スーパーニュースアンカー・ハピくるっ!yahoo!ニュースで紹介。発売後すぐamazon1位に!
気象予報士・気象解説者の目から見た、 あらゆる仕事の場面で使える、 思わず人に話したくなる、 仕事で得する天気の話が載った書籍『仕事で得する天気の雑学』(いろは出版)が、 2015年2月25日に出版されました。




関西テレビ・スーパーニュースアンカー、 ハピくるっ!、
yahoo!ニュースで紹介され、 発売後すぐamazon1位に。 2015年3月14日には出版記念イベントも開催されます。

■発売後、 amazon1位を獲得!
関西テレビ・スーパーニュースアンカー、 ハピくるっ!で紹介され、 発売初日にamazon1位を記録。 その後、 yahoo!ニュースでインタビュー動画付きの記事が配信され、 SNSで話題に。 関西を中心に人気のある気象解説者・片平敦さん初の著書として、 書店では大型展開中。

■著者情報
片平 敦(かたひら・あつし)気象解説者

1981年3月、 埼玉県生まれ。 気象予報士、 防災士。 ウェザーマップ所属。 エクスプラス災害研究所客員研究員。 関西テレビの気象解説者として、 「スーパーニュースアンカー」「ハピくるっ!」に出演中。 解説の後のダジャレと、 「出てこい片平くん2号!」で呼び声でお茶の間の人気に。 気象解説でのモットーは、 「平時は分かりやすく・生活に役立つ解説を、 荒天時は命を守る解説を」。

■天気は、 仕事で得する最強の雑学!?
本書では、 「天気は、 万人が使う話題だからこそ、 頭ひとつ抜け出してみませんか?」と問いかけています。 「天気」は、 誰しもの生活シーンに登場します。 とりわけ、 ビジネスマンの方には切っても切れないもの。 万人共通の話題だからこそ、 営業トークにも使えますし、 出張先へも効率よく「移動」できるかもしれません。 季節の変わり目で必ず風邪をひく…なんていう「健康」への影響も無視できませんし、 傘を準備し忘れて出費が…なんてことも少なくないのでは?本書では、 会話・移動・健康・財布の4つを切り口に、 仕事や生活をする上で得する雑学を、 36個掲載しています。

▽例えば、 こんな天気のお話。
虹の出る方向には、 法則がある。
見ると少しハッピーになれる虹。 この正体、 実は「 太陽の光 」なのです。 太陽の光が、 雨粒に反射して現れるもの。 それが「虹」です。 そのため、 虹が現れるためには、 少なくとも「太陽の光」と「水」が必要 。 天気でいうと、 「 晴れ→雨→晴れ 」と急変するような場合に虹が出やすいと言えます。



また、 太陽の光が「反射」して現れるのが虹。 そのため、 虹は必ず太陽の反対側に出ます 。 移動中にどしゃぶりの雨。 喫茶店で雨宿りしていたら、 急に晴れてきた…そんな時はぜひ、 太陽の反対側の空を見てみてください。

雷は「木の下にいれば安全」「金属に落ちる」はウソ。
移動中、 突然の雷雨に襲われた!なんて方、 多いと思います。 そんな時、 どこに逃げたら1番安全なのでしょうか。 木の下!という方もいるかもしれませんが、 実はそれ、 とっても危険です。 なぜなら、 雷は「高いものに落ちやすい」 からです。 また、 木よりも人間の方が電気が流れやすいため、 電気が飛んできてしまうのです。 雷から逃れるのに、 1番安全な場所は建物内や車の中 。 ですが、 どうしてもそんなもの近くにない…という場合は、 イラストにある円すいの中に入りましょう。


木からは4m以上離れて、 姿勢を低くするのが懸命な避難方法です。 また、 「雷は金属に落ちる」。 これもウソです。 金属を身につけているかそうでないかは、 雷の落ちやすさに関係しません。
このように、 天気の雑学は、 会話や移動など様々な場面で使えます。 知れば誰かに話したくなる。 ついつい試してみたくなるものばかりです。

■3/14には、 出版記念イベントを開催!

『仕事で得する天気の雑学』の出版を記念して、 片平敦さんのミニトーク&サイン会を開催!スペシャルゲストに同じく気象予報士の西口香織さん(FNN スピークお天気担当)をお招きします。
日時:3月14日(土)15:00~16:30
場所:旭屋書店なんばCITY店
申込:旭屋書店なんばCITY店にて対象書籍をお買い求めの上、 整理券をお受け取りください。 (※整理券は当日必ずお持ちください)

■書籍情報
『仕事で得する天気の雑学』
価格:1500円+税
著者:片平敦
発行元:いろは出版
ホームページ
http://hello-iroha.com/books/

【リリース】株式会社PR TIMES

★✈✈✈✈✈仕事で得する天気の雑学


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。