Brooke Candy, Tessa Kuragiそして Georgia May Jaggerも登場!
ディーゼル・アーティスティック・ディレクター、ニコラ・フォルミケッティによる新しいアクセサリーキャンペーンのグローバルローンチイベントが、11月1日、東京のアートスタジオスペースTABLOIDにて開催された。1000人を超える業界関係者、セレブリティが駆け付けたこのイベントには、ディーゼル創始者兼社長レンツォ・ロッソ、アーティスティック・ディレクターのニコラ・フォルミケッティのほか、モデルのジョージア・メイ・ジャガーや、キャンペーンに起用されたブルック・キャンディとテッサ・クラギも登場した。







この日のTABLOIDは2層に区切られ、1階のS M S H O Pに見立てたエントランスを抜けるとSS 14 Accessories Collectionがディスプレイされ、赤いネオンで彩られた上層の2階ではポールダンスや女性同士のキャットファイト、コレクションのプレゼンテーション、そしてブルック・キャンディによるライブパフォーマンスなど、さまざまなエンターテイメントが繰り広げられた。

今回のキャンペーンで表現したのは、自分自身を愛する女性たちから湧き出る本物のセクシュアリティー。アンダーグラウンドのストリートシーンにも、アフターアワーのクラブシーンにも似合う、触覚的でセンシュアル、そしてタフな世界観が描かれる。

キャンペーンに登場する「SHIBARI」と「SEXY BULLET」は、荒々しくもエレガントでありながら、ボンデージ、服従、S M といった要素を感じさせる本能的なデザイン。レザーのストラップやメタルを取り入れ、ある意味でとてもエロティックな印象を与えるディーゼルのインダストリアルな面を強調している。

DIESEL BONDS WITH SEXINESS IN TOKYO





ニコラ・フォルミケッティはアクセサリーキャンペーンと、2人のモデルについてこのように語っている。

「ディーゼルのインダストリアルな側面は、ある意味でとてもエロティックで、それを強調するのは自然なことに思える。既成概念を取り払って活躍する、ラッパー、パフォーマー、ミューズ、そしてストリッパーとして活躍するブルック・キャンディは、人種や性別によるステレオタイプに挑んでいる。テッサは、モデルとしての定型句が全くあてはまらないモデルだ。

挑発的な写真で知られる、真のパフォーマーとしての本能を持っていて、ダークで謎めいたスタイルは、コレクションのインダストリアルでスチームパンクな雰囲気に完璧にマッチしている。」





DIESEL SPRING SUMMER 2014 ACCESSORIES CAMPAIGNの特設サイトで、コレクション、パーティーの模様のほか、ブルック・キャンディとテッサ・クラギが登場するキャンペーンムービーをチェックしよう。



http://www.diesel.co.jp/erotica/

【リリース】ディーゼルジャパン株式会社
✈✈✈✈✈✈ディーゼルを通販サイトで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。