日本×デンマーク外交関係樹立150周年記念 DENMARK フェス&ウォーカソン実行委員会は、デンマーク王国大使館と協働し、日本 x デンマーク外交関係樹立150周年を記念したイベント『日本×デンマーク外交関係樹立150周年記念 フェス&ウォーカソン』を10月7日(土)・8日(日)の2日間、豊洲公園にて開催。

デンマーク,フレデリック皇太子,メアリー皇太子妃,ウォーカソン,DENMARK walkathon

デンマーク,フレデリック皇太子,メアリー皇太子妃,ウォーカソン,DENMARK walkathon

イベントにはプロゴルファーの古閑美保さん、元スキー・ノルディック複合日本代表選手の荻原健司さん、荻原次晴さん他 豪華ゲストが会場に駆けつけ、スポーツをテーマにしたトークショーを実施しました。

8日のウォーカソン開催日には、デンマークのフレデリック皇太子とメアリー皇太子妃がサプライズで登場し、チャリティウォーキング大会に参加者1756名と共に参加しました。さらに、皇太子と皇太子妃は、各出展ブースを楽しんだり着物ショーを観賞されたりと、来場者の方々と笑顔を交えて交流をされていました。イベントを通じて日本とデンマークとの絆を深める機会となりました。

★10月7日(土)荻原次晴「アスリートに夢の叶え方を聞いてみよう」

荻原次晴

荻原次晴さんのトークショーでは「ご自身の子ども時代について」「兄弟で良かったと思うこと」「双子で良かったと思うこと」「親の目線で子育てのポイント、気をつけていること」など、ご自身の家族や子育てについて語りました。

<トークショー内容(抜粋)>

「子供に何かスポーツをさせるには、そのスポーツの”リスク”を取り除くことが大事。怪我や転ぶことなどはもちろん、寒いとか些細ですがちょっとずつ積み重なって嫌になってしまうことをケアすれば子供は楽しんでスポーツを続けてくれます。」とスポーツを続けさせる子育てのポイントを語りました。現在子育て中のお父さんお母さんへに向けて「子供を取り巻く大人達、とりわけ両親が情熱をもって環境を整えることで、子供から才能を引き出せると思います。お父さん、お母さん、一緒に頑張りましょう!」と熱いメッセージを送りました。

★ 10月8日(日)荻原健司 x 古閑美保 トークショー「北欧ウォーキング」

北欧ウォーキング
荻原健司さん、古閑美保さんによるトークショーでは、ウォーキングをする際に2人が意識されている事に加え、ノルデッィックウォーキングのレクチャーも実施されました。高校3年生の頃から毎年北欧を訪れている荻原さんは、北欧について「素朴で質素な暮らしをする北欧の方々は自然を大切にし、家族との時間を楽しむことを大事にしている。」と語りました。

<コメント(抜粋)>

Q. ウォーキングをする際に気をつけていることはありますか?

古賀さん:疲れるとペタペタ歩くようになってしまうので、腰やお尻から歩くようにしつつ、腰から歩くように意識すると猫背になりやすくなるので、姿勢を正すように意識しています。
Q.ウォーキングの際、靴で気をつけていることは?

荻原さん:クッション性を大事にしています。eccoの靴はクッション性がとても高く履き心地も抜群です。

Q.デンマークは幸せな国と言われていますがご自身にとって一番幸せとは?

荻原さん:仕事が終わって家に帰ってきて、子供たちと妻の顔を見た瞬間ですね。
古賀さん:結婚後、初めて旦那さんが優勝した時の一杯が最高に幸せでした。

★ 10月8日(日)参加者1756名とチャリティウォーキング大会「ウォーカソン」

開会式では、ゲストとして荻原健司さん、古閑美保さん、デンマーク公式キャラクター”ラスムス クルンプ”、江東区公式キャラクター”ことみちゃん”が登場。荻原健司さんの掛け声の下、1756名にも及ぶ参加者はウォーカソン準備体操で一緒に身体をほぐしました。

