「アートからファッションへ」をコンセプトにした過激なMeewee Dinkee の展示会

「アートからファッションへ」をコンセプトにした「Meewee Dinkee (ミーウェーディンキー) 」の展示会が東京・代官山で行われた。2016年春夏のコンセプトは、「古来の日本語の「カブク」という言葉がもつ、「常識外れ」や「異様な風体」にインスピレーションを受け、外国視点の「ジャパン」をポップにアレンジしたラインを制作しました。吉原紬の柄をグラフティに落としこんだデザインや、ジャージ素材で作った羽織、帆布生地で袴を作ったなど、和柄や着物を現代的に解釈しました。また前シーズンに引き続き、丸尾末広氏とのコラボレーション・ラインもも登場します。」というものだ。