ファッションレボリューションジャパン(FRJ)では、ファッションの在り方を考える世界的なキャンペーン「ファッションレボリューションウィーク」*に合わせて、さまざまな視点からファッションを見つめて、これからを考える1DAYイベントを企画。

ファッションレボリューション,服を通して,未来を考える,BPM,池尻大橋,FASHION REVOLUTION 2018
ファッション業界の裏側にある現実を知るとともにファッションが本来持っているプラスのパワーを楽しみながらよりよい未来、持続可能な社会をつくるために、今、何ができるのか?を探れるコンテンツをいくつも用意。

ファッションレボリューションウィークとは?

このキャンペーンの背景には、2013年4月24日、バングラデシュの首都ダッカ近郊で1,100名以上もの衣料労働者が亡くなった、「ラナ・プラザ」ビルの崩落事故があります。このビルには、ヨーロッパの大手ファッションメーカーが多く入っており、その安全管理や働き手の人権の扱いが疑問視されました。

この事故を受け、2014年より4月24日を「ファッションレボリューションデイ」として、世界各地でファッションを変革するための働きかけを行なっています。2016年から「ファッションレボリューションウィーク」として1日に限定せず、さまざまなイベントを呼びかけています。

参考)昨年Youtubeでの投稿以来700万回以上も視聴され、日本でも話題になった「2ユーロのTシャツ」も、ドイツで行われたファッションレボリューションウィークのキャンペーンの1つです。

タイトル:FASHION REVOLUTION 2018 服を通して未来を考える
日時:2018.4.30 Mon 11:00~18:00
場所:BPM @池尻大橋(東京都世田谷区池尻2丁目31-24 信田ビル2F)

https://bpm-tokyo.com/

参加費:
SPECIAL 1DAYパス前売り3,500円(販売終了4月27日(金))
当日券4,500円
※プログラムごとにチケットを買うこともできます。
※参加者1名につき1ドリンク付き。

【メンバー】

*竹村伊央(ファッションスタイリスト、ETHICALFASHIONJAPAN代表、FASHION REVOLUTION JAPAN カントリーコーディネーター)

高校で服飾を専門に勉強し卒業と同時に渡英。エシカルファッションムーブメントを作り上げたブランドの1つ、JUNKY STYLINGで勤務し、同時に大学院を卒業後,エシカルファッションを専門としたファッションスタイリストとなる。2010年日本帰国後、ETHICAL FASHION JAPANを設立。エシカルファッションのPRとして、イベント開催やPOP UP STOREの運営をする。2015年FASHION REVOLUTION JAPAN カントリーコーディネーター就任。

*岡田有加(INHEELS 代表・ディレクター)

慶応義塾大学総合政策学部卒業。大学卒業後外資会計事務所系コンサルティングファームにてM&Aコンサルタントとして勤務。退職後渡英、ロンドンにてフェアトレードファッションブランドのホールセールエグゼクティブを勤める傍ら、夜間学校にてファッションデザイン、パターンカッティング等を学ぶ。英チャリティ団体のデザイナーTシャツコレクションの担当を経て、2012年エシカルファッションブランドINHEELSを共同代表(当時)の大山と共に起業。2012年アシックス33DREAMSエル・オンライン賞、2013年ソーシャルプロダクツアワード受賞。

*鎌田安里紗(モデル、エシカルファッションプランナー)

1992年、徳島県生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程在籍。高校在学時に雑誌『Ranzuki』でモデルデビュー。エシカルな取り組みに関心が高く、フェアトレード製品の制作やスタディ・ツアーの企画などを行っている。著者に『enjoy the little things』(宝島社)。環境省「森里川海プロジェクト」アンバサダー

*鈴木史(株式会社manaby人事部長、日本メンター協会認定メンタリングオフィシャルパートナー、元ピープルツリー事業開発シニアマネージャー)

通信販売の出版社に入社、日本製の徹底的にこだわったものづくりに携わり、その開発からプロモーションまで担当する。退職後、文化服装学院に入学し優秀賞を受賞。卒業後、イベントプロデュースからPR・広報、そしてファッションデザイナーの仕事を経て、外資系ソーシャル企業に入社。フェアトレード専門ブランドの事業開発シニアマネージャーとして、ブランディング、商品の企画・開発から、マーケティング・営業までの一連のディレクションをしていた。現在、誰もが「主役」になれる持続可能な組織づくりを目指し活動している。

*鈴木啓美(ピープルツリー広報)

フェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」の広報として、メディア対応やセミナー講師などを担当。「自分にとって心地いい暮らしが、周りの人々にも地球にとってもやさしいと、心からハッピーになれる」と考え、フェアトレードを身近に感じ、生活の中に楽しく取り入れてもらうために「フェアトレードの学校」を企画。

https://efj.stores.jp/



エシカルファッション をamazonで探す

★☆◉ニュース雑ッピング【Fashion NOW】◉☆★

2025大阪万博招致にミス日本が尽力!
2025大阪万博招致をミス日本が応援しています。
1968年のミス日本復活第1回からちょうど50年を経ての大阪万博へのかかわりに、とても深い意義を感じています。

また、世界で活躍するモデルの新井貴子さん(12年度グランプリ)の姿が、情熱大陸で放送されました。
ミス日本からは学者や医者、芸術や芸能、スポーツやビジネス、家庭や政治などさまざまな方向で活躍する女性が輩出されています。
instagram | facebook | twitter

きゃりーぱみゅぱみゅデジタルシングル「きみのみかた」が本日リリース!
今年、きゃりーぱみゅぱみゅが自身の25歳の誕生日を祝うイベントで初披露した新曲「きみのみかた」が、2018年第一弾デジタルシングルとしてリリースされました。5月からは、これまで9万人以上を動員してきたヨーロッパ、アメリカを巡る自身4度目のワールドツアーを実施。昨年“日本のおばけ屋敷”をテーマに開催し好評を博した、初のハロウィン単独公演を世界に持ち出すという挑戦的な内容となっています。

村田倫子とCasseliniのコラボアイテム発売 ルミネエストで店頭発売イベントも開催
村田倫子とCasseliniのコラボアイテム発売
ルミネエストで店頭発売イベントも開催
4月28日(土)より発売されるモデル・村田倫子と雑貨ブランド「Casselini」のコラボアイテムは、トートバック、がま口バッグ、ミニウォレット、ベレー帽の4種類。直筆イラストをアレンジした刺繍や、デイリーにもパーティーにも使えるフラワージャガード生地など、ディテールまでこだわった「今欲しい!」アイテムがラインナップ。発売日当日は人数限定で撮影&握手会が行われます。

ルミネは、ニュウマン新宿5Fイベントスペース「ルミネゼロ」にて、ニューヨーク在住の現代アーティスト松山智一個展「Same Same, Different」を開催
〔名称〕:松山智一個展 「Same Same, Different」
〔会期〕:2018 年4 月29 日(日)~ 5 月6 日(日)
      11:00~19:00 ※初日29日(日)のみ、11:00~15:00
〔会場〕:ルミネゼロ(〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目24-55 NEWoMan 新宿5F)

Gwen Stefani wore Le Vian & MARLI to her Plant Hollywood Las Vegas residency celebration (グウェン・ステファニーは、彼女のハリウッドラスベガス在住のお祝いにル・ヴィアン&MARLIを身に着けていました)
グウェン・ステファニーは 、ラスベガス、ネバダ州で2018年4月13日にプラネットハリウッドリゾート&カジノで彼女の滞在歓迎イベントにル・ヴィアンのダイヤモンドのイヤリングとリング、およびMarliダイヤモンドリングを身に着けていました。

VIZUME(ビズメ)
VIZUME(ビズメ)は、ハワイの人気DJ兼プロモーターであるJaytee(ジェイ・ティー)によるストリート・ライフスタイルブランド。
「ヴィジュアル」と「メンテナンス」の組み合わせを意味するVIZUMEは、2013年にワイキキにショップをオープンして以降、そのプロダクトやイベントを通じて、ハワイに新しいカルチャーやトレンドを紹介してきました。

4月24日(火)開催「変幻自在!北斎のウォーターワールド」展
すみだ北斎美術館(所在地:東京都墨田区)は、4月24日(火)から6月10日(日)まで、「変幻自在!北斎のウォーターワールド」展を開催します。
水の都すみだに生きた葛飾北斎の代表作の一つに「グレートウェーブ」の愛称で今や世界中で愛されている「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」があります。しかしこの他にも、様々な水の表情を描いた作品が多く残されています。本展では、北斎の鋭い観察眼や、幅広い画法の学習の痕跡などを物語る、刹那の水の動きを表現した作品の数々を展示します。真正の絵師になることを願い続けた北斎の追及した、思わず息を呑む繊細で大胆な水の表現をじっくりご覧下さい。
展覧会名:変幻自在!北斎のウォーターワールド
会  期:2018年4月24日(火)~ 6月10日(日) 
     *前期:4月24日(火)~ 5月20日(日)
     *後期:5月22日(火)~ 6月10日(日)  
主  催:墨田区・すみだ北斎美術館
お問い合わせ:すみだ北斎美術館
観覧料:AURORA(常設展示室)も観覧いただけます。
一般 1,000円(800円)、 高校生・大学生 700円(560円)
中学生  300円(240円)、 65歳以上    700円(560円)
障がい者 300円(240円) ※( )は団体料金

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で