『君の名は。』『世界から猫が消えたなら』で社会現象を巻き起こした映画プロデューサーで小説家の川村元気が、ティファニー×ゼクシィと制作
11 月 22 日いい夫婦の日に“結婚しよう”ショート・フィルム公開!

一生分の一歩,ラブストーリー,ティファニーブルー,プロポーズ,成田凌,杉咲花,tiffany blue

ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インクと結婚情報サービス『ゼクシィ』(株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)は、ショートフィルム“ティファニー・ブルー”を 11 月 22 日(水)いい夫婦の日に公開開始いたしました。

プロポーズに踏み出せない男性、プロポーズを待ち続ける女性。お互いの気持ちが揺れ動く中で、ティファニーブルーをテーマに男女の切なくも心温まるプロポーズまでを描いたラブストーリーです。ラストシーンでは成田凌さんからの生声プロポーズで、観る人全員がときめく感動フィルムに仕上がっています。

キャストはプロポーズする男性役に成田凌さん、彼女役に杉咲花さんが共演。脚本およびクリエイティブ・ディレクターを務めたのは、『君の名は。』『世界から猫が消えたなら』で社会現象を巻き起こした映画プロデューサーで小説家の川村元気さん、映像ディレクターには児玉裕一さんを起用。音楽は LA を拠点に活躍する注目バンド、LANY の『Good Girls』がストーリーを盛り上げます。すべてのカップルが観た後に、“一生分の一歩を踏み出したくなる”ようなショートフィルムです。

成田凌さんが選んだ彼女へのエンゲージメントリングは、ティファニーが 130 年前に考案し今でも婚約指輪の代名詞として人気を誇る、『ティファニーセッティング』。また杉咲花さんは、恋のお守りとして人気の『エルサ・ペレッティ ダイヤモンド バイ ザ ヤード』のペンダントをいつも身に着けています。

【成田凌さんコメント】

お店で指輪を選ぶシーンが印象的でした。店員さんが指輪を出してくれたとき、ポジティブな未来しか想像できなくて。思わず笑っちゃったんです。

【杉咲花さんコメント】

プロポーズははっきりとした言葉がなくても、態度ははっきりしてほしいです。指輪を渡すという行為は、気持ちが伝わるから、素敵だなと思います。

【川村元気さんコメント】

誰もが最高の関係の時に結婚を決めるわけではないと思っています。厳しい状況の時に結婚を決める。そこから二人で一緒に上がっていく。そんな人間関係も素敵だなと思い、この物語を書きました。
また、映像公開と同タイミングで発売される『ゼクシィ Premier WINTER』には、ティファニーオリジナル婚姻届を封入いたします。“いい夫婦の日”そして出演の成田凌さんの誕生日でもある 11 月 22 日(水)公開の“ティファニー・ブルー”、そして、今後のティファニーとゼクシィの活動にご期待ください。

動画公開サイト

【プロフィール】

■成田 凌

(Sony Music Artists 所属/ 埼玉県出身/23 歳/181cm)
日本のモデル・俳優。2013 年より雑誌「MEN`s Non-No」専属モデルとして活躍中。
2014 年、フジテレビ NEXT smart オリジナルドラマ『FLASHBACK』にて高梨臨とのW 主演で俳優デビュー。2016 年、『逃げるは恥だが役に立つ』に石田ゆり子演じるキャリアウーマンの部下役で出演。映画『君の名は。』に声の出演。
2017 年、ドラマ『人は見た目が 100 パーセント』、映画『キセキ-あの日のソビト-』が話題になる。7 月、『コード・ブルー 3rd season』にシリーズ新キャストとして好演し、役者として評価を高めた。2018 年の公開待機映画作品に、『ニワトリ★スター』『コード・ブルー』などがある。

■杉咲花

(東京都出身/20 歳)
日本の女優。2013 年 1 月より放送された、ドラマ「夜行観覧車」で注目され、以降ドラマや映画に出演。2016 年、NHK 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロインの妹美子を演じた。映画「湯を沸かすほどの熱い愛」では、第 40 回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞を受賞するなど、各映画賞の助演女優賞を受賞した。待機作に映画「パーフェクトワールド」(’18 年公開予定)がある。

■川村 元気

映画プロデューサー・小説家
1979 年生まれ。『告白』『モテキ』『君の名は。』『怒り』などの映画を製作。2010 年、米 The Hollywood Reporter 誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌 2011 年には「藤本賞」を史上最年少で受賞。映画『君の名は。』は、観客動員 1,900 万人、興行収入 250 億円を超える大ヒットとなる。さらに、2017 年J・J・エイブラムスのプロデュースにてハリウッドにて実写映画化が決定し、当プロジェクトに日本人プロデューサーとしての参加が発表された。

【撮影エピソード】

クライマックスのプロポーズのシーンでは、川村元気さんから成田凌さんだけに、本番では台本にない『結婚しよう』という台詞を言う提案をしました。杉咲さんは、びっくりしてどう反応していいか本気でわからなかったそうです。杉咲さんのリアルな表情にも注目です。

【ストーリーボード】

http://www.tiffany.co.jp/accessories/tiffany-blue-home


TIFFANY(ティファニー)をamazonで探す