミレーツ航空,アメニティキット

エミレーツは、お客様に空の上での旅を快適に楽しんでもらうことを重視し、新製品への投資を継続的に実施しています。今回の新製品導入にあたり、各分野の専門家とタッグを組み、細部に至るまで打ち合わせを行いました。

ファーストクラス新アメニティキット(女性用)

ブルガリの新アメニティキット

高級イタリアブランドであるブルガリと提携し、エミレーツ限定キットバッグを最新デザインで導入。新作のアメニティキットは、ファーストクラス用とビジネスクラス用ともにブルガリのウッディ・フローラルの香り(オ・パフメ オーテノワール)を特徴とし、フライト中、常にさわやかな気分でご満足いただきながらお客様にお過ごしいただくために欠かせないスキンケアグッズが入っています。

エミレーツ限定キットバッグ

上質な革で作られたファーストクラス用のキットバッグは、男性用がチャコールグレー、女性用がペールグレーで、8種類のデザイン。ビジネスクラス用として、男性用・女性用各4種類の計8種類のデザインを準備しました。アメニティキットは、夜間の長距離フライトで提供します。

VOYAのスパ製品
スパで愛用されているブランド「VOYA」

お客様の旅をより上質で快適なものにするため、受賞歴のあるアイルランドのブランド「VOYA」の新作ラグジュアリー・スパ製品を導入し、エミレーツの機内と空港内のエミレーツ専用ラウンジの両方で利用できるようになりました。

世界中のスパで愛用されているブランド「VOYA」

お客様の旅をより上質で快適なものにするため、受賞歴のあるアイルランドのブランド「VOYA」の新作ラグジュアリー・スパ製品を導入し、エミレーツの機内と空港内のエミレーツ専用ラウンジの両方で利用できるようになりました。エミレーツのために特別に作られたスキンケアシリーズとして、シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ、クレンザー、ボディモイスチャライザー、ハンドウォッシュ、ソープ、ハンドクリームを用意しました。VOYAの製品は、エミレーツの代名詞ともいえるエアバスA380型機内のシャワースパの ほか、エミレーツの空港ラウンジでも数製品をご利用いただけます。また、ハンドクリームとボディクリームは、ファーストクラスとビジネスクラスの化粧室にもご用意しています。

VOYAのエミレーツ限定製品には、ローズマリー&ミント(リバイタライズ・シリーズ)、ラベンダー&ローズマリー(トランキリティ・シリーズ)、ライム&マンダリン(スージング・シリーズ)の3種類の香りがあります。VOYAのスキンケア製品は、アイルランドのスライゴーで環境に配慮しながら手摘みされたオーガニック海藻を原料としています。同ブランドは、世界中の高級ブティック・スパで愛用されており、この度エミレーツの空の旅でもご利用いただけるようになりました。

ファーストクラスで提供されるラウンジウェア
ファーストクラスで提供されるラウンジウェア

夜間、機中で快適におやすみいただくために、エミレーツは、エアライン用に開発された世界初、保湿効果のあるラウンジウェアを採用。同ウェアは、スリッパとアイマスクがセットになったフェルト製ポーチに入れ、夜間の長距離フライトの際にファーストクラスのお客様に提供しています。

ファーストクラスで提供されるラウンジウェア

マトリックス社との提携で提供される同ウェアは、ハイドラ・アクティブ・マイクロカプセル技術を使用し、フライト中に肌の潤いを保つように作られています。この特許技術で、生地に付着した無数のカプセルが、体を動かすたびに、天然の保湿効果を持つシーケルプを徐々に放出します。シーケルプは、一般的に南極海で見られる茶色い海水産藻類(海藻)で、肌を保湿して乾燥を防ぐ栄養素が豊富に含まれることで知られており、特に航空機内の環境において実用性を発揮します。マイクロカプセル技術により、ラウンジウェアの保湿効果は10回洗濯をしても変わらないため、ご旅行後もウェアを再利用することができます。

肌触りの良いブランケット (ファーストクラス用)

よりおくつろぎいただけるよう、ファーストクラスでは高品質な人工シープスキンのブランケットも提供しています。やわらかで上質なブランケットは機内で提供するほか、エミレーツ・オフィシャル・ストアでも販売しています。ビジネスクラスのお客様には、今後、チャコールグレーのやわらかいデュベ(羽根布団)を新たに導入する予定です。

エミレーツのサービスは、2016年に世界最大の乗客アンケート調査を行う英国のスカイトラックス社より高く評価され「ワールド・ベスト・エアライン2016」を受賞しました。この受賞は、エミレーツが製品・サービスの向上のために継続的な投資をしていることが評価された証です。

このほかにも、エミレーツはファーストクラスおよびビジネスクラスのお客様へのサービスとして、世界の主要空港内40か所にあるエミレーツ専用ラウンジや、無料の空港送迎サービスを提供しています。

エミレーツ航空 ホームページ(日本語)http://www.emirates.com/jp/japanese/
エミレーツ航空 モバイルサイト(日本語)https://mobile.emirates.com/english/home.xhtml
エミレーツ航空 フェイスブックページ(英語のみ)https://www.facebook.com/Emirates/

【エミレーツ航空について】

エミレーツは、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを本拠地に世界83か国154都市に就航。数多くの国際的なスポーツ大会やチーム、文化イベントのスポンサーを務めるエアラインブランドとして世界で認知されている。創業は1985年。ドバイの政府系ファンド、ドバイ投資会社(Investment Corporation of Dubai)を通じたドバイ政府所有でありながら、自由競争の原理に則り独自の収益目標と経営権をもって運営される完全独立企業。

日本へは2002年10月1日の関西国際空港・ドバイ間の直行便運航を開始以来、ドバイと日本間の貿易や観光の促進に貢献。2010年3月28日に成田国際空港・ドバイ間の直行便を就航、さらに2013年6月4日に日本3路線目となる東京国際空港(羽田)・ドバイ間の直行便を就航した。現在は関空線、成田線、羽田線それぞれ毎日1便、現在では関空・成田便ではB777-300ER 羽田便はB777-200LRで運航している。2015年6月に日本初の専用ラウンジを成田国際空港に本格オープン、日本のお客様に対するサービス向上に継続的に取り組んでいる。

現在の保有機は251機、エアバスA380型機およびボーイング777型機の世界最大オペレーターである。エアライン業界平均140ヶ月を63ヶ月下回る、平均機齢62ヶ月のフリートを、若い機材を運用している。現在、受領待ちの航空機は、エアバスA380型機53機、ボーイング777X型機150機、ボーイング777-300ER型機26機のトータル229機。

2016年には、3月30日にフィリピンのセブ・クラーク、5月3日に中国の銀川・鄭州、8月3日にミャンマー・ヤンゴン、ベトナム・ハノイ、12月15日に米国フロリダ州のフォートローダーデールに就航。2016年エミレーツは世界最大の乗客アンケート調査を行う英国のスカイトラックス社より「ワールド・ベスト・エアライン」を受賞。世界的に権威ある賞を様々な分野で500以上受賞、130カ国以上から集まる客室乗務員のきめ細やかなサービスを提供している。地上では、旅行会社であるエミレーツ・ホリデーやアラビアン・アドベンチャーズなどのグループ会社が、毎年数多くのお客様をつなぐサービス提供をしている。

■ご予約お問い合わせ先
エミレーツ航空 コールセンター
TEL: 03-6743-4567(9時~19時 年中無休)
https://www.emirates.com/jp/japanese/

【リリース】株式会社PR TIMES

エミレーツ航空をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。