【ミラノ/サンタアガタ・ボロネーゼ、2017 年 1 月 16 日】
アウトモビリ・ランボルギーニは、ミラノ・メンズ・ファッションウィーク期間中に、マンダリン・オリエンタル・ミラノで 2017/18 年秋冬レディ・トゥ・ウェア・コレクションを発表。

ランボルギーニ,秋冬コレクション

コレッツィオーネ・アウトモビリ・ランボルギーニのプライベートレーベルのショーとともに、Riva 1920 協力のもと実現したスペシャルディスプレイを披露しました。さらに、HETTABRETZ および ENZO BONAFÉ とコラボレーションしたスペシャルエディションもプレビューいたしました。

2017/18年秋冬コレクション

「先見的」、「最先端」、「ピュア」―世界屈指の人気を誇るスポーツカーのキーワードを体現するのが、「クラシック」、「カジュアル」、「カジュアル・ヴィンテージ」、「ピロタ・ウフィチャーレ(Pilota Ufficiale)」および今回新登場の「イベントスーツ」ライン。個性の異なるこれらのラインは、カットや素材、洗練性と革新性に富んだディテールなどが光る大胆な装いにより、あらゆるシーンで強い印象の男性をイメージしています。

ランボルギーニ,秋冬コレクション

イベントスーツ(進化形メンズウェア)

このラインは、社交的なイベントでの男性のニーズに応えるべく誕生しました。快適にフィットするトリコット生地をテーラードカットで仕立てた2つボタンのブラックブレザーから、ゴールドのステッチでエキセントリックかつ精巧なアクセントを効かせたブラックジーンズ。T-シャツやジャージ素材のスウェットシャツには、ヘッドライトのデザインを用いた「Y」のグラフィックを加えました。

クラシックライン(優雅な旅人)

フォーマルでありながら、旅行には欠かせない機能性を備えたコレクション。最高品質の素材や高級ウールを使用したアイテム、毛糸やファブリック、レザーを使用したアクセサリーなどが特徴です。通気性と防水性に優れたストーンカラーのパーカーは、ストレッチ素材に目を引くテーピングをプラスし、レーザーカットを施したインサート付きレザージャケット。テーラードスーツにインスパイアされたミクロキリム・デザインのウールブレザーや、ミディアムブルーのストライプが入ったスリムフィットのコットンシャツ。幾何学的なミクロジャガード素材のポロシャツや、デニム調のウールタイなどが揃いました。

カジュアルライン(アッパー・スポーツウェア)

洗練されたテイストとカジュアルな DNA の組み合わせ、幾何学的なカットを施した防風ジャケットには、撥水性のテクニカル・ファブリックを使用しました。スウェットシャツや T-シャツ、スカーフなどインディゴカラーのデニム加工を施したアイテムには、ウラカンをイメージしてアーカイブの図面を再現したプリントをあしらいました。また、メタルグレーのジッパーがテープ加工されたスウエットシャツやコットンピケ地のポロシャツには、ウラカン・アヴィオの新色「ブルー・グリフォ(マットブルー)」が採用されています。

T-シャツやシームレスなスウェットシャツのタイヤプリントおよび 3D 効果のレリーフプリントと組み合わせたグラフィックは、アヴェンタドールをオマージュしています。一方で、スーパー・スポーツカーをイメージした T-シャツには、手描きのブラシストロークを思わせる色鮮やかなポストポップ・ペインティングを施しました。ブルーやブラックで展開予定のスリムカットのストレッチジーンズと相性抜群です。

カジュアルヴィンテージライン(新たなヘリテージ)

ヴィンテージ加工を施したポロシャツやスウェットシャツには、歴代の名車ミウラおよびクンタッチにインスパイアされたフロックプリントがデザインされています。ジャージ素材の T-シャツは、ダークネイビー&アンバーゴールド、ストーン&ホワイトのリバーシブルとなっています。スキューバ素材のボンバージャケットにはダブルのテクニカル・ファブリックを使用し、内側はダブルのニット地にコントラストカラーのタイヤプリントを重ね、外側はウールを思わせる感触になっています。

ピロタ・ウフィチャーレライン(ハイスピード)

レースへの情熱を表現したコレクションで、斬新なルックスと高機能ハイテク素材が特徴です。各アイテムには、「ピロタ・ウフィチャーレ」のロゴと、スーパー・スポーツカーのヘッドライトを模した「Y」のグラフィックを使用。「Y」の素材には、様々なファブリックのインサートを使用し、色はメインカラーのブラック、グレー、ホワイト、アンバーゴールドで展開しています。

スペシャルエディションおよびコラボレーション

HETTABRETZ とのコラボブランド、デビュー

ボローニャに拠点を置くファッションブランド HETTABRETZ とコレッツィオーネ・アウトモビリ・ランボルギーニが、初のリミテッドエディションを発表。メンズおよびウィメンズ向けのアウターウェア各 3 モデルをシリアルナンバー入りでそれぞれ 30 着販売します。今回のコラボレーションは、イタリア最高峰の両ブランドに共通する DNA にインスパイアされて実現しました。各モデルのデザインには、ランボルギーニの六角形を思わせるラインが取り入れられ、メタリックなアクセサリーが各ピースの個性や職人技の魅力を引き立てています。また、上質なカンガルーレザーとカーボンファイバーの組み合わせが、両ブランドの持つ強さとエレガンスを表現しています。裏地には、スーパー・スポーツカーを象徴するオレンジカラーのシルクを使用し、グリーン、ホワイト、レッドでモチーフの「Y」を刺繍しました。

ランボルギーニ,秋冬コレクション

デザイナーシューズブランド ENZO BONAFÉ とのコラボによるカプセルコレクション

メンズフットウェアのカプセルコレクションは、ENZO BONAFÉ とコレッツィオーネ・アウトモビリ・ランボルギーニとのコラボレーションにより生まれました。共に 1963 年にボローニャ地方に誕生し、イタリアの職人技に強い情熱を注ぎ、素材や細部へのこだわるブランドです。ミラノで発表したのは、カーフスキンを使用したボタンアップのアンクルブーツ。ブラウンとブラックの 2色展開で、職人 17 名による 350 種類もの作業工程を経て完成しました。アクセントとなる六角形のモチーフや、オレンジカラーのキッドレザーを用いた中敷き、ランボルギーニのクレストが特徴です。さらには、1 点ずつに ENZO BONAFÉ による手書きのサインを入れました。

インタートレード・グループの L-アウトモビリ・ランボルギーニ・フレグランス、ミズノのスニーカー、TecknoMonster のカーボンファイバー製ラゲージが誕生し、これらの「スペシャルエディション」のコラボレーションはスタート以来、現在も続いています。

ファッションウィークに向けて、Riva1920 とのコラボレーションを発表

ホテル・マンダリン・オリエンタル・ミラノで、2017/18 年メンズ・レディ・トゥ・ウェア・コレクションのプレゼンテーションが行われ、無垢材のデザイン家具を専門とする Riva 1920 と、コレッツィオーネ・アウトモビリ・ランボルギーニの共演の場となりました。

ウォルナット材を使用したクラシックなコレクションと並んで紹介されたのは、日本の伝統技術を参考にしたヒノキを炭化させる手作業工程「新ヴォルケーノ・ブラック・フィニッシュ」です。展示スペースの主役となったのは、樹齢 5 万年を超えるニュージーランドの古木「カウリ」を使用したテーブルです。

https://www.lamborghini.com/jp-en/

ランボルギーニ をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。