さらに、スペシャルゲストとして、オレンジのポロシャツにベージュのパンツを合わせたフレデリック皇太子と、白いトップスに同じくベージュのパンツを合わせたメアリー皇太子妃が登場。メテ・ボックデンマーク王国文化大臣は「こんなに多くの方にご参加いただけて、大変嬉しく思います。歩くことは特別な用具がなくても楽しめることです。

みなさん楽しんで歩きましょう」とコメントしました。ニコライ・バーグマンがこの日のために特別に製作したゲートより、スタータークラッカーの紙吹雪が舞う中、観客に手を振りつつ皇太子・皇太子妃がウォーカソンのスタートを切りました。

★ 10月8日(日)チャリティ授与式

授与式では、メテ・ボック デンマーク王国文化大臣からのコメントの後、NPO法人のピープルデザイン研究所と、児童養護施設支援の会へ、フレデリック皇太子とメアリー皇太子妃より寄付金が贈呈されました。今回のイベントでは、参加者が歩く1km毎に100円が寄付されています。

デンマーク王太子妃メアリーによる寄付金贈呈
ウォーカソン授与式

★ 10月8日(日)出展ブースを訪問する皇太子夫妻

皇太子ご夫妻は、ウォーカソン参加後、北欧ギフトを多数扱うHYGGEブースや、王室御用達のシューズブランドeccoブースなど各出展ブースを訪問。bOblesブースでは、一般のお子様と皇太子妃殿下が楽しむ様子も見られました。

皇太子
HYGGEブースにて出展者と握手を交わす皇太子
皇太子妃
bOblesブースにて一般の
お子様と楽しむ皇太子妃

★ 10月8日(日)一般社団法人イマジンワールド Presents 「着物ショー」

着物ショーでは、デンマークを始めとする世界10カ国の歴史と文化をそれぞれ表現した着物が登場。デンマークの着物が初披露されると、一際大きな歓声が上がりました。皇太子夫妻は時折2人で談笑されながら、「世界はきっとひとつになれる」というメッセージを込められたショーを楽しみました。

着物ショー
着物ショー

★ ブースや会場の様子

アンデルセンブース
アンデルセンブース

カールズバーグブース
カールズバーグブース
バイキング
バイキング

ラスムス
ラスムス

▲充実のフードブースで食事を楽しむ来場者

【開催概要】

デンマーク,フレデリック皇太子,メアリー皇太子妃,ウォーカソン,DENMARK walkathon

タイトル :日本×デンマーク外交関係樹立150周年記念 フェス&ウォーカソン
日時 :2017年10月7日(土)・8日(日)10:00~21:00
会場 :豊洲公園(〒135-0061 東京都江東区豊洲2-3-6)
参加費 :無料(ウォーカソンは事前申込制)
出演者 :メテ・ボック デンマーク王国文化大臣/フレディ・スヴェイネ駐日デンマーク王国大使/大井哲爾(オオイテツジ)江東区副区長/
荻原健司(オギワラケンジ)/荻原次晴(オギワラツギハル)/古閑美保(コガミホ)/ニコラス ペタス/ピーター・ノアガード/ラスムス クルンプ
主催 :日本×デンマーク外交関係樹立150周年記念 DENMARK フェス&ウォーカソン実行委員会
(エコー・ジャパン株式会社/ ノボ ノルディスク ファーマ株式会社/朝日新聞社)
後援 :デンマーク王国大使館/在日デンマーク商工会議所/外務省/東京都/江東区
協賛 :ANDERSEN/ bObles/Coloplast/H.I.S./Hummel/LEGO/Live in Comfort/P.O.S/UNIVERSAL TRADING VisitCOPENHAGEN/ VisitDenmark
協力 :サントリー/IMAGINE ONEWORLD/JAMMY(Rasmus Klump)/Nicolai Bergmann/日本トップリーグ連携機構/豊洲商友会(協)
一般社団法人日本ウオーキング協会/SAS/Bornelund

http://jp.ecco.com/denmark150.html

【リリース】TANK,inc


デンマークをamazonで探す