ロンジンは、世界中の名だたるホースイベントにおけるロンジンのプレゼンスと、ロンジンが誇る時計製造の伝統を同時に表現した新たなクロノグラフ「コンクェスト クラシック ムーンフェイズ」をコンクェスト クラシック コレクションに加えることを発表しました。


longines コンクェスト

当モデルはムーンフェイズ表示を含め、その洗練性によって極めて精巧なタイムピースに仕上げられており、乗馬界のスターが持ち合わす優秀性やエレガンス「コンクェスト」という名称は 1954 年 5 月 25 日に世界知的所有権機関(WIPO)から特許を取得したブランド名です。

以来、この名称は長年にわたり、名声を博したロンジンの数々のモデルに使用されてきました。ロンジンと乗馬スポーツとの長年にわたる関わりは 1878 年まで遡ります。当時からロンジンは乗馬スポーツの大切な背景のひとつである”エレガンス”を、情熱を込めて讃えてきました。コンクェスト クラシック コレクションの成功に基づき発表された「コンクェスト クラシック ムーンフェイズ」には、ムーンフェイズ表示が備えられ、ロンジンの時計製造の伝統、長年にわたるスポーツとの関わり、本来備わった洗練性を見事に組み合わせた新たなクロノグラフに仕上がっています。世界中の名だたるホースイベントの興奮を味わいながら身に付ける、精巧なクロノグラフを探し求める人々を魅了することでしょう。

直径 42 mm のこのクロノグラフには自動巻ムーブメント L678 が搭載されています。ケースはステンレススティール、ステンレススティール&ローズゴールドキャップ、18 カラットのローズゴールドで展開しています。ブラックまたはシルバーの文字盤には蛍光塗料スーパールミノバ®が塗布されたアプライドインデックスが配され、バックグラウンドにあるムーンフェイズ表示とエレガントなコントラストを織り成しています。

6 時位置に 12 時間計、9 時位置に 24 時間表示と秒表示するサブダイアル、12 時位置に 30 分計と月・日表示がついています。日付は先端がハーフムーンになっているセンター針で表示されます。5 気圧の防水性を備え、シースルーのケースバックから精密なムーブメントを覗くことができます。当モデルはブラックのアリゲーターストラップがついたタイプとステンレススティールまたはステンレススティール&ローズゴールドキャップのブレスレットがついたタイプがあり、すべて折りたたみ式トリプルセーフティクラスプが取りつけられています。

ロンジン
1832年の創業以来、スイスのサンティミエに拠点を構えるロンジンは、「伝統」と「エレガンス」、そして技術面での「性能」を最大限に活かし、優れた時計を生み出しています。ロンジンは、数多くの世界的なスポーツイベントの公式計時の製造メーカーであり、また国際的なスポーツ連盟のパートナーとして、長年に渡り豊富な実績を築いてきました。
「翼の砂時計」をブランドロゴとして有するロンジンは、世界最大のウォッチ マニュファクチュア スウォッチグループのメンバーであり、現在、140国以上でビジネスを展開しています。
http://www.longines.jp

★✈✈✈✈✈longines コンクェストを通販サイトで探す

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。