サステイナブル・ファッションのイベノーションを証明し続ける、H&MのCONSCIOUS EXCLUSIVE
漁業用の網などナイロン廃棄物からドレスが、キャンドルスタンドなどシルバー廃棄物からアクセサリーが誕生 

漁業用の網,ナイロン廃棄物,ドレス,キャンドルスタンド,シルバー廃棄物,アクセサリー,H&M CONSCIOUS EXCLUSIVE
モデルのクリスティー・ターリントン・バーンズ

H&Mが2018年に発表するConscious Exclusive(コンシャス・エクスクルーシヴ)は、 スウェーデンのアーツ・アンド・クラフツ運動(Arts and Crafts Movement)にインスパイアされたコレクションとなっており、 リサイクル・シルバーや、 漁業用の網とナイロン廃棄物を100%再生したECONYL(R)(エコニール)など、 新しいサステイナブル素材のアイテムが登場します。 H&MのConscious Exclusiveは、 世界各地の限定店舗で2018年4月18日より販売開始いたし ます。 日本では、 渋谷店・新宿店および公式オンラインストア(hm.com)で展開。

<キャンペーンムービー>
※字幕なしの英語版となりますのでご了承ください

今回7回目を迎えるConscious Exclusiveは、 とても春らしい上質なプレミアムラインが揃い、 発展とイノベーションを目指すサステイナブル・ファッションの可能性が広がってきたことを示しています。 TENCEL™、 リサイクル・ポリエステル、 オーガニック・リネンに加えて、 今回はECONYL(R)とリサイクル・シルバーといった新たなサステイナブル素材が採用されています。

漁業用の網,ナイロン廃棄物,ドレス,キャンドルスタンド,シルバー廃棄物,アクセサリー,H&M CONSCIOUS EXCLUSIVE

ECONYL(R)はドラマチックな刺繍が施された繊細なシアーファブリックのウエディングドレスや、 ロマンチックなダーク・ブルーグレーのレースのドレスに使われており、 一方、 リサイクル・シルバーは、 アーツ・アンド・クラフツ運動にインスパイアされた繊細なジュエリーに使われています。

「サステイナブルな素材を生み出すイノベーションには毎回驚かされます。 金属のくずを原料とするリサイクル・シルバーは、 環境への影響を最小限に抑えることができて、 また、 ECONYL(R)はナイロン廃棄物を100%リサイクルしたナイロン繊維で、 海の廃棄物の軽減に貢献します。 これらの素材をConscious Exclusiveに採用することで、 最新技術を既存の技法に取り入れて素晴らしい成果を生みだせる、 ということを証明します」(H&Mクリエイティブ・ アドバイザー、 アン・ソフィー ・ヨハンソン)

漁業用の網,ナイロン廃棄物,ドレス,キャンドルスタンド,シルバー廃棄物,アクセサリー,H&M CONSCIOUS EXCLUSIVE

2018年のConscious Exclusiveは、 19世紀から20世紀初頭に活躍したスウェーデンのアーティスト、 カーリン&カール・ラーションのクリエイティビティ溢れる家にインスピレーションを得て生まれました。 Conscious Exclusiveのデザインチームは、 美しい絵画やタペストリーで飾られたこの「リッラ・ヒュットネース(Lilla Hyttnäs)」から着想を得て、 サステイナブルな素材を使用して、 目を引くようなモダンなレディースウェア、 シューズ、 アクセサリーなど美しいコレクションを創り上げました。

2018年のH&M Conscious Exclusiveのキャンペーンの撮影は、 ミカエル・ヤンソン氏が手がけました。 世界的なモデルで、 妊婦たちの安全な妊娠をサポートする団体「エブリ・マザー・カウンツ(Every Mother Counts)」の設立者でもある、 クリスティー・ターリントン・バーンズ、 そしてアーミット・ラーガンとジードル・ダコースキートらがアンバサダーとして登場します。

「H&M Conscious Exclusiveのキャンペーンに関わることで、 サステイナブルな素材について、 そしてサステイナビリティのこれまでの成果について学ぶことができました。 とてもエレガントでフェミニンなコレクションです」(モデル、 クリスティー・ターリントン・バーンズ)

漁業用の網,ナイロン廃棄物,ドレス,キャンドルスタンド,シルバー廃棄物,アクセサリー,H&M CONSCIOUS EXCLUSIVE

http://www.hm.com

【リリース】株式会社PR TIMES


サステイナブル をamazonで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。